池端 慶

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/21 02:51
 
アバター
研究者氏名
池端 慶
 
イケハタ ケイ
所属
筑波大学
部署
生命環境系
職名
助教
学位
博士(理学)(東京大学)
科研費研究者番号
70622017

研究分野

 
 

経歴

 
2005年4月
 - 
2008年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC1)
 
2009年4月
 - 
2011年8月
九州大学 大学院理学研究院 附属地震火山観測研究センター 研究機関研究員
 
2011年9月
 - 
2011年10月
筑波大学 大学院生命環境科学研究科 助教
 
2011年10月
 - 
2011年10月
日本学術振興会 特別研究員(PD)採用内定(辞退)
 
2011年10月
   
 
筑波大学 生命環境系 助教
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
2020年3月
資源地質学会  研究教育推進委員会委員
 
2016年4月
 - 
2018年3月
資源地質学会  学会賞審査委員会委員
 
2014年4月
 - 
2016年3月
資源地質学会  評議員(総務委員長)
 
2012年10月
 - 
2013年9月
日本鉱物科学会,日本地球化学会  日本鉱物科学会ー日本地球化学会2013年度合同開催準備委員会委員
 

受賞

 
2018年11月
筑波大学 筑波大学若手教員奨励賞
 
2013年6月
資源地質学会研究奨励賞
 

論文

 
都市鉱山の起源:金属濃集からみた古代都市化
黒澤, 正紀;池端 慶;荒川 洋二;丸岡 照幸;笹 公和
新学術領域「都市文明の本質:古代西アジアにおける都市の発生と変容の学際研究」2018年度研究成果報告 (山田重郎編)   131-136   2019年3月
Arakawa, Yoji;Endo, Daisuke;Oshika, Junya;Shinmura, Taro;Ikehata, Kei
Lithos   330-331 223-237   2019年2月   [査読有り]
Niijima volcano in the northern part of the Quaternary Izu-Bonin volcanic arc, Japan, consists predominantly of rhyolitic volcanic units associated with minor basaltic and andesitic units. Most of the rhyolites are characterized by a phenocryst as...
Ikehata, Kei;Maruoka, Teruyuki
Applied Geochemistry   102 102-107   2019年1月   [査読有り]
Shinmoe-dake, a volcano, in Japan, began to erupt on October 11, 2017, after a 6-year period of quiescence. The pyroclastic materials ejected during October 11-14, 2017, contain sulfur-bearing minerals. Time-series sulfur isotopic compositions of ...
Ikehata, Kei;Date, M.;Ishibashi, J.;Kikugawa, G.;Mannen, K.
International Journal of Earth Sciences   108(1) 347-356   2019年2月   [査読有り]
Occurrence of sulfur spherules near subaerial fumaroles is relatively uncommon and their mineralogical characteristics and formation mechanisms are still incompletely understood. Yellow to greenish-gray solid sulfur spherules were observed near a ...
PUMOS論争期における黒鉱鉱石記載の再評価:海底熱水鉱床探査における意義
小室光世;池端, 慶;黒澤正紀
資源地質学会第68回年会講演要旨集   O-05   2018年6月

講演・口頭発表等

 
沖縄トラフごんどうサイトの海底下における塊状硫化物の鉱物学的特徴
池端, 慶;戸塚, 修平;石橋, 純一郎;島田, 和彦;宮本, 尭
日本鉱物科学会2019年年会   2019年9月20日   
A series of cummingtonite-bearing rhyolites in Niijima volcano, Izu-Bonin arc, Japan: petrological and geochemical constraints [招待有り]
Ikehata, Kei;荒川洋二;遠藤大介;大鹿淳也;新村太郎
Japan Geoscience Union Meeting 2019   2019年5月26日   
箱根山大涌谷の球状硫黄
池端, 慶;伊達みのり;石橋純一郎;菊川城司;萬年一剛
資源地質学会2019年度第69回年会   2019年6月25日   
火山噴出物解析から探る噴火の推移と火山体内部の熱水環境 [招待有り]
池端,慶
第16回環境研究シンポジウム   2018年11月13日   
新燃岳2017年噴火初期噴出物の硫黄同位体比の特徴
池端, 慶;丸岡, 照幸
日本地球化学会   2018年9月11日   
<p>新燃岳は、2017年10月11日に約6年ぶりに噴火した。噴出物の起源等を検討するため、10月11日と10月12日に降灰した火山灰を採取し、顕微鏡観察、XRD解析、硫黄同位体分析を行った。火山灰には、パイロフィライト等の粘土鉱物、変質岩片、黄鉄鉱、硬石膏、石膏、明礬石、石英、斜長石、単斜輝石、直方輝石、かんらん石、磁鉄鉱等が含まれる。火山灰の水溶性付着成分、硫酸塩鉱物成分、黄鉄鉱成分のδ34Sは、それぞれ+17.3‰-+17.5‰、+9.9‰-+13.2‰、-3....

競争的資金等の研究課題

 
熱水性自然銅の形成メカニズムの解明
日本鉱業振興会: 平成31年度試験研究助成
研究期間: 2019年4月 - 2020年3月    代表者: 池端 慶
古代西アジアをめぐる水と土と都市の相生・相克と都市鉱山の起源
日本学術振興会: 新学術領域研究
研究期間: 2018年 - 2022年    代表者: 安間了
熱水性自然銅の形成メカニズムの解明
日本鉱業振興会: 平成30年度試験研究助成
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 池端 慶
熱水性自然銅の形成メカニズムの解明
日本鉱業振興会: 平成29年度試験研究助成
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 池端 慶
銅・鉄同位体を用いた本質噴出物と変質噴出物の識別:噴火推移予測の高度化を目指して
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 池端 慶