若狹 幸

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/27 11:45
 
アバター
研究者氏名
若狹 幸
 
ワカサ サチ
所属
秋田大学
部署
大学院国際資源学研究科
職名
特任助教
学位
博士(理学)(筑波大学)
科研費研究者番号
40442496

プロフィール

2003 筑波大学第一学群自然学類卒業
2006 筑波大学生命環境科学研究科地球環境科学専攻修了(博士(理学))

研究分野

 
 

経歴

 
2015年1月
 - 
現在
秋田大学 大学院国際資源学研究科 特任助教
 

学歴

 
 
 - 
2006年
筑波大学 生命環境科学研究科 地球環境科学専攻
 

委員歴

 
2018年1月
 - 
現在
日本地形学連合  雑誌「地形」編集幹事
 
2016年5月
 - 
2018年5月
日本地球惑星科学連合  ダイバーシティ推進委員会副委員長
 
2011年4月
 - 
現在
日本地球惑星科学連合  ダイバーシティ推進委員
 

受賞

 
2016年10月
女性研究者支援コンソーシアムあきた 若手女性研究者 セルビア共和国東部における銅鉱山による環境汚染の広域調査
 
2015年12月
秋田大学 優秀女性研究者
 
2009年
東北地理学会研究奨励賞(長谷川賞)
 

Misc

 
Comparative analysis of waste material distribution between remote sensing data and geochemical map.
S. Wakasa, D. Ishiyama, T. Takeda, S. Dordievski, K. Hirose, L. Obradovic, V. Marinkovic, V. Gardic
Proceedings of 13th International Mine Water Association Congress- Mine Water & Circular Economy   793-800   2017年6月   [査読有り]
松岡憲知、藁谷哲也、若狹 幸
地学雑誌   126(3) 369-405   2017年6月   [査読有り]
若狹 幸, 石山 大三, 松葉谷 治, 佐藤 比奈子, 申 基澈, 中野 孝教
地球化学   49(3) 153-161   2015年9月   [査読有り]
原位置宇宙線生成核種を用いた地表面の年代測定―考古学分野への応用の可能性―
若狹 幸
フィッション・トラック ニュースレター   (26) 63-66   2013年10月   [依頼有り]
若狹 幸
Geomorphology   161-162 110-114   2012年4月   [査読有り]
塩類風化に関する位置実験―風化による強度低下と岩石物性.
佐藤 昌人, 八反地 剛, 若狭 幸
筑波大学陸域環境研究 センター 報告   12 21-29   2011年12月   [査読有り]
ElsevierNuclear Instruments and Methods in Physics Research B   268 935-939   2010年
喜界島の台座岩に載る巨礫の14C年代:巨礫の供給源に関する予察的研究.
若狭 幸, 前門 晃, 青木 久, 小暮 哲也, 松崎 浩之, 松倉 公憲
筑波大学陸域環境研究 センター 報告   10 69-74   2009年12月   [査読有り]
若狭 幸, 森口 有里, 松崎 浩之, 松倉 公憲
季刊地理学   60(2) 69-76   2008年
宇宙線生成核種10Beおよび26Alのプロセス地形学的応用.
地形   28 87-107   2007年
ElsevierNuclear Instruments and Methods in Physics Research B   259 36-40   2007年
WAKASA Sachi, MATSUZAKI Hiroyuki, TANAKA Yukiya, MATSUKURA Yukinori
WileyEarth Surface Processes and Landforms   31(10) 1246-1256   2006年
日南海岸いるか岬の波食棚地形に関する予察的研究: 波食棚構成岩石の強度と含水比の測定.
青木 久, 大島 智洋, 若狭 幸, 八反地 剛, 松倉 公憲
筑波大学陸域環境研究 センター 報告   5 63-71   2004年12月   [査読有り]
原位置宇宙線生成核種年代測定法: 侵食地形変化速度の解明への適用.
地形   25 247-265   2004年
Exposure ages deduced from in situ produced cosmogenic 10Be and 26Al: Application to the granite domes, Korea.
ElsevierNuclear Instruments and Methods in Physics Research B   223-224 628-632   2004年
ElsevierNuclear Instruments and Methods in Physics Research B   223-224 92-99   2004年
The numerical relathionship among first-order stream, peaks and saddles in two dissected mountains.
Transactions, Japanese Geomorphological Union   24 205-213   2003年

書籍等出版物

 
地球学シリーズ3「地球学調査・解析の基礎」
古今書院   2011年   

講演・口頭発表等

 
Comparative analysis of waste material distribution between remote sensing data and geochemical map.
若狹 幸, D. Ishiyama, T. Takeda, S. Dordievski, K. Hirose, L. Obradovic, V. Marinkovic, V. Gardic
13th International Mine Water Association Congress   2017年6月25日   
セルビア共和国ボール鉱山周辺の地表面物質分類
若狭幸、広瀬和世、石山大三
資源素材学会平成29年度春季大会   2017年3月27日   
An international cooperative research project to Solve environmental problems by integrating multiple disciplines in copper mining areas in Serbia.
N. Masuda, D. Ishiyama, A.Shibayama, M. Bessho, K. Haga, S. Wakasa, Z. Stevanovic, L. Obradovic, L. Avramovic and R. Marcovic
Copper 2016   2016年11月15日   
Introduction of current research related environmental analysis and metal recovery in AkitaUniversity. [招待有り]
芳賀一寿, 若狹 幸
5th international doctoral symposium   2016年11月9日   
セルビア共和国東部の二つの鉱山を上流に持つ隣接する流域の地形特性と水質について
若狭幸、石山大三、Ljubisa Obradovic, Vladan Marinkovic, Vojka Gardic, Stefan Dordievski, 佐藤比奈子
日本地形学連合2016年秋季大会   2016年10月8日   
Distribution of tailing deposit around Bor mine deduced from satellite images.
S. Wakasa, T. Takeda, V. Marinkovic, S. Doedievski, S. Nakamura, K. Hirose
The 48th International October Conference on Mining and Metallurgy   2016年9月28日   
セルビアボール地域における河川水の水質と地形の関係
若狭 幸、Stefan Đorđievski、Ljubiša Obradović、石山 大三
第5回同位体環境学シンポジウム   2015年12月25日   
New Approach of Geochemical Maps Based on Chemical Compositions of River Water and Sediments. [招待有り]
D. Ishiyama, H. Kawaraya, H. Sato, S. Wakasa, K. Shin, T. Nakano
The 47th International October Conference on Mining and Metallurgy   2015年10月5日   
秋田県渋黒川・玉川水系におけるストロンチウムおよび硫黄同位体を用いた酸性温泉水と河川水の混合過程の解明
若狭 幸、申基澈、石山大三
日本地球惑星科学連合   2015年5月24日   
セルビア国ボール鉱山周辺の地形解析
若狹 幸
日本地球惑星科学連合   2015年5月24日   
Sr-S同位体を用いた酸性温泉水と河川水の混合過程の解明 :秋田県渋黒川・玉川水系の例
若狹 幸、石山 大三、申 基澈
2014年12月22日   
風化が作る地形: タフォニ, ナマを例として. [招待有り]
若狹 幸
秋田地学教育学会年次発表会   2014年11月30日   
秋田県玉川における主要化学成分濃度とストロンチウムおよび硫黄同位体比を用いた河川水混合過程の推定
若狹 幸,石山大三,松葉谷治,佐藤比奈子,申 基澈,中野孝教
日本地球惑星連合2014年大会   2014年4月28日   
積雪の分布による土砂移動機構の変化-中部山岳地域におけるモニタリングからの一例-
若狹 幸, 渡邊 達也, 脇山 義史
京都国際地理会議   2013年8月6日   
宇宙線生成核種を用いた地形面の年代測定 [招待有り]
若狹 幸
第37回フィッショントラック研究会   2013年2月24日   
Sample preparation for 14C-AMS by new graphitization system installed elemental analyzer at laboratory of National Museum of Japanese History.
S. Wakasa, M. Sakamoto, A. Kodaira, H. Matsuzaki
The Symposium of Japanese AMS Society   2006年10月20日   
Paleo-erosion rates of a granite pediment determined from depth-profile fitting of in situ produced 10Be and 26Al.
S. Wakasa, Y. Matsushi, H. Matsuzaki, Y. Tanaka, Y. Matsukura
10 th International Conference on Accelerator Mass Spectrometry (AMS-10)   2005年9月5日   
Estimation of episodic exfoliation rates of sheetings on granite dome in Korea based on TCN dating.
S. Wakasa, H. Matsuzaki, Y. Tanaka, Y. Matsukura
Workshop on the Geomorphological and Quaternary Science Applications of Cosmogenic Isotope Analysis   2004年10月23日   
Exposure ages deduced from in situ produced cosmogenic 10Be: application to the granite dome and tor, Korea.
S. Wakasa, H. Matsuzaki, K. Horiuchi, Y. Tanaka, Y. Matsukura
Ninth International Conference on Accelerator Mass Spectrometry (AMS-9)   2002年9月9日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
UAVリモートセンシングによる土砂災害地の即時地質判読
日本学術振興会: 科学研究費・若手研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 若狹 幸
落雷による岩石破壊の実態調査と室内実験
学術研究支援事業
研究期間: 2011年 - 2011年
原位置宇宙線生成核種濃度の定量による花崗岩地形形成プロセスの解明
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 若狹 幸

社会貢献活動

 
地球惑星科学系研究者のワークライフバランスとキャリア形成
【司会, 企画】  日本地球惑星連合  2014年4月29日