OTA Ikuko

J-GLOBAL         Last updated: Oct 12, 2019 at 02:42
 
Avatar
Name
OTA Ikuko

Profile

研究経歴
1989年4月 日本学術振興会特別研究員(一橋大学・DC)(1991年3月まで)
1991年6月 外務省経済局海洋課調査員(1992年10月まで)
1992年4月 法政大学社会学部兼任講師(1994年3月まで)
1994年4月 広島市立大学国際学部講師(1998年3月まで)
1998年4月 広島市立大学国際学部助教授(2007年3月まで)
2007年4月 広島市立大学国際学部教授(現在に至る)

Education

 
Sep 1986
 - 
Jun 1991
LL.M., Institute of Comparative Law, McGill University
 
Apr 1988
 - 
Mar 1992
Public Laws and International Relations, Graduate School of Law, Hitotsubashi University
 
Sep 2001
 - 
Jan 2011
The JSD Program, The School of Law, Stanford University
 

Published Papers

 
Ensuring Decent Work for Non-Regular Nurses: The Need for Japan’s Ratification of ILO Standards for Labor Clauses in Public Contracts.
International Federation of Social Workers & Asian and Pacific Association for Social Work Education, Proceedings of 21st Asia-Pacific Social Work Conference (15-18 July 2011, Waseda Univ. , Tokyo)   pp.368-373 (CD-ROM, 2012)   Feb 2012   [Refereed]
「乳幼児が権利をもつ とはどういうことか――乳幼児と親・養育者の間主観的関係にもとづく児童の権利条約3条1項および12条1項の再検討」 編者より依頼のため「査読付き」 [平成15年度 科学研究費補助金・基盤研究C(2)・研究成果]
『広島法学』   29(2) 45-79   Dec 2005   [Refereed]

Misc

 
国際的な監護紛争における「子の利益」 ――子の引渡しを求める人身保護請求に係る特別抗告を棄却した事例 (最高裁判所第二小法廷2010(平成22)年8月4日決定 家月63巻1号97頁)
国際的な監護紛争における「子の利益」 ――子の引渡しを求める人身保護請求に係る特別抗告を棄却した事例 (最高裁判所第二小法廷2010(平成22)年8月4日決定 家月63巻1号97頁) 『国際人権22号』(信山社、2011年)   (22) pp.151-152   Oct 2011   [Refereed]
「婚外子差別と人権条約――国籍取得」 編者より依頼のため「査読付き」
太田いく子
ジュリスト臨時増刊2007年4月10日号 平成18年度重要判例解説   (1332) 287-288   Apr 2007   [Refereed]

Books etc

 
「第11章 運輸・通信」『入門 国際機構』
太田育子 (Part:Joint Work, 171-186)
法律文化社   May 2016   
「人権から考える3.11原発事故災害 ― 被曝を最大防護する権利のために」『世界の眺めかた』所収[広島市立大学国際学部叢書6・H23-24年度広島市立大学特定研究費研究成果]
広島市立大学国際学部国際政治・平和フォーラム (Part:Joint Work, 61-94)
千倉書房   Aug 2014   
"Moving Uphill Alone to Live" in JAPAN'S 3/11 DISASTER AS SEEN FROM HIROSHIMA[広島市立大学国際学部叢書5・H23-24年度広島市立大学特定研究費研究成果]
HCU 3/11 Forum (Part:Joint Editor, 4-9, 147-175)
Soeisha/Sanseido Shoten   Mar 2013   
"Privatization of Childcare as a Way of Implementing Young Children’s Rights" in PUBLIC INTEREST RULES OF INTERNATIONAL LAW』[平成19年度 科学研究費補助金・基盤研究B・研究成果]
Karel Wellens & Teruo Komori eds. (Part:Joint Work, 427-458)
Ashgate   Mar 2010   

Conference Activities & Talks

 
”あの戦争”から”わたしの死”を取り戻す: 日本社会のゴースト・ロールの解放のために [平成29年度科研費基盤(A)研究成果]
太田育子
第41回日本死の臨床研究会年次大会(セッション 死の臨床を支える文化/死生観)   8 Oct 2017   日本死の臨床研究会
棄民の系譜からの自由--被災の語りがもたらすもの [平成29年度科研費基盤(A)研究成果]
太田育子
科研費公開シンポジウム「原子力災害とは何か--未来と世界へのメッセージ」   30 Sep 2017   科研費基盤(A)研究代表者・家田修
Seeking No Apology for A-bombings: Legacies of the 1995 Testimony of Hiroshima's Mayor at the International Court of Justice [平成28年度科研費基盤(A)研究成果]
OTA Ikuko
Fears and Anxieties in the 21st Century 3rd Global Meeting, Special Focus: Testimony   21 Sep 2016   Inter-Disciplinary.Net
「核被害の視点から反核を考える」 [Invited]
司会・川崎哲(ピースボート共同代表)、解説・竹峰誠一郎(明星大学)、パネリスト・佐々木猛也(日本反核法律家協会会長)、小溝泰義(広島平和文化センター理事長)
日本平和学会2015年度春季研究大会・部会1   18 Jul 2015   日本平和学会
“Flowers Will Bloom”: Assessing Support for Survivors of Japan’s 3/11 Disaster through the Charity Song.”[H23-24年度広島市立大学特定研究費研究成果]
OTA, Ikuko
Whole Person Care Symposium (Montreal, October 17-21)   18 Oct 2013   McGill University