宮﨑 大輔

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/05 03:07
 
アバター
研究者氏名
宮﨑 大輔
 
ミヤザキ ダイスケ
eメール
miyazakihiroshima-cu.ac.jp
所属
広島市立大学
部署
情報科学研究科知能工学専攻
職名
准教授
学位
修士(理学)(東京大学), 博士(情報理工学)(東京大学)

プロフィール

2000年東京大学理学部情報科学科卒業.2002年同大学院理学系研究科情報科学専攻修士課程修了.2005年同大学院情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻博士課程修了.情報理工学博士.日本学術振興会特別研究員,東京大学生産技術研究所特任助手,マイクロソフトリサーチアジア客員研究員,東京大学生産技術研究所特任助教を経て,2008年10月より広島市立大学情報科学研究科講師に着任したのち,2011年4月より同大准教授.コンピュータビジョンの研究に従事.VSMM2000,VC/GCAD2013 論文賞受賞.コニカミノルタ画像科学奨励賞 受賞(2014年).MIRU2011 出版委員長,MIRU2017 組織委員長.情報処理学会グラフィクスとCAD研究会第141回研究発表会,情報処理学会グラフィクスとCAD研究会第145回研究発表会 情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア研究会第204回研究発表会 担当委員.ACCV2007 技術サポートスタッフおよびITSシンポジウム2009サポートメンバー.ACCV2006,ACCV2007,MIRU2007,MIRU2008,PSIVT2009,CVPR2009,e-Heritage Workshop 2009,ACCV2009,ICCV2009,CVPR2010,ECCV2010,e-Heritage Workshop 2010,ACCV2010,CVPR2011,SCCG2011,ICCV2011,SCCG2012,ECCV2012,ACCV2012,HISS2012,CVPR2013,SCCG2013,MIRU2013, PSIVT2013,CVPR2014,SCCG2014,MIRU2014, ICPR2014,ACCV2014,3DV2014,HISS2014,CVPR2015,VC/GCAD2015,SCCG2015,MIRU2015,ICCV2015,3DV2015,CVPR2016,MIRU2016,SCCG2016, ECCV2016, ACCV2016, e-Heritage 2016, SITIS2016, MIRU2017, CVPR2017, BMVC2017, ICCV2017, ACPR2017, CVPR2018 プログラム委員または査読委員.英文論文誌IJCVSP 編集委員.情報処理学会グラフィクスとCAD研究会運営委員(2009年度~2012年度),情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア研究会運営委員(2013年度~2016年度).電子情報通信学会,画像電子学会,ACM,IEEE 各会員,情報処理学会 シニア会員.

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2005年4月
 - 
2006年3月
日本学術振興会・特別研究員
 
2006年4月
 - 
2007年3月
東京大学・特任助手
 
2007年4月
 - 
2007年8月
東京大学・特任助教
 
2007年9月
 - 
2008年3月
Microsoft Research Asia, Visiting researcher
 
2008年4月
 - 
2008年9月
東京大学・特任助教
 

学歴

 
1996年4月
 - 
2000年3月
東京大学 理学部 情報科学科
 
2000年4月
 - 
2002年3月
東京大学 理学系研究科 情報科学専攻
 
2002年4月
 - 
2005年3月
東京大学 情報理工学系研究科 コンピュータ科学専攻
 

受賞

 
2017年11月
Best Presentation Paper Award
受賞者: Ryo Furukawa, Masahito Naito, Daisuke Miyazaki, Masahi Baba, Shinsaku Hiura, Yoji Sanomura, Shinji Tanaka, Hiroshi Kawasaki
 
2017年9月
KUKA award (the 3rd best paper)
受賞者: Ryo Furukawa, Masahito Naito, Daisuke Miyazaki, Masahi Baba, Shinsaku Hiura, Yoji Sanomura, Shinji Tanaka, Hiroshi Kawasaki
 
2014年3月
公益財団法人コニカミノルタ科学技術振興財団 コニカミノルタ画像科学奨励賞
 
2013年6月
VC研究賞(最優秀(ポスター発表)) 2光源・3物体色間におけるメタメリズム生起のための絵の具の調合
受賞者: 宮崎 大輔, 高橋 可菜実, 馬場 雅志, 青木 広宙, 古川 亮, 青山 正人, 日浦 慎作
 
2000年10月
Best overall paper受賞 International Conference on Virtual Systems and MultiMedia 2000
 

論文

 
Daisuke Miyazaki, Mia Nakamura, Masashi Baba, Ryo Furukawa, Shinsaku Hiura
Journal of Imaging Science and Technology   60(6) 60502-1-60502-15   2016年11月   [査読有り]
Daisuke Miyazaki, Takuya Shigetomi, Masashi Baba, Ryo Furukawa, Shinsaku Hiura, Naoki Asada
SPIE Optical Engineering   56(4) 041303   2016年9月   [査読有り]
認識対象に適した符号化開口形状の設計と評価
河本 悠, 日浦 慎作, 宮崎 大輔, 古川 亮, 馬場 雅志
情報処理学会論文誌   57(2) 783-793   2016年2月   [査読有り]
Simulation of Real Tilted Lenses Using Distributed Ray Tracing
Masashi Baba, Tomoe Nakane, Shinsaku Hiura, Ryo Furukawa, Daisuke Miyazaki, Masahito Aoyama
IIEEJ Transactions on Image Electronics and Visual Computing   3(2) 143-148   2015年12月   [査読有り]
擬似的な陰影を知覚させる油絵の具の混合
宮崎 大輔, 實重 貴文, 馬場 雅志, 古川 亮, 青山 正人, 日浦 慎作
画像電子学会誌   44(4) 649-654   2015年9月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Digitally archiving cultural objects
K. Ikeuchi, D. Miyazaki (担当:共著)
Springer-Verlag   2007年   

講演・口頭発表等

 
Auto-calibration Method for Active 3D Endoscope System Using Silhouette of Pattern Projector
Ryo Furukawa, Masahito Naito, Daisuke Miyazaki, Masahi Baba, Shinsaku Hiura, Yoji Sanomura, Shinji Tanaka, Hiroshi Kawasaki
Pacific-Rim Symposium on Image and Video Technology (PSIVT 2017)   2017年11月20日   
3次元内視鏡のためのCNNによる投影パターンマーカ自動検出
溝森 将輝, 古川 亮, 内藤 雅仁, 宮崎 大輔, 馬場 雅志, 日浦 慎作, 佐野村 洋次, 田中 信治, 川崎 洋
研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア   2017年11月8日   
3D Endoscope System Using Asynchronously Blinking Grid Pattern Projection for HDR Image Synthesis
Ryo Furukawa, Masahito Naito, Daisuke Miyazaki, Masahi Baba, Shinsaku Hiura, Yoji Sanomura, Shinji Tanaka, Hiroshi Kawasaki
International Workshop on Computer-Assisted and Robotic Endoscopy (CARE 2017)   2017年9月14日   
3次元内視鏡のための点滅パターン光源によるHDR画像生成
内藤 雅仁, 古川 亮, 宮崎 大輔, 馬場 雅志, 日浦 慎作, 川崎 洋
画像の認識・理解シンポジウム   2017年8月7日   
偏光とエントロピー最小化による未校正照度差ステレオ法の検討
宮崎 大輔, 川崎 拓, 河本 悠, 日浦 慎作
画像の認識・理解シンポジウム   2017年8月7日   

競争的資金等の研究課題

 
全周囲光源装置と偏光解析を用いた透明物体の三次元形状計測
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月
Polarization Stereo for Modeling the Small-Scale Structure of Cultural Assets
eHeritage project
研究期間: 2009年 - 2009年
偏光解析に基づく透明物体の3次元形状・屈折率・吸収係数の計測技術の開発
特別研究員奨励費
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月