Murata Yoshihiro

J-GLOBAL         Last updated: Oct 12, 2019 at 02:42
 
Avatar
Name
Murata Yoshihiro
Affiliation
Hiroshima City University
Section
Graduate School of Information Sciences, Dept. of Systems Engineering
Job title
Associate Professor

Profile

平成15年4月より奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科助手.
平成19年4月より奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科助教.
平成19年10月より奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科准教授.

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2003
 - 
Apr 2007
奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科 助手
 
Apr 2007
 - 
Sep 2007
奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科 助教
 

Education

 
Apr 1998
 - 
Mar 2003
Graduate School of Information Science, Nara Institute of Science and Technology
 

Published Papers

 
西日の眩しさを考慮した経路探索アルゴリズム
松田大樹,村田佳洋
情報処理学会論文誌   57(5) 1452-1463   2016   [Refereed]
A path-finding algorithm for finding a low glare path using time-expanded network
Hiroki Matsuda, Yoshihiro Murata
Conference: 19th IEEE Intelligent Transportation Systems Conference   1844-1849   Nov 2016   [Refereed]
Considering the Propagation Delay Time Slot Scheduling for Underwater Wireless Sensor Networks
浜田龍平,村田佳洋
情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用   6(3) 1-10   Dec 2013   [Refereed]
進化計算を用いた「合コン」問題の解法と評価
黒岩将,安本慶一,村田佳洋,伊藤実
情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用   6(1) 47-56   Mar 2013   [Refereed]
A Decentralized Method for Maximizing k-coverage Lifetime in WSNs
Katsuma, R., Murata, Y., Shibata, N., Yasumoto, K., Ito, M.
Proc. of The Sixth International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU 2012)   16-23   May 2012   [Refereed]

Association Memberships

 
 

Research Grants & Projects

 
可動ノードを用いた無線センサネットワークの長寿命・高信頼化手法の開発
Project Year: Apr 2009   
災害時救命救急支援を目指した人間情報センシングシステム
Core Research for Evolusional Science Technology
Project Year: Apr 2007 - Mar 2013
大規模スマートスペースの効率良い開発を目的としたシミュレータの研究開発
Project Year: Apr 2007 - Mar 2009

Patents

 
4292062 : 経路探索システム、サーバ、携帯端末、経路探索装置、経路探索プログラム