島 和之

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/12 02:42
 
アバター
研究者氏名
島 和之
 
シマ カズユキ
所属
広島市立大学
部署
情報科学研究科システム工学専攻
職名
准教授

研究分野

 
 

委員歴

 
2018年4月
   
 
電子情報通信学会  ソフトゥエアサイエンス研究専門委員会幹事
 
2017年6月
   
 
電子情報通信学会  ソフトウェアサイエンス研究専門委員会幹事補佐
 
2011年12月
 - 
2012年5月
論文誌編集委員会 電子情報通信学会 編集委員
 
2010年4月
 - 
2011年12月
第22回 IEEE ソフトウェア信頼性工学国際シンポジウム (ISSRE) 運営委員
 
2007年9月
 - 
2008年5月
平成19年度論文賞委員会 情報処理学会 委員
 

書籍等出版物

 
情報科学部学生のためのC言語の基礎
舟阪淳一、藤原真、三村和史、河野英太郎、佐藤康臣 (担当:共著)
大学教育出版   2011年4月   ISBN:978-4864290630
情報科学部学生のためのコンピュータリテラシー
小畑 博靖 (担当:共著)
大学教育出版   2008年4月   ISBN:978-4887308190
Nバージョンプログラミング,Goal Question Metric パラダイム,対数型NHPPモデル,リカバリーブロック
J. Marciniak (編),片山卓也,土居範久,鳥居宏次 (監),島和之,他(訳) (担当:共訳, 範囲:81-82, 359-363, 851-853, 1521)
ソフトウェア工学大事典   1998年10月   

講演・口頭発表等

 
第 23 回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE2016)   2016年12月1日   日本ソフトウェア科学会
A simple rouging algorithm in a constant degree overlay network
Hyojin Kwon, Kazuyuki Shima, Yasuomi Sato, and Mitsuru Ohba
International Symposium on Software Reliability Engineering   2011年12月2日   
Detecting Low Usability Web Pages using Quantitative Data of Users' Behavior
Noboru Nakamichi, Makoto Sakai, Kazuyuki Shima, Ken-ichi Matsumoto
International Conference on Software Engineering   2006年5月   
Correlation between the Gazing Point Movement and Usability for the Purpose of Web Page Selection Containing Usability Problems
Shota Fukushima, Noboru Nakamichi, Makoto Sakai, Jian Hu, Kazuyuki Shima, and Ken-ichi Matsumoto
Proc. of 11th Int'l Conference on Human - Computer Interaction (HCI International 2005), Las Vegas, Nevada USA   2005年7月   
An experiment of software understandability using probabilistic model
Shinji Uchida and Kazuyuki Shima
Proc. 7th World Multiconference on Systemics, Cybernetics and Informatics (SCI2003)   2003年7月   

競争的資金等の研究課題

 
ICカードと衛星通信を用いた安否確認システムの実験
共同研究プロジェクト
研究期間: 2011年8月   
広島市立大学におけるICカードの利活用に関する研究
研究期間: 2011年8月   
非常連絡情報システムの実証実験
市政貢献プロジェクト
研究期間: 2011年2月   
頻繁なノード参加における分散ハッシュ表の高速な検索アルゴリズムの開発
研究期間: 2010年10月   
非常連絡情報システムの実証実験
社会連携プロジェクト研究
研究期間: 2010年8月