研究日誌

12
2018/12/06

設計コンテストの成果報告&ホームぺージに公開

| by handle00001801
設計コンテストの成果報告を校長先生に行いました.
HPにもその様子が掲載されました.

優勝,準優勝,優秀発表賞とたくさん賞を頂きました.
来年も,しっかりと指導していきたいと思います.

http://www.nagano-nct.ac.jp/topics/2018/12/2018-2.php

http://www.jsde.or.jp/htdocs/?page_id=84
16:19 | 投票する | 投票数(0)
2018/12/01

設計コンテスト成果発表会@横浜

| by handle00001801
設計コンテストの成果発表会で横浜に行きました.
2チームとも健闘しました.
発表前に中華街でご飯を食べました.





16:24 | 投票する | 投票数(0)
2018/09/29

設計工学会 秋季大会に参加しました

| by handle00001801
鳥取大学に行って設計工学会の秋季大会に参加しました
今回は3件の発表をしました.

①機械製図の表現に関する研究(スパナの図例研究)
製図の教科書のスパナをGD&Tで書き直す試みをしました.
スパナは簡単なようで難しかったです.


②2組の穴とボスとを用いた位置決めによる組立ばらつきの解析
 第2報 任意の位置での組立てばらつきの式の導出と公差解析への適用

2組の穴とボスとを用いた位置決めのを解析して,ガタの範囲(横方向,縦方向)を求める方法を紹介し,検証した結果を発表しました.



③ボスと穴とを用いた組み立てばらつきの範囲の外接円の式の導出
(穴と長円の穴の場合,および2組の穴とボスの場合)

任意の位置のがたの範囲に接する円の大きさを求める計算過程を発表しました.
2組の穴とボスの場合は比較的容易に求まるのですが,穴と長円の穴の場合は,かなり解くのが大変でした.

15:02 | 投票する | 投票数(0)
2018/08/08

精密工学会誌に解説記事が載りました(後編)

| by handle00001801

はじめての精密工学
最大実体公差方式 解説 (後編)
―機械製図のⓂは精密と無縁なのか?―

鈴木 伸哉, 小池 忠男


https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjspe/84/8/84_706/_article/-char/ja

今月は,購読者番号がないと読めないのが残念ですが,しばらくたてばフリーで読めるはずです.


08:03 | 投票する | 投票数(0)
2018/07/05

精密工学会誌に解説記事が載りました

| by handle00001801

「最大実体公差方式 解説 (前編) 機械製図の○Mとは何か?」

マルエムは,なぜいるのか?何につかうのか?について,
なるべく優しい記事を目指してアメリカ留学中に書きました.
来月に後編が出ます.

https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jjspe/84/0/_contents/-char/ja
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjspe/84/7/84_620/_article/-char/ja

今月は,購読者番号がないと読めないのが残念ですが,1年経てばフリーで読めます.

2018 年 84 巻 7 号 p. 620-623
発行日: 2018/07/05
公開日: 2018/07/05

DOI https://doi.org/10.2493/jjspe.84.620
精密工学会誌,84,7(2018)pp.620-623.


12:36 | 投票する | 投票数(0)
2018/07/02

紀要が公開されました.

| by handle00001801
設計工学会に投稿した随筆を許諾を得て,高専の紀要に掲載しました.

日本の製図維新 前夜 / アメリカ GD&T 留学記 (○Mのこころと,サイズ形体の区別,そして真に正しい図面を求めて)
https://nagano-nct.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=1044&item_no=1&page_id=13&block_id=28
12:19 | 投票する | 投票数(0)
2018/05/27

設計工学会 春季大会に参加しました.

| by handle00001801


会場の東京大学,かの有名な安田講堂の隣のビルで講演がありました.


今回は,以下の2つの講演を行いました.

①2組の穴とボスとを用いた位置決めによる組立ばらつきの解析

2つのボス(ピン)と穴での位置決めの場合,
任意の点は,どのような軌跡を描くか?
ということをテーマに講演しました.



② 設計コンテストの教育効果


形を決める ということは,どのようにしたら教えられるのか?
3DAの良さをどう理解してもらうか?

などオムニバス形式で,お話ししました.


13:18 | 投票する | 投票数(0)
2018/03/05

サイズ形体への形状・姿勢・位置の公差

| by handle00001801
穴や軸に,幾何公差を適用するときに,
形状・姿勢・位置の公差として,それぞれ,
真直度,直角度,位置度をつかって規制することが多いかと思います.
一方で,穴や軸であれば,円筒度という形状の公差もあります.
なぜ,円筒度を使わずに,真直度を使うのでしょう?
友人になったブライアンに聞いてみたら,

「真直度,直角度,位置度は,全部,中心軸を規制しているでしょ?
それに対して,円筒度は,表面を規制しているでしょ?
もちろん,真直度で表面を規制することもできるけれど,「まれ」だよ.」
と言っていました.

なるほど!

彼は,幾何公差のプロフェッショナルでありながら,地元クラフトビールの
ビジネスも手伝うなんとも,ヴァーサタイルな人です.
http://www.twokiltsbrewing.com/
03:09 | 投票する | 投票数(0)
2018/02/14

公差設計のワークブックを作りました

| by handle00001801

公差設計スキル認定試験「3級・4級」対応
公差設計ワークブック



ISBN-13: 978-4990526436


公差をどのように設定すべきか,公差をいくつにすべきかは,設計の実務において重要です。その一方で,企業に人材を輩出する学校における公差設計に関する教育は,サイズ公差(寸法公差),はめあい,幾何公差の初歩といったところで,実践的な設計を行うのに十分とは言えません。そこで,高等専門学校や大学の高学年から企業の若手社員を想定した公差設計に関わるワークブックを執筆することにしました。 中堅・ベテランのエンジニアには物足りない問題が多いかもしれませんが,2016年のJIS B 0401-01の改定を可能な限り加えたので,新しい設計製図の用語や考え方を知る機会として本書を読んでいただければ幸いに思います。


さて,以下に1問だけ抜粋しました。いかがでしょう?


Cp=1で管理されているφ20(+0.013/0) の穴と,φ20±0.0045 の軸で中間ばめを多数組み合わせたとき,統計上しめしろが生じる確率を求めよ。


(株)プラーナーまたはアマゾンより購入できます.
http://planer.jpn.org/xoops/BookList.html

https://www.amazon.co.jp/dp/4990526430/ref=sr_1_5?ie=UTF8&qid=1518594376&sr=8-5&keywords=%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC



23:40 | 投票する | 投票数(1)
2018/01/05

随筆を執筆しました.

| by handle00001801

この在外研究の前半を随筆にまとめました.

タイトル:
日本の製図維新 前夜 / アメリカ GD&T 留学記
(マルM のこころと,サイズ形体の区別,そして真に正しい図面を求めて)

残念ながら,設計工学会誌は論文しか読めません.
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jjsde/53/1/_contents/-char/ja
http://www.jsde.or.jp/shuppan-j/2018/jl201801.html

設計工学会誌,53,1 (2018)pp.2-9.


04:18 | 投票する | 投票数(1)
2017/11/18

設計コンテスト2017成果発表会

| by handle00001801
設計工学会主催・JEITA後援の設計コンテスト2017で,本校チームは準優勝という高評価を得ました.
今年は出場チームが多く,指導がメールでしかできませんでしたが,昨年の経験を活かしましたね.
来年こそは悲願の優勝を目指しましょう.

http://www.jsde.or.jp/htdocs/?page_id=125
08:37 | 投票する | 投票数(0)
2017/10/24

サンディエゴ for ASME meeting

| by handle00001801
アメリカ機械学会の会議に行きました.
製図の規格会議です.朝から晩まで4日連続で会議です.脱帽です.
議論を尽くした最後には,これはパズルだといっていたのが印象的でした.

写真は会議の会場のホテル.10月でもサンディエゴは夏のよう.

04:13 | 投票する | 投票数(0)
2017/10/04

ポートランドに行ってきました

| by handle00001801
Geometric Dimensioning and Tolerancingの講習を受けに西海岸のポートランドに行きました.もともとある程度勉強していたので,講義の内容は意外に聞き取れましたし,新たな発見もありました.そして,ブライアン・フィッシャーさんと仲良くなりました.
ポートランドの街は,シャーロットの街と比べるとこじんまりしていて,日本に似ています.自転車を使う人も結構います.
写真は夜明けのウィラメット川です.

11:55 | 投票する | 投票数(1)
2017/09/20

UOS ?

| by handle00001801
アメリカでは,頭文字をとるAbbreviationがよくつかわれています.
図面に"UOS"と書いてあって,これの意味がよくがわからなかったのですが,
これは,Unless Otherwise Specified (指示なき〇〇は,△△)というときに使うとのこと.
なるほど!
21:12 | 投票する | 投票数(0)
2017/09/18

穴と長穴のガタを求めるワークシートを公開します

| by handle00001801
論文が公開されましたので,
穴と長穴のガタを求めるワークシートを公開します.
左の
【Hole and Slot】より利用者の責任においてご利用ください.
08:21 | 投票する | 投票数(0)
2017/09/13

ノースカロライナ州立大学シャーロット校へ

| by handle00001801
8月半ばから,ノースカロライナ州立大学シャーロット校(University of North Carolina at Charlotte: UNCC )へ7か月間,在外研究として来ております.はやくも1月が経ちました.ようやく暮らしに少し慣れ,ホテル暮らしからアパートに移り,研究生活に本腰を入れられるようになりました.
UNCCの日本語学科の先生や,その他にも現地の日本の方に支援をいただきながら生活を安定させることができました.
期間中に,Sigmetrix社の講習に出かけたり,ASMEの会合に出かけます.

1カ月が過ぎて,ようやく英文だけの書物がそんなに嫌ではなくなりました.
会話は相手が容赦してくれることを前提に何とかなるものですね.


研究室のある Duke Centennial Hall
00:05 | 投票する | 投票数(0)
2017/09/13

【祝】穴と長穴のガタに関する論文が公開されました

| by handle00001801
投稿から1年3か月,ようやく論文が公開されました.

タイトル:穴と長円の穴を用いた位置決めによる組立ばらつきの解析
以下のURLから無料でダウンロードできます.
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jjsde/52/9/_contents/-char/ja/
https://doi.org/10.14953/jjsde.2016.2703

【お詫び】
9ページ目の式(21)に代入されている値の182は誤りで,正しくは77でした.
また,同式で,sinとcosに29.92°が代入されていますが,正しくは25.70°でした.
ただ,結果の 0.32は正しい値が代入された結果になっていました.
計算シートの結果を論文に移すときの転記ミスと思われます.
お詫びいたします
00:01 | 投票する | 投票数(0)
2017/08/12

特集を担当した精密工学会誌の8月号が公開されました

| by handle00001801
精密工学会の8月号の特集を担当しました.
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jjspe/83/8/_contents/-char/ja/

新しい図面の動向に関して各界の第一人者に記事を書いていただきました.
また,SOLIDWORKSジャパン様にお邪魔して,お話を伺ってきました.

【タイトル】
3Dモデルの新展開
3DデータからDTPDへ (Digital Technical Product Documentation)

http://doi.org/10.2493/jjspe.83.713

※記事のPDFだけでなく,電子付録にもご注目ください.
3D-PDFでモデルをグルグル動かしたり,拡大・縮小ができます.


14:29 | 投票する | 投票数(0)
2017/08/12

穴と長穴のガタに関する論文が早期公開されました

| by handle00001801
タイトル:穴と長円の穴を用いた位置決めによる組立ばらつきの解析
以下のURLから無料でダウンロードできます.
http://doi.org/10.14953/jjsde.2016.2703

【お詫び】
9ページ目の式(21)に代入されている値の182は誤りで,正しくは77でした.
また,同式で,sinとcosに29.92°が代入されていますが,正しくは25.70°でした.
ただ,結果の 0.32は正しい値が代入された結果になっていました.
計算シートの結果を論文に移すときの転記ミスと思われます.
お詫びいたします
14:06 | 投票する | 投票数(0)
2017/06/11

設計コンテストの研修で横浜に来ています

| by handle00001801
設計コンテストで横浜に来ています.
昨日は,コンテストの説明,製品開発について,3DA,モールド加工について講習がありました.今日は幾何公差です.

宿泊は桜木町にて.かなり観光地ですね.
何気なく入った中華料理店,生香園
http://www.shu-tomiteru.jp/frameset-introdu.html
周富徳の弟の周富輝のお店でした.
07:46 | 投票する | 投票数(0)
12