穴と長穴のガタ

■説明の動画(声がボソボソしていますが悪しからず)
https://youtu.be/HvcA8Z5T6pQ


■ワークシートに元になった論文はJ-Stageより無料でダウンロードできます.
穴と長円の穴を用いた位置決めによる組立ばらつきの解析
Analysis of Assembly Variation by Positioning Between Two Parts using a Hole and a Slot
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jjsde/52/9/_contents/-char/ja/
【お詫び】
9ページ目の式(21)に代入されている値の182は誤りで,正しくは77でした.
また,同式で,sinとcosに29.92°が代入されていますが,正しくは25.70°でした.
ただ,結果の 0.32は正しい値が代入された結果になっていました.
計算シートの結果を論文に移すときの転記ミスと思われます.
お詫びいたします



■左上の緑のセルに数字を入れてください.
ピンク色のセルにガタの大きさがでてきます.
下のグラフにガタの形が出てきます.




穴と長穴の位置決めで,ガタによって部品が動く範囲は,
部品の場所によって違っていて,下の図のようになります.
なんだか不思議に思えませんか?