畠山 義清

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/15 03:20
 
アバター
研究者氏名
畠山 義清
 
ハタケヤマ ヨシキヨ
所属
群馬大学
職名
助教
学位
博士(理学)(千葉大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年9月
 - 
現在
群馬大学 大学院理工学府 助教
 
2015年4月
 - 
2016年8月
千葉大学 大学院融合科学研究科 特任研究員
 
2012年4月
 - 
2015年3月
日本大学 文理学部物理学科  助教
 
2009年4月
 - 
2012年3月
千葉大学 大学院融合科学研究科 特任研究員
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2009年3月
千葉大学大学院 自然科学研究科 多様性科学専攻
 
2004年4月
 - 
2006年3月
千葉大学 大学院自然科学研究科 理化学専攻
 
2000年4月
 - 
2004年3月
千葉大学 理学部 化学科
 

Misc

 
M. Tabata, Y. Hatakeyama, I. Adachi, T. Morita, and K. Nishikawa
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section A   697 52-58   2012年
M. Tabata, I. Adachi, Y. Hatakeyama, H. Kawai, T. Morita, and K. Nishikawa
IEEE Transactions on Nuclear Science   59 2506-2511   2012年
Y. Hatakeyama, K. Onishi and K. Nishikawa
RSC Advances   1 1815-1821   2011年
Y. Hatakeyama, T. Morita, S. Takahashi, K. Onishi and K. Nishikawa
The Journal of Physical Chemistry C   115 3279-3285   2011年
Y. Hatakeyama, S. Takahashi and K. Nishikawa
The Journal of Physical Chemistry C   114 11098-11102   2010年

書籍等出版物

 
炭素材料の新展開
東京工業大学応用セラミックス研究所   2007年   
Materials Science and Engineering of Carbon: Characterization
精華大学出版, Elsevier   2016年   

講演・口頭発表等

 
エアロゲルを原料とするナノストラクチャカーボン創製の試みII
1. 第31回炭素材料学会年会   2004年   
エアロゲルを原料とするナノカーボンの構造制御
日本化学会第85春季年会   2005年   
酸素吸着能を有するパイロポリマーの小角X 線散乱による構造解析
第34回炭素材料学会年会   2007年   
炭素材料の小角X線散乱における形状因子と構造因子の分離
第35回炭素材料学会年会   2008年   
スパッタ法によるイオン液体中への金ナノ粒子調製におけるカチオン種、アニオン種効果
日本化学会第89春季年会   2009年   

競争的資金等の研究課題

 
金属ナノ粒子・炭素材料の複合化と電気化学デバイスへの応用
その他の研究制度
ポリエチレングリコールとイオン液体の協奏機能を利用した金ナノ粒子調製法開発
科学研究費補助金
研究期間: 2015年 - 2016年

特許

 
金属ナノ粒子担持方法及びその装置
特許6208316
イオン液体材料及びこのイオン液体材料の製造方法
特願2014-157838
微粒子の製造方法
特許第5807893号