Sadao OBANA

J-GLOBAL         Last updated: Jul 9, 2019 at 04:05
 
Avatar
Name
Sadao OBANA
URL
http://www.obana.cs.uec.ac.jp
Affiliation
The University of Electro-Communications
Section
Center for Industrial and Governmental Relations
Job title
Project Professor
Research funding number
60395043

Profile

・コンピュータ通信, 分散処理および通信ソフトウェアに関する研究開発(昭53~平4)
・コンピュータネットワーク、ネットワーク管理に関する研究開発(平5~平11)
・コグニティブ無線, アドホックネットワーク, ユビキタス, ITS無線通信に関する研究開発(平16~平23)
・大規模センサネットワークやP2Pネットワークの構築技術の研究(平23~)
・次世代高度道路交通システム(ITS)のためのクルマのネットワーク化の研究(平23~)
・ウェアラブルセンサを用いたスポーツ上達支援やWi-Fi電波を用いたヘルスケアに関する研究(平24~)
・屋内・屋外の高精度測位技術の研究(平27~)
・ネットワークの省電力化に関する研究(平27~)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1978
 - 
Sep 2011
国際電信電話株式会社(KDD, 現KDDI)入社
 
Aug 1985
 - 
Aug 1989
主査, 同 研究所情報処理研究室
 
Aug 1989
 - 
Mar 1991
担当主任研究員, 同 上福岡研究所コンピュータ通信研究室
 
Mar 1991
 - 
Jul 1993
主任研究員, 同 研究所OSI通信グループ
 
Jul 1993
 - 
Jun 1999
グループリーダ, 同 研究所網管理グループ
 

Education

 
Apr 1969
 - 
Mar 1972
慶応義塾高等学校
 

Awards & Honors

 
Sep 2016
H28年度科研費審査委員表彰, 日本学術振興会
 
Jun 2009
近畿情報通信協議会会長表彰, 近畿情報通信協議会
 
Apr 2001
平成13年度文部科学大臣賞 (研究功績者), 文部科学省
 
Mar 2000
情報処理学会フェロー, 情報処理学会
 

Published Papers

 
High-Precision Pedestrian Positioning by Using High-Precision Pedestrian Positioning by Using Radio Signals from Vehicles and Roadside Units
Kazuhiro Toda, Suhua Tang, Sadao Obana
The 18th International Conference on Electronics, Information, and Communication, ICEIC 2019   1-8   Jan 2019   [Refereed]
Efficient Collection of Road and Traffic Information by CCN-based Inter-Vehicle Communications
Takanori Nakazawa, Sadao Obana and Suhua Tang
Asia-Pacific Conference on Communications, APCC’18   286-291   Nov 2018   [Refereed]
Improvement of pedestrian positioning precision by using spatial correlation of mutipath error
Yearlor Patou, Sadao Obana and Suhua Tang
IEEE International Conference on Vehicular Electronics and Safety, ICVES’18   164-171   Sep 2018   [Refereed]
Masanari Iwata, Suhua Tang and Sadao Obana
Sensors   sensors 2018(1121) 1-17   Apr 2018   [Refereed]
Fine-grained integration of priority control and relay selection for fast and reliable inter-vehicle communication
Takuya Mori, Suhua Tang, Sadao Obana
Third International Congress on Information and Communication Technology, Advances in Intelligent Systems and Computing, ICICT2018, Springer   79-94   Feb 2018   [Refereed]

Misc

 
クルマをネットワーク化する ~安全、快適で環境にやさしいクルマ社会を目指して~
小花貞夫, 屋代智之
情報処理   57(1) 14-18   Feb 2011
多様な無線メディアを用いたユビキタスITSの実現に向けて
野原光夫, 遠藤洋介, 堀松哲夫, 間瀬公太, 小花貞夫
情報処理   50(1) 64-69   Jan 2009
Breakthrooughs in large-scale ad hoc wireless networking and application for vehicle safety
Sadao Obana, Naoto Kadowaki, Peter Davis
Proc. of the International Workshop on Future Mobile and Ubiquitous Information Technologies (FMUIT)   12-16   May 2006
大規模アドホックネットワークの実現に向けて
デイビス ピーター, 門脇直人, 小花貞夫
ATR Journal   (53) 4-7   May 2005
アドホックネットワーク技術を用いた自動車の安全運転支援
小花貞夫, 岩井誠人, 渡辺正浩
ATR Journal   (53) 8-11   May 2005

Books etc

 
オープンネットワークの世界 -OSI-入門
田畑孝一, 小花貞夫, 森野和好, 朝倉雄二, 水野忠則 (Part:Joint Work)
近代科学社   Apr 1993   
OSIプロトコル 絵とき読本 (改訂増補版)
小野欽司, 浦野義頼, 鈴木健二, 松尾一紀, 小花貞夫, 飯作俊一, 加藤聰彦 (Part:Joint Work)
オーム社   Oct 1989   
OSI & ISDN 絵とき用語事典
浦野義頼, 鈴木健二, 小花貞夫, 飯作俊一, 山崎克之, 中尾康二, 石倉雅巳 (Part:Joint Work)
オーム社   Oct 1988   

Conference Activities & Talks

 
車両ネットワークにおけるセルラV2X とDSRC の性能比較検証
高草政史, 湯 素華, 上野高明, 大岸智彦, 小花貞夫
情報処理学会第81回全国大会   14 Mar 2019   福岡市
車両移動による無線チャネル状態情報の変化を利用した高精度な歩行者測位法
駒宮 亘, 小花貞夫, 湯 素華
情報処理学会第81回全国大会   14 Mar 2019   情報処理学会
IEEE802.11ah の省電力化のための端末のグループ化と通信制御方式の検討
井波健太, 湯 素華, 小花貞夫
情報処理学会第81回全国大会   14 Mar 2019   情報処理学会
異種アプリケーション混在環境におけるユーザ満足度を考慮した無線LAN の周波数帯域幅割り当て制御
Tong Jun, 小花貞夫, 湯 素華
情報処理学会第81回全国大会   14 Mar 2019   情報処理学会第
CCNにおけるコンテンツ配信者移動環境のための移動管理とキャッシュ配置法
夏川 清, 湯 素華, 小花貞夫
情報処理学会モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム(MBL)研究会   16 Nov 2018   情報処理学会

Teaching Experience

 

Patents

 
特開2016-169974 : 位置測定装置、位置測定方法、プログラム、および位置測位システム