山内 昌之

J-GLOBALへ         更新日: 18/07/20 16:02
 
アバター
研究者氏名
山内 昌之
URL
http://yamauchi-masayuki.jp/
所属
武蔵野大学
部署
グローバル学部 (教養教育)
職名
特任教授
学位
学術博士(東京大学)

プロフィール

山内昌之  Dr. Yamauchi Masayuki

1947年、札幌市生まれ。北海道大学卒。東京大学学術博士。
武蔵野大学特任教授、東京大学名誉教授、三菱商事顧問、フジテレビジョン特任顧問。
カイロ大学客員助教授、東京大学教養学部助教授、トルコ歴史協会研究員、ハーバード大学客員研究員、政策研究大学院大学客員教授、東京大学グローバル地域研究機構(IAGS)・東京大学中東地域センター長(UTCMES)などを経て、2012年3月、東大を定年退職。

発展途上国研究奨励賞、サントリー学芸賞、毎日出版文化賞(二回)、吉野作造賞、司馬遼太郎賞を受賞。2006年春、紫綬褒章を受章。

主な著書に、『スルタンガリエフの夢』(東京大学出版会)、『帝国とナショナリズム』『中東国際関係史研究 トルコ革命とソビエト・ロシア1918-1923』(以上、岩波書店)、『瀕死のリヴァイアサン』(講談社)、『嫉妬の世界史』、『リーダーシップ』(以上、新潮社)、『歴史学の名著30』(筑摩書房)、『ラディカル・ヒストリー』、『イスラームと日本政治』『世界の歴史〈20〉近代イスラームの挑戦』(以上、中央公論新社)、『歴史という武器』(文藝春秋)など多数。
現在、教育再生実行会議委員(2013~)、および国家安全保障局顧問会議座長(2014~)、東京大学EMP講師、読売新聞東京本社調査研究本部客員研究員等を務める。2015年2月から「20世紀を振り返り21世紀の世界秩序と日本の役割を構想するための有識者懇談会」(略称「21世紀構想懇談会」)メンバー。2015年3月、日本相撲協会「横綱審議委員」に就任。2016年9月、「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」のメンバーに就任。

経歴

 
2012年6月
 - 
現在
東京大学 名誉教授
 
2009年4月
 - 
2010年3月
政策研究大学院大学 客員教授
 
1993年4月
 - 
2012年3月
東京大学 教養学部・大学院総合文化研究科 教授
 
1992年4月
 - 
1993年2月
米ハーバード大学 中東研究センター 客員研究員
 
1985年9月
 - 
1986年6月
トルコ歴史協会 客員研究員
 

委員歴

 
 
   
 
中央教育審議会社会科専門部会(文部科学省)
 
 
   
 
中東調査会  常任理事
 
 
   
 
公益財団法人サントリー文化財団  評議員
 
 
   
 
公益財団法人トヨタ財団  理事
 
 
   
 
外務人事審議会(外務省)  委員
 

受賞

 
2006年4月
紫綬褒章
 
2002年11月
毎日出版文化賞(代56回)
 
2002年2月
司馬遼太郎賞(第5回)
 
1991年10月
吉野作造賞
 
1990年11月
毎日出版文化賞(台44回)
 

書籍等出版物

 
『現代のイスラム―宗教と権力―』(朝日新聞社[朝日選書])
朝日新聞社   1983年   
『オスマン帝国とエジプト―1866-67年クレタ出兵の政治史的研究―』
東京大学出版会   1984年   
『スルタンガリエフの夢-イスラム世界とロシア革命-』
東京大学出版会   1986年   
『神軍緑軍赤軍―ソ連社会主義とイスラム―』
筑摩書房   1988年   
『瀕死のリヴァイアサン―ペレストロイカと民族問題―』
TBSブリタニカ   1990年   
『ソ連・中東の民族問題―新しいナショナリズムの時代―』
日本経済新聞社   1991年   
『ラディカル・ヒストリー―ロシア史とイスラム史のフロンティア―』[中公新書]
中央公論社   1991年   
『イスラムのペレストロイカ』[中公叢書]
中央公論社   1992年   
『新・ナショナリズムの世紀―分裂する国家と民族の行方を探る―』
PHP研究所   1992年   
『民族と国家―イスラム史の視角から―』[岩波新書]
岩波書店   1993年   
『世紀末のモザイク―民族から読みなおす世界史―』
毎日新聞社   1994年   
『民族の時代―混沌と共生の21世紀―』
PHP研究所   1994年   
『イスラムとロシア―その後のスルタンガリエフ―』
東京大学出版会   1995年   
『イスラームとアメリカ』
岩波書店   1995年   
『歴史家の本棚』<書評集>
みすず書房   1995年   
『瀕死のリヴァイアサン―ペレストロイカと民族問題―』[講談社学術文庫]
講談社   1995年   
『帝国の終末論―文明と衝突のパラダイム―』
新潮社   1996年   
『神軍緑軍赤軍―ソ連社会主義とイスラム―』[ちくま学芸文庫]
筑摩書房   1996年   
『近代イスラームの挑戦:世界の歴史20』
中央公論社   1996年   
『「反」読書法』-書評・読書日記-[講談社現代新書]
講談社   1997年   
『イスラームと国際政治―歴史から読む―』[岩波新書]
岩波書店   1998年   
『歴史家の一冊』<書評集>(朝日新聞社[朝日選書])
朝日新聞社   1998年   
『20世紀のプリズム』
角川書店   1999年   
『イスラームと世界史』[ちくま新書]
筑摩書房   1999年   
『納得しなかった男―エンヴェル・パシャ中東から中央アジアへ―』
岩波書店   1999年   
『イスラームと日本政治』[中公叢書]
中央公論新社   2000年   
『文明の衝突から対話へ』[岩波現代文庫]
岩波書店   2000年   
『政治家とリーダーシップ―ポピュリズムを超えて―』
岩波書店   2001年   
『歴史という名の書物』<書評集>
新潮社   2001年   
『歴史の想像力』[岩波現代文庫]
岩波書店   2001年   
『文明論としてのイスラーム』[角川選書]
角川書店   2002年   
『戦争と外交―イラク・アメリカ・日本―』
ダイヤモンド社   2003年   
『歴史の作法―人間・社会・国家―』[文春新書]
文藝春秋社   2003年   
『嫉妬の世界史』[新潮新書]
新潮社   2004年   
『帝国と国民』
岩波書店   2004年   
『歴史のなかのイラク戦争―外交と国際協力―』
NTT出版   2004年   
『歴史家の書見台』<書評集>
みすず書房   2005年   
『鬼平とキケロと司馬遷と―歴史と文学の間―』
岩波書店   2005年   
『歴史と政治の間』[岩波現代文庫]
岩波書店   2006年   
『歴史と外交』[中公叢書]
中央公論新社   2007年   
『歴史学の名著30』[ちくま新書]
筑摩書房   2007年   
『帝国のシルクロード-新しい世界史のために』[朝日新書]
朝日新聞出版   2008年   
『政治家とリーダーシップ―ポピュリズムを超えて―』(岩波現代文庫)
岩波書店   2008年   
『歴史のなかの未来』[新潮選書]
新潮社   2008年   
『近代イスラームの挑戦:世界の歴史20』[中公文庫]
中央公論社   2008年   
『時代の風を読む』
潮出版   2009年   
『黒船以降-政治家と官僚の条件』(『黒船以降』:集英社2006年 の改題)[中公文庫]<対話集>
中央公論新社   2009年   
『名将と参謀-時代を作った男たち』<対話集>
中央公論新社   2010年   
『幕末維新に学ぶ現在 ①』
中央公論新社   2010年   
『リーダーシップ-胆力と大局観』[新潮新書]
新潮社   2011年   
『幕末維新に学ぶ現在 ②』
中央公論新社   2011年   
『歴史家の羅針盤』<書評集>
みすず書房   2011年   
『中東 新秩序の形成「アラブの春」を超えて』[NHKブックス]
NHK出版   2012年   
『帝国とナショナリズム』[岩波現代文庫](「帝国と国民」の改題改訂版)
岩波書店   2012年   
『幕末維新に学ぶ現在 ③』
中央公論新社   2012年   
『歴史を見る眼を養う世界史』
朝日新聞出版   2012年   
『第3次世界大戦の罠-新たな国際秩序と地政学を読み解く』
佐藤優 (担当:共著)
徳間書店   2015年   
『中東複合危機から第三次世界大戦へ-イスラームの悲劇』
PHP研究所   2016年   
『新・地政学-「第三次世界大戦」を読み解く』
中公新書ラクレ   2016年   
中東とISの地政学 イスラーム、アメリカ、ロシアから読む21世紀
朝日新聞出版   2017年