小宮山 賢

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/26 03:38
 
アバター
研究者氏名
小宮山 賢
 
コミヤマ サトシ
eメール
skomiyamawaseda.jp
所属
早稲田大学
部署
商学学術院 大学院経営管理研究科
職名
教授
科研費研究者番号
00623117

研究分野

 
 

経歴

 
2004年1月
 - 
2011年8月
あずさ監査法人 代表社員
 
2005年4月
   
 
早稲田大学 大学院商学研究科 客員教授
 
2011年9月
   
 
早稲田大学 大学院商学研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1976年
一橋大学 商学部  
 

論文

 
SPEに関する開示の国際基準比較
小宮山 賢
早稲田国際経営研究   (第49号) 1-15   2018年3月
SPEに関する開示の国際基準比較
小宮山 賢
早稲田国際経営研究   (第49号) 1-15   2018年3月
特別損益の報告は改善されたか
小宮山 賢
税経通信   第72巻(第4号) 138-146   2017年4月
わが国企業の税効果会計の特徴
小宮山 賢
証券アナリストジャーナル   第54巻(第12号) 6-15   2016年12月
特別目的会社の連結問題の変遷と今後の課題
小宮山 賢
ディスクロージャーニュース   (第32号)    2016年4月

書籍等出版物

 
金融商品会計の基礎
小宮山 賢
税務経理協会   2015年9月   
戦後企業会計史
遠藤博志・小宮山賢・逆瀬重郎・多賀谷充・橋本尚
中央経済社   2015年1月   ISBN:978-4-502-11401-4
川邉信雄・嶋村紘輝・山本哲三編著「日本の成長戦略」のうち「第10章 財務報告制度」
小宮山 賢
中央経済社   2012年3月   ISBN:978-4-502-69510-0
清水孝・川村義則編著「アカウンティングの基礎」のうち「第12章 退職給付とストックオプション」
小宮山 賢
中央経済社   2011年7月   ISBN:978-4-502-43880-6
八田進二編「会計・監査・ガバナンスの基本問題」のうち「第5章 会計上の判断の課題」
小宮山 賢
同文館出版   2009年7月   

講演・口頭発表等

 
収益認識基準と監査に係る問題
日本会計研究学会関東部会   2009年12月   
国際会計基準(IFRS)のアドプションをめぐる課題と展望—監査人の立場から
日本会計研究学会全国大会   2009年9月   
最近の監査環境を巡る監査実務上の課題と展望
日本会計研究学会全国大会   2009年9月   
「監査の現代的課題——実務・理論・教育」(統一論題座長)
日本監査研究学会   2007年9月   
統一論題「企業情報の開示と監査」のうち「企業情報の開示と監査の厳格化」
日本会計研究学会   2005年9月   

競争的資金等の研究課題

 
会計不正と会計基準等による規制の有効性
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
財務諸表監査の質を巡る規制のあり方についての研究
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
特別目的事業体の利用に関する連結情報の国際的比較可能性の研究
研究期間: 2015年10月 - 2018年3月
本研究では、 わが国特別目的事業体 (SPE) の利用状況を広く調査・分類し、連結情報における会計処理と開示の状況を把握して、国際的な比較可能性への影響を検討することを目的としている。本年度は、前年度に引き続き、 平成28年1月期から平成28年12月期までの期間について有価証券報告書のデータベースを中心に、法形態別に、SPEの利用実態について調査と把握を継続した。ここでの法形態は、株式会社以外の、匿名組合、投資事業有限責任組合、任意組合、投資事業組合、協同組合、有限責任事業組合、信託、合同...
信託協会「信託の利用と連結会計」
研究期間: 2014年