外川 拓

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/02 10:31
 
アバター
研究者氏名
外川 拓
 
トガワ タク
eメール
t-tgwcuc.ac.jp
URL
https://portal.cuc.ac.jp/kg/japanese/researchersHtml/001581/001581_Researcher.html
所属
千葉商科大学
部署
商経学部 商学科
職名
准教授
学位
博士(商学)(早稲田大学)

プロフィール

千葉商科大学商経学部准教授。早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得退学後、早稲田大学商学学術院助手、千葉商科大学商経学部専任講師を経て、2016年より現職。専門はマーケティング、消費者行動論。

研究分野

 
 
  • 経営学 / 商学 / マーケティング

経歴

 
2016年3月
 - 
現在
千葉商科大学 商経学部 准教授
 
2016年8月
 - 
2016年11月
オハイオ州立大学 心理学部 客員研究員
 
2013年4月
 - 
2016年3月
千葉商科大学 商経学部 専任講師
 
2012年4月
 - 
2013年3月
早稲田大学 商学学術院 助手
 

学歴

 
2010年4月
 - 
2013年3月
早稲田大学大学院 商学研究科 博士後期課程
 
2008年4月
 - 
2010年3月
早稲田大学大学院 商学研究科 修士課程
 
2004年4月
 - 
2008年3月
東海大学 政治経済学部 経営学科
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本消費者行動研究学会  幹事
 
2018年4月
 - 
現在
学校法人大原学園  教育課程編成委員会 委員
 
2013年5月
 - 
現在
日本ガス協会 天然ガス自動車フォーラム  幹事
 

受賞

 
2018年10月
日本消費者行動研究学会 研究奨励賞(青木幸弘賞)
 
石井裕明・朴宰佑・外川拓(2017)「重さは評価を高めるのか?接触欲求と視覚的表現による調整効果の検討」『消費者行動研究』, 24(1) 1-26.
2017年5月
日本商業学会 優秀論文賞
 
外川拓・石井裕明・恩藏直人(2016)「パッケージへの画像掲載が製品評価に及ぼす効果─解釈レベル理論にもとづく検討─」『流通研究』,18(1), 7-27.
2013年5月
商品開発・管理学会 優秀論文賞
 
外川拓・石井裕明・恩蔵直人(2012)「パッケージ変更時に生じる余白が消費者反応に及ぼす影響」『商品開発・管理研究』, 8(2), 54-70.

論文

 
審美性知覚と消費者行動の接点
朴宰佑・外川拓
マーケティングジャーナル   38(4) 20-34   2019年3月   [査読有り][招待有り]
視覚的重さと希少性の知覚
平木いくみ・外川拓
マーケティングジャーナル   38(4) 35-46   2019年3月   [査読有り][招待有り]
小売マーケティングにおける触覚要因の効果 ―身体化認知理論からの示唆―
外川拓・石井裕明・朴宰佑
流通情報   (536) 29-38   2019年1月   [招待有り]
Togawa, Taku, Hiroaki Ishii, Jaewoo Park, and Rajat Roy
Journal of Marketing Behavior   3(3) 241-249   2018年12月   [査読有り]
解釈レベル理論の体系と消費者行動研究への応用
外川 拓
千葉商大紀要   55(2) 123-142   2018年3月
購買意思決定研究の展開と今日的課題―変容性に着目した考察―
外川 拓
千葉商大論叢   55(2) 135-154   2018年3月
五感を考慮したブランド要素の組み合わせ~ブランドネームの発音とパッケージ・デザインの感覚的な一致に注目して~
石井裕明・外川拓・恩藏直人
商品開発・管理研究   14(2) 3-21   2018年3月   [査読有り]
重さは評価を高めるのか?接触欲求と視覚的表現による調整効果の検討
石井裕明・朴宰佑・外川拓
消費者行動研究   24(1) 1-26   2017年10月   [査読有り]
製品の視覚的な重さと購買の重要性判断
外川 拓・朴宰佑
千葉商大論叢   54(2) 163-177   2017年3月
消費者の感覚とパッケージ・デザイン―五感を考慮したパッケージ・コミュニケーション効果の解明に向けて―
外川 拓
日経広告研究所報   (291) 2-9   2017年2月   [招待有り]
消費者行動における触覚経験の影響 -ハプティック知覚に関する研究の展開と課題-
朴宰佑・石井裕明・外川拓
流通研究   19(1) 1-13   2016年12月   [査読有り]
「硬さ」「重さ」の感覚と消費者の意思決定 ─身体化認知理論に基づく考察─
外川 拓・石井裕明・朴宰佑
マーケティングジャーナル   35(4) 72-89   2016年3月   [招待有り]
パッケージへの画像掲載が製品評価に及ぼす効果─解釈レベル理論にもとづく検討─
外川 拓・石井裕明・恩蔵直人
流通研究   18(1) 7-27   2016年3月   [査読有り]
購買直前の情報探索と購買後の再評価―2 時点調査に基づく探索的検討―
外川 拓
千葉商大論叢   53(1) 139-154   2015年9月
購買前の情報探索行動が購買後の消費者満足度に及ぼす影響―解釈レベル理論に基づく検討―
外川 拓
千葉商大論叢   52(2) 141-156   2015年3月
製品デザイン要素の解明―自動車産業に対する定性調査による考察―
岩下仁・大平進・石田大典・外川拓・恩藏直人
マーケティングジャーナル   20(2) 99-116   2015年1月   [招待有り]
解釈レベル理論を用いた消費者行動研究の系譜と課題
外川 拓・八島明朗
消費者行動研究   20(2) 65-94   2014年3月   [査読有り]
パッケージ変更時に生じる余白が消費者反応に及ぼす影響
外川 拓・石井裕明・恩蔵直人
商品開発・管理研究   8(2) 54-70   2012年3月   [査読有り]
パッケージ・デザインに対する知覚と評価―広告研究に基づく余白の効果に関する検討―
外川 拓
商学研究科紀要   (74) 77-89   2012年3月   [査読有り]
消費者反応に及ぼすパッケージ要素の効果―既存研究の整理と課題―
外川 拓
商学研究科紀要   (71) 201-214   2010年11月   [査読有り]

Misc

 
「感覚マーケティング」に学ぶリアル消費の強み
外川 拓
ザ・ビューレック   (470) 4-5   2019年4月   [依頼有り]
小売企業の経営者が考える「センサリー・マーケティング」
恩藏直人・平木いくみ・石井裕明・外川拓
DIAMOND Chain Store   50(7) 21-21   2019年4月
顧客の高揚感を醸成する!三越伊勢丹の“感覚マーケティング”
外川 拓
DIAMOND Chain Store   50(2) 42   2019年2月
トップと現場の一体感が生み出すチヨダの感覚マーケティング
外川 拓
DIAMOND Chain Store   49(20) 26   2018年11月
地方自治体におけるマーケティング志向の浸透―流山市―
石井裕明・外川拓・井上一郎
マーケティングジャーナル   38(2) 107-118   2018年9月
オハイオ州立大学 在外研究レポート
外川 拓
CUC View & Vision   (43) 70-74   2017年3月   [依頼有り]
【書評】The Psychology of Design: Creating Consumer Appeal (Batra, Rajeev, Colleen Seifert, and Diann Brei 編著)
外川 拓
消費者行動研究   23(1) 61-66   2016年10月
プレミアム商品とパッケージ・デザインの関連性
外川 拓
DIAMOND Chain Store Age   47(18) 106-107   2016年10月   [依頼有り]
味覚―主役は舌だけにあらず!味覚マーケティングの奥深さ―
外川 拓
DIAMOND Chain Store Age   47(15) 102-103   2016年9月   [依頼有り]
視覚―買い物行動に直結する重要な感覚 お客は売場で何を見て感じるのか―
外川 拓
DIAMOND Chain Store Age   47(15) 82-83   2016年9月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
消費者意思決定の構造―解釈レベルによる変容性の解明―
外川 拓
千倉書房   2019年8月   
1からのデジタル・マーケティング
外川 拓 (担当:共著, 範囲:第11章)
碩学舎   2019年3月   
感覚マーケティングー顧客の五感が買い物にどのような影響を与えるのかー
A.クリシュナ著、平木いくみ・石井裕明・外川拓訳 (担当:共訳, 範囲:第2章、第3章、第5章)
有斐閣   2016年4月   
エネルギー問題のマーケティング的解決
恩藏直人・芳賀康浩・安藤和代・外川拓 (担当:共著, 範囲:第2章、第4章、第5章、第7章、第9章)
朝日新聞出版   2013年4月   

講演・口頭発表等

 
Using Visual Packaging Design to Influence Taste Perception and Food Consumption: A Cross-Modal Effect Approach
Togawa, Taku, Jaewoo Park, Hiroaki Ishii, and Xiaoyan Deng
Association for Consumer Research 2019 Conference   2019年10月17日   
Does the Experience of Softness Make Customers Indecisive? A Field Study of In-Store Decision Making
Togawa, Taku, Yuriko Isoda, Hiroaki Ishii, Ikumi Hiraki, and Naoto Onzo
American Marketing Association, 2019 AMA Summer Academic Conference   2019年8月9日   
Human-like Social Robots in a Retail Context: The role of Self-Robot Connections and Construal-level
Gonzalez Jimenez, Hector and Taku Togawa
Artificial Intelligence & Robotics in Service Interactions (AIRSI) 2019   2019年7月8日   
Conceptual association of vertical layout in advertisements and psychological distance
Ishii, Hiroaki, Taku Togawa, Jaewoo Park, and Daigo Matsumoto
ICORIA 2019: The 19th International Conference on Research in Advertising   2019年6月27日   
Effects of Juxtaposition of Endorsers and Products in Advertisements
Park, Jaewoo, Taku Togawa, and Hiroaki Ishii
ICORIA 2019: The 18th International Conference on Research in Advertising   2019年6月27日   
学術的見地からの研究成果の発表
外川拓・平木いくみ・石井裕明
産学協働研究によるデジタル・アナログ融合実験と学術的視点における検証報告   2019年2月27日   
媒体に対する消費者意識とコミュニケーション評価-郵送とEメールによるクーポンへの反応-
石井裕明・平木いくみ・外川拓・権純鎬・中垣征也・一色昭典・鈴木睦夫・恩藏直人
日本消費者行動研究学会 第57回消費者行動研究コンファレンス   2018年10月28日   
紙媒体と電子媒体によるクーポン送付効果の違い-消費者の世代を考慮した検討-
平木いくみ・石井裕明・外川拓・権純鎬・中垣征也・一色昭典・鈴木睦夫・恩藏直人
日本マーケティング学会 カンファレンス2018   2018年10月14日   
Can Packaging Imagery Fill Your Stomach? Effects of Product Image Location on Flavor Richness, Consumption Quantity, and Subsequent Choice
Togawa, Taku, Jaewoo Park, Hiroaki Ishii, Xiaoyan Deng
Association for Consumer Research   2018年10月12日   
How the Presence of a Spouse Affects Shopping Behavior?: Analysis of GPS Data in Shopping Malls
Nagai, Ryunosuke, Taku Togawa, Ikumi Hiraki, and Naoto Onzo
American Marketing Association, 2018 AMA Summer Academic Conference   2018年8月   
Asymmetric Congruity Effect: The Role of Sound Symbolism in Semantic Congruity
Ishii, Hiroaki, Taku Togawa, and Park, Jaewoo
American Psychological Association, APA Annual Convention 2018   2018年8月9日   
Does Face Orientation Affect the Perception of a Model and the Evaluation of Advertised Product?
Park, Jaewoo, Charles Spence, Hiroaki Ishii, and Taku Togawa
11th European ACR Conference   2018年6月22日   
Does Your Brand Name Sound Heavy or Light? The Congruency Effect of Sound and Visual Position of Brand Name on Product Evaluation
Ishii, Hiroaki, Taku Togawa, and Park, Jaewoo
11th European ACR Conference   2018年6月22日   
買い回り行動と休憩効果―ショッピングモールにおけるGPS調査を通じて―
永井 竜之介・外川 拓・平木 いくみ・恩藏直人
日本消費者行動研究学会 第56回消費者行動研究コンファレンス   2018年5月19日   
クーポンの送付形式と消費者反応―印刷媒体と電子媒体に注目して―
外川拓・石井裕明・平木いくみ・権純鎬・鈴木睦夫・一色昭典・恩藏直人
日本消費者行動研究学会 第56回消費者行動研究コンファレンス   2018年5月19日   
Who Prefers More Visually Pleasing Products? Exploring Determinants of Consumers’ Visual Aesthetic Consciousness
Park, Jaewoo, Taku Togawa, and Hiroaki Ishii
International Conference on Business, Economics, Management and Marketing   2018年3月5日   
Psychological Distance and Gender of Endorsers in Advertising: Moderating Effect of Self-relevance
Sugitani, Yoko and Taku Togawa
15th European Congress of Psychology   2017年7月13日   
Shopper Behavior and Emotions: Using GPS Data in a Shopping Mall
Nagai, Ryunosuke, Taku Togawa, Ikumi Hiraki, and Naoto Onzo
Academy of Marketing Science, World Marketing Congress   2017年6月30日   
Do Shopping Goals Affect the Behavior and Satisfaction of Shoppers?: Analysis of GPS Data in Shopping Malls
Nagai, Ryunosuke, Taku Togawa, Ikumi Hiraki, and Naoto Onzo
The European Marketing Academy (EMAC), 46th Annual Conference   2017年5月24日   
Which Side of the Face Do You Like Better?: Pose Orientation, Impression Formation, and Product Attitude
Park, Jaewoo, Taku Togawa, and Ishii Hiroaki
The European Marketing Academy (EMAC), 46th Annual Conference   2017年5月24日   
The Impact of Product Design Elements on New Product Superiorities and Performances
Iwashita, Hitoshi, Susumu Ohira, Daisuke Ishida, Taku Togawa, and Naoto Onzo
American Marketing Association 2017 Winter Educators’ Conference   2017年2月17日   
顧客の苗字が製品選択に及ぼす影響
磯田友里子、外川拓、鈴木凌、恩藏直人
日本消費者行動研究学会第53回消費者行動研究コンファレンス   2016年11月12日   
モデルの顔のアングルが人物評価および製品態度に与える影響の探索的研究
朴宰佑、石井裕明、外川拓
日本消費者行動研究学会第53回消費者行動研究コンファレンス   2016年11月12日   
買い回り行動における購買タイミングと感情 ―GPS 調査を通じて―
永井竜之介、平木いくみ、外川 拓、奥野守、大嶋俊之、雨宮源太、恩藏直人
日本消費者行動研究学会第53回消費者行動研究コンファレンス   2016年11月12日   
Does Visual Heaviness Convey Rich Flavor? Effect of Product Image Location on Consumers’ Taste Expectation
Togawa, Taku, Jaewoo Park, and Hiroaki Ishii
Association for Consumer Research   2016年10月28日   
身近な他者への贈与品購買行動―自己観による心理的距離の違いに注目して―
外川拓・石井裕明・恩藏直人
日本消費者行動研究学会第52回消費者行動研究コンファレンス   2016年6月18日   
Does Hand Cleansing Affect Feelings of Guilt for Smoking Behavior?
Park, Jaewoo, Hiroaki Ishii, and Taku Togawa
European Marketing Academy, 45th Annual Conference   2016年5月26日   
消費者の感情と購買行動―複合型商業施設におけるGPSデータを用いて―
永井竜之介、外川拓、恩藏直人、星尾隆行、奥野守、大嶋俊之
日本消費者行動研究学会第51回消費者行動研究コンファレンス   2015年11月7日   
Key Product Design Elements for Successful Product Development: An Exploratory Study of the Automotive Industry
Iwashita, Hitoshi, Susumu Ohira, Daisuke Ishida, Taku Togawa, and Naoto Onzo
American Marketing Association, Educators’ Conference 2015   2015年8月15日   
Does Heaviness Always Affect Evaluation? Examining the Moderating Role of NFT and CLT
Ishii, Hiroaki, Taku Togawa, and Jaewoo Park
American Psychological Association, 123rd Annual Convention   2015年8月8日   
The Spatial-Temporal Congruency Effect of Product Direction and Position on Product Attitude
Park, Jaewoo, Tsutomu Sunaga, Taku Togawa, and Hiroaki Ishii
American Psychological Association, 123rd Annual Convention   2015年8月8日   
Effect of Irrelevant Haptic Inputs on Consumer’ Judgment: The Moderating Role of Construal Level
Togawa, Taku, Hiroaki Ishii, and Jaewoo Park
Association for Consumer Research, Asia-Pacific Conference   2015年6月20日   
衝動購買と消費者の感情―解釈レベル理論に基づく考察―
外川拓・石井裕明・恩藏直人
日本消費者行動研究学会第50回消費者行動研究コンファレンス   2015年6月6日   
Exploring Possible Causes For a Gender Difference in The Effect of Heaviness on Consumer Evaluation
Park, Jaewoo, Hiroaki Ishii, and Taku Togawa
Association for Consumer Research   2014年10月24日   
Effect of Advertisement Haptic Cues on Product Evaluation: Examining the Moderating Role of Construal level
Togawa, Taku, Hiroaki Ishii, and Jaewoo Park
American Psychological Association, 122nd Annual Convention   2014年8月8日   
When Does Weight Influence Evaluations?: Examining the Moderating Role of Consumers’ Construal Level
Ishii, Hiroaki, Jaewoo Park, and Taku Togawa
Society for Consumer Psychology, Annual Winter Conference   2014年3月6日   
消費者の解釈レベルが視覚探索行動に及ぼす影響
外川拓・石井裕明・恩藏直人・阿部周造
日本消費者行動研究学会第47回消費者行動研究コンファレンス   2013年10月26日   
購買時における情報探索行動がブランド選択に及ぼす影響
永井竜之介・外川拓・恩藏直人
日本商業学会関東部会   2013年4月20日   
他者との心理的距離が贈与品購買行動に与える影響
外川拓・石井裕明・恩藏直人・阿部周造
日本消費者行動研究学会第44回消費者行動研究コンファレンス   2012年6月3日   
行為目標までの時間的距離と訴求方法
外川拓・石井裕明・恩藏直人
商品開発・管理学会第18回全国大会   2012年5月12日   
消費者行動研究における解釈レベル理論の適用と展開
外川 拓
日本商業学会関東部会   2012年4月21日   
非営利組織における顧客価値の創造を通じた環境対応
外川 拓
商品開発・管理学会第17回全国大会(北星学園大学   2011年10月29日   
贈与先との心理的距離が製品選択に与える影響―社会的距離とパッケージの外観との関係―
外川拓・石井裕明・恩藏直人
日本消費者行動研究学会第42回消費者行動研究コンファレンス   2011年6月26日   
運送業界における環境配慮を通じたコモディティ化対応―エコトラック社の事例―
恩藏直人・外川拓
商品開発・管理学会第16回全国大会   2011年6月11日   
パッケージ・デザインにおける余白と消費者反応
外川拓・石井裕明・小川亮・恩蔵直人
商品開発・管理学会第15回商品開発・管理学会 創立10周年記念大会   2010年11月13日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
ブランドへの信頼感を醸成する視覚的コミュニケーションに関する検討(研究代表者)
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費(基盤研究C)
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 外川 拓
感覚マーケティングに対する企業視点と消費者視点からの包括的検討(研究分担者)
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費(基盤研究B)
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月    代表者: 石井裕明
消費者行動における知覚バイアスの発生とその影響に関する体系的研究(研究分担者)
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費(基盤研究A)
研究期間: 2019年4月 - 2024年3月    代表者: 守口剛
文化的価値観と購買意思決定に関する日本、韓国、中国消費者の国際比較研究(共同研究者)
独立行政法人日本学術振興会: 二国間交流事業共同研究
研究期間: 2019年4月 - 2021年3月    代表者: 朴宰佑
消費者意思決定の構造―解釈レベルによる変容性の解明(研究代表者)
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費研究成果公開促進費(学術図書)
研究期間: 2019年4月 - 2020年3月    代表者: 外川 拓
広告への好意度の国際比較研究:ズームイン/ズームアウト型認知と広告表現
公益財団法人吉田秀雄記念事業財団: 吉田秀雄記念事業財団研究助成
研究期間: 2019年4月 - 2021年3月    代表者: 杉谷陽子
Consumer Acceptance of Social Robots (Collaborator)
The Great Britain Sasakawa Foundation: Research Grant
研究期間: 2018年7月 - 2020年7月    代表者: Gonzalez Jimenez, Hector
購買意思決定の納得感と満足感を高める広告―消費者のメンタルシミュレーションに着目して―
日本広告学会: 研究プロジェクト
研究期間: 2017年10月 - 2019年9月    代表者: 福田怜生
Knowledge and Flexible Implementation of Construal Level in Self-Regulation (External Collaborator)
National Science Foundation: Standard Grant (#1626733)
研究期間: 2016年7月 - 2020年7月    代表者: Fujita, Kentaro
製品の審美性が製品評価に与える影響の包括的研究(研究分担者)
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費(基盤研究C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 朴宰佑
消費者行動における選好逆転の体系的理論構築に関する研究(研究分担者)
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費(基盤研究B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 守口剛
感性刺激が店舗内購買行動に及ぼす影響についての包括的研究(研究分担者)
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費(基盤研究B)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 平木いくみ
ブランド・マネジメントにおけるデザインの役割についての包括的検討(研究代表者)
千葉商科大学: 学術研究助成
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 外川 拓
高級感を引き起こす製品デザインに関する包括的検討(研究分担者)
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費(基盤研究C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 石井裕明
新製品開発における市場志向とデザイン志向に関する国際比較研究(研究分担者)
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費(基盤研究B)
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 恩藏直人
消費者の情報探索活動量と購買後満足度に関する包括的研究(研究代表者)
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費(若手研究B)
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 外川 拓
状況要因と選択目標を考慮した消費者選択行動の研究 ~理論の体系化に向けて~(研究分担者)
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費(基盤研究B)
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 守口剛
消費者の解釈レベルによるマーケティング・コミュニケーション効果の相違に関する研究(共同研究者)
公益財団法人吉田秀雄記念事業財団: 吉田秀雄記念事業財団研究助成
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 守口剛
解釈レベル理論を用いた顧客満足規定要因に関する研究(研究分担者)
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費(基盤研究B)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 阿部周造

社会貢献活動

 
マーケティング研究の最前線
【講師】  佐賀県高等学校教育研究会  商業部会マーケティング講習会  2018年8月17日
マーケティングの基礎
【講師】  佐賀県高等学校教育研究会  商業部会マーケティング講習会  2018年8月17日
マーケティング指導の方向性
【講師】  文部科学省  教員免許更新講習会  2015年7月 - 2018年7月
センサリー・マーケティング
【講師】  株式会社ダイヤモンド・リテイルメディア  ダイヤモンド流通倶楽部  2017年9月
顧客視点のブランド戦略
【講師】  千葉商科大学  千葉商科大学付属高等学校 体験授業  2017年1月
ノスタルジア広告の効果~消費者調査の結果から~
【講師】  早稲田大学マーケティング・コミュニケーション研究所  マーケティング・イノベーション研究会  2015年10月
高等学校におけるマーケティングの教育指導
【講師】  独立行政法人教職員支援機構  平成26年度 産業・情報技術等指導者養成研修  2014年7月28日
マーケティング入門 ―消費者視点のブランド戦略―
【講師】  千葉商科大学  都立篠崎高校 体験授業  2014年3月
米国調査の報告
【講師】  日本ガス協会  天然ガス自動車フォーラム  2014年2月
マーケティングの進化とブランド・マネジメント「朝日企業ブランド調査」のご紹介
【講師】  日本マーケティング協会  特別セミナー「マーケティングの進化とブランド・マネジメント」―新たな価値の創造とブランド・コミュニケーション―  2012年12月13日