及川 一誠

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/29 02:45
 
アバター
研究者氏名
及川 一誠
 
オイカワ イッセイ
所属
早稲田大学
部署
理工学術院 理工学術院総合研究所
職名
次席研究員(研究院講師)
学位
博士(数理科学)(東京大学)
科研費研究者番号
10637466

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2012年
東京大学 数理科学研究科 数理科学
 

受賞

 
2015年9月
日本応用数理学会 日本応用数理学会論文賞(JSIAM Letters部門) Hybridized discontinuous Galerkin method with lifting operator (JSIAM LettersVol.2 (2010) pp.99-102)
受賞者: Issei Oikawa
 
2014年6月
日本応用数理学会 日本応用数理学会第10回若手優秀講演賞 Tex--Tex要素を用いたハイブリッド型不連続Galerkin法に関する考察
 

論文

 
Oikawa, Issei
Journal of Scientific Computing   1-11   2018年1月
© 2018 Springer Science+Business Media, LLC, part of Springer Nature We propose and analyze a new hybridizable discontinuous Galerkin (HDG) method for second-order elliptic problems. Our method is obtained by inserting the (Formula presented.)-ort...
Zhou, Guanyu; Kashiwabara, Takahito; Oikawa, Issei
Applications of Mathematics   62(4) 377-403   2017年8月
© 2017, Institute of Mathematics of the Academy of Sciences of the Czech Republic, Praha, Czech Republic. We consider the finite element method for the time-dependent Stokes problem with the slip boundary condition in a smooth domain. To avoid a v...
Oikawa, Issei
Journal of Scientific Computing   67(2) 475-492   2016年5月   [査読有り]
© 2015, Springer Science+Business Media New York. In this paper, we analyze a hybridized discontinuous Galerkin method with reduced stabilization for the Stokes equations. The reduced stabilization enables us to reduce the number of facet unknowns...
Kashiwabara, Takahito; Oikawa, Issei; Zhou, Guanyu
Numerische Mathematik   1-36   2016年1月   [査読有り]
© 2016 Springer-Verlag Berlin Heidelberg We consider the P1/P1 or P1b/P1 finite element approximations to the Stokes equations in a bounded smooth domain subject to the slip boundary condition. A penalty method is applied to address the essential ...
Kashiwabara, Takahito;Oikawa, Issei;Zhou, Guanyu
NUMERISCHE MATHEMATIK   134(4) 705-740   2016年

競争的資金等の研究課題

 
ハイブリッド型不連続Galerkin法の新展開
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
Hybridizable Discontinuous Galerkin (HDG)法の新手法を提案し,数学解析を行った.提案手法は,弱定式化時に行う部分積分から生じる全ての要素境界積分項において,数値トレースの近似空間へのTex直交射影を導入することにより得られる.これはLehrenfeld-Schoberlらにより提案されたHDGスキームの拡張になっている.彼らのHDGスキームにおいて,勾配の近似多項式を上げすぎると超収束というHDG法特有の良い性質が失われるということを申請者は発見...
有限要素法における``良い''要素形状の多角的研究
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月
有限要素法は現代の数値シミュレーション技術を支える基盤技術であり,数学理論で正当性が保証されている.特に,要素の形状と有限要素解の性質については,収束性や安定性の他にも,いろいろなことが知られている.しかし,単純な三角形一次要素に限っても,何が良い要素形状,あるいは何が良い分割なのかを数学的に明快に表現する一貫した理論はまだ存在しない.ユーザが目的に応じて経験 的に選択しているのが現状である.本研究では,いろいろな有限要素について,次の観点から,統一的な考察を行った:(1) 節点補間の誤差...
ハイブリッド型不連続Galerkin法のスキーム開発と数学解析
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
Poisson方程式及びStokes方程式に対して,ハイブリッド型不連続ガレルキン(HDG)法の次数低減手法(安定化項において数値トレースの近似空間にL2直交射影を施す手法)の研究を行った.次数低減手法の近似解の収束次数が最善であることは,多角形あるいは多面体分割がchunkiness conditionをみたすという条件下で,数学的に証明することができた.混合型HDG法についても,離散化方程式においてL2直交射影を導入することで,新たに次数低減手法を導出した.数値実験では最善次数を達成で...