SUNAHARA Toshihiko

J-GLOBAL         Last updated: Sep 9, 2019 at 14:53
 
Avatar
Name
SUNAHARA Toshihiko
Affiliation
Nagasaki University
Section
Institute of Tropical Medicine Research Field of Environmental Medicine

Research Interests

 
 

Published Papers

 
Sunahara T
Japanese journal of infectious diseases      Jun 2019   [Refereed]
Chadeka EA, Nagi S, Cheruiyot NB, Bahati F, Sunahara T, Njenga SM, Hamano S
Tropical medicine and health   47 26   2019   [Refereed]
Imanishi N, Higa Y, Teng HJ, Sunahara T, Minakawa N
Japanese journal of infectious diseases   71(6) 427-435   Nov 2018   [Refereed]
Chadeka EA, Nagi S, Sunahara T, Cheruiyot NB, Bahati F, Ozeki Y, Inoue M, Osada-Oka M, Okabe M, Hirayama Y, Changoma M, Adachi K, Mwende F, Kikuchi M, Nakamura R, Kalenda YDJ, Kaneko S, Hirayama K, Shimada M, Ichinose Y, Njenga SM, Matsumoto S, Hamano S
PLoS neglected tropical diseases   11(9) e0005872   Sep 2017   [Refereed]

Misc

 
【知っておきたい蚊とマダニが媒介する身近な感染症】蚊から子どもを守る
砂原 俊彦
チャイルド ヘルス   22(4) 250-253   Apr 2019
【"熱帯病"研究の最前線】マラリア媒介蚊が集まるところ
砂原 俊彦
医学のあゆみ   229(4) 264-267   Apr 2009
マラリアはハマダラカ属の蚊によって媒介されることをロナルド・ロス(Ronald Ross) が発見して約100年が経った。マラリアコントロールを効率化させるためには、媒介蚊がどこにどれだけいるかを明らかにして、集中的に叩くべき場所を定める必要がある。筆者がベトナムで行なってきたマラリア媒介蚊の分布調査を紹介し、そこで明らかになった村はずれの一軒家への媒介蚊の集中という現象がマラリア感染でどのような意味をもつのかを、Rossらの単純な数理モデルを用いて考察する。平衡状態でのマラリア感染者の割...