TSUNODA Takashi

J-GLOBAL         Last updated: Aug 23, 2019 at 10:10
 
Avatar
Name
TSUNODA Takashi
Affiliation
Nagasaki University
Section
Institute of Tropical Medicine Research Field of Environmental Medicine

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Kasai S, Caputo B, Tsunoda T, Cuong TC, Maekawa Y, Lam-Phua SG, Pichler V, Itokawa K, Murota K, Komagata O, Yoshida C, Chung HH, Bellini R, Tsuda Y, Teng HJ, Filho JLL, Alves LC, Ng LC, Minakawa N, Yen NT, Phong TV, Sawabe K, Tomita T
Euro surveillance : bulletin Europeen sur les maladies transmissibles = European communicable disease bulletin   24(5)    Jan 2019   [Refereed]
角田 隆, 川島 充博
Japanese Journal of Environmental Entomology and Zoology   29(1) 13-15   2018   [Refereed]
冬季の下北半島におけるカモシカマダニの人体刺症例
角田 隆
衛生動物   68(3) 119-120   Sep 2017   [Refereed]
症例は57歳男性で、マダニの咬着した皮膚局部に軽い痛みを自覚した。ピンセットで摘除したが目視した限りでは口下片が基部まで挿入されていなかった。マダニの同定虫体は未吸血で形態的に完全で、生かしたまま実験室に持ち帰り、カモシカマダニの雌と同定した。およそ1週間後に患者に問い合わせしたところ、マダニ媒介感染症を疑わせるような発熱、発疹、頭痛、筋肉痛、嘔吐などは見られなかった。
Tsunoda T, Chaves LF, Nguyen GT, Nguyen YT, Takagi M
Journal of medical entomology   52(6) 1203-1212   Nov 2015   [Refereed]
Tsunoda T, Takahashi M
Journal of medical entomology   52(2) 283-288   Mar 2015   [Refereed]

Misc

 
角田 隆
長崎県生物学会誌   (76) 1-5   Jun 2015   [Invited]
角田 隆
千葉県衛生研究所研究報告   22(22) 35-37   Dec 1998   [Refereed]
清澄山周辺の5市町のうち,鴨川市粟斗,同市打墨,天津小湊町天津・清澄,同町四方木では住民のマダニに対する関心が高く,被害を受けたことのある人が多い.フラッギング法によりマダニの平均値を求めると,鴨川市粟斗と天津小湊町天津・清澄で個体数が多かった.又,両地域ではヒトや犬・猫に寄生する種の占める割合が高かった.これらの結果から,地域内のマダニの種組成と個体数が住民の意識や被害の程度に影響することが示唆された
角田 隆, 守屋 成一
Plant protection   62(7) 393-396   Jul 2008
マダニ刺咬症の1例
竹下 みずほ, 齊藤 玲子, 石崎 純子, 田中 勝, 角田 隆
日本皮膚科学会雑誌   121(14) 3394-3395   Dec 2011   [Refereed]
同定依頼検査よりみた千葉県におけるマダニ被害 平成2年度-平成9年度
角田 隆, 森 啓至, 藤曲 正登
千葉県衛生研究所研究報告   (22) 38-39   Dec 1998   [Refereed]
当研究室に持ち込まれたマダニ類に関する同定依頼検査を集計した.依頼のうち,1件がヤマトマダニで,残り8件がフタトゲチマダニであった.千葉県では刺咬種のうちでチマダニ属の割合が高い傾向がみられた.又,都市部においてもマダニと接触する可能性があるため,ペットによるマダニとの接触も今後考慮するべきである