井龍 康文

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/26 14:46
 
アバター
研究者氏名
井龍 康文
 
イリュウ ヤスフミ
eメール
yasufumi.iryu.d8tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/fe5aafd70cebfb83f88db0b26787d2ac.html
所属
東北大学
部署
大学院理学研究科・理学部 地学専攻 地圏進化学講座
職名
教授
学位
理学博士(東北大学), 理学修士(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
東北大学大学院理学研究科 教授
 
2008年4月
 - 
2012年3月
名古屋大学大学院環境学研究科 教授
 
2007年4月
 - 
2008年3月
東北大学大学院理学研究科 准教授
 
1999年2月
 - 
2007年3月
東北大学大学院理学研究科 助教授
 
1995年4月
 - 
1999年1月
東北大学大学院理学研究科 助手
 

学歴

 
 
 - 
1987年3月
東北大学 理学研究科 地学専攻
 
 
 - 
1981年3月
東北大学 理学部 地学科地学第一(地質学古生物学教室)
 

委員歴

 
2014年5月
 - 
2016年5月
日本地質学会  会長
 
2011年9月
 - 
2015年9月
国際化石藻類学会  会長
 
2013年12月
 - 
現在
Progress in Earth and Planertary Science  総編集長
 
2012年7月
 - 
現在
日本古生物学会  常務委員
 
2011年7月
 - 
現在
日本古生物学会 Paleontological Research誌 編集委員  編集委員長
 

受賞

 
2016年9月
日本地質学会 日本地質学会優秀ポスター賞 腕足動物化石の炭素・酸素同位体組成と殻の微細構造は続成作用の進行によってどのように変化するか
受賞者: 滝澤護・佐藤晋佑・Lapone Techapinawat・髙栁栄子・Thasinee Charoentitirat・浅海竜司・阿部理・原 英俊・曽根正敏・山本鋼志・井龍康文
 
2015年1月
日本古生物学会 日本古生物学会優秀ポスター賞 石垣島の現生サンゴ骨格から復元された過去約500年間の海洋環境変動
受賞者: 福留綾里紗・浅海竜司・阿部 理・高柳栄子・平井 彰・森本真紀・井龍康文
 
2013年9月
日本地質学会 日本地質学会賞
 
2014年9月
日本地質学会 日本地質学会第121年大会(鹿児島)優秀講演賞
受賞者: 山本和幸,石橋正敏,高柳栄子,浅原良浩,佐藤時幸,西 弘嗣,井龍康文
 
2007年9月
日本地質学会 日本地質学会第114年大会(札幌)優秀講演賞
受賞者: 高柳栄子・井龍康文・山田 努・尾田太良・佐藤時幸・千代延俊・西村 昭・中澤 努・塩川 智
 

論文

 
Palaeobiogeography and evolutionary pattern of the larger foraminifer Borelis de Montfort.
Bassi, D., Braga, J. C., Di Domenico, G., Pignatti, J., Abramovich, S., Hallock, P., Koenen, J., Kovacs, Z., Langer, M.R., Pavia, G. and Iryu, Y.
Papers in Palaeontology      2019年   [査読有り]
Humblet, M., Potts, D.C., Webster, J.M., Braga, J.C., Iryu, Y., Yokoyama, Y., Bourillot, R., Seard, C, Droxler, A., Fujita, K., Gischler, E. and Kan, H.
Global and Planetary Chnage   174 70-91   2019年3月   [査読有り]
Early Carboniferous (early Visean) brachiopod fauna from the middle part of the Arisu Formation in the Shimoarisu area, South Kitakami Belt, Japan
Tazawa, J and Iryu, Y.
Paleontological Research      2019年   [査読有り]
Bassi, D., Iryu, Y., Humblet, M., Matsuda, H., Machiyama, H., Sasaki, K., Matsuda, S., Arai, K. and Inoue, T.
Journal of Coastal Research   35(2) 463-466   2019年3月   [査読有り]
Yokoyama, Y., Esat, T. M., Thompson, W. G., Thomas, A. L., Webster, J. M., Miyairi, Y., Sawada, C., Aze, T., Matsuzaki, H., Okuno, J., Fallon, S., Braga, J.-C., Humblet, M., Iryu, Y., Potts, D. C., Fujita, K., Suzuki, A. and Kan, H.
Nature   559 603-607   2018年7月   [査読有り]
Webster, J. M., Braga, J. C., Humblet, M., Potts, D. C., Iryu, Y., Yokoyama, Y., Fujita, K., Bourillot, R., Esat, T. M., Fallon, S., Thompson, W. G., Thomas, A. L., Kan, H., McGregor, H. V., Hinestrosa, G., Obrochta, S. P., Lougheed, B. C.
Nature Geoscience   11 426-432   2018年5月   [査読有り]
Oji, T., Dornbos, S. Q., Yada, K., Hasegawa, H., Gonchigdorj, S., Mochizuki, T., Takayanagi, H. and Iryu, Y.
Royal Society Open Science      2018年2月   [査読有り]
川幡穂高,横山祐典,黒田潤一郎,井龍康文,狩野彰宏
地質学雑誌   124(1) 35-45   2018年1月   [査読有り]
Yamamoto, K., Ottinger, G., Al Zinati, O., Takayanagi, H., Yamamoto, K. and Iryu, Y.
AAPG Bulletin   102(1) 129-152   2018年1月   [査読有り]
Yamamoto, K., Takizawa, M., Takayanagi, H., Asami, R. and Iryu, Y.
Island Arc   26(6)    2017年11月   [査読有り]
Kitamura, A., Imai, T., Miyairi,Y., Yokoyama,Y. and Iryu, Y.
Quaternary International   465 28-38   2017年10月   [査読有り]
Takizawa, M., Takayanagi, H., Yamamoto, K., Abe, O., Sasaki, K., and Iryu, Y.
Geochimica et Cosmochimica Acta   215 189-213   2017年10月   [査読有り]
Bassi, D., Posenato, R., Nebelsick, J., Owada, M., Domenicali, E. and Iryu, Y.
Historical Biology      2017年10月   [査読有り]
Ohba, H., Mtasuda, S., Asami, R. and Iryu, Y.
Island Arc   26 e12185   2017年5月   [査読有り]
Iryu, Y. and Bassi, D.
Island Arc   26 e12213   2017年5月   [査読有り]
Babu Ram Gyawalia, Nishi, H., Takashima, R., Herrlec, J. O. Takayanagi, H., Latild, J.-.Louis and Iryu, Y.
Newsletter on Stratigraphy      2017年4月   [査読有り]
Imai, R., Sato, T. and Iryu, Y.
Journal of Asian Earth Sciences   135 16-24   2017年3月   [査読有り]
Yamamoto, K., Obara, H., Tsusaka, K., Tsuji, Y., Al-Farhan, Z. A., Aljneibi, M. M., Takayanagi, H., Kurita, H., Sato, T. and Iryu, Y.
Abu Dhabi International Petroleum Exhibition & Conference. Society of Petroleum Engineers      2016年11月   [査読有り]
Spotorno-Oliveira, P., Tâmega, F. T. S., Oliveira, C. A., Castro, J. W. A., Coutinho, R., Iryu, Y. and Bassi, D.
Marine Geology   381 17-28   2016年11月   [査読有り]
Kato, A., Baba, M., Matsuda, S. and Iryu, Y.
Riosmena-Rodríguez, R., Nelson, W. and Aguirre, J. (eds.) Rhodolith/Maërl Beds: A Global Perspective. Springer International Publishing.   335-347   2016年10月   [査読有り][招待有り]
Andrews, A. H., Asami, R., Iryu, Y., Kobayashi, D. R. and Camacho, F.
Journal of Geophysical Research, Oceans   121(8) 6351-6366   2016年8月   [査読有り]
Yamanashi, J., Takayanagi, H., Isaji, A., Asami, R and Iryu, Y
Plos One      2016年6月   [査読有り]
Matsui, H., Nishi, H., Takashima, R., Kuroyanagi, A., Ikehara, M., Takayanagi, H. and Iryu, Y.
Paleoceanography      2016年6月   [査読有り]
1. Geological evolution of Japan: an overview.
Taira, A., Ohara, Y., Wallis, S. R., Ishiwatari A. and Iryu, Y. (2016)
Moreno, T., Wallis, S., Kojima, T. and Gibbons, W. (eds.) The Geology of Japan. Geological Society of London. The Geological Society of London   1-24   2016年   [査読有り][招待有り]
続成作用による腕足動物殻の初生的化学組成の保持・改変の判定基準の見直し
滝澤 護・髙栁栄子・山本鋼志・佐々木圭一・井龍康文
月刊海洋      2016年5月   [招待有り]
英国・シェトランド諸島における古津波痕跡
石澤尭史・渡部真史・後藤和久・池原 研・Simon Wallis・井龍康文
地質学雑誌   122    2016年3月   [査読有り]
Arai, H., Matsuda, H., Sasaki, K., Machiyama, H., Yamaguchi, T., Inoue, T., Sato, T., Takayanagi, H. and Iryu, Y.
Marine Geology      2016年3月   [査読有り]
Iryu, Y., Kuramoto, K., Satoh, M., Matsumoto. J., Yoshioka, S., Kawahata, H. and Tada, R.
Progress in Earth and Planetary Science      2016年1月   [査読有り][招待有り]
Iryu, Y.
Paleontological Research   20(1) 18-23   2016年1月   [査読有り]
Takayanagi, H., Asami, R., Otake, T., Abe, O., Miyajima, T., Kitagawae, H. and Iryu, Y.
Geochimica et Cosmochimica Acta   170 301-320   2015年12月   [査読有り]
Gallagher, S. J., Kitamura, A., Iryu, Y., Itaki, T., Koizumi, I. and Hoiles, P. W.
Progress in Earth and Planetary Science   2:17    2015年6月   [査読有り][招待有り]
Fujita, K., Asami, R., Takayanagi, H. and Iryu, Y.
Island Arc   24 263-279   2015年6月   [査読有り]
Yamano, H. and Iryu, Y.
Island Arc   24 263-279   2015年3月   [査読有り]
東日本大震災に対する日本地質学会の取り組み
井龍康文
ATOMOΣ(アトモス)      2015年3月   [査読有り][招待有り]
Humblet, M. and Iryu, Y.
Paleontological Research   18(4) 224-244   2014年10月   [査読有り]
Yamamoto, K., Ishibashi, M., Takayanagi, H., Asahara, Y., Sato,T., Nishi, H. and Iryu, Y.
Geophysics, Geochemistry, Geosystems   15 2091-2094   2014年5月   [査読有り]
陸上掘削科学トピックス
井龍康文・浅沼 宏・廣野哲朗
月刊地球号外   (65) 255-261   2014年5月
統合国際深海掘削第310次航海“タヒチ島の海水準”の成果
井龍康文・浅海竜司
月刊地球号外   (64) 81-87   2014年4月   [招待有り]
Tomida, Y., Suzuki, T., Yamada, T., Asami, R., Yaegashi, H., Iryu, Y. and Otake, T.
Fisheries Science   80(2) 273-280   2014年3月   [査読有り]
Arai, K., Machiyama, H., Chiyonobu, S., Matsuda, H., Sasaki, K., Humblet, M. and Iryu, Y.
Island Arc   23 1-15   2014年3月   [査読有り]
ICDP掘削で取り組むべき炭酸塩堆積学・地球化学上の問題
井龍康文・高柳栄子
月刊地球   36(2) 73-78   2014年2月
巻頭言:陸上科学掘削の将来展望
Iryu, Y. and Hirono, T.
月刊地球   36(2) 55-56   2014年2月
山本和幸・石橋正敏・高柳栄子・井龍康文
地質学雑誌   120(1)    2014年1月   [査読有り]
古環境指標としての腕足動物殻の炭素同位体組成
高柳栄子・浅海竜司・井龍康文
月刊地球   35(12) 690-696   2013年12月
Asami, R., Iryu, Y., Hanawa, K., Miwa, T., Holden, P., Shinjo, R., Paulay, G.
Quaternary Research   80 575-585   2013年10月   [査読有り]
Takayanagi, H., Asami, R., Abe, O., Miyajima, T., Kitagawa, H., Sasaki, K. and Iryu, Y.
Geochimica et Cosmochimica Acta   115 115-136   2013年   [査読有り]
Shinjo, R., Asami, R., Huang, K.-F., You, C.-F. and Iryu, Y.
Marine Geology   342 58-64   2013年   [査読有り]

Misc

 
サンゴ礁の海草・海藻.
井龍康文
WWFネイチャーシリーズ② 白保のサンゴ礁   14-15   1995年1月
ダイバーのための海洋雑学 35無節サンゴモ
井龍康文
ダイバー   (111) 67-67   1990年9月
ダイバーのための海洋雑学 43サンゴ礁の一生
井龍康文
ダイバー   (119) 63-63   1991年5月
ダイバーのための海洋雑学 42円石藻
井龍康文
ダイバー   (118) 49-49   1991年4月
ダイバーのための海洋雑学 39共生藻
井龍康文
ダイバー   (115) 43-43   1991年1月

書籍等出版物

 
はじめての地質学
天野一男,荒戸裕之,井龍康文,浦野成昭,須藤 茂,西山賢一,平田大二,星 博幸,向山 栄,矢島道子,斉藤靖二,渡辺 寧 (担当:共著, 範囲:付 日本地質学会が選定した「県の石」)
ベレ出版   2017年9月   ISBN:978-86064-522-9-C004
サンゴ礁学
井龍康文 (担当:共著, 範囲:サンゴ礁とは)
東海大学出版会   2011年   
Proceedings of the Integrated Ocean Drilling Program, Volume 325 Expedition Reports, Great Barrier Reef Environmental Changes..
Webster, J.M., Yokoyama, Y., Cotterill, C. and the Expedition 325 Scientists (担当:共著)
Integrated Ocean Drilling Program Management International, Inc.   2011年   
古生物学事典
井龍康文 (担当:共著, 範囲:島尻層群ほか1項目)
朝倉書店   2010年   
日本地方地質誌8「九州・沖縄地方」
井龍康文・松田博貴 (担当:共著, 範囲:3.5 琉球列島 3.5.2 新第三系・第四系)
朝倉書店   2010年   

講演・口頭発表等

 
炭酸塩貯留岩の地質情報解析における化学層序の有用性 [招待有り]
1) 高柳栄子・石田圭史郎・山本鋼志・淺原良浩・井龍康文
石油技術協会炭酸塩分科会   2017年11月8日   
Geochemistry of Miocene dolomites at the western Australian shelf margin: IODP Site 1464, Roebuck Basin
IODP Expedition 356 2nd Post-Cruise Meeting 2017   2017年7月17日   
Relationships between paleoceanographic changes and Australian monsoon variability during the Pleistocene
Sekine, N., Takayanagi, H., Groeneveld, J., Christensen, B. A., Bogus, K. and Iryu, Y.
IODP Expedition 356 2nd Post-Cruise Meeting 2017   2017年7月17日   
アラビア湾南岸に分布する上部ジュラ系〜下部白亜系炭酸塩岩の統合化学層序
矢野元康・高柳栄子・石田圭史郎・山本鋼志・淺原良浩・井龍康文
平成29年度石油技術協会春季講演会   2017年6月14日   
アラビア湾南岸に分布する下部白亜系炭酸塩岩の堆積環境および年代
2) 高柳栄子・矢野元康・石田圭史郎・山本鋼志・淺原良浩・井龍康文
平成29年度石油技術協会春季講演会   2017年6月14日   
タイ国のペルム系より採取された腕足動物化石Tyloplecta yangtzeensis の地球化学
滝澤 護・佐藤晋佑a・Lapone Techapinyawat・髙栁栄子・Thasinee Charoentitirat・浅海竜司・阿部 理・原 英俊・曽根正敏・山本鋼志・井龍康文
東北大学大学院理学研究科6専攻合同シンポジウム   2017年2月17日   
原水爆実験により生成された20 世紀の放射性炭素の濃度変化 ーサンゴ骨格記録からの復元ー.
Andrews, A. H.・浅海竜司・井龍康文・Kobayashi, D. R.・Camacho, F.
日本サンゴ礁学会第19回大会   2016年12月1日   
A causal link between paleoenvironmental dynamics and borehole instability issue in the Cenomanian carbonate reservoir, offshore Abu Dhabi.
Yamamoto, K., Obara, H., Tsusaka, K. , Tsuji, Y., Al-Farhan, Z. A., Aljneibi, M. M., Takayanagi, H., Kurita, H., Sato, T. and Iryu, Y.
Abu Dhabi International Petroleum Exhibition and Conference   2016年11月7日   
腕足動物化石の炭素・酸素同位体組成と殻の微細構造は続成作用の進行によってどのように変化するか
滝澤護・佐藤晋佑・Lapone Techapinawat・高柳栄子・Thasinee Charoentitirat・浅海竜司・阿部理・原英俊・曽根正敏・山本鋼志・井龍康文
日本地質学会第123年学術大会   2016年9月10日   
アラビア湾南岸地域におけるバレミアン階炭酸塩岩の化学層序.
水島大輔・高柳栄子・石田圭史郎・淺原良浩・山本鋼志・佐藤時幸・井龍康文
日本地質学会第123年学術大会   2016年9月10日   
Geological and biogeographical evolution of the Ryukyu Islands.(国際シンポジウム"Geological and paleogeographical evolution of the Ryukyu Islands in the late Cenozoic"における講演).
Iryu, Y.
日本地質学会第123年学術大会   2016年9月10日   
最終氷期の腕足動物殻化石を用いた中琉球の古環境復元.
滝澤護・高柳栄子・山本鋼志・阿部 理・佐々木圭一・井龍康文
日本古生物学会2016年会   2016年6月24日   
Bomb-produced radiocarbon in the western tropical Pacific Ocean—Guam coral reveals operation-specific signals from the Pacific Proving Grounds.
Andrews, A. H., Asami, R., Iryu, Y., Kobayashi, D., Fučkar, N. S., Camacho, F.
13th International Coral Reef Symposium   2016年6月19日   
The evolution of the Great Barrier Reef over the past 30 ka – New insight from IODP Expedition 325.
Webster, J. M., Braga, J. C., Humblet, M., Potts, D. C., Iryu, Y., Yokoyama, Y., Fujita, K., Bourillot, R., Esat, T. Z., Fallon, S., Thompson, W. G., Thomas, A. L., Kan, H., McGregor, H. V. and Hinestrosa, G.
13th International Coral Reef Symposium   2016年6月19日   
アラビア湾南岸に分布するバレミアン階炭酸塩岩の炭素同位体層序.
水島大輔・高柳栄子・石田圭史郎・淺原良浩・山本鋼志・佐藤時幸・井龍康文
平成28年度石油技術協会春季講演会   2016年6月8日   
ドロマイトの成因論に基づく高解像度貯留層キャラクタリゼーション -アブダビ沖巨大油田の事例-.
山本和幸・Gary Ottinger・Osama Al-Zinati・高柳栄子・山本鋼志・井龍康文
平成28年度石油技術協会春季講演会   2016年6月8日   
Effect of Holocene sea-level changes on intertidal ecosystems, southeastern Brazil.
Spotorno-Oliveira, P., Tâmega, F. T. S., Oliveira, C. A., Castro, J. W. A., Coutinho, R., Iryu, Y. and Bassi
Annual Meeting of the Italian Paleontological Society (Società Paleontologica Italiana)   2016年5月25日   
Changes in the Oligocene planktic foraminiferal depth habitat related to thermocline deepening in the eastern equatorial Pacific.
Matsui, H., Nishi, H., Takashima, R., Kuroyanagi, A., Ikehara, M., Takayanagi, H. and Iryu, Y.
日本地球惑星科学連合2016年大会   2016年5月22日   
The Cenozoic geohistory of the Ryukyu Islands and Taiwan.
Iryu, Y.
2016 Taiwan Geosciences Assembly (TGA)   2016年5月16日   
サンゴ骨格記録にみる琉球の海洋環境変動
浅海竜司・玉城昭太・村山雅史・井龍康文
日本古生物学会第165 回例会   2016年1月29日   
Changes of Oligocene planktic foraminiferal depth habitat in the eastern equatorial Pacific (IODP Site U1334 and U1333)
Matsui, H., Nishi, H., Takashima, R., Iryu, Y., Takayanagi, H. and Ikehara, M.
2015 AGU (American Geophysical Union) Fall Meeting   2015年12月14日   
Coral-based climatology: A case study in the Ryukyu Islands.
Iryu, Y.
Founding Symposium for the Institute for Space-Earth Environmental Research   2015年11月4日   
The current research trends and activities of geology in Japan.
Iryu, Y.
2015 Fall Joint Conference of Geoloical Science of Korea   2015年10月28日   
Factors limiting the use of skeletal carbonate isotopes as paleoenvironmental proxies.
Iryu, Y.
2015 Fall Joint Conference of Geoloical Science of Korea   2015年10月28日   
Bomb-produced radiocarbon in the western tropical Pacific Ocean - Guam coral reveals operationspecific signals from the Pacific Proving Grounds.
Andrews, A. H., Asami, R., Iryu, Y., Fučkar, N. S. and Camacho, F.
ENVIRA2015   2015年9月21日   
タイ国インドシナ地塊(ペルム系)より産出した腕足動 物殻化石における炭素・酸素同位体組成の殻内変化およ び個体差.
滝澤護・Lapone Techapinawat・髙栁栄子・Thasinee Charoentitirat・浅海竜司・阿部 理・原 英俊・曽根正敏・山本鋼志・井龍康文
日本地質学会第122年学術大会   2015年9月11日   
アラブ首長国連邦アブダビ沖の巨大油田におけるバレミアン階炭酸塩プラットフォーム堆積物中のドロマイト層の成因と発達.
山本和幸・ゲイリー オッティンガー・オサマ アルジナティ・高柳栄子・山本鋼志・井龍康文
日本地質学会第122年学術大会   2015年9月11日   
Sea level record obtained from submerged the Great Barrier Reef coral reefs for the last 30 ka.
Yokoyama, Y., Esat, T. M., Thompson, W. G., Thomas, A. L., Webster, J. M., Miyairi, Y., Sawada, C., Aze, T., Matsuzaki, H., Okuno, J., Fallon, S., Braga, J. C., Humblet, M., Iryu, Y., Potts, D. C., Fujita, K., Suzuki, A. and Kan, H.
XIX INQUA Congress   2015年7月26日   
Ice sheet surge and 25 m rapid sea-level rise at Younger Dryas 13,000 years ago.
Esat, T. M., Thomas, A. L., Yokoyama, Y., Webster, J. M., Braga, J. C., Humblet, M., Potts, D. C., Iryu, Y., Thompson, W. G., Fallon, S. and Hinestrosa, G.
XIX INQUA Congress   2015年7月26日   
Response of the Great Barrier Reef to sea level and environmental changes over the past 30 ka.
Webster, J. M., Braga, J. C., Humblet, M., Potts, D. C., Iryu, Y., Yokoyama, Y., Fujita, K., Bourillot, R., Esat, T. M., Fallon, S., Thompson, W. G., Thomas, A. L., Kan, H., McGregor, H. V. and Hinestrosa, G.
XIX INQUA Congress   2015年7月26日   
Paleoclimate records in a long-lived coral from Okinoerabu-jima, Ryukyu Islands.
Asami, R., Tamashirom, S., Murayama, M. and Iryu, Y.
XIX INQUA Congress   2015年7月26日   
掘削による地球環境研究、生物進化史研究の最前線
科学メディア意見交換会   2015年6月15日   
Origin and Development of a stratiform dolomite in Barremian oil field carbonates, offshore Abu Dhabi, United Arab Emirates
Kazuyuki Yamamoto, Gary Ottinger, Osama Al-Zinati, Hideko Takayanagi, Koshi Yamamoto, and Yasufumi Iryu
AAPG Annual Convention and Exhibition 2015   2015年5月31日   
Origin and development of a stratiform dolomite in Barremian oil field carbonates, offshore Abu Dhabi, United Arab Emirates
Yamamoto, K., Ottinger, G., Al-Zinati, O., Takayanagi , H., Yamamoto, K. and Iryu, Y.
AAPG Anual Convention & Exhibition 2015   2015年5月31日   
Within- and inter-shell variations in carbon and oxygen isotope composition of modern brachiopods
Takayanagi, H., Asami, R., Otake, T., Abe, O., Miyajima, T., Sasaki, K., Kitagawa, H. and Iryu, Y
The 7th International Brachiopod Congress: The Brachiopod World   2015年5月23日   
Last glacial to deglacial biotic changes on the Great Barrier Reef from offshore boreholes.
Humblet, M., Webster, J. M., Braga, J. C., Iryu, Y., Potts, D. C., Yokoyama, Y., Esat, T. M., Fallon, S., Thompson, W. G. and Thomas, A. L.
日本地球惑星科学連合 連合大会 2015年大会   2015年5月22日   
喜界島の上部更新統より産するKikaithyris hanzawai の炭素・酸素同位体組成および 微量金属濃度の個体差
滝澤護・髙栁栄子・山本鋼志・佐々木圭一・井龍康文
日本地球惑星科学連合 連合大会 2015年大会   2015年5月22日   
Recent achievements and future perspectives of paleoenvironmental studies
井龍康文
日本地球惑星科学連合 連合大会 2015年大会   2015年5月22日   
PEPS の編集に関して 2014-2015 年の総括と2015-2017 年の展望
井龍康文
日本地球惑星科学連合 連合大会 2015年大会   2015年5月22日   
北西太平洋における石灰藻球(Rhodolith)研究
加藤亜記・馬場将輔・松田伸也・井龍康文
日本藻類学会第39回大会 福岡2015   2015年3月20日   
喜界島湾層産のKikaithyris hanzawai(約70 ka)の炭素・酸素同位体組成による古海洋環境復元
滝澤 護・髙栁栄子・山本鋼志・佐々木圭一・井龍康文
2014年度日本地質学会東北支部総会・講演会・シンポジウム   2015年3月7日   
石垣島の現生サンゴ骨格から復元された過去約500 年間の海洋 環境変動
福留綾里紗・浅海竜司・阿部理・高柳栄子・平井彰・井龍康文
日本古生物学会第164 回例会   2015年1月30日   
腕足動物の同位体記録を歪める原因
高柳栄子・浅海竜司・大竹二雄・阿部理・宮島利宏・北川浩之・井龍康文
日本古生物学会第164 回例会   2015年1月30日   
「カンブリア紀の農耕革命」はエディアカラ紀に始まっていた
大路樹生・Stephen Q. Dornbos・矢田圭吾・長谷川精・Sersmaa Gonchigdorj・望月貴史・高柳栄子・井龍康文
日本古生物学会第164 回例会   2015年1月30日   
化石Newhousia imbricata Kraft, G. W. Saunders, Abbott et Haroun の発見とその古生物学的意義
井龍康文
日本古生物学会第164 回例会   2015年1月30日   
鉄同位体を利用した古海洋環境復元の試み.
田中啓,安田友紀,鈴木和博,久保貴志,申基澈,高柳栄子,井龍康文,淺原良浩
2014 同位体環境学シンポジウム   2014年12月22日   
沖縄の第四紀地質
井龍康文
琉球大学熱帯生物圏研究センター主催研究集会「異分野間の相互理解を踏まえて再考する琉球列島の古地理」   2014年11月29日   
アラビア湾南岸地域におけるアプチアン階石油根源岩の形成要因と海洋無酸素事変(OAE1a)との関連性
山本和幸,石橋正敏,高柳栄子,浅原良浩,佐藤時幸,西 弘嗣,井龍康文
日本地質学会第121年学術大会   2014年9月14日   
琉球列島多良間島に分布する琉球層群の層序および年代
大関 萌,今井 遼,高柳栄子,井龍康文
日本地質学会第121年学術大会   2014年9月14日   
中新世~鮮新世の琉球列島‘泥海(島尻層群)’における石灰質ナンノ化石に基づく年代層序学的・古海洋学的復元
今井 遼,佐藤時幸,井龍康文
日本地質学会第121年学術大会   2014年9月14日   

競争的資金等の研究課題

 
古環境指標としての腕足動物殻の炭素・酸素同位体組成および微量金属元素の有用性の検討
科学研究費補助金
研究期間: 2007年4月 - 現在
琉球列島における第四紀気候変動に対するサンゴ礁の応答
科学研究費補助金
研究期間: 1981年4月 - 現在
造礁サンゴの骨格記録に記録された過去の海洋環境変動に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 1997年4月 - 現在
アラブ首長国連邦アブダビ海域における白亜系炭酸塩岩の同位体層序学的研究
共同研究
研究期間: 2011年4月 - 現在
北大東島の過去2,500万年間の堆積・続成史
科学研究費補助金
研究期間: 1993年4月 - 現在

社会貢献活動

 
北大東島人材交流センター,南大東島エコミュージアムの展示
【その他】  2001年4月 - 現在
北大東島人材交流センターおよび南大東島エコミュージアムの地形・地質の展示を監修
巨大鍾乳洞~日本列島 誕生の秘密~
【出演, 寄稿】  テレビ朝日  2013年9月16日
相馬高校スーパーサイエンススクール授業
【その他】  2004年8月26日
地球科学分野における世界の最先端の研究紹介
総合国際深海掘削計画(IODP)第310次航海「タヒチ島の海水準」の実施
【情報提供】  日本経済新聞 その他多くの地方紙 共同報道および地方紙のHP  2005年9月25日

その他

 
2007年3月   ハワイ諸島沖の沈水サンゴ礁堆積物に関する研究
本研究では,以下の4つの目的を達成するために,ハワイ諸島沖の水深約110〜1200mにみられる8つ時期に形成されたと推定される沈水サンゴ礁堆積物を掘削することを目指している.
1. 過去50万年間の海水準変動を正確に描き出し,海水準変動とミランコビッチサイクルやダンスガード・オシュッガーサイクルとの関連を明確にする.
2. サンゴのプロキシデータを用いて過去50万年間の長期〜短期の気候変動のプロセスを描き出す.
3. 急激な海水準上昇に対するサンゴ礁およびサンゴ礁生態系の応答を明らかにする.
4. ハワイ諸島における沈降量の時空分布を捉え,同諸島の火山活動史を理解する.
2005年7月   日本周辺海域の海山から採取された炭酸塩岩の堆積学的・地球化学的研究に基づく礁/炭酸塩プラットフォームの形成史に関する研究
大水深域における石油資源等の探査技術等基礎調査により,日本周辺海域の海山から採取された炭酸塩岩について,堆積学的・地球化学的検討を実施し,それらの結果に基づいて,礁/炭酸塩プラットフォームの成立・発達・沈水過程を描き出す.
2005年7月   日本周辺海域の海山から採取された炭酸塩岩の堆積学的・地球化学的研究に基づく礁/炭酸塩プラットフォームの成立・発達・沈水過程に関する研究
大水深域における石油資源等の探査技術等基礎調査により,日本周辺海域の海山から採取された炭酸塩岩について,堆積学的・地球化学的検討を実施し,それらの結果に基づいて,礁/炭酸塩プラットフォームの成立・発達・沈水過程を描き出す.
2004年9月   IODP Expedition 310タヒチ島のサンゴ礁掘削に基づく過去20,000年間の海水準変化およびそれに対するサンゴ礁の応答
国際統合深海掘削計画第310次航海(タヒチ島の海水準変動)の共同主席研究者として,研究を推進中である.本航海は,40年近くにおよぶ深海掘削計画史上初のサンゴ礁掘削であり,炭酸塩堆積学・地球化学の分野における記念碑的なプロジェクトである.本航海の主目的は,以下の3項目である.
(1) 23,000年前の最終氷期最寒期以降の海水準の上昇過程を復元するとともに,海水準の上昇に伴って、海洋表層の海水温変化を復元すること.
(2) 気候変動と海面変動が、サンゴ礁の発達に与えた影響を解明すること.
(3) 最終氷期最寒期以降の短周期海洋環境変動(ENSO等)を復元すること.
2004年9月   地球化学的・結晶化学的手法に基づく環礁性ドロマイトの成因に関する研究
地球化学および結晶化学的手法に基づいて,北大東島の地表から地下100mの範囲に分布するドロマイトの起源と成因を明らかにする.これによって,環礁性ドロマイトの起源と成因が明確になると期待される.また,北大東島のドロマイトには複数の晶出履歴が認められるので,個々のドロマイトの地球化学および結晶化学的特徴を識別する手法を開発することも,本研究の目的の一つである.