YAMAGUCHI Mikako

J-GLOBAL         Last updated: May 15, 2019 at 15:40
 
Avatar
Name
YAMAGUCHI Mikako
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/6f4c952d51118a69010bbc40645c7441.html
Affiliation
Gifu University
Section
Faculty of Regional Studies

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Researcher, Tohoku University Center for Northeast Asian Studies
 

Published Papers

 
A Struggle for Co-existence between the Euro-Canadians and the Kaska First Nations
Yamaguchi Mikako
Continuity, Symbiosis, and the Mind in Traditional Cultures of Modern Societies   211-225   May 2011

Misc

 
YAMAGUCHI Mikako
Japanese journal of cultural anthropology   76(4) 398-416   2012
In recent years, lively debates have been conducted in cultural anthropology on moving beyond Western dualism. Philippe Descola, for example, classified the relationship between nature and humans into four modes in terms of inner and outer continu...
Yamachi Mikako
Abstracts of the Annual Meeting of the Japanese Society of Cultural Anthropology   2013(0)    2013
北米狩猟民カスカと動物の互酬性に基づくパートナーシップの背景としては野生哺乳動物への高い依存や、森の中で動物と接触する機会が多いことが想定される。しかし例えば身体的に圧倒的な強さを持つ存在クマなどの動物種に関しては、動物への恐怖等の要因についても考慮する必要がある。こうした点を踏まえ、本発表では狩猟民カスカと動物との結びつきのなかに、動物から殺されるという視点を導入して再検討することを目的とした。
yamaguchi mikako
Abstracts of the Annual Meeting of the Japanese Society of Cultural Anthropology   2010(0) 16-16   2010
カナダ先住民カスカの物語を分析すると、人間と動物というカテゴリーは時に曖昧であり、時系列が意味を持たないというカスカの世界観が浮かび上がる。こうしたカスカの物語は現在も社会の変化を取り入れて再生産され、意味を持ち続けている。特に動物との関係をどのように結ぶべきかという具体的な方法を示した物語は、狩猟など動物との実際の関わりが多いカスカの生活の中で伝統的世界観を伝承する役割を果たしている。
山口 未花子
北方民族文化シンポジウム報告書   26(0) 67-71   2012
Yamaguchi Mikako
Abstracts of the Annual Meeting of the Japanese Society of Cultural Anthropology   2011(0) 168-168   2011
カナダ先住民カスカの伝統的食物である、狩猟によって獲得された肉の利用について、先行研究で指摘されてきた経済的側面と社会・文化的側面について検討し、その現代的意味について明らかにする。さらに生態人類学的方法論と動物との関係という視点からの分析を行い、食と動物(自然環境)との連続性を示すとともに、食べる動物と食べない動物の比較から食べることが動物観の形成とどのような関わりがあるのかについても考察する。