KASAI Keisuke

J-GLOBAL         Last updated: Feb 6, 2018 at 03:23
 
Avatar
Name
KASAI Keisuke
E-mail
kasairiec.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/4024a58c33594200e1a4b9756d7ba337.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Research Institute of Electrical Communication Broadband Engineering Division Ultrahigh-speed Optical Communication
Job title
Assistant Professor
Degree
博士(工学)(Tohoku University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Nov 2012
 - 
Today
助教, 東北大学電気通信研究所
 
Apr 2012
 - 
Oct 2012
教育研究支援者, 東北大学電気通信研究所
 
Apr 2009
 - 
Mar 2012
日本学術振興会 特別研究員(PD), 東北大学電気通信研究所
 
Apr 2008
 - 
Mar 2009
COEフェロー, 東北大学大学院工学研究科
 
Apr 1999
 - 
Mar 2002
日立電線株式会社
 

Education

 
 
 - 
Mar 2008
電気・通信工学, Graduate School, Division of Engineering, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 1999
Faculty of Engineering, Tohoku University
 

Committee Memberships

 
Apr 2012
 - 
Today
レーザー学会、ファイバーレーザー技術専門委員会  専門委員
 

Awards & Honors

 
May 2012
平成23年度電子情報通信学会論文賞, 電子情報通信学会
Winner: 岡本聖司、大宮達則、葛西恵介、吉田真人、中沢正隆
 
Sep 2008
電子情報通信学会2008年Electronics Express Best Paper Award, 電子情報通信学会 エレクトロニクスソサイエティ
Winner: 後藤広樹、大宮達則、葛西恵介、吉田真人、中沢正隆
 
Mar 2008
平成19年度東北大学大学院工学研究科長賞, 東北大学
 
Dec 2007
IEEE Sendai Section Student Award 2007, IEEE Sendai Section
 
Apr 2007
2007 Asia-Pacific Microwave Photonics Conference, Best Student Paper Award, Asia-Pacific Microwave Photonics Conference
 

Published Papers

 
Narrow Linewidth Tunable DFB Laser Array Integrated with Optical Feedback Planar Lightwave Circuit (PLC)
H. Ishii, N. Fujiwara, K. Watanabe, S. Kanazawa, M. Itoh, H. Takenouchi, Y. Miyamoto, K. Kasai, and M. Nakazawa
IEEE Sel. Top. Quantum Electron   23(6) 1501007   Nov 2017   [Refereed]
K. Kasai, T. Hirooka, M. Yoshida, M. Nakazawa, M. Shiraiwa, Y. Awaji, and N. Wada
European Conference on Optical Communication (ECOC 2017)   P1.SC4.61   Sep 2017   [Refereed]
K. Kasai, Y. Wang, M. Yoshida, T. Hirooka, K. Iwatsuki, and M. Nakazawa
European Conference on Optical Communication (ECOC 2017)   Th.1.B.5   Sep 2017   [Refereed]
K. Kimura, J. Nitta, M. Yoshida, K. Kasai, T. Hirooka, and M. Nakazawa
European Conference on Optical Communication (ECOC 2017)   M.1.F.2   Sep 2017   [Refereed]
1024 QAM Coherent Optical Transmission In 31 Km-long, 19-core Fiber With Low Crosstalk And Large Effective Area
M. Yoshida, K. Kasai, T. Hirooka, M. Nakazawa, K. Imamura, and R. Sugizaki
Opto-Electronics and Communications Conference (OECC 2017)   3-1K-2   Aug 2017   [Refereed]

Misc

 
光ファイバーネットワークを利用した地殻変動
中沢 正隆, 吉田 真人, 葛西 恵介
光技術コンタクト   54(12) 22-31   Dec 2016
狭線幅レーザーとOPLL(Optical Phase-Locked Loop)及び光注入同期を用いた超多値ディジタルコヒーレント伝送
葛西恵介, 中沢正隆
レーザー研究   44(2) 106-110   Feb 2016
光多値化技術とさらなる周波数利用効率の向上にむけて
中沢正隆, 廣岡俊彦, 吉田真人, 葛西恵介
O pulse E   35(8) 836-841   2013

Research Grants & Projects

 
コヒーレントナイキストパルス伝送技術の研究開発
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Nov 2015 - Today
超多値QAM信号のマルチコア光ファイバ伝送に関する研究
Project Year: Nov 2012 - Oct 2015
レーザの周波数・位相制御ならびにコヒーレント光通信に関する研究
The Other Research Programs
Project Year: Apr 2012 - Oct 2012
超多値QAMコヒーレント光通信に関する研究
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2009 - Mar 2012
周波数安定化レーザ及びコヒーレント光通信に関する研究
SCF System for Establishment and Support of Center's of Excellence
Project Year: Apr 2008 - Mar 2009

Patents

 
特許公開2012-175417 : 光ナイキストパルス伝送
特許公開2012-100128 : コヒーレント光時分割多重信号の復調方式
特許公開2012-39290 : コヒーレント光時分割多重伝送方式

Others

 
Apr 2011   デジタル位相光制御による低消費電力高速コヒーレント伝送技術に関する研究開発
本研究では低速なディジタル光PLLを搭載した復調システムを使用して20GbpsのQPSK信号を、3時間の間誤りなく80kmコヒーレント伝送することに成功した。本研究で実現したデジタル光PLL回路は通常の伝送システムでは必須となる高速DSPを必要とせず、位相推定にともなうDSPでの計算量を大幅に削減でき、伝送システムの全体の低消費電力化を実現できる。また将来的により高いビットレートへの互換性と拡張性と持っており、将来の大容量、超多値光伝送を実現するための一つの方向性を示すうえで意義の大きい成果ある。