横山 詩子

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/04 13:49
 
アバター
研究者氏名
横山 詩子
 
ヨコヤマ ウタコ
URL
http://www-user.yokohama-cu.ac.jp/~seiri1/index.html
所属
横浜市立大学
部署
医学部医学科 循環制御医学 医学研究科医科学専攻
職名
准教授
学位
医学博士(東京女子医科大学)

プロフィール

小児科医、循環器医として勤務した後、循環生理の基礎研究を行っている。プロスタグランディンEの心血管への作用、特に大動脈瘤、動脈管開存症、血管内膜肥厚の研究を行っている。日本循環器学会、日本小児科学会、日本小児循環器学会など・学会賞の受賞歴がある。日本生理学会、日本病態生理学会、日本小児循環器学会の評議員として活動中。

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
大阪大学 大学院生命機能研究科 招へい准教授
 
2014年
 - 
現在
横浜市立大学 医学部 准教授
 
2011年4月
 - 
2014年3月
横浜市立大学医学部 循環制御医学 講師
 
2008年4月
 - 
2011年3月
横浜市立大学医学部 循環制御医学 助教
 
2005年10月
 - 
2008年3月
カリフォルニア大学サンディエゴ校 医学部薬理学 博士研究員
 

学歴

 
 
 - 
1994年
岡山大学 医学部 
 

委員歴

 
2018年3月
 - 
現在
日本薬理学会  評議員
 
2017年7月
 - 
現在
日本小児循環器学会  学術委員会委員・研究・ガイドライン部会員
 
2017年7月
 - 
2017年7月
横浜市立大学  第17回横浜小児先端医療セミナー当番世話人
 
2016年7月
 - 
2016年7月
日本小児心血管分子医学研究会  第19回小児心血管分子医学研究会当番世話人
 
2016年6月
 - 
現在
横浜市立大学  平成29年度一般選抜入試・特別選抜入試作問部委員
 

受賞

 
2014年4月
日本小児科学会 日本小児科学会学術研究賞 血管の分化発達の病態生理の解明とその分子標的治療の確立
 
2011年4月
横浜市立大学医学会 第二十三回横浜市立大学医学会賞 動脈管閉鎖の分子機序の解明
 
2009年7月
日本平滑筋学会 第五回栗山煕賞 Prostaglandin E2-activated Epac promotes neointimal formation of the rat ductus arteriosus by a process distinct from that of cAMP-dependent protein kinase A.
 
2009年3月
日本小児循環器学会 第二回女性研究者奨励賞 The Cyclic AMP Effector Epac Integrates Pro- and Anti-Fibrotic Signals
 
2008年6月
日本小児循環器学会 Young Investigator's Award
 
2007年4月
American Society for Biochemistry and Melecular Biology Postdoctoral fellow Travel Award
 
2007年3月
University of California, San Diego UC San Diego Cardiovascular Scholarship Award
 
2007年3月
日本循環器学会 第24回Young Investigator's Award 優秀賞 Vascular Injury-induced Upregulation of Epac1 Counteracts PKA, Promoting Smooth Muscle Cell Migration and Neointimal Thickening
 
2006年4月
日本循環器学会 第一回日本循環器学会小児循環器賞 Prostaglandin Promotes Hyaluronic Acid-Induced Neointimal Formation in Ductus Arteriosus
 

論文

 
The usefulness of exchanged protein directly activated by cAMP (Epac)1-inhibiting therapy for prevention of atrial and ventricular arrhythmias in mice
横山 詩子
Circulation journal      2019年   [査読有り]
Yokoyama U, Arakawa N, Ishiwata R, Yasuda S, Minami T, Goda M, Uchida K, Suzuki S, Matsumoto M, Koizumi N, Taguri M, Hirano H, Yoshimura K, Ogino H, Masuda M, Ishikawa Y
American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   315(4) H1012-H1018   2018年7月   [査読有り]
Mamun A, Yokoyama U, Saito J, Ito S, Hiromi T, Umemura M, Fujita T, Yasuda S, Minami T, Goda M, Uchida K, Suzuki S, Masuda M, Ishikawa Y
Physiological reports   6(18) e13878   2018年9月   [査読有り]
Umemura M, Islam MR, Fukumura H, Sato I, Kawabata Y, Matsuo K, Nakakaji R, Nagasako A, Ohtake M, Fujita T, Yokoyama U, Nakayama T, Eguchi H, Ishikawa Y
Cancer science      2018年10月   [査読有り]
Fujita T, Umemura M, Yokoyama U, Okumura S, Ishikawa Y
Cellular and molecular life sciences : CMLS   74(4) 1-16   2016年8月   [査読有り]

Misc

 
Fibulin-1の動脈管内膜肥厚形成における役割
中川路 太一, 横山 詩子, 伊藤 智子, 石川 義弘
日本病態生理学会雑誌   27(2) 40-40   2018年7月
横山詩子, 伊藤智子, 石川義弘
日本結合組織学会学術大会抄録集   50th 95   2018年6月
胎盤由来プロスタグランディンEはFibulin-1を介した動脈管リモデリングを促進する
横山 詩子, 伊藤 智子, 石川 義弘
日本結合組織学会学術大会プログラム・抄録集   50回 95-95   2018年6月
肺血管の発達と密接な関連を有する動脈管の発達
横山 詩子
日本小児肺循環研究会プログラム・抄録集   24回 36-36   2018年2月
横山詩子
日本小児肺循環研究会プログラム・抄録集   24th 36   2018年

書籍等出版物

 
小児循環器学 動脈管作用薬
横山 詩子
診断と治療社   2018年7月   
ガイトン生理学 原著第13 版 第84章:胎児と新生児の生理学
横山 詩子
エルゼビア・ジャパン社   2018年3月   
ガイトン生理学 原著第13 版 第15章:動脈系と静脈系の血管伸展性と機能
横山 詩子
エルゼビア・ジャパン社   2018年3月   
ガイトン生理学 原著第13 版 第14章:循環の概要;圧,流量,抵抗の生物物理学
横山 詩子
エルゼビア・ジャパン社   2018年3月   
新版 先天性心疾患を理解するための臨床心臓発生学 動脈管閉鎖の分子機構
横山 詩子
メジカルビュー社   2018年   

講演・口頭発表等

 
静水圧印加による血管系組織の再生
横山 詩子
都医学研セミナー   2018年11月15日   
How ”Human arterial graft” should be fabricated?
横山 詩子
CBS 2018- IEEE International Conference on Cyborg and Bionic Systems   2018年10月27日   
動脈管作動薬の作用機序ー薬物療法の基礎として
横山 詩子
第10回教育セミナー Advanced Course   2018年10月21日   
三次元血管モデルの有用性
横山 詩子
オープンイノベーションカンファレンスIII   2018年9月26日   
Uncovering new GPCR signaling pathways in Prostaglandin E2-mediated vascular remodeling and inflammation
横山 詩子
The 9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies Congress   2018年3月30日   
Fabrication of scaffold-free human vascular graft by periodic hydrostatic pressurization
横山 詩子
The 95th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan   2018年3月29日   
肺血管の発達と密接な関連を有する動脈管の発達
横山 詩子
第24回日本小児肺循環研究会   2018年2月3日   
Molecular mechanisms of the ductus arteriosus
横山 詩子
The 90th Scientific Session, American Heart Association   2017年11月14日   
New insights on how to treat patent ductus arteriosus
横山 詩子
The 8th TAKAO International symposium   2017年11月8日   
プロスタグランディンE受容体EP4による血管の分化と破壊のメカニズム
横山 詩子
横浜市立大学生命医科学研究科連携セミナー   2017年7月18日   
プロスタグランディンE受容体EP4による弾性線維形成と破壊のメカニズム
横山 詩子
第49回日本結合組織学会   2017年6月16日   
動脈管の基礎研究から臨床へ
横山 詩子
第120回日本小児科学会学術集会   2017年4月14日   
Oxygenation-induced postnatal remodeling of the ductus arteriosus
横山 詩子
The 94th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan   2017年3月30日   
PLOS ONE as a pioneer of mega journals
横山 詩子
The 94th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan   2017年3月28日   
研究者として輝くために・・・ライフイベントと共に生きる!
横山 詩子
The 94th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan   2017年3月28日   
サイクリックAMPシグナルによる心臓線維化の制御
横山 詩子
Cardiovascular Disease Conference   2017年1月13日   
細胞エクササイズで頑丈な人工血管ができるの?!
横山 詩子
市民講座:細胞エクササイズってな~に?   2016年12月10日   
細胞工学的制御による高弾性血管グラフトの開発
横山 詩子
小児循環器セミナー   2016年10月20日   
「動脈硬化性疾患に対する薬物治療の開発」 
Atherosclerosis and Angiogenesis Research Frontier   2016年8月26日   
Towards a New Era of Cardiovascular Research
In-vitro fabrication of scaffold-free arterial grafts by periodic hydrodynamic pressurization. International and Interdisciplinary Symposium 2016   2016年7月11日   

担当経験のある科目

 
 
  • 生理学 (横浜市立大学医学部、早稲田大学理工学部、愛知医科大学、横浜市立大学看護学部、横浜市救急救命士養成所、横浜労災病院看護学校)
  • 病態代謝生理学 (横浜市立大学医学部)

競争的資金等の研究課題

 
大動脈瘤化および大動脈解離発生のメカニズム解明と予防治療の確立
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 鈴木 伸一
Epac1欠損マウスを用いた骨髄由来細胞の血管内膜肥厚促進機序の解明
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 加藤 優子
ファロー四徴症の根治治療を可能にする血管パッチの開発
AMED 国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 希少難治性疾患に対する画期的な医薬品医療機器等の実用化に関する研究:薬事承認を目指すシーズ探索研究(ステップ0)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 石川 義弘
高圧力が拓く移植可能な組織構築技術の開発
日本学術振興会: 挑戦的研究(萌芽)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 横山 詩子
解剖学的リモデリングに焦点をあてた動脈管制御法の開発
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 横山 詩子

特許

 
JP2015-541635 : 三次元組織体及びその製造方法
明石満、松崎典弥、石川義弘、横山詩子
特願2016-26494 : 動脈硬化を検出するための血中バイオマーカー
横山詩子、石川義弘、荒川憲昭、益田宗孝、石上友章、鈴木伸一、大竹則久
横山 詩子, 石川 義弘, 金子 真, 佐久間 臣耶, 新井 史人
横山詩子、石川義弘、荒川憲昭、吉村耕一
PCT/JP2015/077447 : 三次元細胞集合体の作製方法
横山詩子、石川義弘、金子真、佐久間臣耶、新井史人