稲葉 裕

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/02 10:31
 
アバター
研究者氏名
稲葉 裕
 
イナバ ユタカ
eメール
yute0131med.yokohama-cu.ac.jp
URL
http://www.yokohama-seikei.jp/
所属
横浜市立大学
部署
医学部医学科 運動器病態学 医学研究科医科学専攻
学位
医学博士(横浜市立大学)

プロフィール

日本整形外科学会専門医、日本リウマチ学会指導医、日本体育協会公認スポーツ医など。日本整形外科学会変形性股関節症ガイドライン委員、静脈血栓塞栓症予防ガイドライン策定委員、厚労省大腿骨頭壊死症研究班分担研究者などを務め、日本股関節学会優秀論文賞、日本関節病学会優秀論文賞、The Orthopedics Today Hawaii 2015 Asia-Pacific Poster Contest. The Grand Prizeなどの受賞歴がある。

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
横浜市立大学 附属病院 整形外科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1989年
自治医科大学(JMU) Medicine 
 
 
 - 
1989年
自治医科大学(JMU) 医学部 
 

委員歴

 
2017年12月
 - 
現在
東日本整形災害外科学会  査読委員
 
2017年11月
 - 
現在
Hip & Pelvis (official journal of Korean Hip Society)  Editorial Board Member
 
2017年11月
 - 
現在
日本小児整形外科学会  乳児股関節健診あり方検討委員会 関東甲信越ブロックKey Person
 
2017年7月
 - 
現在
European Orthopaedic Research Society (EORS) 2018  Scientific Committee
 
2017年6月
 - 
現在
日本整形外科学会  財務委員会委員
 
2017年6月
 - 
現在
日本整形外科学会  情報管理システム委員会委員
 
2017年4月
 - 
現在
Journal of Arthroplasty (official journal of American Association of Hip and Knee Surgeons)  Editorial Board Member
 
2017年1月
 - 
現在
PLOS ONE  reviewer
 
2016年9月
 - 
現在
Second International Consensus on Periprosthetic Joint Infection  Delegate
 
2016年8月
 - 
現在
The 3ed Annual Pan Pacific Orthopaedic Congress, ICJR (International Congress for Joint Reconstruction)  Invited Faculty
 
2016年6月
 - 
現在
日本小児股関節研究会  幹事
 
2016年5月
 - 
現在
日本股関節研究振興財団  海外研修助成選考委員
 
2016年3月
 - 
現在
「整形外科看護」編集委員
 
2016年1月
 - 
現在
日本小児整形外科学会  国際委員会
 
2016年1月
 - 
現在
Orthopaedic Research Society (USA)  Ambassador
 
2016年1月
 - 
現在
International Orthopaedic Research Society  Honorary status of 'Fellow'
 
2015年10月
 - 
現在
日本股関節学会  学術理事
 
2015年5月
 - 
現在
日本リウマチ学会  専門医症例審査委員
 
2015年5月
 - 
現在
Journal of Arthroplasty (official journal of American Association of Hip and Knee Surgeons)  reviewer
 
2015年1月
 - 
現在
日本骨・関節感染症学会  術後感染疫学調査委員会
 
2014年12月
 - 
現在
独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)  専門委員
 
2014年12月
 - 
現在
Arthroplasty Today (official journal of American Association of Hip and Knee Surgeons)  reviewer
 
2014年12月
 - 
現在
日本臨床バイオメカニクス学会誌「臨床バイオメカニクス」  査読委員
 
2013年12月
 - 
現在
経産省 体内埋め込み型材料分野 積層造形医療機器開発ワーキンググループ  委員
 
2013年7月
 - 
現在
日本股関節研究振興財団  ホームページウオッチャー
 
2013年4月
 - 
現在
日本整形外科学会  代議員
 
2013年4月
 - 
現在
日本整形外科学会  専門医試験委員会
 
2013年4月
 - 
現在
日本整形外科学会  口答試験委員
 
2013年4月
 - 
現在
日本リウマチ学会  評議員
 
2013年4月
 - 
現在
日本創外固定・骨延長学会  幹事
 
2013年4月
 - 
現在
東日本整形災害外科学会  評議員
 
2013年4月
 - 
現在
肺血栓塞栓症・深部静脈血栓症(静脈血栓塞栓症)予防ガイドライン改訂委員会  改訂委員
 
2013年4月
 - 
現在
Modern Rheumatology (official journal of Japan College of Rhematology)  reviewer
 
2013年4月
 - 
現在
日本創外固定・骨延長学会誌  査読委員
 
2012年11月
 - 
現在
日本関節病学会  関節症委員会
 
2012年11月
 - 
現在
日本臨床バイオメカニクス学会  評議員
 
2012年3月
 - 
現在
日本人工関節学会  評議員
 
2012年3月
 - 
現在
日本CAOS研究会  世話人
 
2012年1月
 - 
現在
横浜地方裁判所  専門委員
 
2011年8月
 - 
現在
臨床骨代謝フォーラム  世話人
 
2011年5月
 - 
現在
関東小児整形外科研究会  幹事
 
2011年4月
 - 
現在
神奈川VTE研究会  世話人
 
2010年12月
 - 
現在
日本小児整形外科学会  マルチセンタースタディー委員会
 
2010年12月
 - 
現在
日本小児整形外科学会誌  査読委員
 
2010年11月
 - 
現在
日本関節病学会  評議員
 
2010年11月
 - 
現在
日本関節病学会誌  査読委員
 
2009年12月
 - 
現在
日本小児整形外科学会  教育研修委員会
 
2008年12月
 - 
現在
日本股関節学会  評議員
 
2008年12月
 - 
現在
日本小児整形外科学会  評議員
 
2008年12月
 - 
現在
Journal of Orthopaedic Science (official journal of Japanese Orthopaedic Association)  Editorial Board Member
 

受賞

 
2017年4月
横浜市立大学医学会 横浜市立大学医学会賞 股関節変性疾患に対する安全で正確な手術治療の確立:コンピュータ技術を用いた術前評価・術中支援・術後評価と周術期合併症対策
 
2017年3月
Journal of Arthroplasty (official journal of American Association of Hip and Knee Surgeons) Elite reviewer
 
2015年11月
Japanese Society for Replacement Arthroplasty. JSRA (Japanese Society for Replacement Arthroplasty) selected paper for AAHKS (American Association of Hip and Knee Surgeons). Preoperative planning for implant placement with consideration of pelvic tilt in total hip arthroplasty.
 
2015年1月
The Orthopedics Today Hawaii 2015. Asia-Pacific Poster Contest. The Grand Prize. Selective pharmacological prophylaxis based on individual risk assessment using plasma levels of soluble fibrin and plasminogen activator inhibitor-1 following total hip arthroplasty
 
2014年10月
日本関節病学会. 平成26年度日本関節病学会優秀論文賞. 人工股関節全置換術における骨盤傾斜を考慮したインプラント設置の術前計画と術後検証
 
2014年3月
TMM (Thrombosis/Thrombolysis Marker) フォーラム. 第14回TMM (Thrombosis/Thrombolysis Marker) フォーラム賞. 人工関節置換術後静脈血栓塞栓症に対する新しい予防法-SFとPAI-1を用いた選択的薬物予防法の成績-
 
2012年10月
日本股関節学会. 第39回日本股関節学会学会賞(第23回大正富山アワード). 股関節のバイオメカニクス-有限要素法解析を用いたアプローチ-.
 
2009年10月
日本股関節研究振興財団. HP・エヌ・オー・ティー賞. 人工股関節全置換術後静脈血栓塞栓症の複数の血液凝固マーカーによる早期診断と抗Xa活性モニタリングを用いた新しい薬物的予防法の確立に向けた研究.
 
2005年
日本リウマチ財団. 米国及び欧州派遣研修医.
 

論文

 
Oishi T, Kobayashi N, Inaba Y, Choe H, Tezuka T, Kubota S, Kobayashi D, Saito T
Arthroscopy : the journal of arthroscopic & related surgery : official publication of the Arthroscopy Association of North America and the International Arthroscopy Association   34(4) 1253-1261   2018年4月   [査読有り]
Uesugi Y, Sakai T, Seki T, Hayashi S, Nakamura J, Inaba Y, Takahashi D, Sasaki K, Motomura G, Mashima N, Kabata T, Sudo A, Jinno T, Ando W, Nagoya S, Yamamoto K, Nakasone S, Ito H, Yamamoto T, Sugano N
International orthopaedics      2018年3月   [査読有り]
Makita H, Kerboull M, Inaba Y, Tezuka T, Saito T, Kerboull L
The Journal of arthroplasty   32(11) 3502-3509   2017年11月   [査読有り]
Momose T, Inaba Y, Choe H, Kobayashi N, Tezuka T, Saito T
BMC musculoskeletal disorders   18(1) 457   2017年11月   [査読有り]
Kubota S, Inaba Y, Kobayashi N, Choe H, Tezuka T, Saito T
BMC musculoskeletal disorders   18(1) 417   2017年10月   [査読有り]
Kawabata Y, Matsuo K, Nezu Y, Kamiishi T, Inaba Y, Saito T
Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   22(5) 931-937   2017年9月   [査読有り]
Matsuda Y, Kobayashi N, Inaba Y, Kubota S, Yukizawa Y, Choe H, Kato I, Ohashi K, Saito T
Clinical journal of sport medicine : official journal of the Canadian Academy of Sport Medicine      2017年8月   [査読有り]
Ata Y, Inaba Y, Choe H, Kobayashi N, Machida J, Nakamura N, Saito T
Pediatric rheumatology online journal   15(1) 56   2017年7月   [査読有り]
Nawata S, Kaneta T, Ogawa M, Ishiwata Y, Kobayashi N, Shishikura-Hino A, Yoshida K, Inaba Y, Saito T, Inoue T
Nuklearmedizin. Nuclear medicine   56(3) 91-96   2017年6月   [査読有り]
Tomioka M, Inaba Y, Kobayashi N, Tezuka T, Choe H, Ike H, Saito T
BMC musculoskeletal disorders   18(1) 191   2017年5月   [査読有り]
Machida J, Inaba Y, Nakamura N
Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   22(2) 175-183   2017年3月   [査読有り]
Yukizawa Y, Inaba Y, Kobayashi N, Choe H, Kubota S, Saito T
The Journal of arthroplasty   32(7) 2176-2180   2017年2月   [査読有り]
Kawamura M, Kobayashi N, Inaba Y, Choe H, Tezuka T, Kubota S, Saito T
Modern rheumatology   1-7   2017年3月   [査読有り]
Kobayashi N, Inaba Y, Kubota S, Nakamura S, Tezuka T, Yukizawa Y, Choe H, Saito T
Arthroscopy : the journal of arthroscopic & related surgery : official publication of the Arthroscopy Association of North America and the International Arthroscopy Association   33(2) 329-334   2017年2月   [査読有り]
Hattori T, Inaba Y, Ichinohe S, Kitano T, Kobayashi D, Saisu T, Ozaki T
Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   22(1) 121-126   2017年1月   [査読有り]
Kumagai K, Harigane K, Kusayama Y, Tezuka T, Inaba Y, Saito T
Modern rheumatology   1-5   2016年12月   [査読有り]
Inaba Y, Kobayashi N, Suzuki H, Ike H, Kubota S, Saito T
BMC musculoskeletal disorders   17 280   2016年7月   [査読有り]
稲葉 裕
Nucl Med Commun   37(4) 399-405   2016年4月   [査読有り]
稲葉 裕
Clin Orthop Surg   8(1) 99-105   2016年3月   [査読有り]
Oba M, Inaba Y, Machida J, Saito T
BMJ case reports   2016    2016年3月   [査読有り]
稲葉 裕
J Orthop Sci   21(2) 107-115   2016年3月   [査読有り]
Suzuki H, Inaba Y, Kobayashi N, Ishida T, Ike H, Saito T
The Journal of arthroplasty   31(1) 317-322   2016年1月   [査読有り]
稲葉 裕
J Pediatr Orthop B   25(1) 54-61   2016年1月   [査読有り]
Inaba Y, Kobayashi N, Oba M, Ike H, Kubota S, Saito T
The Journal of arthroplasty   31(8) 1836-1841   2016年2月   [査読有り]
Nakamura N, Inaba Y, Machida J, Saito T
International orthopaedics   39(7) 1359-1364   2015年7月   [査読有り]
Choe H, Inaba Y, Kobayashi N, Miyamae Y, Ike H, Yukizawa Y, Saito T
Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association   25(2) 322-324   2015年3月   [査読有り]
Kobayashi N, Inaba Y, Tateishi U, Ike H, Kubota S, Inoue T, Saito T
Nuclear medicine communications   36(1) 84-89   2015年1月   [査読有り]
稲葉 裕
Mod Rheumatol   25(6) 925-930   2015年   [査読有り]
稲葉 裕
Comput Methods Biomech Biomed Engin   18(10) 1056-1065   2015年8月   [査読有り]
稲葉 裕
J Arthroplasty   31(1) 317-322   2016年   [査読有り]
Ando W, Yamamoto K, Atsumi T, Tamaoki S, Oinuma K, Shiratsuchi H, Tokunaga H, Inaba Y, Kobayashi N, Aihara M, Ohzono K
Journal of orthopaedics   12(4) 228-236   2015年12月   [査読有り]
稲葉 裕
Nucl Med Commun   36(6) 596-603   2015年6月   [査読有り]
稲葉 裕
BioMed Research International   2015 327217   2015年   [査読有り]
稲葉 裕
Mod Rheumatol   25(4) 630-636   2015年7月   [査読有り]
Tezuka T, Inaba Y, Kobayashi N, Sato M, Mitsugi N, Saito T
The Journal of arthroplasty   29(12) 2251-2255   2014年12月   [査読有り]
Nakamura N, Inaba Y, Oba M, Aota Y, Morikawa Y, Ata Y, Machida J, Saito T
Spine   39(26) E1566-74   2014年12月   [査読有り]
Iwamoto N, Inaba Y, Kobayashi N, Yukizawa Y, Ike H, Ishida T, Saito T
Journal of bone and mineral metabolism   32(5) 539-544   2014年9月   [査読有り]
Yukizawa Y, Inaba Y, Kobayashi N, Ike H, Kubota S, Saito T
Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association   24(5) 835-839   2014年9月   [査読有り]
Aoki C, Inaba Y, Choe H, Kaneko U, Hara R, Miyamae T, Imagawa T, Mori M, Oba MS, Yokota S, Saito T
The Journal of rheumatology   41(6) 1171-1177   2014年6月   [査読有り]
Nakamura N, Uesugi M, Inaba Y, Machida J, Okuzumi S, Saito T
Journal of pediatric orthopedics. Part B   23(3) 291-298   2014年5月   [査読有り]
Choe H, Aota Y, Kobayashi N, Nakamura Y, Wakayama Y, Inaba Y, Saito T
The spine journal : official journal of the North American Spine Society   14(2) 255-262   2014年2月   [査読有り]
Inaba Y, Saito T, Takamura K
Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   19(1) 132-140   2014年1月   [査読有り]
Evaluation of the time period for which real-time polymerase chain reaction detects dead bacteria.
Choe H, Inaba Y, Kobayashi N, Miyamae Y, Ike H, Fujimaki H, Tezuka T, Hirata Y, Saito T
Polish journal of microbiology / Polskie Towarzystwo Mikrobiologow = The Polish Society of Microbiologists   63(4) 393-398   2014年   [査読有り]
Hirai T, Inaba Y, Kobayashi N, Takakagawa S, Yukizawa Y, Ike H, Saito T
Clinical medicine insights. Case reports   7 123-125   2014年   [査読有り]
人工股関節置換術後静脈血栓塞栓症に対する新しい予防法-SFとPAI-1を用いた選択的薬物予防法の成績-
稲葉 裕
第14回TTMフォーラム記録   53-60   2014年   [査読有り][招待有り]
Hirata Y, Inaba Y, Kobayashi N, Ike H, Fujimaki H, Saito T
The Journal of arthroplasty   28(10) 1731-1735   2013年12月   [査読有り]
Miyamae Y, Inaba Y, Kobayashi N, Choe H, Yukizawa Y, Ike H, Saito T
Acta orthopaedica   84(6) 524-529   2013年12月   [査読有り]
Fujimaki H, Inaba Y, Kobayashi N, Tezuka T, Hirata Y, Saito T
Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   18(6) 969-976   2013年11月   [査読有り]
Kobayashi N, Inaba Y, Tateishi U, Yukizawa Y, Ike H, Inoue T, Saito T
Clinical nuclear medicine   38(10) e379-83   2013年10月   [査読有り]
Inaba Y, Ozawa R, Aoki C, Imagawa T, Mori M, Hara R, Miyamae T, Saito T, Yokota S
Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association   23(4) 667-673   2013年7月   [査読有り]
Choe H, Inaba Y, Kobayashi N, Aoki C, Machida J, Nakamura N, Okuzumi S, Saito T
Journal of pediatric orthopedics   33(3) e28-33   2013年4月   [査読有り]
Choe H, Sakano H, Takigami H, Inaba Y, Matsuo K, Saito T
The Journal of hand surgery   38(2) 357-361   2013年2月   [査読有り]
Yukizawa Y, Inaba Y, Watanabe S, Yajima S, Kobayashi N, Ishida T, Iwamoto N, Hyonmin C, Nakamura M, Saito T
Journal of thrombosis and thrombolysis   34(4) 526-532   2012年11月   [査読有り]
Miyamae Y, Inaba Y, Kobayashi N, Choe H, Ike H, Momose T, Fujiwara S, Saito T
Diagnostic microbiology and infectious disease   74(2) 125-130   2012年10月   [査読有り]
Ozawa R, Inaba Y, Mori M, Hara R, Kikuchi M, Higuchi R, Miyamae T, Imagawa T, Fujiwara T, Saito T, Yokota S
Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association   22(4) 558-564   2012年8月   [査読有り]
Ishii K, Inaba Y, Mochida Y, Saito T
Acta orthopaedica   83(4) 374-378   2012年8月   [査読有り]
Yukizawa Y, Inaba Y, Watanabe S, Yajima S, Kobayashi N, Ishida T, Iwamoto N, Choe H, Saito T
Acta orthopaedica   83(1) 14-21   2012年2月   [査読有り]
Kawakami Y, Matsuo K, Murata M, Yudoh K, Nakamura H, Shimizu H, Beppu M, Inaba Y, Saito T, Kato T, Masuko K
Arthritis   2012 648537   2012年   [査読有り]
股関節のバイオメカニクス-有限要素法解析を用いたアプローチ-
稲葉 裕
Hip Joint   38 11-16   2012年   [査読有り]
Kobayashi N, Inaba Y, Choe H, Ike H, Fujimaki H, Tezuka T, Hirata Y, Tateishi U, Inoue T, Saito T
Clinical nuclear medicine   36(11) e156-61   2011年11月   [査読有り]
Ishida T, Inaba Y, Kobayashi N, Iwamoto N, Yukizawa Y, Choe H, Saito T
Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   16(6) 682-688   2011年11月   [査読有り]
Inaba Y, Kobayashi N, Yukizawa Y, Ishida T, Iwamoto N, Saito T
The Journal of arthroplasty   26(7) 1117-1122   2011年10月   [査読有り]
Inaba Y, Ozawa R, Imagawa T, Mori M, Hara Y, Miyamae T, Aoki C, Saito T, Yokota S
Annals of the rheumatic diseases   70(9) 1693-1695   2011年9月   [査読有り]
Choe H, Inaba Y, Kobayashi N, Ike H, Aoki C, Shizukuishi K, Iwamoto N, Yukizawa Y, Ishida T, Inoue T, Saito T
Acta orthopaedica   82(4) 427-432   2011年8月   [査読有り]
Iwamoto N, Inaba Y, Kobayashi N, Ishida T, Yukizawa Y, Saito T
The Journal of bone and joint surgery. American volume   93(13) 1203-1209   2011年7月   [査読有り]
Nagaoka A, Takizawa N, Takeuchi R, Inaba Y, Saito I, Nagashima Y, Saito T, Aoki I
Pathology international   61(2) 59-66   2011年2月   [査読有り]
Miyamae T, Inaba Y, Nishimura G, Kikuchi M, Kishi T, Hara R, Kaneko U, Shinoki T, Imagawa T, Yokokta S
Pediatric rheumatology online journal   8 9   2010年3月   [査読有り]
Kobayashi N, Inaba Y, Choe H, Aoki C, Ike H, Ishida T, Iwamoto N, Yukizawa Y, Saito T
The Journal of bone and joint surgery. American volume   91(12) 2896-2902   2009年12月   [査読有り]
Kobayashi N, Inaba Y, Choe H, Iwamoto N, Ishida T, Yukizawa Y, Aoki C, Ike H, Saito T
Diagnostic microbiology and infectious disease   64(2) 172-176   2009年6月   [査読有り]
Makita H, Inaba Y, Hirakawa K, Saito T
The Journal of arthroplasty   22(1) 32-38   2007年1月   [査読有り]
Inaba Y, Dorr LD, Wan Z, Sirianni L, Boutary M
Clinical orthopaedics and related research   441 104-114   2005年12月   [査読有り]
Inaba Y, Numazaki S, Koshino T, Saito T
The Knee   10(4) 351-355   2003年12月   [査読有り]

Misc

 
THA後感染の予防・診断・治療の最前線 人工関節周囲感染診断の最前線
小林 直実, 稲葉 裕, 齋藤 知行
臨床整形外科   51(4) 323-326   2016年4月
人工関節周囲感染に関する問題は近年さかんに取り上げられている.なかでも診断に関する進歩は目覚ましく,診断基準も含め世界的なコンセンサスも得られつつある.本稿では人工関節周囲感染診断における,各種バイオマーカー,分子生物学的診断法,病理診断,核医学画像診断などについての最新知見を述べる.(著者抄録)
【新専門医制度に備えた必履修分野の教え方・学び方】 必履修分野の研修方法 股
稲葉 裕
関節外科   35(4月増刊) 92-101   2016年4月
整形外科の歴史を変えた偉人たち(第3回) Sir John Charnley(1911-1982)
稲葉 裕
関節外科   35(3) 326-327   2016年3月
下肢人工関節置換術における深部静脈血栓症の予防と対策 初回人工股関節全置換術における静脈血栓塞栓症の予防対策
雪澤 洋平, 稲葉 裕, 小林 直実, 崔 賢民, 久保田 聡, 松田 蓉子, 齋藤 知行
関東整形災害外科学会雑誌   47(臨増号外) 115-115   2016年3月
【専門医が実地医家に答えるQ&A】 末梢血管 抗血小板薬服用中の患者で、関節内(特に膝関節)穿刺や関節内注入を定期的に(1回/週程度)行っている場合などは服用の中断は必要かを教えてください
稲葉 裕, 斎藤 知行
血栓と循環   15(1) 76-77   2007年3月
関節リウマチに対する吸収性スクリューを使用したSauve-Kapandji法の治療成績
石井 克志, 稲葉 裕, 荒武 正人, 中島 邦晴, 齋藤 知行
日本手の外科学会雑誌   24(1) S80-S80   2007年3月
受傷後7年で滑車骨壊死と遊離体を発症した上腕骨遠位端骨折の1例
稲葉 裕
日小整会誌   16(1) 95-99   2007年3月
症例は初診時9歳の男児で、左肘屈曲位で肘をついて受傷した。上腕骨顆上骨折の診断にて他院で経皮ピンニングを施行され、受傷後3ヵ月で当科初診となった。初診時現症は左手の知覚障害と筋萎縮、屈曲130°、回内30°と可動域制限がみられたが、その後は保存療法にて神経障害は、完全に回復した。受傷後7年経過観察中にラグビーの練習中にタックルを受け、左肘痛と伸展-5°屈曲90°の可動域制限が出現したため当科救急外来受診した。受傷直後X線像では、上腕骨骨端の小骨片が前方に移動し、屈曲時に嵌頓する所見を認めた...
動態シミュレーションによる仮想骨軟骨形成術後の可動域の評価 Cam type FAI、ボーダーラインDDH、cam変形を有するDDHの比較
久保田 聡, 稲葉 裕, 小林 直実, 雪澤 洋平, 崔 賢民, 松田 蓉子, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   90(2) S76-S76   2016年3月
人工関節および脊椎手術におけるインプラント周囲感染の全国調査 感染診断に関するエビデンス
崔 賢民, 稲葉 裕, 小林 直実, 雪澤 洋平, 久保田 聡, 松田 蓉子, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   90(2) S82-S82   2016年3月
【リウマチ性疾患の画像診断の進歩】 PETによる関節炎の評価
荒武 正人, 齋藤 知行, 高橋 晃, 稲葉 裕, 中島 邦晴, 石井 克志, 小林 直実
リウマチ科   36(4) 381-385   2006年10月
関節リウマチに対する吸収性スクリューを使用したSauve-Kapandji法の治療成績
石井 克志, 稲葉 裕, 荒武 正人, 中島 邦晴, 小林 直実, 齋藤 知行
日本リウマチ・関節外科学会雑誌   25(3) 287-287   2006年10月
10年以上経過したporous-coated anatomic (PCA)型セメントレス人工股関節全置換術の成績
稲葉 裕
整形外科   57(4) 388-394   2006年4月
PCA型セメントレス人工股関節全置換術を行なった変形性股関節症患者48例61股関節(男性6例,女性42例,手術時平均年齢57.2歳)の長期成績について検討した.その結果,1)平均13.3年の経過観察期間で,JOAスコアは術前48.2点が81.3点と良好な成績を維持していた.2)カップ側の再置換例は11関節(18%)で,累積生存率は13年までは80%であったが,15年で68%まで低下し,主にポリエチレンの摩耗による骨頭の変位やカップ周囲の骨溶解が原因であった.3)ステム側の再置換例は4関節で...
関節リウマチにおける18F-Fluoride PETと臨床所見との比較
中島 邦晴, 稲葉 裕, 荒武 正人, 小林 直実, 石井 克志, 齋藤 知行, 田山 芳史, 野寄 浩司
日本リウマチ・関節外科学会雑誌   25(3) 294-294   2006年10月
DDHに対するナビゲーションシステムを用いたTHAにおけるカップ設置の成績 骨盤傾斜との関係
稲葉 裕, 斎藤 知行, 中島 邦晴, 石井 克志, 小林 直実
日本リウマチ・関節外科学会雑誌   25(3) 306-306   2006年10月
YMCK人工膝関節置換術の成期成績
荒武 正人, 稲葉 裕, 中島 邦晴, 石井 克志, 小林 直実, 腰野 富久, 山本 和良
日本リウマチ・関節外科学会雑誌   25(3) 323-323   2006年10月
人工関節周囲のバイオフィルム形成細菌に対するDNAシークエンスを用いた同定
小林 直実, 稲葉 裕, 中島 邦晴, 荒武 正人, 石井 克志, 斎藤 知行, Bauer Thomas, Procop Gary
日本リウマチ・関節外科学会雑誌   25(3) 402-402   2006年10月
F-scanを用いた人工股関節置換術前後の足底圧分析
石井 克志, 野寄 浩司, 稲葉 裕, 荒武 正人, 佐藤 雅経, 齋藤 知行
Hip Joint   32 517-521   2006年10月
人工股関節全置換術(THA)を施行した症例の立位時および歩行時の足底圧分布や足底圧中心(COFP)の軌跡を分析することで、術前および術後、杖使用時と非使用時での荷重バランスや歩行の安定性について検討した。THAを施行した変形性股関節症9例、大腿骨頭壊死症1例を対象とした。JOAスコアは術前の平均46.3±15.7点から調査時87.3±8.3点と有意に改善した。術前および術後の歩行に杖を使用することで、遊脚相、立脚相の患側健側の荷重バランスが改善した。股関節痛の改善により、患側荷重が可能とな...
変形性股関節症の立位と臥位の両股正面X線像における臼蓋および設置カップの前方開角の変化と腰痛
稲葉 裕
Hip Joint   32 632-635   2006年10月
人工股関節全置換術(THA)前後の臼蓋前開き角の計測結果から、手術による股関節や骨盤の動態、更には腰痛との関係や腰椎に及ぼす影響を検討した。THAを行ったCroweのI、IIの変形性股関節症で、単純X線写真で追跡可能であった9例9股関節を対象とした。手術は全例側方アプローチで行った。JOA scoreは術前平均47.3±19.1、調査時平均88.5±8.2で、各項目において有意な改善を認めた。腰痛を自覚する症例は術前6例、術後調査時に2例であった。立位と臥位の前方開角の差は術前後に腰痛のあ...
Morselized bone allograftとroof reinforcement ringを用いた臼蓋側人工股関節再置換術の成績
稲葉 裕
Hip Joint   32 402-406   2006年10月
骨欠損が大きくbone stockの少ない症例の臼蓋側人工股関節再置換に対しては1998年以降morselized boneとroof reinforcement ringを用いて対応した。その成績について調査した。JOAスコアは術前平均54±12点が最終観察時平均82±8点に改善した。術前の骨欠損は全例type IIIであった。カップ傾斜角は術直後平均43.3±4.3°、観察時は42.9±9.8°で差はなかった。傾斜角が5°以上変化した症例は2股であった。経過中のX線所見で移植骨と母床が...
人工関節および脊椎手術におけるインプラント周囲感染の全国調査 人工関節および脊椎インストゥルメンテーション術後感染の全国再調査に向けて
正岡 利紀, 市村 正一, 稲葉 裕, 岡 敬之, 篠崎 智大, 立岩 俊之, 松下 和彦, 森井 健司, 山田 浩司, 山本 謙吾
日本整形外科学会雑誌   90(2) S83-S83   2016年3月
人工関節周囲感染診断における顆粒球エラスターゼテストの応用
川村 正樹, 小林 直実, 稲葉 裕, 雪澤 洋平, 崔 賢民, 手塚 太郎, 久保田 聡, 松田 蓉子, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   90(2) S86-S86   2016年3月
インプラント周囲骨折 THA周囲骨折に対する予防と治療のpit-fall
牧田 浩行, 稲葉 裕, 藤原 稔, 内野 洋介, 松本 匡洋, 津村 碧, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   90(2) S116-S116   2016年3月
特発性大腿骨頭壊死症の有限要素解析と壊死部の弾性率測定
富岡 政光, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 鈴木 宙, 杉浦 晃祐, 中牟田 侑昌, 東藤 貢, 荒平 高章, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   90(2) S128-S128   2016年3月
大腿骨近位部骨折患者の転帰に影響を及ぼす因子
川村 正樹, 小林 直実, 稲葉 裕, 雪澤 洋平, 崔 賢民, 手塚 太郎, 久保田 聡, 松田 蓉子, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   90(2) S149-S149   2016年3月
人工股関節置換術後の脊椎矢状面アライメントの悪化因子
勝畑 知之, 山田 勝崇, 井出 学, 関屋 辰洋, 稲葉 裕, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   90(2) S196-S196   2016年3月
大腿骨インプラント周囲の骨密度低下に対する骨粗鬆症薬の治療効果 9年後成績
雪澤 洋平, 稲葉 裕, 小林 直実, 崔 賢民, 久保田 聡, 松田 蓉子, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   90(2) S251-S251   2016年3月
術後感染とその対策
針金 健吾, 熊谷 研, 稲葉 裕, 崔 賢民, 廣冨 邦仁, 持田 勇一, 石井 克志, 宮前 裕之, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   90(2) S422-S422   2016年3月
股関節鏡視下手術の適応と限界 コンピュータ支援技術からみた股関節鏡視下手術の適応と限界 特にcam-type FAIとボーダーラインDDHにおける検討
小林 直実, 稲葉 裕, 久保田 聡, 雪澤 洋平, 崔 賢民, 松田 蓉子, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   90(3) S485-S485   2016年3月
障害児側彎症治療の現状 小児整形外科医が挑戦する障害児側彎
中村 直行, 山田 俊介, 鈴木 迪哲, 本川 俊輔, 青田 洋一, 稲葉 裕, 町田 治郎, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   90(3) S571-S571   2016年3月
静脈血栓塞栓症予防の現状と問題点 人工股関節全置換術におけるリスク別VTE予防対策
雪澤 洋平, 稲葉 裕, 小林 直実, 崔 賢民, 久保田 聡, 松田 蓉子, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   90(3) S594-S594   2016年3月
四肢転移性骨腫瘍に対する治療戦略 大腿骨病的骨折リスクの画像評価 有限要素解析による骨折予測と画像学的リスク因子の検討
松尾 光祐, 川端 佑介, 上石 貴之, 森川 耀源, 根津 悠, 稲葉 裕, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   90(3) S614-S614   2016年3月
小児Down症候群の環軸椎不安定症に対する新しいパラメーター
中村 直行, 山田 俊介, 鈴木 迪哲, 本川 俊輔, 町田 治郎, 稲葉 裕, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   90(3) S910-S910   2016年3月
セメントTHAの今後の展望 Charnley-Kerboull stem(CMK)を用いた大転子切離セメントTHA セメントマントルの考察
牧田 浩行, 稲葉 裕, 藤原 稔, 内野 洋介, 松本 匡洋, 津村 碧, 大河内 誠, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   90(3) S976-S976   2016年3月
有限要素法を用いた、femoroacetabular impingementに対するosteochondroplasty後大腿骨近位部強度の検討
大庭 真俊, 稲葉 裕, 小林 直実, 雪澤 洋平, 崔 賢民, 池 裕之, 久保田 聡, 富岡 政光, 松田 蓉子, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   90(3) S1021-S1021   2016年3月
バイオメカニクス解析の進歩と展望 有限要素法 人工関節術後評価における臨床応用
大庭 真俊, 稲葉 裕, 小林 直実, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   90(3) S1025-S1025   2016年3月
変形性股関節症ガイドライン 変形性股関節症診療ガイドライン 疫学における改訂
稲葉 裕, 斎藤 充, 羽山 哲生, 高平 尚伸, 内山 勝文
日本整形外科学会雑誌   90(3) S1039-S1039   2016年3月
Kerboull十字プレートと同種骨移植を用いた人工股関節再再置換術の成績
牧田 浩行, Kerboull Luc, 稲葉 裕, 藤原 稔, 内野 洋介, 松本 匡洋, 津村 碧, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   90(3) S1048-S1048   2016年3月
関節リウマチに対するファーストラインの生物学的製剤としてトシリズマブを選択した場合の有効性について 静注製剤と皮下注製剤の比較
熊谷 研, 稲葉 裕, 針金 健吾, 崔 賢民, 長岡 亜紀子, 齋藤 知行
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   60回 506-506   2016年3月
Linked type人工肘関節置換術後ゆるみに対し脛骨同種骨移植を用いて再置換術を行った関節リウマチの一例
針金 健吾, 熊谷 研, 稲葉 裕, 松尾 光祐, 崔 賢民, 廣冨 邦仁, 長岡 亜紀子, 齋藤 知行
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   60回 684-684   2016年3月
大腿骨近位部骨折患者の転帰と収支に影響をおよぼす因子の検討
川村 正樹, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 手塚 太郎, 久保田 聡, 齋藤 知行
神奈川整形災害外科研究会雑誌   28(4) 107-109   2016年3月
大学病院における大腿骨近位部骨折患者の転帰と収支に影響を及ぼす因子を検討した。対象は大腿骨近位部骨折36例(男12例、女24例、手術時平均年齢76.6歳)で頸部骨折22例、転子部骨折14例、平均経過観察期間36.0日であった。転帰は、直接自宅退院9例、転院26例、死亡1例であった。転帰を従属変数としたロジスティック解析において、転帰に影響を及ぼす因子は、受傷前Barthel Index(BI)のみであり、受傷前BIが低いと、直接自宅退院の確率が有意に減少し、BI 75以下の転院率は100%...
Lecture 股関節手術におけるコンピュータナビゲーションの応用
稲葉 裕, 池 裕之, 齋藤 知行
臨床整形外科   51(2) 167-177   2016年2月
ビスホスホネート製剤服用中に発症した非定型大腿骨骨折に対してPTH製剤が有用であった2例
久保田 聡, 稲葉 裕, 小林 直実, 崔 賢民, 池 裕之, 松田 蓉子, 齋藤 知行
神奈川医学会雑誌   43(1) 139-139   2016年1月
当科における大腿骨ステム周囲骨折の治療戦略
崔 賢民, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 久保田 聡, 松田 蓉子, 齋藤 知行
神奈川医学会雑誌   43(1) 143-143   2016年1月
関節リウマチに対する治療選択手術を考慮すべきタイミング
針金 健吾, 熊谷 研, 稲葉 裕, 崔 賢民, 廣冨 邦仁, 齋藤 知行
神奈川医学会雑誌   43(1) 149-149   2016年1月
人工関節周囲感染の診断と治療
稲葉 裕, 崔 賢民, 齋藤 知行
東海関節   7 39-47   2015年12月
人工関節周囲感染の治療法としては、人工関節の抜去と洗浄・デブリードマンの後、一定の待機期間中に抗菌薬の全身投与および抗菌薬含有スペーサーを用いた局所投与を行った後に、再置換術を行う二期的再置換術がゴールドスタンダードである。一方で、早期人工関節周囲感染ではインプラントの温存が可能な症例もあり、また遷延性、遅発性でも難治性となるリスクの低い症例では、一期的再置換術の高い感染寛解率が報告されている。現在行われている人工関節周囲感染の診断と治療について、最近の進歩と今後の展望と共に述べた。
Chronic non-bacterial osteomyelitis 16例の特徴と治療効果
阿多 由梨加, 稲葉 裕, 横田 俊平, 齋藤 知行, 町田 治郎, 中村 直行
日本小児整形外科学会雑誌   24(2) 189-193   2015年12月
Chronic Non-Bacterial Osteomyelitis(以下、CNBO)は、疾病パターンが多様な骨の無菌性、非特異的慢性炎症疾患である。CNBO16例に対する臨床学的特徴と治療効果に関して調査した。対象は1995〜2013年にCNBOと診断された16例(男児10例、女児6例)で、発症時年齢は平均11歳であった。PETで集積を認めた部位は1例あたり平均4.7ヶ所で、MRIで異常所見を認めた部位は平均11.7ヶ所であり、罹患部位は足根骨が最も多かった。生検を施行し、病理所見では...
【決定版!もう苦手とは言わせない まるごと股関節 これ1冊】(第2章)成人股関節疾患の病態 変形性股関節症
稲葉 裕, 大庭 真俊, 齋藤 知行
整形外科看護   (2015秋季増刊) 53-57   2015年11月
【保存療法でなおす運動器疾患-OAから外傷まで-】 小児 小児内反膝
稲葉 裕, 齋藤 知行
Orthopaedics   28(10) 105-112   2015年10月
O脚は日常診療でよく遭遇する小児整形外科疾患の1つである。診断では、まずO脚が生理的か病的かを判別することが必要である。病的なO脚の診断には単純X線検査が有用であり、疾患により特徴的なX線所見を示す。小児O脚の治療では、経過観察中に変形が進行するものや改善のみられないものが治療の対象となり、まずは装具療法を行う。一般的に6〜7歳までは装具療法の効果が期待できるが、この時期以降も変形が残存もしくは進行する症例には手術療法が適応となる。ただしBlount病においては、Langenskioeld...
【人工股膝関節手術の周術期マネジメント】 THAの術後感染予防と診断
稲葉 裕, 崔 賢民, 齋藤 知行
Orthopaedics   28(11) 31-38   2015年10月
人工股関節全置換術(THA)の術後感染は、術前抗菌薬予防投与などにより減少してきたが、完全に予防することは困難であり、依然、重篤な術後合併症の一つである。近年、THA術後感染に関連するいくつかのリスクファクターが明らかになっているが、高いエビデンスで本疾患を予防できる方法は限られており、THAの良好な術後成績を獲得するためにはさらなる感染予防法の確立が求められる。THA後感染が発生した場合は、迅速かつ適切な診断に基づく早期からの治療開始が重要であるが、診断に難渋する場合も多い。近年、海外で...
変形性股関節症の歩行における股関節周囲筋力の個体別推定
田原 大輔, 澤 弘樹, 辻上 哲也, 百瀬 たか子, 池 裕之, 稲葉 裕
臨床バイオメカニクス   36 285-292   2015年10月
股関節周囲筋力の個体別推定手法の確立を目的とし、モーションキャプチャと筋骨格シミュレーションにより、個体の歩行動作を反映した筋力推定手法を開発し、その有用性について検討した。筋骨格シミュレーションシステムを用い、各個体のモデル作成の基礎となる下肢筋骨格モデルを構築した。個体特有の歩行動作を反映した筋力推定を行うため、健常者2例の歩行動作を取得した。個体別の歩行動作を反映した健常被験者間の筋力推定の解析で、中殿筋の筋力変化および内転・外転モーメントが歩行時の姿勢に対応して変化した。変形性股関...
人工関節置換術術後感染の予防・診断・治療 人工関節周囲感染の診断
小林 直実, 稲葉 裕, 崔 賢民, 川村 正樹, 雪澤 洋平, 久保田 聡, 松田 蓉子, 齋藤 知行
日本関節病学会誌   34(3) 454-454   2015年10月
【人工股関節置換術】 (Part2)Revision THA 術後感染(診断から治療まで)
稲葉 裕, 崔 賢民, 齋藤 知行
Bone Joint Nerve   5(4) 827-835   2015年10月
【人工股関節置換術】 今、人工股関節置換術を再考する その歴史と最新の話題
杉山 肇, 斎藤 充, 藤田 裕, 中島 康晴, 稲葉 裕
Bone Joint Nerve   5(4) 837-854   2015年10月
関節リウマチに対する治療選択手術を考慮すべきタイミング
針金 健吾, 熊谷 研, 稲葉 裕, 崔 賢民, 廣冨 邦仁, 齋藤 知行
神奈川整形災害外科研究会雑誌   28(2) 34-34   2015年10月
【人工関節周囲感染】 PJIの診断と治療over view 現状と今後の課題
小林 直実, 稲葉 裕, 齋藤 知行
関節外科   34(9) 833-835   2015年9月
【人工関節周囲感染】 PJI診断のアプローチ 基本と最新診断
宮前 祐之, 稲葉 裕, 小林 直実, 崔 賢民, 川村 正樹, 齋藤 知行
関節外科   34(9) 841-850   2015年9月
変形性股関節症患者における股関節外転筋力と中臀筋体積およびその脂肪変性との関連
百瀬 たか子, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 手塚 太郎, 久保田 聡, 川村 正樹, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   89(8) S1425-S1425   2015年9月
人工股関節全置換術における姿勢性および経時的な骨盤傾斜変化 術前臥位から術後5年立位への変化
鈴木 宙, 稲葉 裕, 小林 直実, 石田 崇, 池 裕之, 富岡 政光, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   89(8) S1426-S1426   2015年9月
人工股関節置換術に伴う骨盤パラメーターと脊椎矢状面バランスの変化の検討
関屋 辰洋, 東 貴行, 山田 勝崇, 増田 謙治, 稲葉 裕, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   89(8) S1427-S1427   2015年9月
新設計のテーパーウェッジ型ステムを用いた人工股関節全置換術後の大腿骨応力分布 有限要素解析法を用いた検討
大庭 真俊, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 手塚 太郎, 平田 康秀, 富岡 政光, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   89(8) S1430-S1430   2015年9月
特発性大腿骨頭壊死症の有限要素解析、壊死部の材料特性測定
富岡 政光, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 鈴木 宙, 齋藤 知行, 東藤 貢, 杉浦 晃祐, 荒平 高章
日本整形外科学会雑誌   89(8) S1545-S1545   2015年9月
THA長期耐久性を目指した基礎研究 セメントレスインプラントの材質と形状
稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   89(8) S1812-S1812   2015年9月
8歳以上重症ペルテス病における完全免荷治療と大腿骨内反回転骨切り術の成績比較
中村 直行, 稲葉 裕, 町田 治郎, 森川 耀源, 大庭 真俊, 鈴木 迪哲, 阿多 由梨加, 齋藤 知行
日本小児整形外科学会雑誌   24(1) 38-42   2015年9月
【背景と目的】2003年以来、当科は年長児重症ペルテス病患者に対して、大腿骨内反回転骨切り術(Rotational Open Wedge Osteotomy:以下、ROWO)を行っている。今回、8歳以上で修正Lateral Pillar分類B/C borderないしCであった患者を対象とし、旧来の入所完全免荷治療群(Non Weight Bearing群:以下、NWB群)とROWO施行群(ROWO+NWB群)で治療成績を比較した。【対象と方法】NWB群は1986年から2002年までに登録さ...
【「これって私の施設だけ?」とギモンに思ったときに 整形外科のエビデンス55】 感染のエビデンス8 (No.7)感染のリスクファクターとして、なぜ肥満が挙げられるのでしょうか?
稲葉 裕
整形外科看護   20(8) 778-778   2015年8月
感染性人工膝関節の治療法と工夫 人工関節周囲感染の診断 Viable, but Non-Culturable(VNC)感染検出のために
小林 直実, 稲葉 裕, 崔 賢民, 川村 正樹, 久保田 聡, 松田 蓉子, 齋藤 知行
東日本整形災害外科学会雑誌   27(3) 240-240   2015年8月
人工股関節全置換術後の静脈血栓塞栓症における選択的第Xa因子阻害薬投与の予防効果
久保田 聡, 稲葉 裕, 小林 直実, 雪澤 洋平, 崔 賢民, 池 裕之, 松田 蓉子, 齋藤 知行
東日本整形災害外科学会雑誌   27(3) 366-366   2015年8月
表面置換型人工股関節全置換術後の腸腰筋インピンジメントに対して股関節鏡下腸腰筋切腱術を施行した1例
川村 正樹, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 手塚 太郎, 久保田 聡, 齋藤 知行
Hip Joint   41 252-255   2015年8月
症例は48歳男性で、20歳時に鬱病と診断され、アルコール依存症と診断された。46歳時に右表面置換型人工股関節全置換術(HRA)、翌年に左HRAを施行した。両側ともにBirmingham HIP Resurfacing Systemを使用し、カップ径は両側56mm、骨頭径は両側50mmを使用した。術後経過良好であった、術後7ヵ月より左股関節痛が出現した。身長173cm、体重65kg、BMI 21.7で自動動屈曲時の左股関節痛を認めた。Scarpa三角の圧痛は認めず、Patrickテスト陰性で...
大腿骨頭壊死症における骨頭圧潰の有無と大腿骨頭部骨密度の比較
久保田 聡, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 手塚 太郎, 川村 正樹, 齋藤 知行
Hip Joint   41 112-115   2015年8月
大腿骨頭壊死症49例71関節を対象に、dual energy X-ray absorptiometryを用いて骨頭圧潰の有無と大腿骨頭部骨密度(BMD)の関連について検討した。骨頭圧潰群は42例、非圧潰群は29例であった。大腿骨頭部外側部のBMDは骨頭圧潰群で有意に高値を示し、骨頭圧潰部周囲において骨代謝亢進に伴う骨形成の促進が行なわれている可能性が考えられた。
関節リウマチの骨粗鬆症に対するミノドロネートの有用性についてリセドロネートとの比較検討
熊谷 研, 針金 健吾, 手塚 太郎, 草山 喜洋, 川村 正樹, 林田 健太, 小林 明裕, 長岡 亜紀子, 稲葉 裕, 齋藤 知行
Osteoporosis Japan   23(Suppl.1) 212-212   2015年8月
multiplexリアルタイムPCRの人工関節周囲感染(PJI)診断における有用性
川村 正樹, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 手塚 太郎, 久保田 聡, 齋藤 知行
日本骨・関節感染症学会プログラム・抄録集   38回 130-130   2015年7月
トシリズマブ投与中の人工膝関節周囲感染に対しインプラントの温存が可能であった関節リウマチの一例
廣冨 邦仁, 熊谷 研, 針金 健吾, 崔 賢民, 長岡 亜紀子, 稲葉 裕, 齋藤 知行
関節の外科   42(2) 64-64   2015年7月
当科における大腿骨頸部骨折患者の周術期マネージメントと地域連携の実際
小林 直実, 稲葉 裕, 池 裕之, 手塚 太郎, 久保田 聡, 川村 正樹, 齋藤 知行, 富岡 政光, 大庭 英雄
神奈川医学会雑誌   42(2) 311-311   2015年7月
【整形外科領域に生かすPET】 PETを用いた人工関節周囲感染の診断と治療戦略
小林 直実, 稲葉 裕, 齋藤 知行
関節外科   34(6) 565-570   2015年6月
【整形外科領域に生かすPET】 18F-fluoride PETによる大腿骨頭壊死症の予後予測
久保田 聡, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 手塚 太郎, 川村 正樹, 井上 登美夫, 齋藤 知行
関節外科   34(6) 578-584   2015年6月
【ロコモティブシンドロームのすべて】ロコモティブシンドロームを構成する疾患 変形性股関節症 変形性股関節症の病態と疫学
稲葉 裕, 齋藤 知行
日本医師会雑誌   144(特別1) S128-S130   2015年6月
悪性骨・軟部腫瘍広範切除後インプラント感染に対する抗菌薬含有材料の有用性
松尾 光祐, 上石 貴之, 根津 悠, 川端 佑介, 鹿野島 祐子, 林田 健太, 比留間 徹, 稲葉 裕, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   89(6) S1210-S1210   2015年6月
可動域シミュレーションを用いた術前計画と術中ナビゲーションシステムを用いて切除術を施行した大腿骨頸部骨軟骨腫の1例
阿多 由梨加, 稲葉 裕, 池 裕之, 久保田 聡, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   89(6) S1252-S1252   2015年6月
股関節鏡視下手術の現状と今後の展望 股関節鏡視下手術におけるcomputer assisted surgeryの有用性
小林 直実, 稲葉 裕, 池 裕之, 手塚 太郎, 久保田 聡, 川村 正樹, 齋藤 知行
JOSKAS   40(4) 349-349   2015年6月
FAIに対する鏡視下骨軟骨形成術前後のインピンジメントシミュレーションの評価
久保田 聡, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 手塚 太郎, 川村 正樹, 齋藤 知行
JOSKAS   40(4) 436-436   2015年6月
ビスホスホネート製剤服用中に発症した非定型大腿骨骨折に対してPTH製剤が有用であった2例
久保田 聡, 稲葉 裕, 小林 直実, 崔 賢民, 池 裕之, 松田 蓉子, 齋藤 知行
神奈川整形災害外科研究会雑誌   28(1) 10-10   2015年5月
人工関節周囲骨折の治療戦略 当科における大腿骨ステム周囲骨折の治療戦略
崔 賢民, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 久保田 聡, 松田 蓉子, 齋藤 知行
神奈川整形災害外科研究会雑誌   28(1) 17-17   2015年5月
【突然起こる!油断できない!DVT(深部静脈血栓症)予防対策の本当に知りたいところ】 (Part2)検討が進んでいる!知っておきたい予防の最新エビデンス 整形外科における予防の最新エビデンス
稲葉 裕, 久保田 聡, 齋藤 知行
Expert Nurse   31(7) 40-43   2015年5月
関節リウマチにおけるLinked type人工肘関節置換術の臨床成績
川村 正樹, 手塚 太郎, 熊谷 研, 針金 健吾, 草山 喜洋, 林田 健太, 長岡 亜紀子, 稲葉 裕, 齋藤 知行
関東リウマチ   (48) 228-234   2015年5月
2003年以降にlinked type人工肘関節全置換術を施行した14例15肘(男1、女13、50〜77歳)を対象に、その臨床成績を調査した。JOAスコアは術前平均34.2点から術後平均81.0点と有意に改善した。内訳は、疼痛、機能、可動域、動揺性において有意に改善した。屈曲角度は術前平均116度から最終調査時平均135度と有意に改善した。屈曲拘縮にはほぼ変化が認められなかった。術後単純X線写真から、15肘中1肘において尺骨にradiolucent lineを認めたが、疼痛なく経過している...
【日常診療で役立つ小児整形外科の知識】 下肢の疾患 O脚・X脚
稲葉 裕, 齋藤 知行
小児科診療   78(4) 497-503   2015年4月
O脚・X脚は日常診療でよく遭遇する小児整形外科疾患の1つである。診断の手順では、まずO脚、X脚が生理的か病的かを判別することが必要である。病的なO脚・X脚の診断には単純X線検査が有用であり、疾患により特徴的なX線所見を有する。O脚・X脚には、経過観察だけでよい生理的なものから、くる病のように内科的治療が必要なものや、Blount病のように手術が必要なものが存在する。(著者抄録)
股関節外科におけるコンピュータ支援技術の現状と展望
稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 久保田 聡, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   89(2) S10-S10   2015年3月
人工股関節置換術後におけるインプラント周囲および腰椎骨密度低下に対するテリパラチドおよびアレンドロネート投与による予防効果の比較 無作為前向き試験
小林 直実, 稲葉 裕, 池 裕之, 手塚 太郎, 久保田 聡, 川村 正樹, 内山 真, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   89(2) S82-S82   2015年3月
人工股関節置換術前後における骨盤パラメーターの変化と脊椎矢状面バランスの関係
関屋 辰洋, 東 貴行, 山田 勝崇, 増田 謙治, 稲葉 裕, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   89(2) S138-S138   2015年3月
qCTを用いた大腿骨頭壊死症における壊死域骨密度の検討
久保田 聡, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 手塚 太郎, 川村 正樹, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   89(2) S159-S159   2015年3月
特発性大腿骨頭壊死症の有限要素解析と壊死部の材料特性測定
富岡 政光, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 鈴木 宙, 齋藤 知行, 東藤 貢, 荒平 高章
日本整形外科学会雑誌   89(2) S160-S160   2015年3月
異なる固定様式を有したステム間での人工股関節全置換術後大腿骨骨反応の発生頻度の比較検討
手塚 太郎, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 久保田 聡, 川村 正樹, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   89(2) S176-S176   2015年3月
Zweymuller型ステムにおける大腿骨相当応力および骨密度の検討 形状変更による影響
池 裕之, 稲葉 裕, 小林 直実, 手塚 太郎, 大庭 真俊, 久保田 聡, 富岡 政光, 川村 正樹, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   89(2) S179-S179   2015年3月
人工股関節全置換術における術前臥位から術後5年立位での骨盤傾斜の変化
鈴木 宙, 稲葉 裕, 小林 直実, 雪澤 洋平, 石田 崇, 池 裕之, 富岡 政光, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   89(2) S187-S187   2015年3月
骨盤傾斜のカップアライメントへの影響と対策
稲葉 裕, 小林 直実, 鈴木 宙, 池 裕之, 手塚 太郎, 久保田 聡, 川村 正樹, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   89(2) S305-S305   2015年3月
インプラント感染の撲滅における進歩 人工関節周囲感染診断におけるリアルタイムPCRの有用性と今後の課題
小林 直実, 稲葉 裕, 池 裕之, 手塚 太郎, 久保田 聡, 川村 正樹, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   89(2) S423-S423   2015年3月
人工関節周囲感染(PJI)診断における新たなmultiplexリアルタイムPCRの有用性
川村 正樹, 小林 直実, 稲葉 裕, 宮前 祐之, 池 裕之, 手塚 太郎, 久保田 聡, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   89(3) S621-S621   2015年3月
悪性骨・軟部腫瘍広範切除後のインプラント感染に対する手術の工夫と成績
松尾 光祐, 上石 貴之, 根津 悠, 川端 佑介, 鹿野島 祐子, 林田 健太, 比留間 徹, 稲葉 裕, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   89(3) S680-S680   2015年3月
滑膜切除術を併用した人工膝関節置換術は関節リウマチの疾患活動性を改善する
熊谷 研, 草山 喜洋, 針金 健吾, 手塚 太郎, 長岡 亜紀子, 稲葉 裕, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   89(3) S756-S756   2015年3月
小児Down症環軸椎不安定症に対する頸椎中間位側面像を利用した新しい2つの画像計測値
中村 直行, 稲葉 裕, 大庭 真俊, 森川 耀源, 阿多 由梨加, 鈴木 迪哲, 町田 治郎, 青田 洋一, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   89(3) S804-S804   2015年3月
大腿骨近位部骨腫瘍性病変のCT/有限要素解析を用いた病的骨折予測
川端 佑介, 松尾 光祐, 上石 貴之, 池 裕之, 根津 悠, 小牧 祐子, 林田 健太, 稲葉 裕, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   89(3) S853-S853   2015年3月
8歳B/C border以上の年長児重症Perthes病に対する完全免荷療法と大腿骨内反回転骨切り術の治療成績
中村 直行, 稲葉 裕, 森川 耀源, 大庭 真俊, 鈴木 迪哲, 阿多 由梨加, 町田 治郎, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   89(3) S910-S910   2015年3月

書籍等出版物

 
稲葉 裕
メディカ出版   2017年   ISBN:9784840459945
今日の治療指針.第58版
稲葉 裕 (担当:分担執筆, 範囲:18.整形外科疾患.変形性股関節症)
医学書院   2016年   
整形外科SURGICAL TECHNIQUE BOOK3.人工股関節置換術[THA, BHA]
稲葉 裕 (担当:分担執筆, 範囲:第1章.人工骨頭と人工股関節に関連する基礎知識.2.生体材料の基礎知識)
メディカ出版   2016年   
整形外科研修ノート改訂第2版
稲葉 裕 (担当:分担執筆)
診断と治療社   2016年   
人工関節周囲感染対策における国際コンセンサス
稲葉 裕 (担当:共訳, 範囲:12 一期的再置換術 vs 二期的再置換術)
金芳堂   2016年   
今日の整形外科治療指針.第7版
稲葉 裕 (担当:分担執筆, 範囲:4.感染性疾患.嫌気性菌による感染症)
医学書院   2016年   
変形性股関節症診療ガイドライン2016
稲葉 裕 (担当:分担執筆, 範囲:第1章 疫学・自然経過)
南江堂   2016年   
関節外科診療ファーストステップ
稲葉 裕 (担当:共編者)
南江堂   2016年   
今日の小児治療指針.第16版
稲葉 裕 (担当:分担執筆, 範囲:23.骨・関節疾患.O脚,X脚)
医学書院   2015年   
まるごと股関節これ1冊
稲葉 裕 (担当:分担執筆, 範囲:第2章.成人股関節疾患の病態.6.変形性股関節症)
メディカ出版   2015年   
臨床医のための静脈血栓塞栓症(深部静脈血栓症・急性肺塞栓症)診断・治療マニュアル
稲葉 裕 (担当:分担執筆, 範囲:4.各診療科における予防.3) 整形外科)
医薬ジャーナル社   2015年   
新看護学14.母子看護
稲葉 裕 (担当:分担執筆, 範囲:第4章.小児疾患患児の看護.Q.整形外科疾患患児の看護.1.整形外科疾患)
医学書院   2014年   
股関節外科学
稲葉 裕 (担当:分担執筆)
金芳堂   2014年   
OS NOW Instruction 25.人工関節置換術の合併症対策テクニック.予防と対処のコツ
稲葉 裕 (担当:分担執筆, 範囲:人工股関節置換術.THAの術後感染に対する治療)
MEDICAL VIEW   2013年   
今日の臨床サポート
稲葉 裕 (担当:分担執筆, 範囲:乳児化膿性股関節炎)
エルゼビア・ジャパン   2013年   
小児の整形外科診療エッセンス
稲葉 裕 (担当:分担執筆, 範囲:Ⅱ章.診察の進め方.B.幼児期.8.下肢長不等.)
診断と治療社   2013年   
別冊NHKきょうの健康.股関節の痛み
稲葉 裕 (担当:分担執筆, 範囲:Part 2.変形性股関節症とはどんな病気か)
NHK出版   2012年   
NEWエッセンシャル整形外科学
稲葉 裕 (担当:分担執筆, 範囲:第6章下肢疾患各論.②膝関節.3.膝関節の疾患)
医歯薬出版株式会社   2012年   
運動器診療最新ガイドライン
稲葉 裕 (担当:分担執筆, 範囲:I.総論的ガイドライン.小児整形外科.小児O脚・Blount病の診断・治療方針)
総合医学社   2012年   
そのまま使える診療現場のリアル英会話
稲葉 裕 (担当:分担執筆, 範囲:3.外科編.4.骨折)
MEDICAL VIEW   2012年   
アトラス骨・関節画像診断 6.小児
稲葉 裕 (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 4.膝の問題.病的内反膝-ブロント病とくる病-)
中外医学社   2011年   
整形外科基本手技
稲葉 裕 (担当:分担執筆, 範囲:IV.リスクマネジメントスキル.1.深部静脈血栓症)
文光堂   2011年   
変形性股関節症.基本とUP TO DATE
稲葉 裕 (担当:分担執筆, 範囲:Ⅱ章.疫学.A.変形性股関節症の有病率,発症年齢)
南江堂   2010年   
整形外科研修ノート
稲葉 裕 (担当:分担執筆, 範囲:第4章A.運動器疾患.9.股関節・大腿)
診断と治療社   2010年   
整形外科専門医テキスト
稲葉 裕 (担当:分担執筆, 範囲:第5章.退行性・代謝性関節疾患.A.変形性関節症)
南江堂   2010年   
整形外科臨床パサージュ3.運動器画像診断マスターガイド
稲葉 裕 (担当:分担執筆, 範囲:4.疾患別の画像診断の進め方.感染症の画像診断の進め方)
中山書店   2010年   
小児整形外科の要点と盲点
稲葉 裕 (担当:分担執筆, 範囲:Ⅴ.下肢変形.O脚)
文光堂   2009年   
最新整形外科学大系24 小児の運動器疾患
稲葉 裕 (担当:分担執筆, 範囲:小児の膝変形(O脚,X脚))
中山書店   2008年   
イラストでわかる整形外科診療
稲葉 裕 (担当:分担執筆, 範囲:深部静脈血栓症,肺血栓塞栓症)
文光堂   2008年   
変形性股関節症診療ガイドライン
稲葉 裕 (担当:分担執筆, 範囲:第1章.疫学・自然経過)
南江堂   2008年   
よくわかる病態生理10 運動器疾患
稲葉 裕 (担当:分担執筆, 範囲:変形性関節症(総論))
日本医事新報社   2007年   
Insall & Scott 膝の外科(原著4版)
金芳堂   2007年   
厚生労働科学研究難治性疾患克服研究事業特定疾患の疫学に関する研究班, 稲葉 裕, 永井 正規
[厚生労働科学研究難治性疾患克服研究事業特定疾患の疫学に関する研究班]   2004年   
小児整形外科テキスト.日本小児整形外科学会教育研修委員会編集
稲葉 裕 (担当:分担執筆, 範囲:幼児の発達時期における異常-下肢アライメント異常)
MEDICAL VIEW   2004年   
厚生労働科学研究特定疾患対策研究事業特定疾患の疫学に関する研究班, 稲葉 裕
[厚生労働科学研究特定疾患対策研究事業特定疾患の疫学に関する研究班]   2003年   
整形外科医のための小児日常診療ABC
稲葉 裕 (担当:分担執筆, 範囲:第4章 治療は急ぐ必要はないが、基礎知識は備えておくべき疾患・外傷-主なスポーツ障害)
MEDICAL VIEW   2003年   
永井 正規, 厚生科学研究特定疾患対策研究事業特定疾患の疫学に関する研究班, 稲葉 裕
厚生科学研究特定疾患対策研究事業特定疾患の疫学に関する研究班   2000年   
厚生科学研究特定疾患対策研究事業特定疾患の疫学に関する研究班, 稲葉 裕
厚生科学研究特定疾患対策研究事業特定疾患の疫学に関する研究班   2000年   
厚生科学研究特定疾患対策研究事業特定疾患の疫学に関する研究班, 稲葉 裕
厚生科学研究特定疾患対策研究事業特定疾患の疫学に関する研究班   2000年   

講演・口頭発表等

 
スティル病のX線学的特徴
第7回横浜リウマチフォーラム(シンポジウム)   2006年   
Accuracy of component placement and restorations of leg length and offset in total hip replacement using computer navigation system
The 12th APLAR Congress   2006年   
骨粗鬆症による骨折の整形外科的対処法と予後
第3回横浜市立大学骨代謝懇話会   2006年   
Reconstruction of hip center in total hip arthroplasty with computer navigation
The 79th Annual Meeting of Japan Othropaedic Aoociation   2006年   
若年性特発性関節炎の単純X線所見の特徴-全身型と多関節型の比較-
第5回横浜骨代謝懇話会   2007年   
人工股関節全置換術における深部静脈血栓症、肺塞栓症予防の現状と問題点
第32回日本外科系連合学会学術集会   2007年   
Radiologic Improvement of damaged large joints in children with systemic juvenile idiopathic arthritis following treatment with tocilizumab, anti-IL 6 receptor monoclonal antibody
EULAR(Annual European Congress of Rheumatology) 2007   2007年   
ナビゲーションシステムを使用した人工股関節全置換術の臼蓋コンポーネント設置の正確性
第50回日本リウマチ学会総会・第15回国際リウマチシンポジウム   2006年   
Impact of pelvic tilt on cup position in total hip arthroplasty
The 16th Taiwan-Japan Orthopedic Symposium   2007年   
わが国と諸外国における変形性股関節症の疫学
日本関節症研究会   2007年   
Is computer navigation reliable for cup anteversion in THA for DDH with severe pelvic tilt?-Influence of pelvic tilt on cup anteversion-
The 80th Annual Meeting of Japan Othropaedic Aoociation   2007年   
亜脱臼性股関節症に対するCT-based navigation systemを用いたTHAにおけるカップ設置の成績
第51回日本リウマチ学会総会・第16回国際リウマチシンポジウム   2007年   
Accuracy of the acetabular component placement in THR using computer navigation system
The 15th Taiwan-Japan Orthopedic Symposium   2006年   
後方侵入Minimally invasive THAにおける術前・術後疼痛管理と術後短期成績
第36回日本人工関節学会(主題)   2006年   
コンピューターナビゲーションシステムを用いたMIS-THAにおける臼蓋コンポーネント設置の成績
第37回日本人工関節学会(主題)   2007年   
DDHに対するナビゲーションシステムを用いたTHAにおけるカップ設置の成績‐骨盤傾斜との関係
第34回日本リウマチ・関節外科学会   2006年   
諸外国における変形性股関節症の診断基準(特別企画シンポジウム3 変形性股関節症ガイドラインに向けて)
第33回日本股関節学会   2006年   
Venous foot pumpとヘパリンによるTHA術後DVT,PEの予防対策
第33回日本股関節学会   2006年   
Randomized prospective comparison with 5 years follow-up between zirconia and cobalt chrome head for primary THA
第12回日仏整形外科学会   2006年   
ナビゲーションシステムを使用した人工股関節全置換術のコンポーネント設置および脚長・オフセット再建の成績
第36回日本人工関節学会(主題)   2006年   

競争的資金等の研究課題

 
大腿骨寛骨臼インピンジメントを含む股関節疾患の多施設疫学調査
日本整形外科学会プロジェクト研究(分担): 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 稲葉 裕
特発性大腿骨頭壊死症の医療水準及び患者のQOL向上に関する大規模多施設研究
厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業),分担研究者: 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 稲葉 裕
リアルタイム個別筋活動評価による変形性股関節症の病態把握と治療評価
科学研究費補助金(代表): 基盤研究(C)
研究期間: 2016年5月 - 2019年4月    代表者: 稲葉 裕
人工関節周囲感染における新しい診断ツールの開発
科学研究費補助金(分担): 基盤研究(C)
研究期間: 2016年5月 - 2019年4月    代表者: 稲葉 裕
股関節骨切り術・人工股関節置換術のための手術支援ナビゲーションシステムの開発
ライフイノベーション分野産学連携等推進事業費補助金「LIP.横浜推進プロジェクト」: 
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 稲葉 裕
人工関節周囲感染の診断と治療における人工知能(AI)によるアルゴリズム開発
ライフイノベーション分野産学連携等推進事業費補助金「LIP.横浜推進プロジェクト」(分担): 
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 稲葉 裕
CT-FEMを用いた大腿骨頭壊死症による骨頭圧潰メカニズムの解明
九州大学応用力学研究所: 共同研究(28ME-11)
研究期間: 2016年6月 - 2017年5月    代表者: 稲葉 裕
特発性大腿骨頭壊死症の疫学調査・診断基準・重症度分類の改訂と診療ガイドライン策定を目指した大規模多施設研究(26070201)
厚生労働科学研究費補助金(分担): 難治性疾患克服研究事業
研究期間: 2014年5月 - 2017年4月    代表者: 稲葉 裕
特発性大腿骨頭壊死症の治療法確立と革新的予防法開発にむけた全国学際研究
厚生労働科学研究委託事業(研究協力者): 難治性疾患実用化研究事業
研究期間: 2014年5月 - 2017年4月    代表者: 稲葉 裕
特発性大腿骨頭壊死症のバイオメカニクス的検討
九州大学応用力学研究所: 共同研究(27ME-13)
研究期間: 2015年6月 - 2016年5月    代表者: 稲葉 裕
骨密度と筋力を考慮した有限要素法解析による変形性股関節症の進行予測と術後評価
科学研究費補助金(代表): 基盤研究(C)
研究期間: 2013年5月 - 2016年4月    代表者: 稲葉 裕
インプラント感染における新しい術中迅速メチシリン耐性ブドウ球菌感染診断法の開発
科学研究費補助金(分担): 基盤研究(C)
研究期間: 2013年5月 - 2016年4月    代表者: 稲葉 裕
特発性大腿骨頭壊死症のバイオメカニクス的検討
九州大学応用力学研究所: 共同研究(26ME-10)
研究期間: 2014年6月 - 2015年5月    代表者: 稲葉 裕
人工関節置換術を施した股関節に及ぼす骨リモデリングの影響に関する研究
九州大学応用力学研究所: 共同研究(25ME-13)
研究期間: 2013年6月 - 2014年5月    代表者: 稲葉 裕
CT画像を利用したバイオメカニクス・シミュレーション法の開発と臨床問題への応用
九州大学応用力学研究所: 共同研究
研究期間: 2010年6月 - 2013年5月    代表者: 稲葉 裕
凝固線溶マーカーと抗Xa活性モニタリングによる術後静脈血栓症の選択的予防法の確立
科学研究費補助金(代表): 基盤研究(C)
研究期間: 2009年5月 - 2012年4月    代表者: 稲葉 裕
人工股関節全置換術の手術部位感染予防のための術前皮膚処置に関する検討
科学研究費補助金(分担): 基盤研究(C)
研究期間: 2010年5月 - 2013年4月    代表者: 稲葉 裕
人工股関節全置換術の術前皮膚消毒に関する実証研究
科学研究費補助金(分担): 基盤研究(C)
研究期間: 2007年5月 - 2010年4月    代表者: 稲葉 裕
人工関節ゆるみにおけるF18 Fluoride PETの臨床応用
財団法人整形災害外科研究助成財団: 研究助成金(分担)
研究期間: 2008年5月 - 2009年4月    代表者: 稲葉 裕
手術支援システム(ナビゲーションシステム)を用いた低侵襲人工関節置換術の有用性の評価とより高度なシステムの開発
財団法人横浜総合医学振興財団(代表): 国際共同研究助成金
研究期間: 2004年5月 - 2005年4月    代表者: 稲葉 裕