KOBAYASHI Naomi

J-GLOBAL         Last updated: Apr 2, 2019 at 15:23
 
Avatar
Name
KOBAYASHI Naomi
Affiliation
Yokohama City University
Section
Medical Center, Orthopedics

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Assistant Professor, Yokohama City University Hospital, Orthopedics, Yokohama City University Hospital
 
Apr 2003
 - 
Mar 2006
The Cleveland Clinic Foundation
 

Published Papers

 
Corona PS, Goswami K, Kobayashi N, Li W, Volpe AL, Marín-Peña Ó, Monsalvo D, Motta F, Shope A, Tarabichi M, Vicente M, Yazdi H
The Journal of arthroplasty      Oct 2018   [Refereed]
Yukizawa Y, Inaba Y, Kobayashi N, Kubota S, Saito T
Modern rheumatology   1-21   Sep 2018   [Refereed]
Oba M, Kobayashi N, Inaba Y, Choe H, Ike H, Kubota S, Saito T
Arthroscopy : the journal of arthroscopic & related surgery : official publication of the Arthroscopy Association of North America and the International Arthroscopy Association   34(8) 2377-2386   Aug 2018   [Refereed]
Tezuka T, Inaba Y, Kobayashi N, Choe H, Higashihira S, Saito T
BMC musculoskeletal disorders   19(1) 189   Jun 2018   [Refereed]
Oishi T, Kobayashi N, Inaba Y, Choe H, Tezuka T, Kubota S, Kobayashi D, Saito T
Arthroscopy : the journal of arthroscopic & related surgery : official publication of the Arthroscopy Association of North America and the International Arthroscopy Association   34(4) 1253-1261   Apr 2018   [Refereed]
Kobayashi N, Inaba Y, Kubota S, Higashihira S, Choe H, Ike H, Kobayashi D, Saito T
Arthroscopy techniques   7(4) e397-e403   Apr 2018   [Refereed]
Momose T, Inaba Y, Choe H, Kobayashi N, Tezuka T, Saito T
BMC musculoskeletal disorders   18(1) 457   Nov 2017   [Refereed]
Matsuda Y, Kobayashi N, Inaba Y, Kubota S, Yukizawa Y, Choe H, Kato I, Ohashi K, Saito T
Clinical journal of sport medicine : official journal of the Canadian Academy of Sport Medicine      Aug 2017   [Refereed]
Ata Y, Inaba Y, Choe H, Kobayashi N, Machida J, Nakamura N, Saito T
Pediatric rheumatology online journal   15(1) 56   Jul 2017   [Refereed]
Kawamura M, Kobayashi N, Inaba Y, Choe H, Tezuka T, Kubota S, Saito T
Modern rheumatology   1-7   Mar 2017   [Refereed]
Inaba Y, Kobayashi N, Suzuki H, Ike H, Kubota S, Saito T
BMC musculoskeletal disorders   17 280   Jul 2016   [Refereed]
Kobayashi N, Inaba Y, Kubota S, Nakamura S, Tezuka T, Yukizawa Y, Choe H, Saito T
Arthroscopy : the journal of arthroscopic & related surgery : official publication of the Arthroscopy Association of North America and the International Arthroscopy Association   33(2) 329-334   Feb 2017   [Refereed]
Inaba Y, Kobayashi N, Oba M, Ike H, Kubota S, Saito T
The Journal of arthroplasty   31(8) 1836-1841   Aug 2016   [Refereed]
THA後感染の予防・診断・治療の最前線 人工関節周囲感染診断の最前線
小林 直実, 稲葉 裕, 齋藤 知行
臨床整形外科   51(4) 323-326   Apr 2016
人工関節周囲感染に関する問題は近年さかんに取り上げられている.なかでも診断に関する進歩は目覚ましく,診断基準も含め世界的なコンセンサスも得られつつある.本稿では人工関節周囲感染診断における,各種バイオマーカー,分子生物学的診断法,病理診断,核医学画像診断などについての最新知見を述べる.(著者抄録)
整形外科の歴史を変えた偉人たち(第4回) 関節鏡の礎 高木憲次(1889-1963)
小林 直実, 齋藤 知行
関節外科   35(4) 442-443   Apr 2016
小林 直実, 稲葉 裕, 齋藤 知行
臨床整形外科   51(4) 323-326   Apr 2016
Kobayashi N, Inaba Y, Tezuka T, Ike H, Kubota S, Kawamura M, Saito T
Nuclear medicine communications   37(4) 399-405   Apr 2016   [Refereed]
Inaba Y, Kobayashi N, Ike H, Kubota S, Saito T
Clinics in orthopedic surgery   8(1) 99-105   Mar 2016   [Refereed]
下肢人工関節置換術における深部静脈血栓症の予防と対策 初回人工股関節全置換術における静脈血栓塞栓症の予防対策
雪澤 洋平, 稲葉 裕, 小林 直実, 崔 賢民, 久保田 聡, 松田 蓉子, 齋藤 知行
関東整形災害外科学会雑誌   47(臨増号外) 115-115   Mar 2016
Inaba Y, Kobayashi N, Ike H, Kubota S, Saito T
Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   21(2) 107-115   Mar 2016   [Refereed]
人工関節置換術術後感染の予防・診断・治療 人工関節周囲感染の診断
小林 直実, 稲葉 裕, 崔 賢民, 川村 正樹, 雪澤 洋平, 久保田 聡, 松田 蓉子, 齋藤 知行
日本関節病学会誌   34(3) 454-454   Oct 2015
Modern Rheumatology   25 925-930   Sep 2015
© 2015 Japan College of Rheumatology. Objective. The prediction of hip osteoarthritis (OA) progression is still a difficult issue. We have adopted 18F-fluoride positron emission tomography (PET) for the evaluation of hip osteoarthritis, and invest...
Modern Rheumatology   25 937-942   Sep 2015
© 2015 Japan College of Rheumatology. Objective. Antibiotic-loaded hydroxyapatite block (AHAB) allows gradual release of antibiotics for long duration without thermal damage and, therefore, is potentially a more effective antibacterial spacer than...
【人工関節周囲感染】 PJI診断のアプローチ 基本と最新診断
宮前 祐之, 稲葉 裕, 小林 直実, 崔 賢民, 川村 正樹, 齋藤 知行
関節外科   34(9) 841-850   Sep 2015
山田 浩司, 齋藤 知行, 小林 直実
整形・災害外科   58(10) 1355-1364   Sep 2015
【人工関節周囲感染】 PJIの診断と治療over view 現状と今後の課題
小林 直実, 稲葉 裕, 齋藤 知行
関節外科   34(9) 833-835   Sep 2015
大腿骨頭壊死症における骨頭圧潰の有無と大腿骨頭部骨密度の比較
久保田 聡, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 手塚 太郎, 川村 正樹, 齋藤 知行
Hip Joint   41 112-115   Aug 2015
大腿骨頭壊死症49例71関節を対象に、dual energy X-ray absorptiometryを用いて骨頭圧潰の有無と大腿骨頭部骨密度(BMD)の関連について検討した。骨頭圧潰群は42例、非圧潰群は29例であった。大腿骨頭部外側部のBMDは骨頭圧潰群で有意に高値を示し、骨頭圧潰部周囲において骨代謝亢進に伴う骨形成の促進が行なわれている可能性が考えられた。
表面置換型人工股関節全置換術後の腸腰筋インピンジメントに対して股関節鏡下腸腰筋切腱術を施行した1例
川村 正樹, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 手塚 太郎, 久保田 聡, 齋藤 知行
Hip Joint   41 252-255   Aug 2015
症例は48歳男性で、20歳時に鬱病と診断され、アルコール依存症と診断された。46歳時に右表面置換型人工股関節全置換術(HRA)、翌年に左HRAを施行した。両側ともにBirmingham HIP Resurfacing Systemを使用し、カップ径は両側56mm、骨頭径は両側50mmを使用した。術後経過良好であった、術後7ヵ月より左股関節痛が出現した。身長173cm、体重65kg、BMI 21.7で自動動屈曲時の左股関節痛を認めた。Scarpa三角の圧痛は認めず、Patrickテスト陰性で...
【整形外科領域に生かすPET】 18F-fluoride PETによる大腿骨頭壊死症の予後予測
久保田 聡, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 手塚 太郎, 川村 正樹, 井上 登美夫, 齋藤 知行
関節外科   34(6) 578-584   Jun 2015
【整形外科領域に生かすPET】 PETを用いた人工関節周囲感染の診断と治療戦略
小林 直実, 稲葉 裕, 齋藤 知行
関節外科   34(6) 565-570   Jun 2015
Journal of Arthroplasty      Apr 2015
© 2015. In this study, the effect of teriparatide for the prevention of bone mineral density (BMD) loss after THA was compared with alendronate in a randomized controlled trial. Forty-eight patients were assigned to three groups, namely, the terip...
変形性股関節症患者における三次元画像解析ソフトウエアを用いた中臀筋体積と脂肪変性の評価
百瀬 たか子, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 手塚 太郎, 久保田 聡, 川村 正樹, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   89(3) S1006-S1006   Mar 2015
Journal of Arthroplasty      Jan 2015
© 2015. The pelvis generally tilts to the posterior with movement from the supine to standing position, and with time after total hip arthroplasty (THA). This study aimed to investigate changes in pelvic tilt from the preoperative supine position ...
Journal of Epidemiology   25 437-444   Jan 2015
© 2015 Shinji Takahashi et al. Background: Nontraumatic osteonecrosis of the femoral head (ONFH) is a rare disorder caused by ischemic necrosis of unknown etiology. A few studies have demonstrated trends in the number of patients with ONFH. Howeve...
Nuclear Medicine Communications   36 596-603   Jan 2015
© 2015 Wolters Kluwer Health, Inc. All rights reserved. Objective We investigated the usefulness of 18 F-fluoride PET as a predictor of femoral head collapse in patients with osteonecrosis (ON) before radiographic changes occur. Patients and metho...
BioMed Research International   2015    Jan 2015
© 2015 Taro Tezuka et al. We aimed to evaluate the effects of pelvic tilt on polyethylene wear after total hip arthroplasty (THA). A total of 105 joints treated with primary THA were included; conventional polyethylene (CPE) liners were used in 43...
Bone and Joint Journal   97-B 492-497   Jan 2015
© 2015 The British Editorial Society of Bone & Joint Surgery. In this study we used subject-specific finite element analysis to investigate the mechanical effects of rotational acetabular osteotomy (RAO) on the hip joint and analysed the correlati...
Modern Rheumatology   25 630-636   Jan 2015
© 2014 Japan College of Rheumatology. Objectives. The purposes of this study were 1) to examine the changes in the hip joint center (HJC) position and the femoral off set (FO) after total hip arthroplasty (THA) and 2) to investigate the effects of...
Journal of Orthopaedic Research   33 78-83   Jan 2015
© 2014 Orthopaedic Research Society. 18F-fluoride positron emission tomography (18F-fluoride PET) is a functional imaging modality used primarily to detect increased bone metabolism. Increased 18F-fluoride PET uptake suggests an association betwee...
Nuclear medicine communications   36 84-89   Jan 2015
OBJECTIVE: The imaging diagnosis of osteoarthritis (OA) of the hip, especially in its early stages, is a technically challenging but essential aspect of our increased understanding of the pathophysiology of this disorder. We recently applied 18F-f...
Computer Methods in Biomechanics and Biomedical Engineering   18 1056-1065   Jan 2015
© 2015, © 2014 Taylor & Francis. The mechanism underling bone mineral density (BMD) loss that occurs in the femur after total hip arthroplasty (THA) remains unknown. We compared the equivalent stress and strain energy density (SED) to BMD in the f...
Journal of Orthopaedics   12 228-236   Jan 2015
© 2015 Prof. P K Surendran Memorial Education Foundation. Backgrounds: We prospectively studied 78 prostheses with conventional femoral head and 86 prostheses with large head (Magnum) of metal-on-metal total hip arthroplasty (MoM THA) with two yea...
【人工膝関節置換術】 (Part4)Revision TKA 人工関節置換術後感染に対する診断と治療戦略
小林 直実, 小林 秀郎, 稲葉 裕, 齋藤 知行
Bone Joint Nerve   5(1) 181-188   Jan 2015
小林 直実, 小林 秀郎, 稲葉 裕
Bone joint nerve : BJN   5(1) 181-188   Jan 2015
Journal of Bone and Mineral Metabolism   33 455-461   Dec 2014
© 2014, The Japanese Society for Bone and Mineral Research and Springer Japan. Although an adverse relationship between osteoporosis and osteoarthritis (OA) has been reported, it remains controversial. In most previous reports of OA, bone mineral ...
小林 直実, 稲葉 裕, 久保田 聡, 立石 宇貴秀, 井上 登美夫, 齋藤 知行
臨床整形外科   49(11) 983-989   Nov 2014
細胞レベルでの代謝活動を画像化する機能的画像診断であるPETは,形態学的変化や質的変化を捉える単純X線やCT,MRIとは異なる情報を得ることができる.特に骨代謝亢進を捉える18F-fluoride PETはさまざまな骨関節疾患に有用である可能性がある.われわれはこれまでに変形性股関節症の早期診断や病期進行予測,特発性大腿骨頭壊死症における骨頭圧潰の予測,人工関節周囲感染と無菌性ゆるみとの鑑別などに応用し,その有用性を報告してきた.今後,骨シンチグラフィに変わる新たな骨イメージングとしての役...
Clinical Medicine Insights: Case Reports   7 123-125   Oct 2014
© 2014 Libertas Academica Ltd. Iatrogenic injuries to the vascular system are a rare but serious complication of hip surgery. We report a case of an 83-year-old man who presented with intrapelvic migration of a screw into the space between the ext...
Nuclear Medicine Communications      Sep 2014
© 2014 Wolters Kluwer Health | Lippincott Williams & Wilkins OBJECTIVE: The imaging diagnosis of osteoarthritis (OA) of the hip, especially in its early stages, is a technically challenging but essential aspect of our increased understanding of th...
Journal of bone and mineral metabolism   32 539-544   Sep 2014
Several previous studies have reported that bone mineral density (BMD) loss around femoral implants is a common outcome, particularly in the proximal femur, after total hip arthroplasty (THA). The purpose of this study was to investigate the effec...
Spine Journal   14 255-262   Feb 2014
Background context Rapid diagnosis and accurate detection of etiological agents in pyogenic spinal infection (PSI) patients are important. Purpose The purpose of this study was to evaluate the clinical usefulness of methicillin-resistant Staphyloc...
Journal of Arthroplasty   29 77-83   Feb 2014
Modern Rheumatology   24 835-839   Jan 2014
Objectives. The purpose of this prospective study was to evaluate the utility of preferential application of pharmacoprophylaxis based on the quantitative evaluation by soluble fibrin (SF) and plasminogen activator inhibitor-1 (PAI-1) analysis on ...
Journal of Arthroplasty   29 2251-2255   Jan 2014
© 2014 Elsevier Inc. Between 1986 and 1997, 136 porous-coated anatomic (PCA) total hip arthroplasties were performed for patients with osteoarthritis of the hip, and data were available for 60 hips at final follow-up (mean follow-up, 15.2. years)....
Polish Journal of Microbiology   63 393-398   Jan 2014
Real-time polymerase chain reaction (PCR) is currently widely used for the diagnosis of infections. We evaluated the time after treatment during which real-time PCR can detect dead bacteria. The presence of bacterial DNA was identified by real-tim...
Journal of Orthopaedic Research   32    Jan 2014
Acta Orthopaedica   84 524-529   Dec 2013
Background and purpose There are several diagnostic tests for periprosthetic joint infection (PJI). We evaluated the properties of preoperative serum C-reactive protein (CRP), real-time polymerase chain reaction (PCR), and histopathological evalua...
Journal of Arthroplasty   28 1731-1735   Dec 2013
Stress shielding after total hip arthroplasty (THA) remains an unsolved issue. Various patterns of mechanical stress appear according to the type of femoral stem used. To compare differences in mechanical stress conditions between Zweymuller type ...
Journal of Bone and Mineral Metabolism   1-6   Nov 2013
Several previous studies have reported that bone mineral density (BMD) loss around femoral implants is a common outcome, particularly in the proximal femur, after total hip arthroplasty (THA). The purpose of this study was to investigate the effec...
Journal of Orthopaedic Science   18 969-976   Nov 2013
Background: Leg length discrepancy (LLD) following total hip arthroplasty (THA) is a leading cause of patient dissatisfaction. However, no reports have described the influence of lower limb alignment on LLD after THA. In the present study, we firs...
Clinical Nuclear Medicine   38    Oct 2013
Purpose: Recent studies have reported the acceleration of subchondral bone remodeling during the development of osteoarthritis (OA). However, it is not possible to evaluate such molecular abnormalities using conventional radiographic techniques. W...
Journal of Pediatric Orthopaedics   33    Apr 2013
BACKGROUND: Diagnosis and identification of the etiological agent of septic arthritis (SA) in children is an important issue, as early treatment based on accurate diagnosis of joint infections can prevent potentially disabling complications. The p...
Journal of Thrombosis and Thrombolysis   34 526-532   Nov 2012
Fondaparinux (FPX), a selective inhibitor of factor Xa, is widely used for the prophylaxis of venous thromboembolism (VTE) after total joint arthroplasty. However, the association between plasma FPX concentration and adverse events and the occurre...
Diagnostic Microbiology and Infectious Disease   74 125-130   Oct 2012
Several recent studies have demonstrated the limited accuracy of conventional culture methods for diagnosing periprosthetic infections. We have applied real-time polymerase chain reaction (PCR) assays for the rapid identification of bacteria aroun...
KOBAYASHI Naomi
J Hand Surg Am   26(3) 474-477   May 2001   [Refereed]

Misc

 
整形外科領域感染における増菌培養の意義
友山 瑛人, 小林 直実, 稲葉 裕, 崔 賢民, 矢島 智志, 山崎 悦子, 齋藤 知行
日本骨・関節感染症学会プログラム・抄録集   41回 81-81   Jul 2018
大腿骨近位部骨欠損を伴う非定型抗酸菌症による人工股関節周囲感染に対してallograft-composite prosthesisをもちいた人工股関節再置換術の1例
崔 賢民, 稲葉 裕, 小林 直実, 友山 彰人, 齋藤 知行
日本骨・関節感染症学会プログラム・抄録集   41回 163-163   Jul 2018
関節唇を考慮した3次元動態シミュレーションによるFAI、Borderline DDHにおけるインピンジメントの比較
東平 翔太, 小林 直実, 稲葉 裕, 小林 大悟, 齋藤 知行
JOSKAS   43(4) 191-191   May 2018
FAI症例における18F-fluoride PET/CTによる寛骨臼後方集積(contre-coup resion)の評価
大石 隆幸, 小林 直実, 稲葉 裕, 小林 大悟, 東平 翔太, 齋藤 知行
JOSKAS   43(4) 193-193   May 2018
一輪車競技者における股関節障害の疫学調査
小林 大悟, 小林 直実, 稲葉 裕, 東平 翔太, 齋藤 知行
JOSKAS   43(4) 194-194   May 2018
人工股関節全置換術におけるプロテインSの術後変化
池 裕之, 稲葉 裕, 小林 直実, 雪澤 洋平, 崔 賢民, 久保田 聡, 小林 大悟, 渡部 慎太郎, 東平 翔太, 齋藤 知行
静脈学   29(2) 137-137   May 2018
【整形外科周術期感染の予防と対策】 人工関節周囲感染の診断
小林 直実, 稲葉 裕, 友山 瑛人, 齋藤 知行
関節外科   37(4) 383-389   Apr 2018
人工関節周囲感染(periprosthetic joint infection;PJI)は、部位にかかわらず人工関節全体の最大の問題点といえる。診断基準を基本とし、その他の補助的診断によりグレーゾーンの症例を判断する必要がある。原因菌としてはStaphylococcus属が半数以上を占め、耐性菌としてcoagulasenegativeStaphylococcus(CNS)に注意する必要がある。(著者抄録)
整形外科領域感染において分離されたStaphylococcus属の最小発育阻止濃度の検討 他科分離株との比較
友山 瑛人, 小林 直実, 稲葉 裕, 川村 正樹, 崔 賢民, 荏原 茂, 山崎 悦子, 齋藤 知行
日本骨・関節感染症学会雑誌   31 96-101   Mar 2018
整形外科領域および呼吸器内科領域から検出されたStaphylococcus属245株の抗MRS薬における最小発育阻止濃度(MIC値)について比較検討した。その結果、VCMでは整形外科領域分離株で有意に高いMIC値の分布を認めた。また、MRCNSではVCMのMIC値が 2μg/mlの株が有意に多く分離された。尚、整形外科領域から分離されたMRSの81%がインプラント関連感染であった。
FAI、境界型寛骨臼形成不全、初期OAにおける股関節唇断裂所見の比較 放射状3D MERGE MRIによる評価
東平 翔太, 小林 直実, 稲葉 裕, 大石 隆幸, 崔 賢民, 池 裕之, 小林 大悟, 渡部 慎太郎, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   92(2) S105-S105   Mar 2018
EOSシステムを用いた人工股関節全置換術患者の立位時下肢アライメント評価
小林 大悟, 稲葉 裕, 小林 直実, 崔 賢民, 池 裕之, 渡部 慎太郎, 東平 翔太, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   92(2) S263-S263   Mar 2018
難治例から学ぶ人工関節周囲感染の診断・治療の問題点と対応
稲葉 裕, 小林 直実, 崔 賢民, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   92(2) S358-S358   Mar 2018
骨・関節感染症治療-最新の診断と治療- 人工関節周囲感染の診断と治療
稲葉 裕, 小林 直実, 崔 賢民, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   92(3) S525-S525   Mar 2018
「SSIの予防・診断・治療(インプラント温存を含めて)」 当院における人工股関節置換術患者に対するSSIの予防・診断・治療
崔 賢民, 稲葉 裕, 小林 直実, 手塚 太郎, 小林 大吾, 渡部 慎太郎, 東平 翔太, 土肥 健人, 齋藤 知行
神奈川医学会雑誌   45(1) 99-99   Jan 2018
【スポーツ外傷・障害に対する最先端の診断法と治療法】 最先端の診断法 Positron Emission Tomography(PET)によるスポーツ外傷・障害の画像診断
小林 直実, 稲葉 裕, 齋藤 知行
臨床スポーツ医学   34(12) 1248-1251   Dec 2017
過去5年間における整形外科領域感染における分離菌種の検討
友山 瑛人, 小林 直実, 稲葉 裕, 矢島 智志, 山崎 悦子, 齋藤 知行
臨床病理   65(補冊) 261-261   Oct 2017
運動器疾患における18F-Fluoride PETの有用性 整形外科医の視点から
小林 直実
Rad Fan   15(11) 10-13   Sep 2017
筋骨格疾患に対する18F-フッ化物PETの臨床応用 整形外科医の展望(Clinical application of 18F-Fluoride PET for musculoskeletal disorders: Perspective of orthopaedic surgeon)
小林 直実
核医学   54(Suppl.) S115-S115   Sep 2017
【FAI(大腿骨寛骨臼インピンジメント)の最新知見】 FAIの診断 理学所見と画像診断
小林 直実, 稲葉 裕, 久保田 聡, 齋藤 知行
関節外科   36(2) 159-165   Feb 2017
インプラント感染の撲滅における進歩 人工関節周囲感染診断におけるリアルタイムPCR法の有用性と今後の展望
小林 直実, 稲葉 裕, 川村 正樹, 崔 賢民, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   90(12) 1023-1027   Dec 2016
人工股関節全置換術における術後疼痛に影響を与える因子の検討
松田 蓉子, 稲葉 裕, 小林 直実, 崔 賢民, 雪澤 洋平, 久保田 聡, 齋藤 知行
日本人工関節学会誌   46 739-740   Dec 2016
正確な手術のための支援とその工夫 人工股関節全置換術のコンピュータを用いた術前計画と術中支援
稲葉 裕, 小林 直実, 崔 賢民, 手塚 太郎, 久保田 聡, 境 貴史, 齋藤 知行
日本関節病学会誌   35(3) 352-352   Oct 2016
FAIに関する股関節学会診断指針に基づく多施設疫学調査
福島 健介, 山崎 琢磨, 小林 直実, 藤井 英紀, 橋本 慎吾, 藤井 政徳, 中島 康晴, 内山 勝文, 高平 尚伸
Hip Joint   42(1) 27-29   Aug 2016
日本股関節学会の大腿骨寛骨臼インピンジメント(FAI)の診断指針(日股会指針)を基に、現在の我が国におけるFAIの疫学調査を6大学病院にて行った。対象は2015年1月〜3月の3ヵ月間に股関節痛を主訴に初診となった336症例(12歳以下の小児例、股関節手術既往のある症例、診察にて明らかな骨折を認めた症例は除外)であった。その結果、336例の平均年齢は57.3歳で、女性が72%を占め、診断は寛骨臼形成不全に起因する2次性変形性股関節症(DDH)が139例(41.3%)と最も多かった。FAIと診...
高度骨盤後傾に伴う人工骨頭前方脱臼に対してCT-basedナビゲーションを用いた人工股関節再置換術を施行した一例
崔 賢民, 稲葉 裕, 小林 直実, 雪澤 洋平, 久保田 聡, 松田 蓉子, 齋藤 知行
Hip Joint   42(2) 843-846   Aug 2016
66歳女。15年前に左大腿骨頸部骨折に対する人工骨頭置換術を行っていた。4ヵ月前より徐々に歩行困難となった。初診時身体所見、両股関節X線、臥位骨盤CT各所見より、高度骨盤後傾斜を伴う人工骨頭前方脱臼と診断した。骨盤傾斜の計測は立位では困難で、臥位での骨盤傾斜を基にCT-basedナビゲーションを用いて再置換術を行った。本症例は脱臼リスクが高いため、dual mobility systemを用いたTHAを行った。CT-basedナビゲーションは正確なインプラント設置計画・設置を行うことができ...
人工股関節全置換術後5年までの骨盤傾斜と脊椎矢状面アライメントの変化
鈴木 宙, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 富岡 政光, 齋藤 知行
Hip Joint   42(2) 856-860   Aug 2016
片側二次性変形性股関節症に対する初回人工股関節全置換術(THA)症例96例(女性81例、男性15例、平均年齢63.1歳)を対象に、術後5年までの骨盤傾斜と脊椎矢状面アライメントの変化について検討した。術前、術後1年毎にX線(臥位と立位)、術後1週に骨盤単純CTを行い、姿勢性および経年的な骨盤傾斜変化を2D-3Dマッチング法で計測し、術前臥位から術後5年立位への骨盤傾斜変化を調べた。その結果、術後5年で骨盤が前傾した症例は認めず、THA後は骨盤後傾変化を注意する必要があると考えられた。PCが...
リアルタイムPCR法によるメチシリン耐性菌、一般細菌の迅速診断の検討
友山 瑛人, 豊田 行健, 平野 智, 佐藤 泰之, 荏原 茂, 住友 みどり, 川村 正樹, 小林 直実, 山崎 悦子
神奈川医学会雑誌   43(2) 366-367   Jul 2016
FAIに対する鏡視下骨軟骨形成術前後のインピンジメントシミュレーションによる評価
久保田 聡, 小林 直実, 齋藤 知行
JOSKAS   41(3) 733-738   Jun 2016
【背景】Femoroacetabular impingement(FAI)は股関節痛の原因として注目されている.Cam-type FAIに対する鏡視下骨軟骨形成術は有効な治療法であると報告されているが,大腿骨に形成されたbumpの適切な切除範囲を決定することは容易ではない.さらに,術前に関節可動域がどの程度改善するかを予測することは困難である.【目的】本研究の目的はcam-type FAIに対して三次元動態解析ソフトを用いたインピンジメントシミュレーションを行い,鏡視下骨軟骨形成術による股...
変形性股関節症患者の中臀筋体積と脂肪変性の三次元的評価 股関節外転筋力との関係
百瀬 たか子, 稲葉 裕, 小林 直実, 雪澤 洋平, 齋藤 知行
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   (JARM2016) I25-I25   Jun 2016
THA MOM Metal-on-metalセメントレス人工股関節置換術の可動域および金属イオン濃度についての検討(多施設共同・前向き・比較研究)
徳永 裕彦, 市川 宣弘, 大園 健二, 山本 健吾, 安藤 渉, 渥美 敬, 玉置 聡, 相原 雅治, 稲葉 裕, 小林 直実, 白土 英明, 老沼 和弘
日本人工関節学会誌   44 395-396   Dec 2014
大径骨頭Metal-on-metal人工股関節置換術の有効性及び安全性に関する多施設共同前向き比較試験を行い、デザイン(骨頭径)の異なる2機種の術後脱臼率と金属イオン濃度について報告した。カップは無作為にM2a-Magnum 67例(A群)、Ma2 Taper 55例(B群)に分け、ステムは任意として術後2年までの臨床成績、レントゲン的評価、血中及び尿中のコバルト濃度を調査した。その結果、術後2年以上の臨床成績は両群とも良好で、術後合併症としてB群に脱臼1例と術中骨折1例を認めたが、ARM...
テーパーウェッジ型ステムを用いた人工股関節全置換術後の応力分布に髄腔形状およびステムサイズが与える影響
大庭 真俊, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 平田 康英, 富岡 政光, 齋藤 知行
臨床バイオメカニクス   35 193-200   Oct 2014
テーパーウェッジ型セメントレスステムを用いて人工股関節全置換術(THA)を施行した72例を対象に、subject-specificな有限要素解析(FEA)を行い、患者大腿骨の髄腔形状やステムサイズがTHA後のステムの固定様式に与える影響について検討した。対象患者を術前両股関節正面X線像によるCanal Flare Index(CFI)の値で分類し、4.7以上のchampagne-flute型8例(A群)、3未満のstovepipe型5例(C群)、その中間の患者から抽出した7例(B群)として...
感染性人工関節の治療法と工夫 人工関節周囲感染の診断 現状と今後の課題
小林 直実, 稲葉 裕, 宮前 祐之, 池 裕之, 手塚 太郎, 久保田 聡, 川村 正樹, 齋藤 知行
東日本整形災害外科学会雑誌   26(3) 245-245   Aug 2014
感染研究の最前線と臨床への応用 人工関節周囲感染の新しい診断法の臨床応用
稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 手塚 太郎, 久保田 聡, 川村 正樹, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   88(8) S1359-S1359   Aug 2014
大腿骨頭壊死症における骨頭圧潰に対する大腿骨頭部骨密度の比較
久保田 聡, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 手塚 太郎, 川村 正樹, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   88(8) S1474-S1474   Aug 2014
バイオメカニクスと手術・リハビリテーションへの応用 股関節疾患に対するバイオメカニクス手法を用いた術前・術後評価
稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 手塚 太郎, 久保田 聡, 川村 正樹, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   88(8) S1608-S1608   Aug 2014
CT画像を用いた変形性股関節症患者の中臀筋体積計測
百瀬 たか子, 稲葉 裕, 小林 直実, 雪澤 洋平, 池 裕之, 宮前 祐之, 久保田 聡, 仲 拓磨, 齋藤 知行
Hip Joint   40 179-182   Aug 2014
CT画像を用いた変形性股関節症患者の中臀筋体積計測について検討した。片側人工股関節全置換術を施行した進行期または末期変形性股関節症患者40例を対象とした。中臀筋体積は健側と比較して患側で小さく、対健側比は平均80%であった。股関節外転筋力は38例で患側が小さく、対健側比は平均72%であった。中臀筋体積と股関節回転筋力との間に強い正の相関を認めた。脚長は全例で健側と比較し患側の脚短縮を認め、脚長差は平均11mmであった。脚長差が大きいほど患側中臀筋体積は小さくなる傾向にあった。大腿骨オフセッ...
THAにおける術後ADLと疼痛の関連
仲 拓磨, 稲葉 裕, 小林 直実, 雪沢 洋平, 高川 修, 池 裕之, 久保田 聡, 阿多 由梨加, 齋藤 知行
Hip Joint   40 311-314   Aug 2014
人工股関節全置換術(THA)における術後ADLと疼痛の関連について検討した。初回THAを施行した55例55関節を対象とした。術後3日目までに歩行器歩行獲得となったものを早期歩行器群、4日目以降で獲得となったものを遅延歩行器群、術後7日目までに1本杖歩行獲得となったものを単期杖歩行群、術後8日目以降に獲得できたものを遅延杖歩行群、術後10日以内に退院したものを早期退院群、術後11日目以降に退院となったものを遅延退院群とした。術後疼痛は、歩行器歩行の早期群と遅延群の間でVASに有意差は認めなか...
大腿骨頭壊死症における骨頭圧潰と大腿骨近位部骨密度の関連
久保田 聡, 稲葉 裕, 小林 直実, 雪澤 洋平, 池 裕之, 仲 拓磨, 斎藤 知行
Hip Joint   40 362-365   Aug 2014
両側性の大腿骨頭壊死症34例56関節を対象に、DEXAを用いて骨頭圧潰と大腿骨近位部骨密度(BMD)の関連について検討した。骨頭圧潰群は38関節、非圧潰群は18関節で、骨頭圧潰群は非圧潰群と比べ転子部および転子間部BMD、T-scoreが有意に低値を示した。
メタルオンメタルTHA術後2年のイオン濃度の骨頭径差による検討(多施設共同・前向き・比較研究)
相原 雅治, 大園 健二, 安藤 渉, 白土 英明, 老沼 和弘, 渥美 敬, 玉置 聡, 稲葉 裕, 小林 直実, 徳永 裕彦
Hip Joint   40 782-787   Aug 2014
メタルオンメタルTHA術後の臨床成績について骨頭径の違いによるイオン濃度で違いがあるか検討した。チタン製カップにコバルト・クロム合金メタルライナーを挿入するデザインで28もしくは32mm骨頭の通常骨頭群(S群)43例44関節、ワンピースカップデザインで、骨頭38mm以上の大骨頭群(L群)55例55関節を対象とした。平均Harris hipスコアは術後全期間で有意に改善し、両群で大きな差はなかった。QOL指標であるEQ5D、活動性指標のUCLA activityスコアも術前に比べて有意に改善...
当科における人工股関節全置換術のアプローチおよび術式選択
小林 直実, 稲葉 裕, 雪澤 洋平, 高川 修, 池 裕之, 久保田 聡, 仲 琢磨, 中茶 勇二, 齋藤 知行
神奈川医学会雑誌   41(2) 265-266   Jul 2014
人工関節周囲感染における術中診断の有用性
宮前 祐之, 稲葉 裕, 小林 直実, 高川 修, 池 裕之, 久保田 聡, 仲 拓磨, 崔 賢民, 齋藤 知行
日本骨・関節感染症学会プログラム・抄録集   37回 25-25   Jun 2014
骨盤・股関節に対する外科的治療の進歩 股関節疾患における画像診断の進歩 新しい骨イメージング・Fluoride PETの可能性
小林 直実, 稲葉 裕, 池 裕之, 久保田 聡, 齋藤 知行
日本外科系連合学会誌   39(3) 466-466   May 2014
ナビゲーションシステムを用いて高度大腿骨頭すべり症に対して大腿骨頭回転骨切り術を施行した3例
阿多 由梨加, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 久保田 聡, 町田 治郎, 中村 直行, 森川 耀源, 大庭 真俊, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   88(2) S117-S117   Mar 2014
Chronic non-bacterial osteomyelitisの小児16例の臨床学的特徴と治療成績
阿多 由梨加, 稲葉 裕, 小林 直実, 青木 千恵, 町田 治郎, 中村 直行, 森川 耀源, 大庭 真俊, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   88(2) S121-S121   Mar 2014
大腿骨頭壊死症における大腿骨頭部骨密度 骨頭圧潰の有無における比較
久保田 聡, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 高川 修, 池西 太郎, 仲 拓磨, 中茶 勇二, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   88(2) S237-S237   Mar 2014
臼蓋形成不全症例に対する有限要素法解析 異なる荷重条件における臼蓋形成不全の程度と股関節応力の関係
平田 康英, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 雪澤 洋平, 藤巻 洋, 手塚 太郎, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   88(2) S245-S245   Mar 2014
有限要素解析による寛骨臼回転骨切り術後の応力変化シミュレーション
池 裕之, 稲葉 裕, 小林 直実, 大庭 真俊, 平田 康英, 富岡 政光, 高川 修, 久保田 聡, 仲 拓磨, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   88(2) S251-S251   Mar 2014
人工股関節を適切な位置に設置するための術前・術後の評価 骨盤傾斜を考慮した術前計画に基づくナビゲーションTHAの成績
稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 高川 修, 久保田 聡, 仲 拓磨, 中茶 勇二, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   88(2) S471-S471   Mar 2014
特発性大腿骨頭壊死症の有限要素解析
富岡 政光, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 鈴木 宙, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   88(3) S626-S626   Mar 2014
寛骨臼回転骨切り術に対するCT-basedナビゲーションの有用性
稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 高川 修, 久保田 聡, 仲 拓磨, 中茶 勇二, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   88(3) S634-S634   Mar 2014
インプラント周囲感染の診断における新しいMRS-PCR法の有用性
宮前 祐之, 稲葉 裕, 小林 直実, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   88(3) S676-S676   Mar 2014
人工股関節全置換術後のstress shieldingにおける18F-Fluoride-PETによる局所骨代謝評価
小林 直実, 稲葉 裕, 雪澤 洋平, 高川 修, 池 裕之, 久保田 聡, 仲 拓磨, 中茶 勇二, 豊田 真寿, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   88(3) S805-S805   Mar 2014
テーパーウェッジ型ステムによる人工股関節全置換術後の大腿骨応力分布と骨密度変化に髄腔形状およびステムサイズが与える影響
大庭 真俊, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 平田 康英, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   88(3) S806-S806   Mar 2014
人工股関節全置換術前後の骨頭中心位置、femoral offsetが術後成績および外転筋力へ及ぼす影響
手塚 太郎, 稲葉 裕, 小林 直実, 藤巻 洋, 池 裕之, 平田 康英, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   88(3) S821-S821   Mar 2014
手塚 太郎, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 藤巻 洋, 平田 康英, 齋藤 知行
日本関節病学会誌   33(1) 49-54   Mar 2014
1986年から1997年に初回人工股関節全置換術(THA)を施行した53例68関節(女性49例、男性4例、手術時平均59±6.9歳)を対象に、THA術後の臥位、立位時の骨盤傾斜角の変化量と臼蓋コンポーネントの前方開角や外方開角との関係を調査し、それらがポリエチレン摩耗に与える影響について検討した。その結果、THA術後平均13.8年の最終調査時において骨盤は立位で臥位に比べ平均で約6.9°後傾し、外方開角は1.7°、前方開角4.6°増大した。重回帰分析の結果、臥位および立位での骨盤傾斜角(P...
変形性股関節症患者の中臀筋体積の画像評価
百瀬 たか子, 稲葉 裕, 小林 直実, 雪澤 洋平, 高川 修, 池 裕之, 久保田 聡, 仲 拓磨, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   88(3) S822-S822   Mar 2014
人工関節周囲感染の最新診断法
小林 直実, 稲葉 裕, 宮前 祐之, 崔 賢民, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   88(3) S914-S914   Mar 2014
人工股関節全置換術後4年までの骨盤傾斜変化 三次元CTモデルによる計測
鈴木 宙, 稲葉 裕, 小林 直実, 雪澤 洋平, 石田 崇, 池 裕之, 富岡 政光, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   88(3) S965-S965   Mar 2014
整形外科領域「整形外科領域における医療画像の活用法」
池 裕之, 稲葉 裕, 小林 直実, 松尾 光祐, 齋藤 知行
日本放射線技術学会総会学術大会予稿集   70回 114-114   Feb 2014
大庭 真俊, 稲葉 裕, 小林 直実
臨床バイオメカニクス   35 193-200   2014
稲葉 裕, 小林 直実, 鈴木 宙, 池 裕之, 雪澤 洋平, 石田 崇, 齋藤 知行
日本関節病学会誌   32(4) 433-440   Dec 2013
コンピュータナビゲーションを用い、骨盤傾斜を考慮した術前計画に基づいて人工股関節全置換術(THA)を行った54股を対象として、術後のインプラント設置角に関する成績について検討した。その結果、術後1年での臥位および立位のインプラント設置角度は、術前の骨盤傾斜にかかわらず良好なインプラント設置が得られ、目標としたCA 37.3°は、術後1年で臥位と立位のほぼ中間にあり、臥位から立位へ、もしくは立位から臥位へ骨盤傾斜が変化しても理想的な37.3°を中心に変化するため、これらの姿勢変化によっても3...
大腿骨頭壊死症の有限要素解析と骨頭圧縮試験の比較、および壊死の材料特性測定
富岡 政光, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 雪澤 洋平, 大庭 真俊, 久保田 聡, 阿多 由梨加, 齋藤 知行
日本生体電気・物理刺激研究会誌   27 91-91   Dec 2013
THAと骨盤傾斜 人工股関節全置換術後の機能的脚長差が骨盤・脊椎冠状面アライメントにおよぼす影響
藤巻 洋, 稲葉 裕, 小林 直実, 雪澤 洋平, 石田 崇, 池 裕之, 手塚 太郎, 平田 康英, 齋藤 知行
日本人工関節学会誌   43 69-70   Dec 2013
初回人工股関全節置換術(THA)を施行し、術後1年以上経過観察可能であった49例(女性38例、男性11例、手術時平均年齢64歳)を対象に、THA後の機能的な脚長差が骨盤側方傾斜角や脊椎冠状面アライメントに及ぼす影響について調査した。その結果、骨盤側方傾斜角と小転子脚長差、機能軸脚長差はいずれも負の相関を認め、患側の脚長が短いほど骨盤は患側に傾いた。骨盤側方傾斜角は小転子脚長差よりも機能軸脚長差とより強い相関を認めた。腰椎Cobb角は機能軸脚長差のみ負の相関を認め、患側の脚長が短いほど腰椎は...
THA hip-spine 人工股関節全置換術後における骨盤傾斜の経時的変化と術前脊椎アライメントの関係
鈴木 宙, 稲葉 裕, 小林 直実, 雪澤 洋平, 石田 崇, 池 裕之, 富岡 政光, 齋藤 知行
日本人工関節学会誌   43 85-86   Dec 2013
人工股関節全置換術(THA)を施行した185例203股(女性137例150股、男性48例53股、平均年齢61.4歳)を対象として、術後撮影した骨盤CTより再構築した三次元モデルを用い、THA後の骨盤傾斜の変化を計測して、術前の脊椎アライメントとの関係を調査した。骨盤単純X線正面像において骨盤腔の縦径(A)、横径(B)を測定し、骨盤腔縦横比(A/B)と三次元CTモデルの骨盤腔縦横比(A'/B')が等しくなるように、水平軸に沿って両上前腸骨棘と恥骨結合で規定されるanterior pelvic...
THA長期成績 15年以上経過したPorous-Coated Anatomic型人工股関節全置換術の長期成績
手塚 太郎, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 藤巻 洋, 平田 康英, 齋藤 知行
日本人工関節学会誌   43 345-346   Dec 2013
1986年以降に人工股関節全置換術を行い15年以上観察しえた53例68関節の治療成績を報告した。術後観察期間は平均19±3.2年で、JOAスコアは術前平均50.5±11点が最終観察時73.3±13点に改善した。再置換をエンドポイントとした累積生存率は、カップ、ステムとも術後6年までは100%であったが、カップは術後10年で95%、術後23年で64%と低下し、ステムは術後10年98%、23年78%であった。再置換術を行ったのは21関節(31%)で、内訳は、カップ16関節、ステム10関節、両方...
Zweymueller型ステムの形状変更が大腿骨に及ぼす影響 SL-PLUS standard stemとSL-PLUS MIA stemとの比較
池 裕之, 稲葉 裕, 小林 直実, 大庭 真俊, 平田 康英, 齋藤 知行
臨床バイオメカニクス   34 143-147   Nov 2013
SL-PLUS MIAステム(M)およびSL-PLUS standardステム(S)の人工股関節全置換術(THA)術後の大腿骨骨密度変化と有限要素解析における相当応力を検討した。初回セメントレスTHAを施行した21股を対象とし、Sを使用した10股(S群)とMを使用した11股(M群)とした。術後はM群、S群ともにステム中央部から遠位にかけて内測、外側骨皮質に相当応力高値を認めた。相当応力コンター図では量群の相当応力分布に明らかな違いを認めず、ROI 1から7の全てでのROIにおいて両群間で相...
人工股関節置換術の工夫 当科における人工股関節全置換術のアプローチおよび術式選択
小林 直実, 稲葉 裕, 雪澤 洋平, 高川 修, 池 裕之, 久保田 聡, 仲 琢磨, 中茶 勇二, 齋藤 知行
神奈川整形災害外科研究会雑誌   26(2) 36-36   Oct 2013
人工関節の感染への対応 人工関節周囲感染における診断と治療
小林 直実, 稲葉 裕, 雪澤 洋平, 高川 修, 池 裕之, 久保田 聡, 仲 拓磨, 齋藤 知行
日本関節病学会誌   32(3) 260-260   Oct 2013
コンピューター支援下の関節手術(Hip) 股関節骨切り術に対するCT-basedナビゲーションの有用性と課題
稲葉 裕, 小林 直実, 雪澤 洋平, 池 裕之, 久保田 聡, 高川 修, 仲 拓磨, 齋藤 知行
日本関節病学会誌   32(3) 279-279   Oct 2013
porous-coated anatomic型セメントレス人工股関節全置換術の長期成績
手塚 太郎, 稲葉 裕, 小林 直実, 佐藤 昌明, 三ツ木 直人, 平川 和男, 池 裕之, 藤巻 洋, 平田 康英, 齋藤 知行
日本関節病学会誌   32(3) 318-318   Oct 2013
MIS-THRの功罪 Mini direct lateral approachとmodified Watson-Jones approachを用いた低侵襲人工股関節全置換術
稲葉 裕, 小林 直実, 雪澤 洋平, 池 裕之, 高川 修, 久保田 聡, 仲 拓磨, 齋藤 知行
日本関節病学会誌   32(3) 342-342   Oct 2013
関節リウマチに対する初回人工股関節全置換術の術後成績
高川 修, 稲葉 裕, 長岡 亜紀子, 小林 直実, 熊谷 研, 雪澤 洋平, 針金 健吾, 草山 喜洋, 池 裕之, 久保田 聡, 大歳 晃生, 仲 拓磨, 齋藤 知行
日本関節病学会誌   32(3) 344-344   Oct 2013
THA術前計画-目標と再現性 コンピュータナビゲーションを用いたTHAの術前計画と術中支援
稲葉 裕, 小林 直実, 雪澤 洋平, 池 裕之, 高川 修, 久保田 聡, 仲 拓磨, 齋藤 知行
東日本整形災害外科学会雑誌   25(3) 288-288   Aug 2013
18F-fluoride PETによる大腿骨頭壊死症の骨頭圧潰の出現予測 多変量ロジスティック解析を用いた検討
久保田 聡, 稲葉 裕, 小林 直実, 雪澤 洋平, 高川 修, 池 裕之, 阿多 由梨加, 仲 拓磨, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   87(8) S1387-S1387   Aug 2013
股関節疾患患者における機能的脚長差が骨盤・脊椎冠状面アライメントに及ぼす影響
藤巻 洋, 稲葉 裕, 小林 直実, 雪澤 洋平, 石田 崇, 池 裕之, 手塚 太郎, 平田 康英, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   87(8) S1419-S1419   Aug 2013
人工股関節全置換術後の骨盤傾斜変化のパターンと脊椎アライメントの関係
鈴木 宙, 稲葉 裕, 小林 直実, 雪澤 洋平, 崔 賢民, 池 裕之, 富岡 政光, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   87(8) S1489-S1489   Aug 2013
三次元画像ソフトウェアによる手術支援 三次元画像ソフトウェアによる手術支援(股関節)
稲葉 裕, 小林 直実, 雪澤 洋平, 池 裕之, 高川 修, 久保田 聡, 仲 拓磨, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   87(8) S1557-S1557   Aug 2013
18F-fluoride PETによる変形性股関節症の早期診断と進行予測
小林 直実, 稲葉 裕, 雪澤 洋平, 池 裕之, 久保田 聡, 阿多 由梨加, 齋藤 知行
Hip Joint   39 272-277   Aug 2013
股関節痛や臼蓋形成不完全が認められた57関節(男性8名、女性49、平均50.8歳)を対象に、18F-fluoride PETによる集積が変形性関節症(OA)の進行予測因子となるか検討した。疼痛悪化群では非悪化群に比べPET集積の定量評価のmaximum standardized uptake value(SUVmax)、Kellgren and Lawrence(K/L) Gradeが有意に高かった。疼痛悪化に関する多変量ロジスティック回帰分析ではSUVmaxのみで有意差が認められた。最小...
稲葉 裕, 池 裕之, 小林 直実
Bone joint nerve : BJN   3(3) 483-489   Jul 2013
小林 直実, 稲葉 裕, 齋藤 知行
Bone joint nerve : BJN   3(3) 515-522   Jul 2013
インプラント周囲感染診断における各検査の役割の違い
宮前 祐之, 稲葉 裕, 小林 直実, 崔 賢民, 齋藤 知行
日本骨・関節感染症学会プログラム・抄録集   36回 76-76   Jul 2013
【股関節をめぐる最新の進歩】 (Part3)股関節手術 最新の話題 股関節骨切り術におけるコンピュータナビゲーションの有用性
稲葉 裕, 池 裕之, 小林 直実, 齋藤 知行
Bone Joint Nerve   3(3) 483-489   Jul 2013
【股関節をめぐる最新の進歩】 (Part3)股関節手術 最新の話題 人工関節周囲感染の診断と治療
小林 直実, 稲葉 裕, 齋藤 知行
Bone Joint Nerve   3(3) 515-522   Jul 2013
【若手整形外科医のための画像診断-症例から学ぶ治療方針の立て方-】 総論 臨床に必要な画像診断の基礎 超音波、シンチグラフィー、PET
小林 直実, 針金 健吾, 齋藤 知行
関節外科   32(4月増刊) 11-15   Apr 2013
インプラント周囲感染の診断におけるCRP値、リアルタイムPCR、凍結標本と永久標本の病理組織学的評価の感度、特異度の相違
宮前 祐之, 稲葉 裕, 小林 直実, 崔 賢民, 池 裕之, 百瀬 たか子, 藤原 秀輔, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   87(2) S89-S89   Mar 2013
Chronic non-bacterial osteomyelitisの11例
阿多 由梨加, 稲葉 裕, 小林 直実, 町田 治郎, 青木 千恵, 中村 直行, 奥住 成晴, 横田 俊平, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   87(2) S102-S102   Mar 2013
変形性股関節症における18F-fluoride PETとMRI所見の比較
小林 直実, 稲葉 裕, 雪澤 洋平, 池 裕之, 久保田 聡, 阿多 由梨加, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   87(2) S221-S221   Mar 2013
18F-fluoride PETの集積程度と大腿骨頭壊死症の骨頭圧潰の出現との関連性
久保田 聡, 稲葉 裕, 小林 直実, 雪澤 洋平, 池 裕之, 阿多 由梨加, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   87(2) S222-S222   Mar 2013
有限要素解析による寛骨臼回転骨切り術の評価
池 裕之, 稲葉 裕, 小林 直実, 雪澤 洋平, 大庭 真俊, 平田 康英, 富岡 政光, 久保田 聡, 阿多 由梨加, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   87(2) S224-S224   Mar 2013
Porous-coated anatomic型人工股関節全置換術の長期成績
手塚 太郎, 稲葉 裕, 小林 直実, 佐藤 昌明, 三ツ木 直人, 平川 和男, 雪澤 洋平, 藤巻 洋, 池 裕之, 平田 康英, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   87(2) S428-S428   Mar 2013
テーパーウェッジ型ステムを用いた人工股関節全置換術後の応力分布に大腿骨近位部形状が与える影響 有限要素解析を用いた検討
大庭 真俊, 稲葉 裕, 小林 直実, 池 裕之, 平田 康英, 久保田 聡, 富岡 政光, 阿多 由梨加, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   87(2) S436-S436   Mar 2013
人工股関節全置換術後における大腿骨相当応力と骨密度の経時的変化の検討
池 裕之, 稲葉 裕, 小林 直実, 雪澤 洋平, 大庭 真俊, 平田 康英, 富岡 政光, 久保田 聡, 阿多 由梨加, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   87(2) S440-S440   Mar 2013
Zweymuller型ステムの形状変更が大腿骨相当応力および骨密度に及ぼす影響
池 裕之, 稲葉 裕, 小林 直実, 雪澤 洋平, 大庭 真俊, 平田 康英, 富岡 政光, 久保田 聡, 阿多 由梨加, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   87(2) S441-S441   Mar 2013
THAにおける骨盤傾斜の術後変化を考慮したカップ設置角の術前計画
稲葉 裕, 小林 直実, 鈴木 宙, 雪澤 洋平, 池 裕之, 久保田 聡, 阿多 由梨加, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   87(2) S448-S448   Mar 2013
人工股関節全置換術前後における骨盤傾斜変化のパターン
鈴木 宙, 稲葉 裕, 小林 直実, 雪澤 洋平, 崔 賢民, 池 裕之, 富岡 政光, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   87(3) S606-S606   Mar 2013
人工股関節術後の骨盤傾斜がポリエチレン摩耗に与える影響
手塚 太郎, 稲葉 裕, 小林 直実, 崔 賢民, 雪澤 洋平, 藤巻 洋, 池 裕之, 平田 康英, 久保田 聡, 阿多 由梨加, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   87(3) S828-S828   Mar 2013
人工股関節全置換術前後の骨頭中心の変化が術後の外転筋力へ及ぼす影響
手塚 太郎, 稲葉 裕, 小林 直実, 雪澤 洋平, 藤巻 洋, 池 裕之, 平田 康英, 久保田 聡, 阿多 由梨加, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   87(3) S833-S833   Mar 2013
人工股関節全置換術前後の機能的脚長差と脊椎冠状面アライメントの関連
藤巻 洋, 稲葉 裕, 小林 直実, 雪澤 洋平, 石田 崇, 池 裕之, 手塚 太郎, 平田 康英, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   87(3) S837-S837   Mar 2013
人工股関節全置換術前後の自覚的脚長差の検討
百瀬 たか子, 稲葉 裕, 小林 直実, 雪澤 洋平, 手塚 太郎, 池 裕之, 宮前 祐之, 久保田 聡, 阿多 由梨加, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   87(3) S838-S838   Mar 2013
異なる3タイプの大腿骨ステムを用いた人工骨頭置換術における術後早期sinkingについての比較検討
宮前 祐之, 稲葉 裕, 小林 直実, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   87(3) S840-S840   Mar 2013
藤巻 洋, 稲葉 裕, 小林 直実, 雪澤 洋平, 鈴木 宙, 池 裕之, 手塚 太郎, 平田 康英, 齋藤 知行
日本関節病学会誌   32(1) 17-22   Mar 2013
人工股関節全置換術を施行した股関節症患者80例151股関節(男15例、女65例、平均65歳)を対象に、X線で最小関節裂隙幅(MJS)を計測すると共に、骨盤CTデータを用いて三次元再構築モデルを作製し、骨嚢胞の発生頻度と部位について検討した。臼蓋の骨嚢胞は106股に認め、MJSが3mm以上の34股中9股、2〜3mmの23股中7股、1〜2mmの6股中6股、1mm未満の88股中84股と、2mm未満で有意に発生頻度が高かった。6区域の部位別にみると、外側前方(88股)、中間前方(68股)、外側後方...
18F-fluoride PETを用いた表面置換型人工股関節置換術後の大腿骨頭および頸部の血流評価
富岡 政光, 稲葉 裕, 小林 直実, 雪澤 洋平, 池 ひろゆき, 久保田 聡, 阿多 由梨加, 齋藤 知行
日本整形外科学会雑誌   87(3) S840-S840   Mar 2013

Conference Activities & Talks

 
11歳男児に発症した大腿骨頸部のreactive osteochondromatous lesionの一例 本症例はFAIか?
松田 蓉子, 小林 直実, 崔 賢民, 久保田 聡, 稲葉 裕, 齋藤 知行
JOSKAS   Jul 2016   
大腿骨頭前方回転骨切り術後に発症した骨性インピンジメントに対して股関節鏡視下手術を施行した1例
久保田 聡, 稲葉 裕, 小林 直実, 崔 賢民, 松田 蓉子, 齋藤 知行
JOSKAS   Jul 2016   
ボーダーラインDDHにおけるcam変形合併はインピンジメント部位の分布に影響するか?
小林 直実, 稲葉 裕, 久保田 聡, 雪澤 洋平, 崔 賢民, 齋藤 知行
JOSKAS   Jul 2016   
人工関節周囲感染を中心とする整形外科領域感染症におけるMultiplexリアルタイムPCRの有用性
川村 正樹, 小林 直実, 稲葉 裕, 雪沢 洋平, 崔 賢民, 宮前 祐之, 久保田 聡, 齋藤 知行, 友山 瑛人, 山崎 悦子
日本骨・関節感染症学会プログラム・抄録集   Jul 2016   
MRS特異的PCRが若年性特発性関節炎に合併した腸腰筋膿瘍の起因菌同定に有用であった一例
崔 賢民, 稲葉 裕, 小林 直実, 川村 正樹, 齋藤 知行
日本骨・関節感染症学会プログラム・抄録集   Jul 2016