久保 裕史

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/04 05:26
 
アバター
研究者氏名
久保 裕史
 
クボ ヒロシ
eメール
hiroshi.kubokubo-labo.com
URL
http://www.kubo-labo.com/
所属
千葉工業大学
部署
社会システム科学部プロジェクトマネジメント学科
職名
教授
学位
学士(名古屋工業大学), 工学修士(名古屋工業大学), 博士(工学)(名古屋工業大学)
科研費研究者番号
20581151

研究分野

 

経歴

 
1979年4月
 - 
1995年9月
富士写真フイルム株式会社 磁気記録研究所 研究員
 
1995年10月
 - 
2004年9月
富士フイルム株式会社 記録メディア研究所 主任研究員
 
2004年10月
 - 
2006年3月
富士フイルム株式会社 記録メディア研究所 研究担当部長
 
2006年4月
 - 
2008年1月
富士フイルム株式会社 記録メディア事業部商品技術部 技術担当部長
 
2008年2月
 - 
2009年9月
富士フイルム株式会社 先端コア技術研究所 研究担当部長
 

学歴

 
1973年4月
 - 
1977年3月
名古屋工業大学 工学部 電気工学科
 
1977年4月
 - 
1979年3月
名古屋工業大学 工学研究科 電気工学専攻
 

委員歴

 
2017年10月
 - 
現在
国際P2M学会  大会企画委員長
 
2018年8月
   
 
イスラム・フィンテック・エコシステム・シンポジウム企画委員会  チェア
 
2018年3月
 - 
現在
2018 International Conference on Hospitality, Leisure, Sports, and Tourism - Summer Session  Invited Guest
 
2015年4月
 - 
現在
一般社団法人 国際P2M学会  評議員
 
2018年3月
 - 
現在
2018 International Symposium on Economics and Social Science-Summer Session  Invited Guests
 

受賞

 
2018年8月
International Symposium on Economics and Social Science Outstanding Paper Award of ISESS A Study on Critical Points for Social Public Value Creation from Project and Program Management Viewpoint
受賞者: Fumihiko Okiura a, Kazuki Okosob, Takashi Kakimotoc, and Hiroshi Kubo
 
This study aims to identify these critical points by adapting the project and program management theory framework and comparative study of cases of the Official Development Assistance by Japan International Cooperation Agency in Socialist Republic...
2017年9月
The 3rd International Conference on Production Management (ICPM) 2017 Excellent Paper Award of ICPM Viewpoint of Service Strategy for the Manufacturing Industry
受賞者: Akira Umemura and Hiroshi Kubo
 
2017年9月
The 3rd International Conference on Production Management (ICPM) 2017 Excellent Paper Award of ICPM Proposal of R&D Strategy Structures Based on Customer Feedback to Overcome the Darwinian Sea
受賞者: Mamoru Kiyota, Hiroshi Kubo
 
2017年9月
The 3rd International Conference on Production Management (ICPM 2017) Excellent Paper Award of ICPM Current status of apparel recycling in Japan and related issues
受賞者: Eriko Kasai, Hiroshi Kubo
 
2017年9月
The 3rd International Conference on Production Management (ICPM) 2017 Best Paper Award of ICPM Empirical research on quantitative evaluation by the modified magnetic model for the R&D project management
受賞者: Hideki Hayashida, Hiroki Funashima, Hiroshi Kubo, Akira Yamazaki
 

論文

 
PVメガフロートプロジェクトの構想
千葉工業大学 プロジェクト研究年報 2012年度   2012    2012年6月
PM技法に基づいて,PVメガフロートのスコープ,得失,課題,ステークホルダー,コスト,リスクを明らかにするとともに,3段階の研究開発計画を立案した.PVメガフロートによるグリッドパリティの実現は,十分可能である.
中国の太陽光パネル産業における ものづくり国際経営戦略
久保裕史、李暁莎
千葉工業大学研究報告   (50) 1-1~8   2013年3月
高収益を挙げる ものづくり企業は,そのアーキテクチャが,内部と外部で異なる組合せを採ることが多いことが知られている.そのコンセプトに基づき,日本企業が,巨大市場へと変貌しつつある中国太陽光発電市場を目指すうえでの3つの戦略,「インテグラル型部材・設備をコアとする共同戦略」,「内インテグラル/外モジュラー型高変換効率・長寿命モジュール戦略」,「内モジュラー/外インテグラル型スマートグリッド戦略」,を提案した.
アジアのスマートグリッド産業ものづくり国際経営戦略  - リチウムイオン電池の製品・工程アーキテクチャ -
久保裕史、山崎信雄
千葉工業大学 プロジェクト研究年報   10 63-64   2013年6月
民生用と車載用のLIBを,製品と工程の各アーキテクチャ別に分析し,日本のLIB企業の経営戦略立案に資する.
ものづくりR&Dプロジェクトマネジメント
保裕史、五百井俊宏、荻林成章、加藤和彦、越山健彦、下田篤、服部光郎、藤本淳、牛山主計、清田守、柴崎耕介、田中伸一、福長正光、松江登久、山崎信雄、横森清
千葉工業大学 プロジェクト研究年報      2014年10月
世の中に無数のものづくりR&Dプロジェクトは存在するものの,その現場で必ずしもPMは有効に活用されていない.その理由は何か,どうすればPMが有効活用され成果に結びつけられるのか,これらの点に問題意識をもつ産学メンバーが昨年結集し,本学フォーラムとPM学会研究会の共催組織として研究活動を進めてきた.その活動内容の要点を報告する.
学科をまたぐ社会実装ロボット教育
富山健,平井成興,太田祐介,宇井吉美,佐藤弘喜, 安藤昌也,五百井俊宏,久保裕史
工学教育   63(1) 31-36   2015年1月   [査読有り][招待有り]
複数学科をまたいだ社会実装ロボット教育の仕組みをワークショップの形で試行し、得られた指針に基づいてカリキュラムを策定し、それに沿ってPBL型通年演習科目を試行している。まず、介護の現場人やベンチャー業界人等にヒアリングを行い、ロボット技術に対する現場の理解や現在の商用状況を調査し、それに基づいてロボットの社会実装に必要な教育の仕組みを提案し、それを3回にわたるワークショップの形式で試行した。そこでは、3学科からの学生と現場人のアドバイザーがチームとなり、現場実習からのアイデアの掘り起こし、...
水耕ソーラーシェアリングの可能性
太陽エネルギー   (239) 1-7   2017年5月   [招待有り]
INNOVATION FOLLOWS STRATEGY
Proceedings The 5th International Conference on Project and Program Management      2017年11月   [招待有り]
A Study on Innovation Models Consistent with Strategic Approaches
Proceedings of The 3rdICPM 2017 in Bangkok   3 171-174   2017年9月   [査読有り]
Current status of apparel recycling in Japan and related issues
Eriko KASAI
Proceedings of The 3rdICPM 2017 in Bangkok   (3) 353-356   2017年9月   [査読有り]
Viewpoint of Service Strategy for the Manufacturing Industry
Akira Umemura
Proceedings of The 3rdICPM 2017 in Bangkok   (3) 357-360   2017年9月   [査読有り]
Empirical research on quantitative evaluation by the modified magnetic model for the R&D project management
Hideki Hayashida, Hiroki Funashima, Akira Yamazaki
Proceedings of The 3rdICPM 2017 in Bangkok   365-368   2017年9月   [査読有り]
Proposal of R&D Strategy Structures Based on Customer Feedback to Overcome the Darwinian Sea
Mamoru Kiyota
Proceedings of The 3rdICPM 2017 in Bangkok   (3) 361-364   2017年9月   [査読有り]
Study of Management to Improve R&D Efficiency at the National Level
Akira Yamazaki, Shigenori Hata, Yoshikazu Yamaguchi, Atsushi Shimoda
Proceedings of The 11th International Conference on Project Management      2017年11月   [査読有り]
Consistency among Strategies, Innovation Models and Project Styles
Proceedings of The 11th International Conference on Project Management      2017年9月   [査読有り]
A Study of the Abernathy and Utterback Multi-Layer Model for Photovoltaic Business Strategy after the Feed-in Tariff System in Japan
Takashi KAKIMOTO
Proceedings of ISESS-Summer July 12-14, 2016, Kyoto, Japan   438-456   2016年7月   [査読有り]
The Training Method Proposal for R&D Project Managers
Mamoru Kiyota
2016 Proceedings of PICMET '16   2088-2095   2016年9月   [査読有り]
A Possibility of Open Zero Energy Plant Factory
Shun Murayama, Masaki Tanimoto, Kazuki Okoso, Shizuo Maeno
Proceedings of Electronics Goes Green 2016+      2016年9月   [査読有り]
A Study of Enhancement of Management for Public Support for R&D, with a Special Focus on Ventures
Akira YAMAZAKI, Yoshihiro KUDO, Shigenori HATA, Shigeki SAKURAI, Atsushi SHIMODA
Proceedings of ISESS-Summer July 12-14, 2016, Kyoto, Japan      2016年7月   [査読有り]
多毛作水耕を用いた営農継続型太陽光発電の基礎研究
前野静夫,谷本柾樹,大社一樹
2016年千葉工業大学附属総合研究所 プロジェクト研究年報      2016年9月
フォーラム/R&Dプロジェクトマネジメント研究会
五百井俊宏,下田篤,下村道夫,田隈広紀,服部光郎,藤本淳,山崎晃,越山建彦,清田守,金子浩明,加藤勇夫,柴崎耕介,福長正光,松江登久,山﨑信雄,横森清,牛山主計,小原重信,前野静夫
千葉工業大学2016年プロジェクト研究年報      2016年9月
現場教育を取り入れた学部学科間連携型PBLを生かしたカリキュラム構成
太田祐介,他
2016年千葉工業大学附属総合研究所 プロジェクト研究年報      2016年9月
P2M methods in R&D to Overcome the Darwinian Sea
Mamoru Kiyota
ASCON IEE-Ch 2016      2016年11月
Creating Customer Value through Project Management in R&D
Toshihiro Ioi,, Atsushi Shimoda, Hironori Takuma, Akira Yamazaki, Mamoru Kiyota, Hiroaki Kaneko
Proceedings of the 10th International Conference on Project Management (ProMAC2016)   574-581   2016年11月   [査読有り]
KFS Prediction for Energy Management System Enterprise by Analyzing Similarity to System LSI Enterprise
Takashi Kakimoto
International Conference on Innovation, Management and Industrial Engineering   217-238   2015年6月   [査読有り]
A suggestion of the way to examine the field of ICT utilization for the small service entities
Akira UMEMURA
Proceedings of 3rd International Society for Standardization Studies      2015年7月   [査読有り]
Problems and Solutions for the Successful Introduction of a Phase-Gate Model for Domain-Specialized High-Tech Manufacturers in Japan
Hiroaki KANEKO
2015 Proceedings of PICMET '15   1748-1753   2015年8月   [査読有り]
The Japanese Apparel Industry: Current Status from the Inventory Perspective
Eriko KASAI
The Proceedings of 2nd International Conference of Japan Society for Production Management.      2015年9月   [査読有り]
アーキテクチャ分析法を用いたリチウムイオン電池産業のものづくり国際経営戦略
山﨑信雄
プロジェクト研究年報2015年      2015年9月
現場教育を取り入れた学科間連携PBLカリキュラム
太田祐介,他
プロジェクト研究年報2015年      2015年9月
Study on Program Integration Management Model and Program Profiling Management for Value Creation in Ambiguous Missions in ODA
Fumihiko OKIURA
The Proceedings of 3rd International Conference on Project & Program Management      2015年11月
Study of Enhancement of Management for Public Support for R&D, With a Special Focus on Ventures
Akira YAMAZAKI, Yoshihiro KUDO, Shigenori HATA, Shigeki SAKURAI, Atsushi SHIMODA
The Proceedings of 3rd International Conference on Project & Program Management      2015年11月
A Proposal of R&D Type P2M Suitable for New Business Creation
Mamoru Kiyota
The Proceedings of 3rd International Conference on Project & Program Management      2015年11月
Consideration of Success Factors for Business Development of Services by Internet of Services (IoS)
Akira UMEMURA
The Proceedings of 4th International Conference on International Society for Standardization Studies      2015年11月   [査読有り]
価値創造をもたらすR&D PM
プロジェクトマネジメント学会誌      2015年12月
A New Proposal of Sustainable PV Gigafloat System
Going Green - CARE INNOVATION 2014      2014年11月   [査読有り]
A Business Strategy in the Lithium-Ion Battery Industry
Nobuo Yamazaki
2014 Proceedings of PICMET '14   50-60   2014年7月   [査読有り]
The Activity of Monozukuri R&D Project Management Study Group
Ioi, Shimoda, Kiyota
Proceedings of ProMAC 2013      2013年11月
Education of New Business Creation using PBL
Kento KOHARA
Proceedings of ProMAC 2013      2013年11月
A Consideration of Strategy and Innovation for Hyper Smart Society Realization
PICMET'17      2017年7月   [査読有り]
Various companies must select an innovation model according to their respective strategies to realize a Hyper Smart Society (HSS). Four strategic approaches exist: resources, positioning, gaming, and learning; these respectively correspond to the ...
Consistency among Strategies, Innovation Models and Project Styles
Proceedings of The 11th International Conference on Project Management      2017年11月   [査読有り]
In this research, firstly, by analyzing the combination of strategic approach and innovation model of success cases in various industries, it was clarified that the optimum combination of both is as follows: resource approach and linear model, pos...
Investigation of problem solving method assumed in business automation utilizing artificial intelligence
Hiroko Tanaka
2018 International Symposium on Economics and Social Science-Summer Session      2018年8月   [査読有り]
We show a case example of business automation project utilizing AI in the past recruitment service industry, it shows that the application of scenario writing is effective as a method to deal with the problem occurred in this project. Furthermore,...
A Study on Critical Points for Social Public Value Creation from Project and Program Management Viewpoint
Fumihiko Okiura, Kazuki Okoso, Takashi Kakimotoc
2018 International Symposium on Economics and Social Science-Summer Session      2018年8月   [査読有り]
This study aims to identify these critical points by adapting the project and program management theory framework and comparative study of cases of the Official Development Assistance by Japan International Cooperation Agency in Socialist Republic...
Proposal of Five Frameworks for Constructing Keystone Strategy
PICMET 2018      2018年8月   [査読有り]
A Study of Open-Field Hydroponics in Paddy Fields
Kazuki Okoso, Hiroshi Kubo, Masaki Tanimoto
2018 International Conference on Engineering and Natural Science-Summer Session      2018年8月   [査読有り]
We will discuss open-field hydroponics in paddy fields, which will be a major contributor to solving this problem. When producing rice in a 1000 m2 field, yearly income is only about $1,000, but by produce green vegetables instead, yearly income w...
LPWA アライアンスにおける統合マネジメントについての一考察
国際P2M学会誌   13(1)    2018年10月   [査読有り]
IoT 事業における LPWA アライアンスは、通信方式によって使用できるネットワークが限定されるため、キーストーン企業を通信業者、デバイスメーカーをニッチ企業とするエコシステムと位置づけられる.本稿では、このような依存関係にある両者が、協業し価値創造を進める際に、自律的で円滑な関係性を維持するために P2M のプラットフォームマネジメントを活用することが有効である点について論じる。
人材不足解消に向けた人工知能技術の活用におけるP2M理論の有効性
田中裕子
国際P2M学会誌   13(1)    2018年10月   [査読有り]
人材紹介業においては、十分な経験とスキルを有する専門家が少なく、人材育成を急速に進めたとしても不足分を補えない状況である。
そこで、本論文では、人材紹介業における専門家不足の状況に対して人工知能技術を適用した事例を用い、その取組みにおけるP2M理論の有効性を示すととともに、P2M理論にもとづきノウハウ共有における人工知能技術の有効性について論じる。

Misc

 
GeS2単結晶へのAgのホト・ドーピング機構
佐治学、久保裕史、浜田安彦、小宮一紀
電気学会論文誌   105(6) 337-344   1985年6月   [査読有り]
HEAD MEDIA INTERFACE OF STRETCHED RECORDING DISK
Toshiharu Takedam, Kiyotaka Fukino, et. al.
Journal of the Magnetics Society of Japan   15(S2) 727-732   1991年11月
A New Type of Light Stabilizer for Dye Layers of Optical Disks: Tetracyanoquinodimethane Derivatives
Japanese Journal of Applied Physics   38 1634-1637   1999年3月   [査読有り]
Blue-Violet Laser Write-Once Optical Disc with Spin-Coated Dye-Based Recording Layer
Yoshihisa Usami, Takeshi Kakuta, et al.
The Society of Photo-Optical Instrumentation Engineer   5069 182-189   2003年10月   [査読有り]
A 11-177 Mbps Recordable Digital Versatile Disc (1-16x DVD-R) Using a New Dye
Michihiro SHIBATA, Hirokazu HASHIMOTO, Shin-ichi MORISHIMA, Masaharu AKIBA, Yoshio INAGAKI
Japanese Journal of Applied Physics   43 5038-5039   2004年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
NE BOOKS 解体新書 次世代光ディスク 「Blu-ray Disc」と「AOD」のすべて
久保裕史、島野健、Man-hyung Lee、他16名 (担当:共著)
日経BP社   2003年9月   
次世代光記録技術と材料
奥田昌宏、寺尾元康、久保 裕史、他23名 (担当:共著)
シーエムシー出版   2004年1月   
International Optical Data Storage Roadmap
Ryuichi Katayama, Jos van Haaren, Hiroshi Kubo, et. al. (担当:共著)
Information Storage Industry Consortium   2006年8月   
ISOM Optical Memory Roadmap Report
Takeshi Maeda, Junji Tominaga, Hiroshi Kubo, et.al. (担当:共著)
ISOM Secretariat   2006年12月   
次世代光記録材料
シーエムシー出版   2009年4月   

講演・口頭発表等

 
Progress in Organic Recordable Media Technology for BD-R and DVD-R [招待有り]
ODS(Optical Data Storage Topical Meeting)   2004年4月   
The recording mechanism of Write-Once Blu-ray Disc (BD-R) and 16x DVD-R using novel organic dyes is discussed in terms of the optical and thermal decomposition properties of dyes and morphological observation of recording layers. Practical propert...
太陽電池産業における中国ものづくり経営と日台共同戦略の可能性 [招待有り]
台日商策略聯盟與大陸內需市場開拓:策略、案例與挑戰學術研討會、   2012年5月   
PBLを用いたビジネス創成教育 [招待有り]
PMI日本フォーラム2015   2015年7月11日   一般社団法人PMI日本支
水耕ソーラーシェアリングの可能性 [招待有り]
太陽光化学・バイオ部会第6回研究講演会   2017年3月14日   一般社団法人日本太陽エネルギー学会
Innovation follows strategy Aiming to realize Hyper Smart Society [招待有り]
The 5th International Conference on Project & Program Management   2017年3月24日   IAP2M

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
高密度コンピュータ用磁気テープの研究開発
富士写真フイルム(株): 
研究期間: 1979年4月 - 1983年3月
高密度小型フロッピーディスクの研究開発
富士写真フイルム(株): 
研究期間: 1983年4月 - 1990年
垂直磁気記録用ストレッチ型ディスクの研究
富士写真フイルム(株): 
研究期間: 1990年4月 - 1992年3月
各種新規光ディスク製品群の開発
富士写真フイルム(株): 
研究期間: 1993年4月 - 1995年3月
先端的色素系光ディスク製品群の研究開発および製品化
富士フイルム(株): 
研究期間: 1995年10月 - 2006年3月

特許

 
5186976 : METHOD FOR PRODUCING SHEET-FORMED RECORDING MEDIUM
Hiroshi Kubo, Keitetsu Imafuji
特公平6-77310 : 磁気記録媒体
久保裕史、浅井高光、正木幸一
3426332 : 複合記録媒体
2009/0129253 : METHOD OF MANUFACUREING OPTICAL RECORDING MEDIUM
Kazutoshi Katayama, Hiroshi Kubo
2009/0129253 : OPTICAL DISC AND METHOD FOR IMAGE FORMING THEREON
Hiroshi KUBO, Michio Shibata, Seiya YAMADA, Hisanori ITOGA, Tatsuo FUSHIKI

社会貢献活動

 
オレンジフォーラム(現CD-21s) 物理規格ワーキング・グループ 委員
【】  1998年2月 - 2000年9月
DVD FORUM, Working Group 6 委員
【】  1998年10月 - 2006年1月
(財)化学技術戦略推進機構 「フォトニック分子メモリ」テーマ検討委員会 事務局長
【】  1999年4月 - 2001年8月
(財)化学技術戦略推進機構 物質・プロセス委員会 電子・情報分科会 委員
【】  1999年4月 - 2001年8月
DVD FORUM, Working Group 11 委員
【】  2003年6月 - 2006年1月