基本情報

所属
日本医薬品安全性学会 理事
学位
博士(医学)(横浜市立大学)

J-GLOBAL ID
201201086975363541

外部リンク

乳児のアトピー性皮膚炎の発症、悪化要因と皮膚のバリア機能障害との関連性について示し、保湿剤を外用することでアトピー性皮膚炎の重症化を防ぐことができたことを見出しました。

MISC

  2