KURASAWA Kentarou

J-GLOBAL         Last updated: Apr 2, 2019 at 10:08
 
Avatar
Name
KURASAWA Kentarou
Affiliation
Yokohama City University
Section
School of Medicine Medical Course , Obsterics and Gynecology
Job title
Associate Professor

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Assistant Professor, Yokohama City University Medical Center, General Perinatal Center, YCU Medical Center
 

Misc

 
当院における産後大量出血に対する動脈塞栓術の効果について
谷口 華子, 倉澤 健太郎, 持丸 綾, 笠井 絢子, 望月 昭彦, 青木 茂, 奥田 美加, 高橋 恒男, 平原 史樹
日本周産期・新生児医学会雑誌   52(1) 43-47   May 2016
糖尿病女性とウィメンズヘルスケア 糖尿病と女性のQOL
倉澤 健太郎
糖尿病と妊娠   15(1) 50-55   Aug 2015
わが国の糖尿病患者は増え続けており、その予備群を含めると約2210万人と推計されている。糖尿病の主な合併症として微小血管障害や動脈硬化性病変が挙げられるが、近年では悪性腫瘍・骨粗鬆症・歯周病・認知症などの合併症も注目されている。これらの疾患はひとたび起こると生活の質(QOL)が著しく阻害され、患者の健康寿命を短縮する。2013年、日本糖尿病学会と日本癌学会に設置された合同委員会より糖尿病患者の癌発症リスクが高いことが報告された。とくに肝臓癌、膵臓癌、大腸癌、子宮内膜癌については留意が必要で...
【周産期メンタルヘルス-妊婦の不安とどう立ち向かうか】 妊娠中のメンタルヘルス 精神疾患合併妊娠の急性期医療
倉澤 健太郎, 高橋 雄一, 高橋 恒男
周産期医学   44(7) 911-916   Jul 2014
【周産期救急】 総論 周産期救急
倉澤 健太郎
関東連合産科婦人科学会誌   50(1) 197-199   Mar 2013
一児死亡後急速に脳室拡大を認めた一絨毛膜二羊膜(MD)双胎の一例
倉澤 健太郎, 佐藤 加奈子, 柳瀬 健太郎, 山口 瑞穂, 望月 昭彦, 田野島 美城, 奥田 美加, 堀口 靖子, 関 和男, 高橋 恒男, 平原 史樹
日本周産期・新生児医学会雑誌   47(1) 125-129   May 2011
29歳女。自然妊娠による一絨毛膜二羊膜性双胎として、妊娠11週に紹介初診した。妊娠19週と21週の時点では、腹部超音波検査にて先進児の臍帯付着部異常(卵膜付着)が疑われたが、胎児発育週数相当であり羊水量も差はなく、両児の膀胱も確認できたため経過観察とした。明確な胎動の自覚がないまま、妊娠23週での健診時に先進児の心拍確認できず、一児子宮内胎児死亡の診断となった。妊娠24週より生存児の脳室拡大が出現した。妊娠29週、規則的な子宮収縮を自覚した。男児を骨盤位経腟分娩した。出生後の頭部MRIでは...