五東 弘昭

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/14 11:18
 
アバター
研究者氏名
五東 弘昭
 
ゴトウ ヒロアキ
eメール
gotoh-hiroaki-ywynu.ac.jp
URL
http://www.poclab.ynu.ac.jp/
所属
横浜国立大学
部署
大学院工学研究院 機能の創生部門
科研費研究者番号
80635235
Twitter ID
gotoh_hiroaki
ORCID ID
0000-0002-1920-6020

研究分野

 
 

委員歴

 
2018年3月
 - 
2019年2月
日本化学会関東支部  幹事
 

論文

 
Takuji Takahashi, Yujirou Ikejiri, Shunichi Himori, Hiroaki Gotoh
Polymer Journal      2019年9月   [査読有り]
Journal of Physics: Conference Series      2019年8月   [査読有り]
Journal of Physics: Conference Series      2019年8月   [査読有り]
Asian Journal of Chemistry      2019年8月   [査読有り]
<jats:p>Organocatalysts have been the subject of intense research effort because of their low toxicity, facile handling, and eco-friendly characteristics. Recently, the development of C-H activation reaction using organocatalysts has also been stu...
Kazuya Ichikawa, Ryosuke Sasada, Kosuke Chiba, Hiroaki Gotoh
Antioxidants   8(3) 65   2019年3月   [査読有り]
米原 宗寛, 若菜 亮, 榊原 和久, 古徳 純一, 小林 毅範, 五東 弘昭
医学物理   37(2) 117-121   2017年11月   [査読有り]
Jun Naganuma, Yudai Yamazaki, Hiroaki Gotoh
Structural Chemistry      2019年4月   [査読有り]
Dyes and Pigments   124 130-132   2016年1月   [査読有り]
トリアリールメタン系色素の紫外線による退色を、LC/MSやUV/VISにより解析したところ、Brを有するBasic Blue 1が特異的に退色することを見出した。また、その理由について考察した。
PVA-KI系ゲルインジケータの開発
福井工業大学研究紀要   (47) 105-110   2016年3月   [査読有り]
Chemistry - A European Journal   21(35) 12337-12346   2015年6月   [査読有り]
プロリン由来の有機分子触媒の一部を変える事によって、Michael 反応及びDiels Alder反応が選択的に進行することの理由の解明を行った。
Analytical Methods      2016年   [査読有り]
<p>Chlorine radicals (Cl˙), generated by the YAG laser photolysis (<italic>λ</italic> = 355 nm) of Cl2 in the gas phase, were captured by using 2,2-diphenyl-1-picrylhydrazyl (DPPH˙) and were characterized using ion attachment ionization...
20(51) 17077-17088   2014年12月   [査読有り]
ジフェニルプロリノールシリルエーテルを用いた不斉触媒反応におけるシリル基の影響について詳細に調べ、その理由について考察した。
16(15) 3868-3871   2014年7月   [査読有り]
アントラセンを有する新規ニトロキシドラジカルを開発し、開発した化合物がラジカルスカベンジング剤として有能であることを示した。
Chemistry Letters   43(5) 649-651   2014年1月   [査読有り]
テトラメチルグアニジンと過剰量のトリフルオロメタンスルホン酸からイオン液体を合成し,その物性を伝導度, NMR, IR, Mass, B3LYP/6-31G*による計算化学を用いて考察した。
過剰量のトリフルオロメタンをグアニジンに加えたイオン液体の正常評価に関する研究を行った。
Hiroaki Gotoh, Justin E. Sears, Albert Eschenmoser, Dale L. Boger
134(32) 13240-13243   2012年8月   [査読有り]
An Organocatalytic, Enantioselective Intramolecular [6+2] Cycloaddition Reaction for the Formation of Tricyclopentanoids and Insight on its Mechanism from a Computational Study
Y. Hayashi, H. Gotoh, M. Honma, K. Sankar, I. Kumar, H. Ishikawa, K. Konno, H. Yui, S. Tsuzuki, T. Uchimaru
133(50) 20175-20185   2011年11月   [査読有り]
10'-Fluorovinblastine and 10'-Fluorovincristine: Synthesis of a Key Series of Modified Vinca Alkaloids
H. Gotoh, W. M. Rovertson, K. K. Duncan, D. L. Boger
2(12) 948-952   2011年10月   [査読有り]
Catharanthine C16 Substituent Effects on the Biomimetic Coupling with Vindoline: Preparation and Evaluation of a Key Series of Vinblastine Analogues
A. Tam, H. Gotoh, W. M. Rovertson, D. L. Boger
20(22) 6408-6410   2010年11月   [査読有り]

Misc

 
五東弘昭
有機合成化学協会誌   71(4) 355-356   2013年4月
金属錯体を用いる炭素~水素単結合の官能基化に関する解説記事。
125-156   2012年4月   [査読有り]
プロリン誘導体以外の有機分子触媒を用いたアルドール反応に関する総説。

書籍等出版物

 
Sustainable Catalysis: Challenges and Practices for the Pharmaceutical and Fine Chemical Industries
Editors-in-chief Peter J. Dunn, K. K. (Mimi) Hii. Michael J. Krische. Michael T. Williams (分担執筆 H. Gotoh, Y. Hayashi.) (担当:共著)
2013年3月   

講演・口頭発表等

 
The 10th International Conference on 3D and Advanced Dosimetry   2018年9月18日   

担当経験のある科目