谷川 洋文

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/09 12:44
 
アバター
研究者氏名
谷川 洋文
 
タニガワ ヒロフミ
所属
九州工業大学
部署
大学院工学研究院 機械知能工学研究系
職名
助教
学位
博士(工学)(九州大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
   
 
 九州工業大学大学院工学研究院機械知能工学研究系 助教
 

学歴

 
 
 - 
1987年
九州工業大学 工学部 第二部機械工学科
 

論文

 
気泡微細化沸騰の発生機構に関する研究
中村 仁, 鶴田 隆治, 谷川 洋文
日本機械学会論文集   84(859)    2018年
Paper Shrinkage after Fusing Process in Electrophotography
Shunichi Oohara,Makoto Wada,Hirofumi Tanigawa,Takaharu Tsuruta
proceedings of the Fourth International Forum on Heat Transfer      2016年
Effects of Heating Methods on Drying Performance and Shrinkage Deformation of Foods (Comparison between Microwave and Warm-Air Heating)
Keita Yamawaki,Akiyoshi Nakakura,Hirofumi Tanigawa,Takaharu Tsuruta
proceedings of the Fourth International Forum on Heat Transfer      2016年
Tsuruta T., Sano H., Tanigawa H.
Journal of Thermal Science and Technology   11(3) 1-8   2016年
STUDY ON SHRINKAGE DEFORMATION OF FOOD IN MICROWAVE VACUUM DRYING
Takaharu Tsuruta,Hirofumi Tanigawa,Haruki Sashi
Proceedings of the 19th International Drying Symposium      2014年

講演・口頭発表等

 
積層多孔質層内対流パターンの遷移とエントロピ生成
日本機械学会北九州地方講演会講演論文集   1989年   
多孔質発熱体まわりの自然対流
第27回日本伝熱シンポジウム講演論文集   1990年   
熱スクリーンによる水平流体層内の浮力対流およびマランゴニ対流の促進と抑制
日本機械学会熱工学講演会講演論文集   1990年   
熱スクリーンによる自然対流の促進と抑制
第28回日本伝熱シンポジウム講演論文集   1991年   
ヒートパイプの封入による断熱層の性能向上に関する研究
日本機械学会熱工学講演会講演論文集   1991年   

Works

 
燃料電池内部の水分量を適正に動的コントロールできる可変ガス流路の開発
2011年 - 2014年
環境温度変化に応じて構造と性能が自動的に変化するインテリジェント断熱材の開発
2001年 - 2003年
格子ガス法による燃料電池内物質移動三次元解析シミュレータの研究開発
2005年 - 2007年
ヒートパイプを封入した高性能断熱層の研究
1991年 - 1993年
ヒートパイプによる自然対流境界層制御の研究
1993年 - 1995年
多孔質高レイノルズ数流れのForchheimer抵抗と熱分散に関する研究
1996年 - 1998年
水の気液界面物質伝達機構の分子動力学解析と毛細管実験による検証
1999年 - 2001年
マイクロ波による細胞内凍結の制御と凍結保存技術への応用
2001年 - 2004年
気液相変化理論に基づくナノ・ミクロスケール乾燥モデルの構築と新規乾燥技術開発
2005年 - 2008年
小型廃棄物発電装置の製品化に向けての共同研究
2016年 - 2017年
積雪時における給湯管ビニール ハウス構造体の融雪ならびに暖房効果の検証
2018年 - 2019年

競争的資金等の研究課題

 
-

特許

 
断熱と伝熱を行なう壁構造体
特許第4939694号
固体高分子形燃料電池
特許第5234461号