川原 憲治

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/22 03:09
 
アバター
研究者氏名
川原 憲治
 
カワハラ ケンジ
URL
http://nile.cse.kyutech.ac.jp/~kawahara
所属
九州工業大学
部署
大学院情報工学研究院 電子情報工学研究系
職名
准教授
学位
博士(工学)(大阪大学), 修士(情報工学)(九州工業大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
   
 
 九州工業大学大学院情報工学研究院電子情報工学研究系 准教授
 
1995年
 - 
1997年
 奈良先端科学技術大学院大学 助手
 

委員歴

 
2002年
   
 
電子情報通信学会  ネットワーク研究専門委員会専門委員
 
2008年
 - 
2011年
電子情報通信学会  ソサエティ論文誌編集委員会編集委員
 
2010年
 - 
2012年
電子情報通信学会  Special Issue on Networking Technologies for Cloud Services 英文論文小特集編集委員会 編集委員
 
2012年
 - 
2013年
電子情報通信学会  震災復興や新興国の近未来に役立つ情報ネットワーク技術 和文論文小特集編集委員会 編集委員
 
2013年
 - 
2014年
電子情報通信学会  将来の情報ネットワーク構築に向けた拡張性・信頼性・ロバスト性を向上させる通信技術とアーキテクチャ 英文論文小特集編集委員会 編集委員
 

受賞

 
2007年
論文賞
 
2008年
研究賞
 

Misc

 
Forward Error Correction in ATM Networks : Av. Analysis of Cell Loss Distribution in a Block
K. Kawahara,K. Kumazoe,T. Takine,Y. Oie
IEEE INFOCOM'94      1994年
K. Kawahara,Y. Oie,M. Murata,H. Miyahara
IEEE Journal on Selected Areas in Communications   13(4) 651-651   1995年
バックプレッシャー輻輳制御方式の基本特性の解析
川原 憲治
電子情報通信学会論文誌(B-I)   J78-B-I(12) 837-837   1995年
Performance Analysis of Backpressare Congestion Control : Preliminary Case
川原 憲治
未入力   J78-B-I(12) 837-837   1995年
Performance Analys is Backpressure Congestin Control : Preliminary Case
川原 憲治
IEEE GLOBECOM '95      1995年

書籍等出版物

 
Information Networking Advance in Data Communications and Wireless Networks
Springer LNCS 3961   2006年   

講演・口頭発表等

 
Fairness Issue in ABR Service of ATM Networks: Performance Comparison of ERICA & EPRCAM
電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会   1998年   
Layer3 Switching機構におけるカットスルー、遅延特性の性能評価
電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会   1998年   
トポロジー駆動型Layer3スイッチの性能解析
電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会   1998年   
Performance Comparison and Issues of Congestion Notification Schemes in ATM Networks
IEEE ICC'98   1998年   
パケット交換網における音声トラヒック集約の粒度:利用率とのトレードオフ
電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会   1998年   

Works

 
ATM網における音声通信の性能評価、および無線網の統合実験
1998年 - 2000年
インターネットにおけるMPLSの性能評価,およびQoS制御実現性の検討
2000年 - 2002年
Middleboxにおけるネットワークトラヒックエンジニアリング機構の評価と実装
2003年 - 2005年
オンラインシミュレーションシステムのネットワーク制御適用可能性の検討と改善
2005年 - 2007年
ネットワーク省電力化を意識したトランスポートプロトコルの検討と実証実験
2011年 - 2014年
時間/空間ダイナミクスを考慮した統括的トラヒックエンジニアリングの評価と実現手法
2015年 - 2018年

競争的資金等の研究課題

 
ネットワーク省電力化に関する研究
研究期間: 2005年