論文

2015年9月

地方議会会議録による方言研究 : セミフォーマルと気づかない方言 (特集 方言研究の新しい展開)

方言の研究 = Studies in dialects
  • 二階堂 整
  • ,
  • 川瀬 卓
  • ,
  • 高丸 圭一
  • ,
  • 田附 敏尚
  • ,
  • 松田 謙次郎

1
1
開始ページ
299
終了ページ
324
記述言語
日本語
掲載種別
研究論文(学術雑誌)
出版者・発行元
ひつじ書房

地方議会会議録は地域ごとに存在する豊富な言語資料である。本稿では,2つの事例の考察を通して,地方議会会議録を用いた新たな方言研究の可能性を示した。1つは,スタイル研究における可能性である。議会の議員発言の中には,フォーマルとカジュアルの中間にあたるセミフォーマルというスピーチスタイルを見出すことができることを主張した。もう1つは,気づかない方言の研究における可能性である。地方議会会議録を用いることで,実際の使用にもとづいた気づかない方言の用法分析と複数地域の比較による地理的広がりの研究ができることを述べた。この2つは地方議会会議録を利用することで把握可能となる方言の研究である。本稿の考察によって,地方議会会議録が方言研究の資料として有用であることの一端が示された。

リンク情報
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/40021403247
CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AA12732996
URL
http://id.ndl.go.jp/bib/028703379