羽賀 宣博

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/19 03:29
 
アバター
研究者氏名
羽賀 宣博
 
ハガ ノブヒロ
所属
福島県立医科大学
部署
医学部(臨床医学系) 泌尿器科学講座
職名
准教授
学位
医学博士(福島県立医科大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
 - 
2014年11月
福島県立医科大学医学部 泌尿器科学講座 助教
 
2014年12月
 - 
2016年12月
福島県立医科大学医学部 泌尿器科学講座 学内講師
 
2017年1月
 - 
2018年10月
福島県立医科大学医学部 泌尿器科学講座 講師
 
2018年11月
 - 
現在
福島県立医科大学医学部 泌尿器科学講座 准教授
 

学歴

 
1991年4月
 - 
1997年3月
福島県立医科大学 その他の学部 
 

委員歴

 
2013年
 - 
現在
日本泌尿器内視鏡学会  評議員
 
2015年4月
 - 
2017年3月
小児泌尿器科学会  評議員
 
 
   
 
小児泌尿器科学会  論文編集委員
 
 
   
 
泌尿器科care & cure Uro-Lo  チームウロロ
 
 
   
 
日本排尿機能学会   代議員
 

受賞

 
2005年
日本排尿機能学会 第12回 日本排尿機能学会川邉賞
 
2012年
福島県立医科大学 医学部 泌尿器科学講座 第2回 福島県立医科大学 医学部 泌尿器科講座 同門会賞
 
2014年4月
日本泌尿器科学会 第102回 日本泌尿器科学会 総会賞
 
2015年1月
福島県立医科大学 泌尿器科学講座 同門会 第5回 福島県立医科大学 医学部 泌尿器科学講座 同門会賞
 
2016年1月
福島県立医科大学 泌尿器科学講座 同門会 第6回 福島県立医科大学 医学部 泌尿器科学講座 同門会賞
 

論文

 
Haga N, Aikawa K, Ishibashi K, Yanagida T, Takahashi N, Ogawa S, Oguro T, Kataoka M, Irisawa C, Kojima Y.
Int Urol Nephrol. 2012 Aug 15. [Epub ahead of print]      2012年8月   [査読有り]
Source aDepartment of Urology, Fukushima Medical University School of Medicine bDepartment of Urology, Soma Central Hospital cDepartment of Urology, Hanawa Welfare Hospital, Fukushima, Japan.
J Hypertens. 2013 Aug;31   31(8) 1724-6.   2013年8月   [査読有り]
東日本大震災当時の福島県内の透析患者さんの血圧動態が津波と原発の被害により、どのように変動したか明らかにした。
The great East Japan earthquake affected the laboratory findings of hemodialysis patients in Fukushima.
Haga N, Hata J, Yabe M, Ishibashi K, Takahashi N, Kumagai K, Ogawa S, Kataoka M, Akaihata H, Kojima Y.
Haga N, Hata J, Yabe M, Ishibashi K, Takahashi N, Kumagai K, Ogawa S, Kataoka M, Akaihata H, Kojima Y. BMC Nephrol.   14(1)    2013年10月   [査読有り]
CURRENT TECHNIQUES TO IMPROVE OUTCOMES FOR EARLY RETURN OF URINARY CONTINENCE FOLLOWING ROBOT-ASSISTED RADICAL PROSTATECTOMY.
Yanagida T, Koguchi T, Hata J, Yabe M, Sato Y, Akaihata H, Kawashima Y, Kataoka M, Ogawa S, Kumagai S, Kumagai K, Haga N, Kushida N, Ishibashi K, Aikawa K, Kojima Y.
Fukushima J Med Sci.      2014年7月   [査読有り]
Association Between Postoperative Pelvic Anatomic Features on Magnetic Resonance Imaging and Lower Tract Urinary Symptoms After Radical Prostatectomy.
Haga N, Ogawa S, Yabe M, Akaihata H, Hata J, Sato Y, Ishibashi K, Hasegawa O, Kikuchi K, Shishido F, Kojima Y.
Urology      2014年7月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Urologic Surgery Next ロボット支援手術
MEDICAL VIEW   2018年4月   

講演・口頭発表等

 
 The effect of oxybutynin and edrophonium on the afferent excitability  induced by bladder irritation in rat
Nobuhiro Haga, Ken Aikawa, Norio Takahashi, Junya Yoshida, Masanori Nomiya, Kazuya Honda, Keiichi Shishido, Takashi Yokota ,Osamu yamaguchi,
ICS annual meeting   2005年   
 The effect of oxybutynin on the afferent input induced by bladder irritation in rat
Nobuhiro Haga, Ken Aikawa, Norio Takahashi, Junya Yoshida, Masanori Nomiya, Kazuya Honda, Keiichi Shishido, Takashi Yokota ,Osamu yamaguchi,
AUA annual meeting   2005年   
ラット膀胱刺激に対する膀胱知覚求心路への抗コリン剤の効果
羽賀宣博、相川健、松岡俊光、新田浩二、吉田純也、横田崇、山口脩
日本泌尿器科学会総会   2005年   
ラット膀胱刺激に対するα1遮断剤の効果
羽賀宣博、相川健、本田和也、新田浩司、冨田晋太郎、山口脩
日本泌尿器科学会総会   2006年   
ラット膀胱刺激に対するα遮断剤の 膀胱知覚求心路への効果
羽賀宣博 相川 健 冨田晋太郎 松岡俊光 矢崎順二 佐川幸司 川島洋平 山口 脩
排尿機能学会   2006年   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
閑話:てらこやに参加して研究の質が変わった!ふくしまから質の高い臨床研究を発信しよう―私がてらこ屋から学んだこと―
羽賀宣博   その他   2017年9月

競争的資金等の研究課題

 
ロボット支援下前立腺全摘除術―QOL向上に向けた術式の共同開発―
共同研究(国際共同研究)
研究期間: 2012年   
腎癌に対するサイトカインシグナル制御による新しい抗体療法の開発
共同研究(学内共同研究)
研究期間: 2013年 - 2015年
進行性膀胱機能障害への分子スイッチの探索
共同研究(学内共同研究)
研究期間: 2013年 - 2015年
腎癌の網羅的遺伝子発現解析に基づく新規予後関連遺伝子からの治療標的の探索
共同研究(学内共同研究)
研究期間: 2014年 - 2016年
膀胱粘膜に存在する自律収縮 その特性と過活動膀胱の新規発症メカニズムの解明
共同研究(学内共同研究)
研究期間: 2014年 - 2016年