TSUKAMOTO Kazuhisa

J-GLOBAL         Last updated: Sep 24, 2019 at 18:51
 
Avatar
Name
TSUKAMOTO Kazuhisa
Affiliation
Teikyo University
Section
School of Medicine
Degree
MD., PhD.(The University of Tokyo)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
May 2013
 - 
Sep 2016
Professor, Fukushima Medical University Aizu Medical Center
 

Education

 
 
 - 
1986
Faculty of Medicine, The University of Tokyo
 

Published Papers

 
Sakamoto M, Edo N, Takahashi S, Okamura E, Uno K, Morita K, Ishikawa T, Asahi K, Iseki K, Moriyama T, Yamagata K, Tsuruya K, Fujimoto S, Narita I, Konta T, Kondo M, Kimura K, Ohashi Y, Watanabe T, Tsukamoto K
Journal of atherosclerosis and thrombosis   26(9) 805-820   Sep 2019   [Refereed]
Edo N, Kawakami K, Fujita Y, Morita K, Uno K, Tsukamoto K, Onose H, Ishikawa T, Ito M
Thyroid : official journal of the American Thyroid Association   29(7) 1012-1017   Jul 2019   [Refereed]
Morita K, Ogawa M, Kimura M, Okawa Y, Oki Y, Edo N, Tsukamoto K, Ishikawa T
Endocrine journal   66(6) 563-569   Jun 2019   [Refereed]
Ishizawa K, Wang Q, Li J, Xu N, Nemoto Y, Morimoto C, Fujii W, Tamura Y, Fujigaki Y, Tsukamoto K, Fujita T, Uchida S, Shibata S
Journal of the American Society of Nephrology : JASN   30(5) 782-794   May 2019   [Refereed]
Kinoshita M, Yokote K, Arai H, Iida M, Ishigaki Y, Ishibashi S, Umemoto S, Egusa G, Ohmura H, Okamura T, Kihara S, Koba S, Saito I, Shoji T, Daida H, Tsukamoto K, Deguchi J, Dohi S, Dobashi K, Hamaguchi H, Hara M, Hiro T, Biro S, Fujioka Y, Maruyama C, Miyamoto Y, Murakami Y, Yokode M, Yoshida H, Rakugi H, Wakatsuki A, Yamashita S, Committee for Epidemiology and Clinical Management of Atherosclerosis.
Journal of atherosclerosis and thrombosis   25(9) 846-984   Sep 2018   [Refereed]
Nohara A, Ohmura H, Okazaki H, Ogura M, Kitagawa K, Koseki M, Sato K, Tsukamoto K, Yamashita S, Japan Atherosclerosis Society Working Group on Statement for Appropriate Use of PCSK9 Inhibitors.
Journal of atherosclerosis and thrombosis   25(8) 747-750   Aug 2018   [Refereed]
Edo N, Yamamoto T, Takahashi S, Mashimo Y, Morita K, Saito K, Kondo H, Sasajima Y, Kondo F, Okinaga H, Tsukamoto K, Ishikawa T
Internal medicine (Tokyo, Japan)   57(13) 1873-1878   Jul 2018   [Refereed]
Kurano M, Ikeda H, Iso-O N, Hara M, Tsukamoto K, Yatomi Y
The Biochemical journal   475(12) 2009-2024   Jun 2018   [Refereed]
Kurano M, Hasegawa K, Kunimi M, Hara M, Yatomi Y, Teramoto T, Tsukamoto K
Biochimica et biophysica acta. Molecular and cell biology of lipids   1863(2) 191-198   Feb 2018   [Refereed]
Edo N, Morita K, Sakamoto M, Kaminaga T, Edo H, Okamura E, Ogawa M, Tsukamoto K, Okinaga H, Ishikawa T
Thyroid research   11 14   2018   [Refereed]
Kurano M, Hara M, Ikeda H, Tsukamoto K, Yatomi Y
Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology   37(3) 506-514   Mar 2017   [Refereed]
Kurano M. Hara M. Nojiri T. Ikeda H. Tsukamoto K. Yatomi Y.
Br J Pharmacol   173(1) 222-233   Jan 2016   [Refereed]
Kurano M. Suzuki A. Inoue A. Tokuhara Y. Kano K. Matsumoto H. Igarashi K. Ohkawa R. Nakamura K. Dohi T. Miyauchi K. Daida H. Tsukamoto K. Ikeda H. Aoki J. Yatomi Y.
Arteriosclerosis Thrombosis and Vascular Biology   35(2) 463-470   2015
Kurano M. Tsukamoto K. Hara M. Ohkawa R. Ikeda H. Yatomi Y.
Journal of Biological Chemistry   290(4) 2477-2488   2015
Kurano M. Hara M. Satoh H. Tsukamoto K.
Metabolism Clinical and Experimental   64(5) 588-596   May 2015   [Refereed]
6. Kurano M. Tsukamoto K. Kamitsuji S. Kamatani N. Hara M. Ishikawa T. Kim B-J. Moon S. Kim Y.J. Teramoto T.
Journal of Human Genetics   61(5) 170-433   2015   [Refereed]
Hasegawa K. Tsukamoto K. Kunimi M, Asahi K. Iseki K. Moriyama T. Yamagata K. Tsuruya K. Fujimoto S. Narita I. Konta T. Kondo M. Kimura K. Kurahashi I. Ohashi Y. Watanabe T.
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   23(8) 991-1003   2015   [Refereed]
Kurano M. Hara M. Tsuneyama K. Sakoda H. Shimizu T. Tsukamoto K. Ikeda H. Yatomi Y
BBA - Molecular and Cell Biology of Lipids   1841(9) 1217-1226   2014
Nojiri T. Kurano M. Tokuhara Y. Ohkubo S. Hara M. Ikeda H. Tsukamoto K. Yatomi Y.
Journal of Diabetes Investigation   5(6) 639-648   2014
Kurano M, Tsukamoto K, Ohkawa R, Hara M, Iino J, Kageyama Y, Ikeda H, Yatomi Y.
Atherosclerosis   229(1) 102-109   2013
Kurano M. Hara M. Tsuneyama K. Okamoto K. Iso-O N. Matsushima T. Koike K. Tsukamoto K.
Journal of Lipid Research   53(11) 2275-2285   2012
Sakoda H. Ito S. Kanda H. Fujishiro M. Osuga J. Tsukamoto K. Ueki K. Kadowaki T.
Diabetes Research and Clinical Practice   91 43-44   2011
Kurano M. Iso-O N. Hara M. Noiri E. Koike K. Kadowaki T. Tsukamoto K.
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   18 373-383   2011
Endo Y. Suzuki M. Yamada H. Horita S. Kunimi M. Yamazaki O. Shirai A. Nakamura M. Iso-O N. Li Y. Hara M. Tsukamoto K. Moriyama N. Kudo A. Kawakami H. Yamauchi T. Kubota N. Kadowaki T. Kume H. Enomoto Y. Homma Y. Seki G. Fujita T.
Cell Metabolism   13 550-561   2011
Iizuka Y. Ohashi K. Tsukamoto K. Ueki K. Kadowaki K.
Journal of Diabetes   3 104-108   2011
Kurano M. Iso-O N. Hara M. Ishizaka N. Moriya K. Koike K. Tsukamoto K.
Lipids in Health and Disease   10 134   2011
Takehara K. Oe M. Tsunemi Y. Nagase T. Ohashi Y. Iizaka S. Ueki K. Tsukamoto K. Kadowaki T. Sanada H.
International Journal of Nursing Studies   48 1101-1108   2011
Maeda T. Honda A. Ishikawa T. Kinoshita M. Mashimo Y. Takeoka Y. Yasuda D. Kusano J. Tsukamoto K. Matsuzaki Y. Teramoto T.
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   17 356-360   2010
Togo M. Hashimoto Y. Iso-O N. Kurano M. Hara M. Kadowaki T. Koike K. Tsukamoto K.
Clinica Chimica Acta   401 165-169   2009
Hara M. Izumida Y. Sato N. Ohashi K. Osuga J. Tobe K. Tsukamoto K. Kadowaki T.
Diabetes Research and Clinical Practice   84 e48-e49   2009
Tsukamoto K. Ohta K. Suzuki R. Hara M. Osuga J. Tobe K. Kadowaki T.
Diabetes Care   31(12) e91   2008
Okazaki H. Tazoe F. Okazaki S. Isoo N. Tsukamoto K. Sekiya M. Yahagi N. Iizuka Y. Ohashi K. Kitamine T. Tozawa RI. Inaba T. Yagyu H. Okazaki M. Shimano H. Shibata N. Arai H. Nagai RZ. Kadowaki T. Osuga JI. Ishibashi S.
Journal of Lipid Research   47 1950-1958   2006
Differential effects of apolipoprotein E isoforms on lipolysis of VLDL triglycerides.
Hara M. Iso-O N. Satoh H. Noto H. Togo M. Ishibashi S. Kimura S. Kadowaki T. Hashimoto Y. Tsukamoto K.
Metabolism Clinical and Experimental   55 1129-1134   2006
Okazaki H. Igarashi M. Nishi M. Tajima M. Sekiya M. Okazaki S. Yahagi N. Ohashi K. Tsukamoto K. Amemiya-Kudo M. Matsuzaka T. Shimano H. Yamada N. Aoki J. Morikawa R. Takanezawa Y. Arai H. Nagai R. Kadowaki T. Osuga J. Ishibashi S.
Diabetes   55 2091-2097   2006
Iso-O N. Noto H. Hara M. Togo M. Karasawa K. Ohashi N. Noiri E. Hashimoto Y. Kadowaki T. Kimura S. Watanabe T. Tsukamoto K.
Molecular Therapy   13 118-126   2006
Nakamura T. Shibata N. Nishimoto-Shibata T. Feng D. Ikemoto M. Motojima K. Iso-o N. Tsukamoto K. Tsujimoto M. Arai H.
Proceedings of the National Academy of Sciences of U.S.A.   102 13404-13409   2005
Shintani Y. Fujie H. Miyoshi H. Tsutsumi T. Tsukamoto K. Kimura S. Moriya K. Koike K.
Gastroenterology   126 840-848   2004
Localization of Na+ -HCO3- cotransporter (NBC-1) variants in rat and human pancreas.
Satoh H. Moriyama N. Hara C. Yamada H. Horita S. Kunimi M. Tsukamoto K. Iso-O N. Inatomi J. Kawakami H. Kudo A. Endou H. Igarashi T. Goto A. Fujita T. Seki G.
American Journal of Physiology - Cell Physiology   284 c729-c737   2003
Ishizaka N. Ishizaka Y. Takahashi E. Unuma T. Tooda E. Nagai R. Togo M. Tsukamoto K. Hashimoto H. Yamakado M.
Arteriosclerosis Thrombosis and Vascular Biology   23 295-301   2003
Hara M. Matsushima T. Satoh H. Iso-O N. Noto H. Togo M. Kimura S. Hashimoto Y. Tsukamoto K.
Arteriosclerosis Thrombosis and Vascular Biology   23 269-274   2003
Suzuki M. Iso-o N. Takeshita S. Tsukamoto K. Mori I. Sato T. Ohno M. Nagai R. Ishizaka N.
Biochemical & Biophysical Research Communications   302 138-143   2003
Noto H. Hara M. Karasawa K. Iso-O N. Satoh H. Togo M. Hashimoto Y. Yamada Y. Kosaka T. Kimura S. Tsukamoto K.
Arteriosclerosis Thrombosis and Vascular Biology   23 829-835   2003
Hasegawa H. Fukushima T. Lee JA. Tsukamoto K. Moriya K. Ono Y. Imai K.
Analytical and Bioanalytical Chemistry   377 886-891   2003
Noto H. Kawamura M. Hashimoto Y. Satoh H. Hara M. Iso-O N. Togo M. Kimura S. Tsukamoto K.
Atherosclerosis   171 131-136   2003
Okazaki H. Osuga J. Tsukamoto K. Isoo N. Kitamine T. Tamura Y. Tomita S. Sekiya M. Yahagi N. Iizuka Y. Ohashi K. Harada K. Gotoda T. Shimano H. Kimura S. Nagai R. Yamada N. Ishibashi S.
Journal of Biological Chemistry.   277 31893-31899   2002
Hara K. Noda M. Waki H. Tobe K. Yamauchi T. Kadowaki H. Satoh H. Tsukamoto K. Nagamatsu S. Yamagata K. Matsuzawa Y. Akanuma Y. Kimura S. Kadowaki T.
Internal Medicine   41 848-852   2002
Tangirala RK. Pratico D. FitzGerald G.A. Chun S. Tsukamoto K. Maugeais C. Usher D. Pure' E. Rader D.J.
Journal of Biological Chemistry   276 261-266   2001
Togo M. Toda T. Nguyen L.A. Kubota S. Tsukamoto K. Satoh H. Hara M. Iso-o N. Noto H. Kimura S. Nakahara K. Seyama Y. Hashimoto Y.
Journal of Inherited Metabolic Disease   24 43-50   2001
Usui T. Hara M. Satoh H. Moriyama N. Kagaya H. Amano S. Oshika T. Ishii Y. Ibaraki N. Hara C. Kunimi M. Noiri E. Tsukamoto K. Inatomi J. Kawakami H. Endou H. Igarashi T. Goto A. Fujita T. Araie M. Seki G.
Journal of Clinical Investigation   108 107-115   2001
Noto H. Tsukamoto K. Hayashi S. Takano K. Fujita T. Kimura S.
Endocrine Journal   48 483-486   2001
Noto H. Hashimoto Y. Satoh H. Hara M. Iso-o N. Togo M. Kimura S. Tsukamoto K.
Biochemical & Biophysical Research Communications   289 395-401   2001
Glibenclamide-induced haemolysis in myelodysplastic syndrome.
Noto H. Tsukamoto K. Kimura S.
Diabetes Care   23 129   2000
Tsukamoto K. Tangirala R.K. Chun S. Usher D. Pure E. Rader D.J.
Molecular Therapy   1 189-194   2000
Markedly increased secretion of VLDL triglycerides induced by gene transfer of apolipoprotein E isoforms in apoE deficient mice.
Tsukamoto K. Maugeais C. Glick J.M. Rader D.J.
Journal of Lipid Research   41 253-259   2000
Suzuki M. Ishizaka N. Tsukamoto K. Minami K. Taguchi J. Nagai R. Ohno M.
FEBS Letters   470 370-374   2000
Suzuki M. Ishizaka N. Hwang W. Tsukamoto K. Minami K. Aizawa T. Mori I. Taguchi J. Nagai R. Ohno M.
Biochemical & Biophysical Research Communications   274 422-426   2000
Intracellular pH regulatory mechanism in a human renal proximal cell line (HKC-8): evidence for Na+/H+ exchanger, Cl-/HCO3- exchanger and Na+-HCO3- cotransporter.
Hara C. Satoh H. Usui T. Kunimi M. Noiri E. Tsukamoto K. Taniguchi S. Uwatoko S. Goto A. Racusen L.C. Inatomi J. Endou H. Fujita T. Seki G.
Pflugers Arciv Europian Journal of Physiology   440 713-720   2000
Hepatic apolipoprotein E expression promotes very low density lipoprotein-apolipoprotein B production in vivo in mice.
Maugeais C. Tietge U.J.F. Tsukamoto K. Glick J.M. Rader D.J.
Journal of Lipid Research   41 1673-1679   2000
Relationship between the serum level of leptin and life-style habits in Japanese men.
Togo M. Hashimoto Y. Futamura A. Tsukamoto K. Satoh H. Hara M. Watanabe T. Nakarai H. Nakahara K. Kimura S.
Hormone Research   54 169-173   2000
Relationship between levels of leptin and hemoglobin in Japanese men.
Togo M. Tsukamoto K. Satoh H. Hara M. Futamura A. Nakarai H. Nakahara K. Hashimoto Y.
Blood   93 4444-4445   1999
Hashimoto Y. Futamura A. Watanabe N. Togo M. Sato H. Hara M. Tsukamoto K. Kimura S. Nakahara K.
Internal Medicine   38 6-11   1999
Kato K. Satoh H. Endo Y. Yamada D. Midorikawa S. Sato W. Mizuno K. Fujita T. Tsukamoto K. Watanabe T.
Biochemical & Biophysical Research Communications   258 431-435   1999
Satoh H. Tsukamoto K. Hashimoto Y. Hashimoto N. Togo M. Hara M. Maekawa H. Isoo N. Kimura S. Watanabe T.
Biochemical & Biophysical Research Communications   254 757-763   1999
Rapid regression of atherosclerosis induced by liver-directed gene transfer of apolipoprotein E in apoE deficient mice.
Tsukamoto K. Tangirala R. Chun S.H. Pure E. Rader D.J.
Arteriosclerosis Thrombosis and Vascular Biology   19 2162-2170   1999
Regression of atherosclerosis induced by liver-directed gene transfer of apolipoprotein A-I in mice.
Tangirala R.K. Tsukamoto K. Chun S.H. Usher D. Pure E. Rader D.J.
Circulation   100 1816-1822   1999
Igarashi T. Inatomi J. Sekine T. Cha S.H. Kanai Y. Kunimi M. Tsukamoto K. Satoh H. Shimadzu M. Tozawa F. Mori T. Shiobara M. Seki G. Endou H.
Nature Genetics   23 264-266   1999
Hepatic overexpression of microsomal triglyceride transfer protein (MTP) results in increased in vivo secretion of VLDL triglycerides and apolipoprotein B.
Tietge U.J.F. Bakillah A. Maugeais C. Tsukamoto K. Hussain M. Rader D.J.
Journal of Lipid Research   40 2134-2139   1999
Adenoviral vector-mediated overexpression of serum amyloid A in apoA-I-deficient mice.
Webb N.R. de Beer M.C. van der Westhuyzen D.R. Kindy M.S. Banka C.L. Tsukamoto K. Rader D.J. de Beer F.C.
Journal of Lipid Research   38 1583-1590   1997
Hashimoto Y. Tsukamoto K. Teramoto T. Kurokawa K. Watanabe T.
Clinica Chemica Acta   259 109-116   1997
Comparison of human apoA-I expression in mouse models of atherosclerosis after gene transfer using a second generation adenovirus.
Tsukamoto K. Hiester K.G. Smith P. Usher D.C. Glick J.M. Rader D.J.
Journal of Lipid Research   38 1869-1876   1997
Liver-directed gene transfer and prolonged expression of three major human apoE isoforms in apoE deficient mice
Tsukamoto K. Smith P. Glick J.M. Rader D.J.
Journal of Clinical Investigation   100 107-114   1997
Defect in assembly process of very-low-density lipoprotein in suncus liver: an animal model of fatty liver.
Nagayoshi A. Matsuki N. Saito H. Tsukamoto K. Kaneko K. Wakashima M. Kinoshita M. Yamanaka M. Teramoto T.
Journal of Biochemistry   117 787-793   1995
Prostaglandin F2 alpha enhances tyrosine phosphorylation and DNA synthesis through phospholipase C-coupled receptor via Ca(2+)-dependent intracellular pathway in NIH-3T3 cells.
Watanabe T. Nakao A. Emerling D. Hashimoto Y. Tsukamoto K. Horie Y. Kinoshita M. Kurokawa K.
Journal of Biological Chemistry   269 17619-17625   1994
Deficiency of acyl CoA cholesterol acyl transferase activity in suncus liver.
Nagayoshi A. Matsuki N. Saito H. Tsukamoto K. Wakashima M. Kinoshita M. Yamanaka M. Teramoto T.
Journal of Biochemistry   115 858-861   1994
Roles of myosin light-chain kinase in platelet shape change and aggregation.
Hashimoto Y. Sasaki H. Togo M. Tsukamoto K. Horie Y. Fukata H. Watanabe T. Kurokawa K.
Biochimica et Biophysica Acta   1223 163-169   1994
Effect of starving and refeeding on lipid metabolism in suncus.
Ohama T. Matsuki N. Saito H. Tsukamoto K. Kinoshita M. Katsuragawa K. Okazaki S. Yamanaka M. Teramoto T.
Journal of Biochemistry   115 190-193   1994
Protein kinase C-dependent and -independent mechanisms of dense granule exocytosis by human platelets.
Hashimoto Y. Togo M. Tsukamoto K. Horie Y. Watanabe T. Kurokawa K.
Biochimica et Biophysica Acta   1222 56-62   1994
Effect of chylomicron remnants on apolipoprotein E synthesis in HepG2 cells.
Teramoto T. Matsushima T. Kinoshita M. Watanabe T. Hashimoto Y. Tsukamoto K. Katsuragawa K. Okazaki S. Yamanaka M.
Metabolism: Clinical & Experimental   43 44-50   1994
Hashimoto Y. Watanabe T. Kinoshita M. Tsukamoto K. Togo M. Horie Y. Matsuda Y. Kurokawa K.
Biochimica et Biophysica Acta   1220 37-41   1993
Characterization of serum lipoproteins from Suncus: a candidate animal model for abetalipoproteinemia.
Ohama T. Matsuki N. Wang CH. Saito H. Kinoshita M. Tsukamoto K. Kurokawa K. Katsuragawa K. Yamanaka M. Teramoto T.
Journal of Biochemistry   113 786-789   1993
Apolipoprotein E enhances lipid exchange between lipoproteins mediated by cholesteryl ester transfer protein.
Kinoshita M. Arai H. Fukasawa M. Watanabe T. Tsukamoto K. Hashimoto Y. Inoue K. Kurokawa K. Teramoto T.
Journal of Lipid Research   34 261-268   1993
Determination by PCR-RFLP of apo E genotype in a Japanese population.
Tsukamoto K. Watanabe T. Matsushima T. Kinoshita M. Kato H. Hashimoto Y. Kurokawa K. Teramoto T.
Journal of Laboratory & Clinical Medicine   121 598-602   1993
Hashimoto Y. Nakayama T. Teramoto T. Kato H. Watanabe T. Kinoshita M. Tsukamoto K. Tokunaga K. Kurokawa K. Nakanishi S.
Biochemical & Biophysical Research Communications   181 423-429   1991
Effects of subchronic treatment with natural human interferons on antipyrine clearance and liver function in patients with chronic hepatitis.
Echizen H. Ohta Y. Shirataki H. Tsukamoto K. Umeda N. Oda T. Ishizaki T.
Journal of Clinical Pharmacology   30 562-567   1990

Misc

 
スチューデントドクターのプロフェッショナリズム評価の現状と課題
高田 真二, 金子 一郎, 笹森 幸文, 秋山 暢, 塚本 和久, 田中 篤
医学教育   50(Suppl.) 162-162   Jul 2019
臍帯血移植後に1型糖尿病を発症した急性骨髄性白血病の1例
松山 太祐, 齋藤 寿実子, 住吉 立, 松尾 琢二, 山本 義, 田代 晴子, 松本 謙介, 大井 淳, 白藤 尚毅, 塚本 和久
日本内科学会関東地方会   651回 28-28   Jun 2019
【指定難病ペディア 2019】個別の指定難病 代謝・内分泌系 シトステロール血症[指定難病260]
塚本 和久
日本医師会雑誌   148(特別1) S280-S280   Jun 2019
リンパ球性汎下垂体炎、原発性胆汁性胆管炎、橋本病の合併例
岡村 英利奈, 内野 卓也, 小川 真澄, 高橋 諭, 坂本 美貴, 岡本 かおり, 男澤 悠貴, 江戸 直樹, 宇野 健司, 盛田 幸司, 石川 敏夫, 塚本 和久
日本内分泌学会雑誌   95(Suppl.Update) 24-28   Jun 2019
先端巨大症に右副腎性クッシング症候群、巨大膵嚢胞を合併した1例
椋棒 悦子, 小田嶋 宏平, 玉井 大地, 坂本 美貴, 内野 卓也, 男澤 悠貴, 宇野 健司, 盛田 幸司, 石川 敏夫, 塚本 和久
日本内科学会関東地方会   650回 37-37   May 2019
免疫チェックポイント阻害薬開始後のACTH単独欠損症3例の発症経過の検討
江戸 直樹, 深澤 陽子, 坂本 美貴, 内野 卓也, 男澤 悠貴, 本田 健, 盛田 幸司, 宇野 健司, 福島 亮治, 関 順彦, 塚本 和久, 石川 敏夫
日本内分泌学会雑誌   95(1) 447-447   Apr 2019
内分泌疾患による脆弱性骨折を基盤に多発膿瘍を来たした2症例
盛田 幸司, 坂本 美貴, 小川 真澄, 江戸 直樹, 内野 卓也, 男澤 悠貴, 宇野 健司, 吉野 友祐, 北沢 貴利, 石川 敏夫, 塚本 和久
日本内分泌学会雑誌   95(1) 455-455   Apr 2019
パシレオチド導入前後の血糖推移をFGMで観察したクッシング病の1例
佐山 遥平, 宇野 健司, 内野 卓也, 木村 美智子, 松田 麻耶, 清水 奈都, 鈴木 崇史, 田代 千聖, 大野 利菜, 坂本 美貴, 江戸 直樹, 男澤 悠貴, 盛田 幸司, 石川 敏夫, 塚本 和久
糖尿病   62(Suppl.1) S-175   Apr 2019
スフィンゴシン1-リン酸/アポ蛋白Mによる抗インスリン抵抗性作用の解明
蔵野 信, 塚本 和久, 原 眞純, 矢冨 裕
糖尿病   62(Suppl.1) S-196   Apr 2019
総エネルギー摂取量の簡便な算出方法についての検討
田巻 ともみ, 内田 加奈江, 早崎 麻衣子, 江戸 直樹, 宇野 健司, 盛田 幸司, 朝倉 比都美, 塚本 和久
糖尿病   62(Suppl.1) S-337   Apr 2019
【推移をみればケアがわかる!活用法を学んでケアが変わる!糖尿病の検査値 読み解きレッスン】グリコアルブミン(GA)、1,5-アンヒドログルシトール(1,5-AG)
坂本 美貴, 塚本 和久
糖尿病ケア   16(3) 202-205   Mar 2019
Pembrolizumabによる難治性肝障害を来した症例
田村 大和, 東名 史憲, 小林 このみ, 豊田 光, 斉藤 光次, 新井 秀宜, 長瀬 洋之, 山口 正雄, 田中 篤, 塚本 和久
日本内科学会関東地方会   649回 36-36   Mar 2019
【脂質異常症 新たな時代に入った脂質異常症治療をふまえて】新たな展開をみせる脂質異常症治療・治療薬
小池 和彦, 塚本 和久, 細合 浩司, 石垣 泰
Medical Practice   36(1) 6-24   Jan 2019
経口摂取が障害される併存疾患で高血糖高浸透圧症候群(HHS)を呈した2型糖尿病2症例
坂本 美貴, 田代 千聖, 大野 利菜, 眞弓 大輝, 内野 卓也, 男澤 悠貴, 江戸 直樹, 高橋 諭, 宇野 健司, 盛田 幸司, 石川 敏夫, 塚本 和久
日本成人病(生活習慣病)学会会誌   45 68-68   Jan 2019
【新しい時代をむかえた脂質異常症の診療】各脂質異常症の病態と治療 低HDLコレステロール血症
男澤 悠貴, 塚本 和久
臨牀と研究   96(1) 33-37   Jan 2019
【薬の効果・副作用と検査値】脂質異常改善薬
岡村 英利奈, 塚本 和久
臨床検査   63(1) 44-51   Jan 2019
<文献概要>Point ●脂質異常症の治療の基本は食事療法・運動療法であるが,改善が不十分な場合には内服加療を開始する.●脂質異常症は世界保健機関(WHO)分類により大別され,それぞれに適した薬を選択する.●内服薬には副作用があり,特に横紋筋融解症には注意が必要である.
【新薬展望2019】(第III部)治療における最近の新薬の位置付け<薬効別> 新薬の広場 脂質異常症治療薬
蔵野 信, 塚本 和久
医薬ジャーナル   55(増刊) 397-402   Jan 2019
<文献概要>2018年に新たに市場に出た脂質異常症治療薬として,新しいタイプのフィブラート系薬であるペマフィブラートと,アトルバスタチンとエゼチミブの合剤であるアトーゼットがあげられる。ペマフィブラートは,その選択的PPARα(ペルオキシゾーム増殖剤応答性受容体-α)モジュレーターという特性のため,安全性(肝機能障害,腎機能障害)が従来のフィブラートと比較して優れているという特徴を有するとともに,インスリン抵抗性改善作用も期待されている。アトーゼットは,現時点における高LDL(低比重リポ蛋...
包括的リスク管理チャートの健診応用 冠動脈疾患絶対リスク評価、そして個別化脂質管理目標値設定のための吹田スコア
塚本 和久
総合健診   46(1) 119-119   Jan 2019
Cr8.44mg/dLまで腎機能が悪化したにも関わらず基準域まで改善したMPO-ANCA陽性急速進行性糸球体腎炎例
河越 美佳, 山崎 修, 大溝 啓揮, 根本 佳和, 本間 文佳, 奈倉 倫人, 田村 好古, 柴田 茂, 藤垣 嘉秀, 塚本 和久
日本内科学会関東地方会   647回 42-42   Dec 2018
低カリウム血症と多発骨折・多発筋膿瘍・蜂窩織炎を呈しACTH依存性クッシング症候群と診断した症例
上野 雅樹, 山崎 修, 盛田 幸司, 酒井 一広, 北川 幸子, 新井 繁幸, 田村 好古, 藤垣 嘉秀, 柴田 茂, 塚本 和久
日本内科学会関東地方会   647回 44-44   Dec 2018
早期の治療介入により良好な転機をたどったLemierre症候群の1例
小野 沙也佳, 大溝 啓揮, 浅川 信一郎, 吉野 友祐, 北沢 貴利, 山本 貴嗣, 塚本 和久
日本内科学会関東地方会   647回 56-56   Dec 2018
【脂質異常症の最前線】MTPの生理的役割と脂質異常症
塚本 和久
Medical Science Digest   44(14) 780-783   Dec 2018
MTP(マイクロソームトリグリセリド転送酵素)は無βリポ蛋白血症の原因遺伝子として1992年に同定された、小腸と肝臓におけるアポB含有リポ蛋白の合成・分泌に重要な蛋白である。肝臓から分泌されるVLDLが動脈硬化惹起性リポタンパクLDLの前駆体的存在であり、そのVLDL合成をMTPが担うことから、MTPの阻害が薬物開発のターゲットとなった。しかし、肝障害(脂肪肝)や消化器症状(下痢)などの副作用により、現在は家族性高コレステロール血症ホモ接合体のみに対する薬剤としてロミタピドのみが市場に出て...
1型糖尿病治療中の脆弱性骨折からバセドウ病合併が判明、中枢性副腎不全の併発も疑われた1例
鈴木 崇史, 早間 悠人, 石渡 大貴, 江戸 直樹, 小川 真澄, 岡村 英利奈, 坂本 美貴, 内野 卓也, 男澤 悠貴, 高橋 諭, 宇野 健司, 盛田 幸司, 石川 敏夫, 塚本 和久
日本内分泌学会雑誌   94(3) 882-882   Dec 2018
高回転型骨粗鬆症を契機に、バセドウ病と原発性副甲状腺機能亢進症の併発が判明した70歳女性例
佐山 遥平, 小田 実, 坂本 美貴, 内野 卓也, 男澤 悠貴, 岡村 英利奈, 岡本 かおり, 高橋 諭, 江戸 直樹, 村上 舞子, 藤巻 祐子, 宇野 健司, 盛田 幸司, 石川 敏夫, 塚本 和久
日本内分泌学会雑誌   94(3) 883-883   Dec 2018
抗TNF-α阻害薬非使用下においてギラン・バレー症候群を発症した関節リウマチの1例
板宮 孝紘, 冨塚 崇史, 田中 園子, 浅子 来美, 菊地 弘敏, 本田 善一郎, 竹内 明輝, 神谷 久雄, 塚本 和久, 河野 肇
日本リウマチ学会関東支部学術集会プログラム・抄録集   29回 50-50   Dec 2018
無痛性甲状腺炎ないしはTRAb陽性を伴い、真の病勢評価に難渋したFT4・FT3偽高値2症例
岡村 英利奈, 江戸 直樹, 木村 美智子, 坂本 美貴, 小川 真澄, 内野 卓也, 男澤 悠貴, 高橋 諭, 宇野 健司, 盛田 幸司, 石川 敏夫, 塚本 和久
日本内分泌学会雑誌   94(4) 1234-1234   Dec 2018
合併した褐色細胞腫の術後に寛解したバセドウ病の1例
小川 真澄, 岡村 英利奈, 坂本 美貴, 内野 卓也, 男澤 悠貴, 高橋 諭, 江戸 直樹, 真下 大和, 松尾 啄二, 山本 義, 菊池 昂太, 北國 圭一, 宇野 健司, 盛田 幸司, 園生 雅弘, 川杉 和夫, 石川 敏夫, 塚本 和久
日本内分泌学会雑誌   94(4) 1251-1251   Dec 2018
両側唇顎口蓋裂を合併した低ゴナドトロピン性性腺機能低下症の1例
田代 千聖, 眞弓 大輝, 大野 利菜, 原田 文人, 坂本 美貴, 江戸 直樹, 男澤 悠貴, 内野 卓也, 高橋 諭, 宇野 健司, 盛田 幸司, 石川 敏夫, 塚本 和久
日本内分泌学会雑誌   94(4) 1344-1344   Dec 2018
アルカリによる胃狭窄に対し内視鏡的拡張を施行した1例
丸山 喬平, 阿部 浩一郎, 天野 博仁, 小松田 章悟, 本田 卓, 間邊 大輔, 小田島 慎也, 山本 貴嗣, 田中 篤, 塚本 和久
日本内科学会関東地方会   646回 38-38   Nov 2018
【動脈硬化の早期診断法と予防対策-健康寿命延伸をめざして】包括的薬物療法の意義と実際
宇野 健司, 塚本 和久
カレントテラピー   36(11) 1111-1115   Nov 2018
腎臓病 アポ蛋白M/スフィンゴシン1-リン酸軸の糖尿病性腎症における役割
蔵野 信, 塚本 和久, 原 眞純, 矢冨 裕
糖尿病合併症   32(Suppl.1) 200-200   Oct 2018
SGLT2 Euglycemic diabetic ketoacidosis(EDKA)を来たし、カナグロフロジンの血中濃度遷延が疑われた1例
男澤 悠貴, 江戸 直樹, 岡村 英利奈, 坂本 美貴, 小川 真澄, 内野 卓也, 岡本 かおり, 高橋 諭, 真下 大和, 宇野 健司, 盛田 幸司, 福内 友子, 金子 希代子, 石川 敏夫, 塚本 和久
糖尿病合併症   32(Suppl.1) 246-246   Oct 2018
【ビヨンドコレステロール時代の動脈硬化リスク管理】ミクロソームトリグリセリド転送蛋白 機能そして治療標的として
塚本 和久
Pharma Medica   36(10) 35-38   Oct 2018
パシレオチドを導入した先端巨大症患者2例の持続血糖測定検討
小川 真澄, 石井 雄道, 松田 麻耶, 木村 美智子, 江戸 直樹, 高橋 諭, 真下 大和, 盛田 幸司, 石川 敏夫, 塚本 和久
糖尿病   61(10) 701-701   Oct 2018
抗ARS抗体と抗U1-RNP抗体の重複陽性を呈した皮膚筋炎/SLEのoverlap症候群の1例
清水 友貴, 河越 美佳, 尾川 裕美, 板宮 孝紘, 上松 藍, 浅子 来美, 菊地 弘敏, 多田 弥生, 河野 肇, 塚本 和久
日本内科学会関東地方会   644回 47-47   Sep 2018
【診断と治療のABC[138]高TG血症】(第2章)病因・病態生理 食後レムナントリポタンパクと高TG血症
磯尾 直之, 塚本 和久
最新医学   別冊(高TG血症) 37-43   Sep 2018
高・低比重リポタンパク(LDL)血症以外の、いわゆる動脈硬化残余リスクの1つとして、高レムナント血症が注目されている。食後の高TG血症が冠動脈リスクとなることを示す観察研究などを踏まえ、食後高TG血症の主因であるカイロミクロン(CM)レムナントの生成、CMレムナントの代謝や動脈硬化への関与の機序、CMレムナントの臨床検査法について概説する。(著者抄録)
リンパ球性汎下垂体炎、原発性胆汁性胆管炎、橋本病の合併例
岡村 英利奈, 小川 真澄, 高橋 諭, 坂本 美貴, 岡本 かおり, 内野 卓也, 男澤 悠貴, 江戸 直樹, 宇野 健司, 盛田 幸司, 石川 敏夫, 塚本 和久
日本内分泌学会雑誌   94(2) 679-679   Sep 2018
骨折部位を含め、多発膿瘍を来したACTH依存性クッシング症候群
鈴木 崇史, 原田 文人, 上野 雅樹, 酒井 一広, 坂本 美貴, 内野 卓也, 男澤 悠貴, 山崎 修, 吉野 友祐, 北沢 貴利, 宇野 健司, 盛田 幸司, 柴田 茂, 石川 敏夫, 塚本 和久
日本内分泌学会雑誌   94(2) 710-710   Sep 2018
健診における包括的リスク管理チャートの導入 健診施設における再検・精検率の均一化を目指しての試み
塚本 和久
総合健診   45(5) 660-667   Sep 2018
総合健診医学会の行った全国約260の健診施設における検査項目別の再検・精検率の調査により、脂質値の再検・精検率は5%未満の施設から65%以上の施設まで、幅広く分布していることが明らかとなった。このように、各施設により再検・精検率が大きく異なる理由として、各施設における再検・精検の基準が異なっていることが強く関与すると考えられ、再検・精検基準の統一化は必要である。さて、脂質の再検率が異なる要因は、主として中性脂肪値とLDL-C値の再検閾値の相違によると考える。男性においてはその平均中性脂肪値...
【内分泌・糖尿病・代謝疾患でよく見られる皮膚病変】脂質異常症で見られる皮膚病変
内野 卓也, 塚本 和久
内分泌・糖尿病・代謝内科   47(3) 198-203   Sep 2018
【動脈硬化予防のための脂質異常症治療最前線】動脈硬化危険因子の評価
塚本 和久
日本医師会雑誌   147(5) 965-969   Aug 2018
転倒後に圧挫症候群による急性腎不全を来し血液透析を要した病的肥満者の1例
安川 穂, 富樫 良, 大溝 啓揮, 森本 幾之, 浅川 信一郎, 田村 好古, 柴田 茂, 藤垣 嘉秀, 塚本 和久
日本内科学会関東地方会   643回 37-37   Jul 2018
PET-CTを用いて嚢胞肝感染巣を同定した常染色体優性多発性嚢胞腎の血液透析例
本間 文佳, 山崎 修, 富樫 良, 根本 佳和, 奈倉 倫人, 新井 繁幸, 田村 好古, 藤垣 嘉秀, 柴田 茂, 塚本 和久
日本内科学会関東地方会   643回 37-37   Jul 2018
点鼻ステロイドの過剰使用とクラリスロマイシンの併用により発症した医原性クッシング症候群の1例
坂本 美貴, 盛田 幸司, 岡村 英利奈, 内野 卓也, 岡本 かおり, 男澤 悠貴, 高橋 諭, 石川 敏夫, 塚本 和久
帝京医学雑誌   41(4) 161-168   Jul 2018
症例は40歳女性。8ヵ月前、後鼻漏と嗅覚異常から慢性副鼻腔炎と診断され、クラリスロマイシン、点鼻ベタメタゾン0.1%(3滴を2回/日)の処方を開始。しかし症状の改善に乏しく、1ヵ月前から自己判断で点鼻ベタメタゾンを倍量使用したところ、満月様顔貌、中心性肥満(6.5kg増)、下肢浮腫、頭重感が出現し、当院紹介となる。血漿ACTHは測定感度以下と低値で、迅速ACTH負荷試験で血清コルチゾールは0.7→8.1μg/dLと反応不良であり、点鼻ステロイド薬による医原性クッシング症候群と内因性副腎皮質...
メソトレキセート休薬で改善を認めたメソトレキセート関連リンパ増殖性疾患の1例
齋藤 寿実子, 松尾 琢二, 山本 義, 田代 晴子, 松本 謙介, 大井 淳, 河野 肇, 菊池 良直, 白藤 尚毅, 塚本 和久
日本内科学会関東地方会   642回 33-33   Jun 2018
肝臓NPC1L1は血漿スフィンゴシン1-リン酸を増加させる
蔵野 信, 塚本 和久, 原 眞純, 矢冨 裕
日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集   50回 277-277   Jun 2018
著明な低HDLコレステロール血症の原因疾患に関する研究 遺伝子的解析を含めて
男澤 悠貴, 岡村 英利奈, 坂本 美貴, 内野 卓也, 岡本 かおり, 小川 真澄, 江戸 直樹, 高橋 諭, 真下 大和, 藤巻 祐子, 盛田 幸司, 石川 敏夫, 塚本 和久, 澤 智博, 寺本 民生
日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集   50回 283-283   Jun 2018
著明高TG血症の原因遺伝子 APOC2構造変異の探索
高瀬 暁, 石浦 浩之, 田中 督記, 高梨 幹生, 蔵野 信, 岡崎 佐智子, 木村 武史, 飯塚 陽子, 岡島 史宜, 吉田 博, 原 眞純, 塚本 和久, 辻 省次, 門脇 孝, 岡崎 啓明
日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集   50回 331-331   Jun 2018
スタチン中止後に発症した抗3-hydroxy-3-methylglutaryl-coenzyme A reductase(HMGCR)抗体陽性の壊死性筋炎の一例
高橋 諭, 岡村 英利奈, 坂本 美貴, 真下 大和, 男澤 悠貴, 内野 卓也, 盛田 幸司, 石川 敏夫, 松倉 清司, 河村 保臣, 畑中 裕己, 鵜沼 敦, 清水 潤, 寺本 民生, 塚本 和久
日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集   50回 335-335   Jun 2018
SGLT2阻害薬開始後にEuglycemic diabetic ketoacidosis(EDKA)を来した1例
石渡 大貴, 男澤 悠貴, 江戸 直樹, 真下 大和, 盛田 幸司, 山岡 法子, 金子 希代子, 石川 敏夫, 塚本 和久
日本内科学会関東地方会   641回 36-36   May 2018
【糖尿病の脂質異常をどう捉え、治療するか?-新ガイドラインを糖尿病患者に活かす-】動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版のポイント
塚本 和久
プラクティス   35(3) 250-256   May 2018
糖代謝異常におけるスフィンゴシン1-リン酸/アポ蛋白M軸の役割
蔵野 信, 塚本 和久, 清水 知, 矢冨 裕
脂質生化学研究   60 201-202   May 2018
スフィンゴシン1-リン酸(S1P)は多彩な生物学的作用を持つ生理活性脂質であり、アポ蛋白M(ApoM)は、その運搬体・代謝調節因子として注目されている。本研究はS1P/ApoM axisの主に肥満による糖代謝異常に対する役割を臨床研究および動物実験にて明らかにすることを目的とした。(1)健常人、合併症の進行していない2型糖尿病患者の血清ApoM濃度と代謝関連検査値を比較したところ、ApoMは特にインスリン抵抗性の指標であるHOMA-IRまた肥満度を示すBMIと有意な負の相関を示した。(2)...
エクルーシス試薬ACTHで、異好抗体による偽高値を呈した医原性副腎不全症例
盛田 幸司, 小川 真澄, 木村 美智子, 小山 英利奈, 坂本 美貴, 江戸 直樹, 内野 卓也, 男澤 悠貴, 根本 かおり, 藤巻 祐子, 高橋 諭, 真下 大和, 塚本 和久, 石川 敏夫
日本内分泌学会雑誌   94(1) 341-341   Apr 2018
可逆性脳血管攣縮症候群(RCVS)を合併し、併存する特発性血小板減少性紫斑病(ITP)で治療に苦慮した褐色細胞腫の1例
小川 真澄, 松尾 啄二, 菊池 昂太, 小山 英利奈, 高橋 諭, 山本 義, 真下 大和, 北國 圭一, 盛田 幸司, 園生 雅弘, 川杉 和夫, 塚本 和久, 石川 敏夫
日本内分泌学会雑誌   94(1) 399-399   Apr 2018
特定健診データを用いた、メタボリック症候群改善に関わる生活習慣の特徴の解析
小川 真澄, 盛田 幸司, 藤田 烈, 坂本 美貴, 江戸 直樹, 高橋 諭, 真下 大和, 石川 敏夫, 飯室 聡, 寺本 民生, 大橋 靖雄, 渡辺 毅, 塚本 和久
糖尿病   61(Suppl.1) S-243   Apr 2018
GWASより同定された新規炎症関連アポ蛋白 ApoDの機能解析
蔵野 信, 塚本 和久, 原 眞純, 矢冨 裕, 寺本 民生
糖尿病   61(Suppl.1) S-263   Apr 2018
特定健診データを用いた、糖尿病の改善・悪化に関わる食習慣の特徴の解析
盛田 幸司, 藤田 烈, 坂本 美貴, 小川 真澄, 江戸 直樹, 高橋 諭, 真下 大和, 石川 敏夫, 飯室 聡, 寺本 民生, 大橋 靖雄, 渡辺 毅, 塚本 和久
糖尿病   61(Suppl.1) S-271   Apr 2018
動脈硬化性疾患のリスク評価と管理 動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版の改訂のポイント 薬物療法
塚本 和久
日本冠疾患学会雑誌   24(1) 32-37   Mar 2018
動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版薬物療法の章のポイントを次の項目に分けて解説した。1)日本における脂質異常症治療による動脈硬化性疾患予防のエビデンス、2)LDL-コレステロール(C)管理目標値の妥当性、およびnon-HDL-Cについて、3)薬物療法の開始時期、4)各種脂質異常症治療薬のポイント、5)スタチンとの併用により動脈硬化抑制効果のある薬剤、6)薬物療法のフォローアップ、7)他の薬剤との併用、合剤の有用性、8)アドヒアランス、について述べた。
【動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017】薬物の併用療法・副作用・アドヒアランス
塚本 和久
The Lipid   29(1) 76-81   Jan 2018
本来その薬剤が適応となるタイプの脂質異常症の患者に対してスタチンと併用投与することで、動脈硬化性疾患抑制の何らかのエビデンスが認められている薬剤は、エゼチミブ、PCSK9阻害薬、フィブラート系薬、n-3多価不飽和脂肪酸であり、これら薬剤とスタチンとの併用療法は今回のガイドラインでは推奨レベルB(弱い推奨)で推奨されている。また、治療効果を上げるには薬剤へのアドヒアランス向上が重要であるが、それにはアドヒアランスの不良な群を十分認識してそれら症例に適切に対処するとともに、Treat to T...
SGLT2阻害薬内服患者における血糖コントロールと骨格筋量の検討
服部 綾香, 内田 加奈江, 早崎 麻衣子, 田巻 ともみ, 朝倉 比都美, 江戸 直樹, 盛田 幸司, 塚本 和久
日本病態栄養学会誌   21(Suppl.) S-175   Jan 2018
健診における包括的リスク管理チャートの導入 健診施設における再検・精検率の均一化をめざしての試み
塚本 和久
総合健診   45(1) 205-205   Jan 2018
著明な低HDLコレステロール血症の原因疾患に関する研究 遺伝子的解析を含めて
男澤 悠貴, 内野 卓也, 根本 かおり, 石川 敏夫, 塚本 和久, 澤 智博, 寺本 民生
帝京医学雑誌   41(1) 1-10   Jan 2018
背景・目的:低HDL-C血症は重要な冠危険因子であり、その是正は喫緊の課題である。しかし、低HDL-C血症の原因については、十分な検討が行われておらず、遺伝子的背景も十分把握されていない。そこで、著明な低HDL-C血症について、原因疾患を明確にするとともに、原発性低HDL-C血症と思われる症例においては遺伝子解析を行い、その原因遺伝子を検討することとした。対象・方法:帝京大学附属病院に通院歴がありHDL-Cが測定された全症例から、HDL-Cが20mg/dl以下の症例を選び出してその原因疾患...
結腸直腸癌細胞株におけるエピレグリンとアンフィレグリンの発現に及ぼす抗甲状腺薬メチマゾールの代謝産物である3-Methyl-2-Thiohydantoinの効果(Effects of 3-Methyl-2-Thiohydantoin, A Metabolite of the Antithyroid Drug Methimazole, on the Expression of Epiregulin and Amphiregulin in Colorectal Cancer Cell Lines)
内野 卓也, 男澤 悠貴, 根本 かおり, 江戸 直樹, 盛田 幸司, 塚本 和久, 石川 敏夫
帝京医学雑誌   41(1) 11-23   Jan 2018
背景・目的:抗甲状腺薬メチマゾール(MMI)内服中のバセドウ病患者血清に存在するMMI代謝物3-メチル-2-チオヒダントイン(MTH)は、アリル炭化水素受容体(AhR)を活性化する。AhR依存性に発現すると言われるエピレグリン(EREG)やアンフィレグリン(AREG)は大腸癌などの悪性腫瘍を進展させうるため、われわれはヒト大腸癌細胞株でMTHがEREG・AREG発現や細胞増殖に与える影響を検討した。対象・方法:ヒト大腸癌細胞株Caco-2・WiDr・LoVoにMTH・2,3,7,8-テトラ...
【栄養指導・管理のためのスキルアップシリーズvol.5 脂質異常症の最新食事療法のなぜに答える 基礎編】脂質異常症とは、どのような病気(病態)ですか?
小山 英利奈, 塚本 和久
臨床栄養   別冊(栄養指導・管理のためのスキルアップシリーズ5) 1-3   Dec 2017
【栄養指導・管理のためのスキルアップシリーズvol.5 脂質異常症の最新食事療法のなぜに答える 基礎編】脂質異常はなぜ起こるのですか?
内野 卓也, 塚本 和久
臨床栄養   別冊(栄養指導・管理のためのスキルアップシリーズ5) 4-6   Dec 2017
【栄養指導・管理のためのスキルアップシリーズvol.5 脂質異常症の最新食事療法のなぜに答える 基礎編】高コレステロール血症のメカニズムはどのようになっていますか?
坂本 美貴, 塚本 和久
臨床栄養   別冊(栄養指導・管理のためのスキルアップシリーズ5) 17-19   Dec 2017
【栄養指導・管理のためのスキルアップシリーズvol.5 脂質異常症の最新食事療法のなぜに答える 基礎編】高TG血症のメカニズムはどのようになっていますか?
根本 かおり, 塚本 和久
臨床栄養   別冊(栄養指導・管理のためのスキルアップシリーズ5) 20-23   Dec 2017
ACTH単独欠損症発症直後の補充療法中に潰瘍性大腸炎を合併した1例
根本 かおり, 小山 英利奈, 小川 真澄, 坂本 美貴, 江戸 直樹, 内野 卓也, 男澤 悠貴, 藤巻 祐子, 高橋 諭, 真下 大和, 盛田 幸司, 東海林 琢男, 山本 貴嗣, 塚本 和久, 石川 敏夫
日本内分泌学会雑誌   93(3) 778-778   Dec 2017
亜急性甲状腺炎の発症を契機に、高血糖高浸透圧症候群に至った2型糖尿病の1例
坂本 美貴, 高橋 諭, 小山 英利奈, 小川 真澄, 根本 かおり, 内野 卓也, 男澤 悠貴, 江戸 直樹, 藤巻 祐子, 真下 大和, 盛田 幸司, 塚本 和久, 石川 敏夫
日本内分泌学会雑誌   93(4) 1137-1137   Dec 2017
GH3細胞の成長ホルモン(GH)発現および細胞増殖に対する、芳香族炭化水素受容体(AhR)アゴニストの影響
盛田 幸司, 男澤 悠貴, 内野 卓也, 根本 かおり, 江戸 直樹, 高橋 諭, 真下 大和, 塚本 和久, 石川 敏
日本内分泌学会雑誌   93(4) 1225-1225   Dec 2017
ニボルマブ開始後、SU薬内服中の低血糖昏睡で搬入されたACTH単独欠損症の1例
江戸 直樹, 深澤 陽子, 小川 真澄, 高橋 諭, 真下 大和, 本田 健, 盛田 幸司, 関 順彦, 塚本 和久, 石川 敏夫
日本内分泌学会雑誌   93(4) 1229-1229   Dec 2017
中枢性副腎不全を背景に、明らかな細菌感染なくプロカルシトニン値著高の発熱を呈した1例
小川 真澄, 江戸 直樹, 廣畑 倫生, 盛田 幸司, 大山 健一, 石井 雄道, 塚本 和久, 松野 彰, 石川 敏夫
日本内分泌学会雑誌   93(4) 1230-1230   Dec 2017
当院でパシレオチドを導入したGH産生下垂体腺腫の2症例 導入前の腺腫病理所見と導入後経過の比較
小川 真澄, 江戸 直樹, 廣畑 倫生, 井野元 智恵, 盛田 幸司, 大山 健一, 石井 雄道, 塚本 和久, 松野 彰, 長村 義之, 石川 敏夫
日本内分泌学会雑誌   93(4) 1445-1445   Dec 2017
病気について知りたい! 臨床講座 動脈硬化性疾患予防ガイドライン 2017年版改訂のポイント
塚本 和久
PharmaTribune   9(10) 5-10   Oct 2017
動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版のポイント
塚本 和久
日本内分泌学会雑誌   93(2) 511-511   Oct 2017
脊椎硬膜外脂肪腫症を合併し、下肢麻痺を呈したクッシング病
根本 かおり, 高橋 諭, 平田 淳作, 山田 和明, 廣畑 倫生, 小川 真澄, 江戸 直樹, 真下 大和, 盛田 幸司, 大山 健一, 石井 雄道, 北川 知明, 松野 彰, 塚本 和久, 石川 敏夫
日本内分泌学会雑誌   93(2) 549-549   Oct 2017
入院加療を要した高齢の原発性副甲状腺機能亢進症の3例
小川 真澄, 内野 卓也, 盛田 幸司, 小山 英利奈, 坂本 美貴, 男澤 悠貴, 根本 かおり, 江戸 直樹, 藤巻 祐子, 高橋 諭, 真下 大和, 塚本 和久, 石川 敏夫
日本内分泌学会雑誌   93(2) 616-616   Oct 2017
薬物療法 SGLT2阻害薬追加後に脳梗塞を発症した2型糖尿病の2症例
江戸 直樹, 桑原 碧, 小山 英利奈, 坂本 美貴, 小川 真澄, 内野 卓也, 男澤 悠貴, 根本 かおり, 高橋 諭, 村上 舞子, 真下 大和, 藤巻 祐子, 盛田 幸司, 石川 敏夫, 塚本 和久
糖尿病合併症   31(Suppl.1) 293-293   Oct 2017
ホスファチジルセリン特異的ホスホリパーゼA1、リゾホスファチジルセリンの糖尿病の病態生理への関与の解明
蔵野 信, 五十嵐 浩二, 池田 均, 塚本 和久, 矢冨 裕
臨床病理   65(補冊) 175-175   Oct 2017
【脂質異常症治療の新たな展開:ペマフィブラートへの期待】動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版改訂のポイントとフィブラート系薬の位置づけ
塚本 和久
Progress in Medicine   37(9) 1073-1078   Sep 2017
【脂質管理を一歩深める】治療を一歩深める 有効かつ安全で長続きする管理のために 薬物療法の進め方
男澤 悠貴, 塚本 和久
診断と治療   105(9) 1173-1178   Sep 2017
<Headline> 1 それぞれの患者のリスクに応じて脂質管理目標値を決定したのち加療を開始する。一次予防患者ではまずは生活習慣改善を行った後に薬物療法を考慮するが、二次予防患者やリスクの非常に高い患者では生活習慣改善とともに薬物療法を考慮する。2 高LDL-C血症に対する第一選択薬はスタチンである。エゼチミブ、レジンはスタチン不忍容の症例に対する薬剤として有効であり、またスタチン単独では管理不十分な症例への併用薬剤として用いる。プロブコールも追加投与する薬剤として考慮する。3 高トリグ...
最新 薬物治療の実際 脂質異常症における薬物療法
塚本 和久
Clinic Magazine   44(7) 19-23   Jul 2017
動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017 薬物療法
代田 浩之, 大村 寛敏, 塚本 和久
日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集   49回 157-157   Jun 2017
原発性高脂血症診療の新展開 シトステロール血症
塚本 和久, 蔵野 信, 東郷 眞子, 原 眞純
日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集   49回 162-162   Jun 2017
動脈硬化性疾患ハイリスク患者における危険因子管理と薬物療法の現況
坂本 美貴, 高橋 諭, 村上 舞子, 真下 大和, 藤巻 祐子, 長谷川 浩司, 国見 基瑩, 盛田 幸司, 石川 敏夫, 寺本 民生, 大橋 靖雄, 渡辺 毅, 塚本 和久
日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集   49回 294-294   Jun 2017
長寿であった家族性高コレステロール血症ホモ接合体の1症例
蔵野 信, 塚本 和久, 松島 照彦, 氏家 一知, 中尾 優美子, 野中 達也, 星野 正信, 寺本 民生
日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集   49回 295-295   Jun 2017
重度の緑内障を合併した副腎性クッシング症候群の1例
小山 英利奈, 高橋 諭, 坂本 美貴, 小川 真澄, 根本 かおり, 真下 大和, 盛田 幸司, 石川 敏夫, 塚本 和久, 滝川 一
日本内科学会関東地方会   632回 44-44   May 2017
脂質異常症治療の現況と今後の展望
塚本 和久
成人病と生活習慣病   47(5) 605-609   May 2017
わが国の冠動脈疾患既往者や脳血管障害既往者、糖尿病患者におけるLDL-C管理目標値達成率は経年的に上昇してきてはいるものの、十分な達成率とはいえない状況である。脂質異常症治療薬を投与すべき患者に適切に薬剤投与がなされていないことも、脂質管理目標値達成率が不十分である一因と考えられる。経口薬ではLDL-C管理目標値達成が不十分な症例であっても、PCSK9阻害薬が使用可能となったことで、目標値が達成できる可能性が増えた。ただし、PCSK9投与時には、投与適応であるかどうかを慎重に判断する必要が...
肝臓NPC1L1と脂質・糖代謝
塚本 和久
帝京医学雑誌   40(3) 105-116   May 2017
日本のみならず世界的に動脈硬化症心血管疾患は健康寿命を短縮し生命予後を大きく規定する疾患となっているが、糖代謝異常・脂質代謝異常はこれら動脈硬化性疾患の主要な危険因子である。コレステロール特異的トランスポーターNPC1L1は、げっ歯類では小腸のみに発現するが、ヒトでは肝臓にも発現している蛋白である。この肝臓NPC1L1の代謝に及ぼす効果について検討を行ったところ、肝臓NPC1L1の存在により糖代謝が改善すること、中性脂肪値が低下すること、さらに動脈硬化には良好と考えられるアポ蛋白Eに富んだ...
膵体尾部切除数ヵ月後に血糖値の上昇を認めた1例
長谷川 浩司, 国見 基瑩, 塚本 和久
糖尿病   60(4) 337-337   Apr 2017
橋本病におけるPET-CTでの、甲状腺へのび漫性集積に影響を与える因子の検討
坂本 美貴, 江戸 直樹, 盛田 幸司, 小山 英利奈, 小川 真澄, 内野 卓也, 男澤 悠貴, 根本 かおり, 藤巻 祐子, 高橋 諭, 真下 大和, 江藤 一弘, 塚本 和久, 石川 敏夫
日本内分泌学会雑誌   93(1) 356-356   Apr 2017
副腎不全症状を契機に診断された副腎悪性リンパ腫の3例
小川 真澄, 江戸 直樹, 松尾 啄二, 山本 義, 高橋 諭, 真下 大和, 盛田 幸司, 笹島 ゆう子, 宇於崎 宏, 近藤 福雄, 大田 泰徳, 白藤 尚毅, 江藤 一弘, 塚本 和久, 石川 敏夫
日本内分泌学会雑誌   93(1) 378-378   Apr 2017
SGLT2阻害薬がアルブミン尿におよぼす影響の検討
柏原 明子, 盛田 幸司, 真下 大和, 高橋 諭, 小山 英利奈, 坂本 美貴, 藤巻 祐子, 小川 真澄, 江戸 直樹, 根本 かおり, 男澤 悠貴, 内野 卓也, 鈴木 綾子, 石川 敏夫, 塚本 和久, 江藤 一弘
糖尿病   60(Suppl.1) S-269   Apr 2017
植物ステロール吸収促進は、肥満による慢性炎症を抑制する
蔵野 信, 長谷川 浩司, 国見 基瑩, 原 眞純, 矢冨 裕, 塚本 和久
糖尿病   60(Suppl.1) S-288   Apr 2017
当院でのSGLT2阻害薬使用2型糖尿病症例における腎機能推移の検討
坂本 美貴, 盛田 幸司, 江戸 直樹, 小山 英利奈, 小川 真澄, 内野 卓也, 男澤 悠貴, 根本 かおり, 高橋 諭, 真下 大和, 藤巻 祐子, 石川 敏夫, 藤森 新, 江藤 一弘, 塚本 和久
糖尿病   60(Suppl.1) S-306   Apr 2017
【動脈硬化と食事】欧米の動向
内野 卓也, 塚本 和久
動脈硬化予防   16(1) 13-20   Mar 2017
以前のガイドラインでは栄養素の組成に注目しての食事療法が示されていたが、食事は個々の栄養素としてではなくその組合せ、すなわち食べ物として摂取されること、および食事パターンとCVDアウトカムとの関係の報告も増えてきたことから、近年は地中海食パターンやDASHパターンといった食事パターンに注目したガイドラインが増えてきている。また、従来、いずれのガイドラインでも推奨されていたコレステロール摂取量の制限は、ACC/AHA2013ガイドラインでは撤廃された。しかし、その後に発表された欧州のガイドラ...
冠動脈疾患既往例におけるLDL-Cコントロール
塚本 和久, 長谷川 浩司, 国見 基瑩
新薬と臨牀   66(1) 51-54   Jan 2017
脂質異常症治療の現況と今後の展開
塚本 和久
日本成人病(生活習慣病)学会会誌   43 40-40   Jan 2017
食べて学ぶ体験型集団栄養指導 「糖尿病教室 食事勉強会」の取り組み
久田 和子, 近藤 タカ子, 馬場 佳子, 瀬戸 美帆, 猪俣 利恵, 長谷川 浩司, 塚本 和久
日本病態栄養学会誌   20(Suppl.) S-131   Dec 2016
【家族性高コレステロール血症(FH)診療のパラダイムシフト-PCSK9のインパクト】PCSK9機能と高コレステロール血症
塚本 和久
呼吸と循環   64(11) 1057-1061   Nov 2016

Conference Activities & Talks

 
Plant sterol protects diet induced obese mice against inflammation in liver and adipose tissue
2014   
Postprandial hyperlipidemia. Importance of Factors affecting hepatic VLDL secretion.
4th International Symposium on Chylomicrons in Disease   2014   
Effect of nicotinic acid on dyslipidemia and steatohepatitis in monosodium glutamate-treated obese mice.
2013   
Hepatic NPC1L1 overexpression ameliorated glucose metabolism in diabetic mice via suppression of FoxO1 mediated gluconeogenesis.
2013   
Nicotinic acid ameliorates dyslipidemia and prevents steatohepatitis in monosodium glutamate-treated obese mice.
81st European Atherosclerosis Society Congress, Lyon, France   2013   
Hepatic Apolipoprotein M overexpression increased total S1P mass and ameliorate insulin resistance in diet induced obesity mice.
American Heart Association Scienrific Sessions 2012   2012   
The relationship among the NPC1L1 polymorphisms, cholesterol absorption and postprandial hyperlipidemia
第44回日本動脈硬化学会総会・学術集会   2012   
Hepatic NPC1L1 overexpression attenuated gluconeogenesis and VLDL-triglycerides secretion via the suppression of hepatic FoxO1 pathway
第44回日本動脈硬化学会総会・学術集会   2012   
Modulation of lipid metabolism with hepatic expression of NPC1L1 in mice
第43回日本動脈硬化学会総会   2011   
Comparison of Pioglitazone and Metformin in their effects on PWV and markers for atherosclerosis
第43回日本動脈硬化学会総会   2011   
Effect of ezetimibe on hepatic free cholesterol accumulation and steatohepatitis in MSG-treated obese mice
第43回日本動脈硬化学会総会   2011   
Modulation of Lipoprotein and Glucose Metabolism with the Over-expression of Niemann-pick C1 Like 1 Protein (NPC1L1) in Mice Liver.
American Heart Association, Scientific Sessions 2010   2010   
LXR agonist increases apoE secretion from HepG2 spheroid, together with an increased production of VLDL and apoE-rich large HDL
2010   
Differences of gender in relationship between NPC1L1 Gene Polymorphism and Cholesterol Absorption
2010   
Plant Sterols Increased Il-6 and TNF-α Secretion from Macrophages but to a Lesser Extent than Cholesterol
Arteriosclerosis, Thrombosis and Vascular Biology 2010 Scientific Sessions   2010   
LXR Agonist Increases ApoE Secretion from HepG2 Spheroid Together with Increased Production of VLDL and ApoE-Rich Large HDL
Arteriosclerosis, Thrombosis and Vascular Biology 2010 Scientific Sessions   2010