Yoichi HANEDA

J-GLOBAL         Last updated: Dec 5, 2018 at 05:27
 
Avatar
Name
Yoichi HANEDA
URL
http://www.hanedalab.inf.uec.ac.jp/
Affiliation
The University of Electro-Communications
Section
Graduate School of Informatics and Engineering, School of Informatics and Engineering, Department of Informatics, Cluster I (Informatics and Computer Engineering)
Job title
Professor
Degree
Ph.D(Tohoku University)
Research funding number
80647496

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2016
   
 
教授, 大学院 情報理工学研究科 情報学専攻, 電気通信大学 
 
Oct 2012
 - 
Mar 2016
教授, 電気通信大学大学院 情報理工学研究科 総合情報学専攻
 
Apr 2008
 - 
Sep 2012
グループリーダー, 日本電信電話(株)NTTサイバースペース研究所
 
Oct 2002
 - 
Mar 2008
主幹研究員, 日本電信電話(株)NTTサイバースペース研究所
 
Apr 2000
 - 
Sep 2002
主任研究員, 日本電信電話(株)NTTサイバースペース研究所
 

Education

 
Apr 1987
 - 
Mar 1989
物理学専攻, Graduate School, Division of Natural Science, Tohoku University
 
Apr 1980
 - 
Mar 1983
神奈川県立厚木高等学校
 

Awards & Honors

 
Mar 2018
円調和・縦型多重極表現に基づく円筒形アレイの3次元指向性制御, 日本音響学会学生優秀発表賞, 日本音響学会
Winner: 佐藤航也
 
Oct 2017
2017 IEEE 6th Global Conference on Consumer Electronics Outstanding Poster Award, IEEE
Winner: Yuhei Yamamoto and Yoichi Haneda
 
Mar 2017
聴感評点を最大化するための強化学習に基づく音源強調の検討, 日本音響学会粟屋潔学術奨励賞 , 日本音響学会
Winner: 小泉悠馬
 
Dec 2016
America, Best paper by a young presenter in signal processing in acoustics, Acoustical Society of America
Winner: Maureen
 
Mar 2016
Student Paper Award in NCSP'16, RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing 2016
Winner: Kazuna Bando
 

Published Papers

 
A. Yamazato, Y. Haneda
Audio Engineering Society 145th Convention   145 10122   Oct 2018   [Refereed]
Y. Ren, Y. Haneda
Audio Engineering Society 145th Convention   145 10120   Oct 2018   [Refereed]
MUSIC ALGORITHM BASED ON TEMPORAL DRR AND RAYLEIGH QUOTIENT FOR REVERBERANT ENVIRONMENTS
R. Tanaka, Y. Haneda
International Workshop on Acoustic Signal Enhancement 2018 (IWAENC 2018)   P3(20)    Sep 2018   [Refereed]
DNN-based Source Enhancement to Increase Objective Sound Quality Assessment Score
Y. Koizumi, K. Niwa, Y. Hioka, K. Koabayashi, Y. Haneda
IEEE/ACM Trans. Audio, Speech, and Lang. Process.   26(10) 1780-1792   May 2018   [Refereed]
A Method to Reproduce a Directional Sound Source by Using a Circular Array of Focused Sources in Front of a Linear Loudspeaker Array
K. Tsutsumi, Y. Haneda, K. Noguchi, H. Takada
Audio Engineering Society 144th Convention   144 9978   May 2018   [Refereed]

Misc

 
羽田陽一
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review   11(4) 243-255   2018   [Refereed]
空間フーリエ変換を用いたアレイ信号処理
羽田 陽一
日本音響学会誌   74(2) 74-82   Feb 2018   [Refereed]
関 貴志,羽田 陽一
日本音響学会誌   73(4) 221-225   Apr 2017   [Refereed]
多チャネルオーディオ通信におけるエコーキャンセラ技術
島内末廣, 江村 暁, 羽田陽一, 片岡 章俊
電子情報通信学会誌   89(12) 1073-1078   2008   [Refereed]
Toward High-quality and High-reality Teleconferencing
Y. Haneda
NTT Technical Review   4(2) 6-11   2007   [Refereed]

Books etc

 
Acousticpedia for beginers
コロナ社   Mar 2017   ISBN:978-4-339-00895-1
総合版ハンドブック「知識ベース:知識の森」
電子情報通信学会   Oct 2012   

Conference Activities & Talks

 
適応的窓関数切換を利用した MDCT 領域の DNN 音源強調
小泉 悠馬,原田 登,羽田 陽一
日本音響学会2018年秋季研究発表会   13 Sep 2018   
2 つの剛体円形スピーカアレイを用いた仮想音源生成
任 逸,羽田 陽一
日本音響学会2018年秋季研究発表会   12 Sep 2018   
管路内水中音響データによる漏水音の自動検出-部分帯域音響モデルによる検討-
高木 一幸,石川 佳佑,羽田 陽一,浅野 勇,森 充広,川上 昭彦,川邉 翔平
日本音響学会2018年秋季研究発表会   12 Sep 2018   
球面マイクロホンアレイのビームフォーマ出力を利用したポストフィルタの設計とドローンへの応用
上山 了介,羽田 陽一
日本音響学会2018年秋季研究発表会   12 Sep 2018   
Temporal DRRと一般化レイリー商に基づく残響環境でのMUSIC
田中龍亮,羽田陽一
電子情報通信学会,応用音響研究会 信学技報 EA2017-149   19 Mar 2018   

Teaching Experience

 

Research Grants & Projects

 
腕輪型ハンズフリーフォン向け指向性スピーカアレーの研究
(一財)テレコム先端技術研究支援センター: 奨学寄附金
Project Year: Jun 2016 - Mar 2018
球面スピーカアレーによる高精細音響再生に関する研究
(公財)電気通信普及財団: 研究助成
Project Year: Apr 2014 - Mar 2016
音の距離を識別する3Dマイクロホンアレー
公益財団法人栢森情報科学振興財団: 
Project Year: Jan 2014 - Nov 2015

Patents

 
特願2017-173419 : フィルタ係数決定装置、フィルタ係数決定方法、プログラム、および音響システム
2016-032281 : 音源方向推定装置、音源方向推定方法、およびプログラム
特願2016-032282 : フィルタ係数決定装置、フィルタ係数決定方法、プログラム、および再生システム
特願2014-39642 : 収音装置および収音方法,並びにプログラム

Others

 
2017
「大学の世界展開力強化事業(中南米)」に基づくメキシコ人留学生の研究指導