巽 好幸

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/04 03:11
 
アバター
研究者氏名
巽 好幸
 
タツミ ヨシユキ
所属
神戸大学
部署
海洋底探査センター
職名
教授
学位
理学修士(京都大学), 理学博士(東京大学)

学歴

 
 
 - 
1983年3月
東京大学 大学院理学系研究科博士後期課程地質学専攻修了  
 

受賞

 
2016年9月
公益財団法人 井植記念会 井植文化賞 特別賞 それぞれの分野でめざましく活躍された個人または団体
 
2012年12月
Amrican Geophysical Union ボーエン賞 マグマ成因論
 

論文

 
三瓶火山溶岩ドームの形成過程
浅野 一平, 五井 健登, 清杉 孝司, 鈴木 桂子, 巽 好幸
火山   63(2) 19-32   2018年7月   [査読有り]
Tatsumi, Y., K. Suzuki, T. Matsuno, H. Ichihara, N. Seama, K. Kiyosugi, R. Nakaoka, K. Nakahigashi, H. Takizawa, K. Hayashi, T. Chiba, S. Shimizu, M. Sano, H. Iwamaru, H. Morozumi, H. Sugioka, Y. Yamamoto
Scientific Reports (Nature Publishing Group)      2018年2月   [査読有り]
Laboratory measurements of Vp and Vs in a porosity-developed crustalrock: Experimental investigation into the effects of porosity at deepcrustal pressures
Satoshi Saito, Masahiro Ishikawa, Makoto Arima, Yoshiyuki Tatsumi
Tectonophysics The International Journal of Integrated Solid Earth Sciences      2016年3月   [査読有り]
Evolution of the Earth as an andesite planet: water, plate tectonics, and delamination of anti-continent
Yoshiyuki Tatsumi, Takeshi Sato, Shuichi Kodaira
Frontier letters      2015年6月   [査読有り]
Laboratory measurements of ‘porosity-free’ intrinsic Vp and Vs in an olivine gabbro of the Oman ophiolite: Implication for interpretation of the seismic structure of lower oceanic crust
SATOSHI SAITO, MASAHIRO ISHIKAWA, MAKOTO ARIMA, YOSHIYUKI TATSUMI
Island Arc      2015年5月

Misc

 
7300年前に破局噴火を起こした鬼界カルデラに巨大溶岩ドームが成長
巽 好幸
科学   88(5) 0443-0448   2018年5月
大人のための最先端理科第158回【地球】巨大溶岩ドームが新たに成長? 鬼界カルデラ最新調査で判明
巽 好幸
週刊ダイヤモンド   (2018年3月17日号) 100-101   2018年3月
大人のための最先端理科第153回【地球】地磁気反転を現代に伝える 地球史に残るチバニアン
巽 好幸
週刊ダイヤモンド   (2018年2月10日号) 81-82   2018年2月
変動帯に暮らす覚悟
巽 好幸
図書   (第829) 12-15   2018年2月
日本列島に暮らす幸運と不運
巽 好幸
大阪保険医雑誌   (616) 20-23   2018年1月

書籍等出版物

 
海洋底科学の基礎 / 固体地球のサイクルと表層との相互作用
巽 好幸
共立出版   2016年9月   
富士山大噴火と阿蘇山大爆発
巽 好幸
幻冬舎   2016年5月   
The Geology of Japan
YOSHIYUKI TATSUMI, YOSHIHIKO TAMURA, ALEXANDER R.L.NICHOLS, OSAMU ISHIZUKA, NARUMI TAKAHASHI, KEN-ICHIRO TANI (担当:共著)
The Geological Society London   2016年   
和食はなぜ美味しい――日本列島の贈りもの
巽 好幸
岩波書店   2014年11月   
地震と噴火は必ず起こる
巽 好幸
新潮社   2012年8月   

講演・口頭発表等

 
Integrated marine investigations of Kikai Caldera, SW Japan
松野 哲男, 巽 好幸, 島 伸和, 鈴木 桂子, 市原 寛, 清杉 孝司, 中岡 礼奈, 清水 賢, 佐野 守, 井和丸 光, 両角 春寿, 杉岡 裕子, 中東 和夫, 山本 揚二朗, 林 和輝, 西村 公宏, 古川 優和, 堀内 美咲, 仲田 大地, 中村 崚登, 廣瀬 時, 瀬戸 康友, 大重 厚博, 滝沢 秀明, 千葉 達朗, 小平 秀一
日本地球惑星科学連合2018年大会   2018年5月   
The significance of the surface excavation in the Kikai caldera, southern Kyushu
Keiko Suzuki-Kamata, Yoshiyuki Tatsusmi, Kouji Kiyosugi, Reina Nakaoka, Nobukazu Seama, Tetsuo Matsuno, Satoshi Shimizu, Mamoru Sano, Hikaru Iwamaru
日本地球惑星科学連合2018年大会   2018年5月   
鬼界カルデラおよび九州南部海域における地震探査層序の特徴
清水 賢, 井和丸 光, 島 伸和, 松野 哲男, 市原 寛, 佐野 守, 杉岡 裕子, 中東 和夫, 山本 揚二朗, 西村 公宏, 古川 優和, 堀内 美咲, 廣瀬 時, 瀬戸 康友, 巽 好幸
日本地球惑星科学連合2018年大会   2018年5月   
破局的カルデラ形成噴火に対する地殻由来マグマの寄与-姶良火砕噴火で噴出した本質岩片における地球化学的特徴からの推定-
西原 歩, 巽 好幸, 鈴木 桂子, 金子 克哉, 木村 純一, 常 青, 日向 宏伸
日本地球惑星科学連合2018年大会   2018年5月   
IODP 科学計画とその推進体制 [招待有り]
巽 好幸
J-DESC Workshop「科学掘削の未来 ~過去・現在を知り、アイディアを形にしよう~」   2018年3月   

競争的資金等の研究課題

 
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 鈴木 桂子
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 鈴木 桂子