木原 恵美子

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/08 03:01
 
アバター
研究者氏名
木原 恵美子
 
キハラ エミコ
所属
神戸大学
部署
大学教育推進機構 国際コミュニケーションセンター
職名
准教授
学位
修士(人間・環境学)(京都大学), 博士(人間・環境学)(京都大学)

学歴

 
 
 - 
2010年3月
京都大学 大学院人間・環境学研究科博士課程修了  
 

論文

 
“Willingness to Communicate in Debate Settings: Case Study of a Japanese University Student”
Wang, Marian, Kihara, Emiko
The Journal of Teachers Helping Teachers   (5)    2017年11月   [査読有り]
Willingness to communicate (WTC) is a concept that has been interpreted via motivational theories (Dörnyei, 2003) of how language speakers’ perception of their competence in a foreign language and anxiety associated with speaking the target langua...
"E-Debating for Cross-border Communication and Critical Thinking Skills."
Wang, Marian, Kihara, Emiko
The Journal of Teachers Helping Teachers   (4) 156-168   2016年11月   [査読有り]
Broad and Narrow Focus Perception in Japanese Learners of English before and after a Short-Term Study Tour
PINTER Gabor, KIHARA Emiko
神戸大学国際コミュニケーションセンター論集   (12) 30-39   2015年12月
短期海外研修で変化する日本人英語学習者の記述力と気づきに関する一考察
木原 恵美子, ピンテール ガーボル, 直井雅一
神戸大学国際コミュニケーションセンター論集   (12) 40-53   2015年12月
使役移動構文における構成要素の意味合成と構文スキーマによるカテゴリー化
木原 恵美子
日本認知言語学会論文集   11    2011年5月

書籍等出版物

 
日本人英語学習者の構文のパターンとその変化
木原 恵美子 (担当:共著)
ひつじ書房   2013年3月   
認知文法論序説
木原 恵美子 (担当:共訳)
研究社   2011年5月   

講演・口頭発表等

 
Rhetorical Structure Theoryを用いたEFLディベートのテキスト分析 [招待有り]
木原 恵美子, ウアン マリアン, 直井 雅一
日本第二言語習得学会   2017年5月   
使役移動構文における構成要素の意味合成と構文スキーマによるカテゴリー化 [招待有り]
木原 恵美子
日本認知言語学会   2010年   
A Cognitive Approach to the Usage Environment of the English Light Verb Construction [招待有り]
木原 恵美子
Poetics and Linguistics Conference   2007年   
A Taxonomic Network of the transitive Construction: A Case of the English Cognate Object Construction [招待有り]
木原 恵美子
国際認知言語学会   2005年   
様態構文における感情形容詞の振舞いについて [招待有り]
木原 恵美子
日本認知言語学会   2004年   

担当経験のある科目