増田 充弘

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/07 17:03
 
アバター
研究者氏名
増田 充弘
 
マスダ アツヒロ
所属
神戸大学
部署
大学院医学研究科 医科学専攻
職名
助教
学位
博士(医学)(神戸大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年
 - 
2015年
Dana Farber Cancer Institute, Harvard Medical School
 

学歴

 
 
 - 
2008年3月
神戸大学 大学院医学系研究科博士課程医科学専攻修了  
 
 
 - 
2000年3月
神戸大学医学部医学科卒業  
 

委員歴

 
2012年
 - 
現在
自己免疫性膵炎委員会、評価委員(日本膵臓学会)
 
2009年
 - 
2012年
厚生労働省難治性膵疾患に関する調査研究班、研究協力者
 

受賞

 
2019年1月
兵庫県科学技術振興財団 研究助成 個人
 
2017年3月
兵庫県医師会 研究助成 個人
 
2016年12月
財団法人膵臓病研究財団 膵臓病研究財団研究奨励賞 個人
 
2014年12月
2nd International MPE meeting MPE trainee award
 
2010年12月
財団法人膵臓病研究財団 膵臓病研究財団研究奨励賞 個人
 

論文

 
Yurgelun MB, Chittenden AB, Morales-Oyarvide V, Rubinson DA, Dunne RF, Kozak MM, Qian ZR, Welch MW, Brais LK, Da Silva A, Bui JL, Yuan C, Li T, Li W, Masuda A, Gu M, Bullock AJ, Chang DT, Clancy TE, Linehan DC, Findeis-Hosey JJ, Doyle LA, Thorner AR, Ducar MD, Wollison BM, Khalaf N, Perez K, Syngal S, Aguirre AJ, Hahn WC, Meyerson ML, Fuchs CS, Ogino S, Hornick JL, Hezel AF, Koong AC, Nowak JA, Wolpin BM
Genetics in medicine : official journal of the American College of Medical Genetics      2018年7月   [査読有り]
Ikegawa T, Masuda A, Sakai A, Toyama H, Zen Y, Sofue K, Nakagawa T, Shiomi H, Takenaka M, Kobayashi T, Yoshida M, Arisaka Y, Okabe Y, Kutsumi H, Fukumoto T, Azuma T
Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.]   18(4) 399-406   2018年6月   [査読有り]
Association of Alterations in Main Driver Genes With Outcomes of Patients With Resected Pancreatic Ductal Adenocarcinoma
QianZR, RubinsonDA, NowakJA, Morales-OyarvideV, DunneRF, KozakMM, WelchMW, BraisLK, DaSilvaA, LiT, LiW, MasudaA, YangJ, ShiY, GuM, MasugiY, BuiJ, ZellersCL, YuanC, BabicA, KhalafN, AguirreA, NgK, MiksadRA, BullockAJ, ChangDT, Ts
JAMA Oncol   4(3) e173420   2018年3月   [査読有り]
Endoscopic Ultrasound-Guided Rendezvous Technique for Failed Biliary Cannulation in Benign and Resectable Malignant Biliary Disorders
ShiomiH, YamaoK, HokiN, HisaT, OguraT, MinagaK, MasudaA, MatsumotoK, KatoH, KamadaH, GotoD, ImaiH, TakenakaM, NoguchiC, NishikioriH, ChibaY, KutsumiH, KitanoM
Dig Dis Sci   63(3) 787-796   2018年3月   [査読有り]
KobayashiT, SatoY, NishiumiS, YagiY, SakaiA, ShiomiH, MasudaA, OkayaS, KutsumiH, YoshidaM, HondaK
Biochem Biophys Res Commun   497(3) 903-907   2018年3月   [査読有り]
Influence of hiatal hernia and male sex on the relationship between alcohol intake and occurrence of Barrett's esophagus
MasudaA, FujitaT, MurakamiM, YamazakiY, KobayashiM, TeraoS, SanukiT, OkadaA, AdachiM, ShiomiH, ArisakaY, KutsumiH, UmegakiE, AzumaT
PLoS One   13(2) e0192951   2018年2月   [査読有り]
Intracholecystic papillary neoplasm of the gallbladder protruding into the common bile duct
SakaiA, MasudaA, ShiomiH, ZenY, AjikiT
Gastrointest Endosc      2018年2月   [査読有り]
YagiY, MasudaA, ZenY, ShiomiH, ToyamaH, SofueK, TakenakaM, KobayashiT, NakagawaT, YamanakaK, IkegawaT, HoshiN, YoshidaM, ArisakaY, OkabeY, KutsumiH, FukumotoT, KuY, AzumaT
Pancreatology   18(1) 54-60   2018年1月   [査読有り]
Mochizuki N, Fujita T, Kobayashi M, Yamazaki Y, Terao S, Sanuki T, Okada A, Adachi M, Murakami M, Arisaka Y, Uno K, Masuda A, Yoshida M, Umegaki E, Kutsumi H, Azuma T
PloS one   13(5) e0196848   2018年   [査読有り]
Yokode M, Shiomi H, Itai R, Mikami S, Yamashita Y, Nakano R, Ezaki T, Masuda A, Zen Y
Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology   115(6) 563-572   2018年   [査読有り]
八木洋輔, 有坂好史, 酒井新, 小林隆, 竹中完, 塩見英之, 増田充弘, 岡部純弘
胆道   31(5号) 793-801   2017年12月   [査読有り]
膵癌における超音波内視鏡下穿刺吸引術(EUSFNA)検体を用いた遺伝子解析およびメタボローム解析に基づく化学療法感受性および予後の予測
増田充弘
日本膵臓病研究財団研究報告書 24回   47-50   2017年12月   [査読有り]
酒井新, 竹中完, 池田篤紀, 小林隆, 塩見英之, 増田充弘, 有坂好史, 岡部純弘, 原重雄, 全陽, 東健
膵臓   32(5号) 829-835   2017年10月   [査読有り]
IL-8 Expression in Granulocytic Epithelial Lesions of Idiopathic Duct-centric Pancreatitis (Type 2 Autoimmune Pancreatitis)
KuY, HongSM, FujikuraK, KimSJ, AkitaM, Abe-SuzukiS, ShiomiH, MasudaA, ItohT, AzumaT, KimMH, ZenY
Am J Surg Pathol   41(8) 1129-1138   2017年8月   [査読有り]
Chronic Pancreatitis Finding by Endoscopic Ultrasonography in the Pancreatic Parenchyma of Intraductal Papillary Mucinous Neoplasms Is Associated with Invasive Intraductal Papillary Mucinous Carcinoma
TakenakaM, MasudaA, ShiomiH, YagiY, ZenY, SakaiA, KobayashiT, ArisakaY, OkabeY, KutsumiH, ToyamaH, FukumotoT, KuY, KudoM, AzumaT
Oncology   93(Suppl 1) 61-68   2017年   [査読有り]
QianZR, LiT, Ter-MinassianM, YangJ, ChanJA, BraisLK, MasugiY, ThiaglingamA, BrooksN, NishiharaR, BonnemarieM, MasudaA, InamuraK, KimSA, MimaK, SukawaY, DouR, LinX, ChristianiDC, SchmidlinF, FuchsCS, MahmoodU, OginoS, KulkeMH
Pancreas   45(10) 1386-1393   2016年11月   [査読有り]
MicroRNA let-7, T Cells, and Patient Survival in Colorectal Cancer
DouR, NishiharaR, CaoY, HamadaT, MimaK, MasudaA, MasugiY, ShiY, GuM, LiW, daSilvaA, NoshoK, ZhangX, MeyerhardtJA, GiovannucciEL, ChanAT, FuchsCS, QianZR, OginoS
Cancer Immunol Res   4(11) 927-935   2016年11月   [査読有り]
MimaK, NishiharaR, NowakJA, KimSA, SongM, InamuraK, SukawaY, MasudaA, YangJ, DouR, NoshoK, BabaH, GiovannucciEL, BowdenM, LodaM, GiannakisM, BassAJ, DranoffG, FreemanGJ, ChanAT, FuchsCS, QianZR, OginoS
Cancer Immunol Res   4(1) 33-40   2016年1月   [査読有り]
InamuraK, SongM, JungS, NishiharaR, YamauchiM, LochheadP, QianZR, KimSA, MimaK, SukawaY, MasudaA, ImamuraY, ZhangX, PollakMN, MantzorosCS, HarrisCC, GiovannucciE, FuchsCS, ChoE, ChanAT, WuK, OginoS
J Natl Cancer Inst   108(4)    2015年11月   [査読有り]
Fusobacterium nucleatum and T Cells in Colorectal Carcinoma
MimaK, SukawaY, NishiharaR, QianZR, YamauchiM, InamuraK, KimSA, MasudaA, NowakJA, NoshoK, KosticAD, GiannakisM, WatanabeH, BullmanS, MilnerDA, HarrisCC, GiovannucciE, GarrawayLA, FreemanGJ, DranoffG, ChanAT, GarrettWS, HuttenhowerC
JAMA Oncol   1(5) 653-61   2015年8月   [査読有り]

Misc

 
EUS-FNAが有用であった結核性リンパ節炎の1例
八木 洋輔, 有坂 好史, 田中 敏雄, 北田 隆起, 河田 奈都子, 村本 理, 湯川 雅彦, 中村 秀次, 田村 慶朗, 立花 功, 城光寺 龍, 増田 充弘
日生病院医学雑誌   46(1) 21-25   2018年7月
症例は51歳女性で、肺結核、頸部結核性リンパ節炎、気管支鏡下洗浄液PCR検査で結核菌陽性、頸部リンパ節生検で乾酪壊死と周囲に類上皮細胞を認めた。抗結核療法後に完治と診断した。心窩部痛で受診し、肝膿瘍を認めた。経皮的肝膿瘍ドレナージで肝膿瘍は改善したが、CT検査で膵臓に隣接する低吸収域を認めた。造影CT検査では、膵体部背側で上腸間膜静脈と脾静脈に接し、境界不明瞭で造影効果の乏しい25mm大の腫瘤を認め、膵頭部にも同様に境界不明瞭で造影効果の乏しい腫瘤を認めた。MRIでは、膵腫瘤は脂肪抑制T1...
超音波内視鏡下エラストグラフィーおよび造影ハーモニック超音波内視鏡検査が診断の一助となった2型自己免疫性膵炎の1例
横出 正隆, 塩見 英之, 板井 良輔, 三上 栄, 山下 幸政, 中野 遼太, 江崎 健, 増田 充弘, 全 陽
日本消化器病学会雑誌   115(6) 563-572   2018年6月
症例は57歳男性。前医で膵頭部に悪性腫瘍が疑われ、超音波内視鏡下穿刺吸引術(EUS-FNA)を施行されたが確定診断には至らなかった。当院で施行した超音波内視鏡下エラストグラフィーおよび造影ハーモニック超音波内視鏡検査において悪性所見に乏しく、腫瘤形成性膵炎や自己免疫性膵炎が疑われた。再検したEUS-FNAの検体にて好中球性膵管障害を認め、2型自己免疫性膵炎と診断しステロイド治療が奏功した。(著者抄録)
【重症急性膵炎とその合併症に対するマネジメント】 Disconnected pancreatic duct syndromeの病態と治療
塩見 英之, 賀来 英俊, 田中 雄志, 田中 俊多, 中野 遼太, 佐藤 悠, 山田 恭孝, 吉田 竜太郎, 池川 卓哉, 藤垣 誠治, 家本 孝雄, 江崎 健, 那賀川 峻, 酒井 新, 小林 隆, 塩見 優紀, 増田 充弘, 児玉 裕三
消化器・肝臓内科   3(6) 585-591   2018年6月
【膵疾患に対する内視鏡治療の新展開】 膵頭十二指腸切除術後の膵管空腸吻合部狭窄に対するInterventional EUS
塩見英之, 岡部純弘, 田中雄志, 田中俊多, 中野遼太, 佐藤悠, 山田恭孝, 吉田竜太郎, 池川卓哉, 藤垣誠治, 家本孝雄, 江崎健, 酒井新, 小林隆, 那賀川峻, 塩見優紀, 増田充弘
消化器・肝臓内科   2(6号) 596-603   2017年12月   [依頼有り]
【急性胆嚢炎に対する最新のマネージメント】 無石胆嚢炎のマネージメント
塩見英之, 岡部純弘, 田中雄志, 山田恭孝, 吉田竜太郎, 江崎健, 那賀川峻, 酒井新, 小林隆, 塩見優紀, 増田充弘
胆と膵   38(10号) 1221-1226   2017年10月   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
The predictor’s factor of step up approach using EUS-guided transmural drainage for walled-off necrosis
Hideyuki Shiomi, Arata Sakai, Takashi Kobayashi, Takashi Nakagawa, Takeshi Ezaki, Yuuki Shiomi, Atsuhiro Masuda, Yoshihiro Okabe
UEGW 2017   2017年11月   Organizing committee of the 2017 United European gastroenterology Week
GERD診断におけるFSSGスコアの有用性の検証
若原 ちか, 藤田 剛, 増田 充弘, 山崎 幸直, 小林 正夫, 寺尾 秀一, 岡田 明彦, 佐貫 毅, 安達 政恭, 久津見 弘, 梅垣 英次, 東 健
日本消化器関連学会週間   2017年10月   日本消化器病学会
Walled-off necrosisに対する内視鏡的step-up approachの妥当性の検討
酒井 新, 塩見 英之, 増田 充弘
JDDW2017   2017年10月   日本消化器関連学会機構
Sonazoidを用いた造影超音波内視鏡検査による胆嚢疾患鑑別の試み
吉田竜太郎, 江崎健, 増田充弘
第53回日本胆道学会学術集会   2017年9月   日本胆道学会
Validation of Rome IV criteria for sphincter of Oddi disorder and therapeutic effect of endoscopic sphincterotomy by using the new method of sphincter of Oddi manometry
Arata Sakai, Seiji Fujigaki, Atsuhiro Masuda, Ryota Nakano, Takashi Nakagawa, Takashi Kobayashi, Hideyuki Shiomi
APDW2017   2017年9月   Organizing committee of the 2017 Asia pacific Digestive Week

競争的資金等の研究課題

 
学術研究助成基金助成金/若手研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 増田 充弘