ISHII Toshiyuki

J-GLOBAL         Last updated: Nov 28, 2017 at 02:56
 
Avatar
Name
ISHII Toshiyuki
Affiliation
Nara University of Education
Section
Faculty of Education, Science Education
Job title
Associate Professor
Research funding number
50636446

Research Interests

 
 

Education

 
 
   
 
理科教育, 学校教育研究科, Hyogo University of Teacher Education
 

Awards & Honors

 
Jul 1998
「数学と理科との関連を図った指導に関する研究-文脈依存性を克服した指導への提言- 」『科学教育研究』,Vol.20,NO.4・pp.213-220,1996, 科学教育研究奨励賞, 日本科学教育学会
Winner: 石井俊行・箕輪明寛
 

Published Papers

 
中学校理科第一分野での学習到達度に関する研究
石井俊行・庭瀬敬右・廣瀬正美
日本理科教育学会研究紀要   29(2) 37-44   Nov 1988   [Refereed]
中学校理科第一分野での学習到達度に関する研究(続報)
石井俊行・飯利雄一・廣瀬正美
日本理科教育学会研究紀要   30(3) 33-37   Mar 1990   [Refereed]
電気分野における実験技能と知識との関係
石井俊行・橋本美彦
日本理科教育学会研究紀要   34(1) 21-31   Jul 1993   [Refereed]
化学反応式を書く能力向上に関する研究 -化学反応式の完成を阻害する要因の究明-
石井俊行・橋本美彦
日本理科教育学会研究紀要   36(1) 7-16   Jul 1995   [Refereed]
数学と理科との関連を図った指導に関する研究-文脈依存性を克服した指導への提言-
石井俊行・箕輪明寛・橋本美彦
科学教育研究   20(4) 213-220   Mar 1996   [Refereed]

Misc

 
中学校理科における“唾液がデンブンを麦芽糖に変える”実験に関する研究-フィルムケースを使用しての個別化を通して
石井俊行
理科の教育   56(662) 58-61   Sep 2007
石井俊行:「生徒たちに理科を学ぶ意味を見出させる授業の工夫-興味・関心を高めさせる教材開発を通して-」『理科の教育』(Vol.58・NO.686・pp. 32-33,2009)
石井俊行
理科の教育   56(662) 32-33   Sep 2009
Effect of Guiding Students to Pay Enhanced Attention to Unit Dimensions in School Science:In Order to Improve the Rate of Correct Answers
Toshiyuki ISHII , Takuma HAYASHI
Journal of Science Education in Japan   39(4) 335ー346   Dec 2015   [Refereed]

Conference Activities & Talks

 
数学と理科との関連を図った指導に関する研究-子どもの考え方を生かした理科学習の構築-
石井俊行
第36回日本理科教育学会関東支部大会   8 Nov 1997   日本理科教育学会
凸レンズを通過した光がつくる像の理解に関する基礎的研究-作図を完成する能力の影響について-
石井俊行・橋本美彦
第50回日本理科教育学会全国大会   8 Aug 2000   日本理科教育学会
水流モデルと電位測定回路を用いた中学校電気単元の指導法
伊東明彦、高橋紘子、石井俊行
第56回日本理科教育学会全国大会   5 Aug 2006   日本理科教育学会
デンプンがだ液により糖に変わる実験"の効果的な検出方法 -生徒による個別の実験を通して-
石井俊行・橋本美彦
第47回日本理科教育学会関東支部大会   15 Nov 2008   日本理科教育学会
化学変化における「分解」と「化合」とでは、どちらを先に学習させる方が効果的なのか
石井俊行・橋本美彦
第48回日本理科教育学会関東支部大会   1 Nov 2009   日本理科教育学会