北田 容章

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/04 19:54
 
アバター
研究者氏名
北田 容章
 
キタダ マサアキ
所属
東北大学
部署
大学院医学系研究科・医学部 医科学専攻 細胞生物学講座 細胞組織学分野
職名
准教授
学位
博士(医学)(京都大学)
科研費研究者番号
80324614
ORCID ID
0000-0002-4103-9767

研究分野

 
 

経歴

 
2008年4月
 - 
現在
東北大学大学院医学系研究科 細胞組織学分野 准教授
 
2007年4月
 - 
2008年3月
京都大学大学院医学研究科 機能微細形態学部門 助教
 
2000年4月
 - 
2007年3月
京都大学大学院医学研究科 機能微細形態学部門 助手
 
2004年4月
 - 
2005年9月
日本学術振興会 海外特別研究員
 
2003年4月
 - 
2005年9月
ダナ・ファーバー癌研究所 小児腫瘍科 リサーチアソシエート
 

学歴

 
1996年4月
 - 
2000年3月
京都大学 医学研究科 生理系
 
1990年4月
 - 
1996年3月
東京慈恵会医科大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2018年11月
 - 
現在
日本再生医療学会  代議員
 
2009年4月
 - 
現在
日本解剖学会  評議員
 
2016年4月
 - 
2017年3月
日本再生医療学会  第16回総会 事務局長
 
2009年4月
 - 
2011年3月
日本顕微鏡学会  評議員
 

受賞

 
2012年5月
日本顕微鏡学会 奨励賞(生物系応用研究部門) 形態学を基盤とした生体内在性幹・前駆細胞の同定とその機能解析
 
2011年3月
日本解剖学会 奨励賞 成体組織に存在する幹・前駆細胞の探索と、その利用に関する研究
 
1996年3月
東京慈恵会医科大学 基礎賞
 
1994年4月
東京慈恵会医科大学 特待生
 

論文

 
Kitada Masaaki, Wakao Shohei, Dezawa Mari
Development Growth & Differentiation   60(6) 326-340   2018年8月   [査読有り][招待有り]
Kitada Masaaki, Dezawa Mari
Regenerative Therapy   8 15-19   2018年6月   [査読有り]
Amin Mohamed, Kushida Yoshihiro, Wakao Shohei, Kitada Masaaki, Tatsumi Kazuki, Dezawa Mari
Cell Transplantation   27(2) 285-298   2018年2月   [査読有り]
Suzuki Jun-ichi, Dezawa Mari, Kitada Masaaki
Brain Research   1675 20-27   2017年11月   [査読有り]
Uchida Nao, Kushida Yoshihiro, Kitada Masaaki, Wakao Shohei, Kumagai Naonori, Kuroda Yasumasa, Kondo Yoshiaki, Hirohara Yukari, Kure Shigeo, Chazenbalk Gregorio, Dezawa Mari
Journal of the American Society of Nephrology   28(10) 2946-2960   2017年10月   [査読有り]
Kitada Masaaki, Takeda Kazuya, Dezawa Mari
Histochemistry and Cell Biology   146(1) 45-57   2016年7月   [査読有り]
Nakamura Yasuhiro, Kitada Masaaki, Satoh Fumitoshi, Maekawa Takashi, Morimoto Ryo, Yamazaki Yuto, Ise Kazue, Gomez-Sanchez Celso E., Ito Sadayoshi, Arai Yoichi, Dezawa Mari, Sasano Hironobu
Molecular and Cellular Endocrinology   422 57-63   2016年2月   [査読有り]
Takeda Kazuya, Dezawa Mari, Kitada Masaaki
Histochemistry and Cell Biology   145(2) 147-161   2016年2月   [査読有り]
Kuroda Yasumasa, Kitada Masaaki, Wakao Shohei, Nishikawa Kouki, Tanimura Yukihiro, Makinoshima Hideki, Goda Makoto, Akashi Hideo, Inutsuka Ayumu, Niwa Akira, Shigemoto Taeko, Nabeshima Yoko, Nakahata Tatsutoshi, Nabeshima Yo-ichi, Fujiyoshi Yoshinori, Dezawa Mari
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   111(22) 8312   2014年6月   [査読有り]
Kuroda Yasumasa, Wakao Shohei, Kitada Masaaki, Murakami Toru, Nojima Makoto, Dezawa Mari
Nature Protocols   8(7) 1391-1415   2013年7月   [査読有り]
Hayashi Takuya, Wakao Shohei, Kitada Masaaki, Ose Takayuki, Watabe Hiroshi, Kuroda Yasumasa, Mitsunaga Kanae, Matsuse Dai, Shigemoto Taeko, Ito Akihito, Ikeda Hironobu, Fukuyama Hidenao, Onoe Hirotaka, Tabata Yasuhiko, Dezawa Mari
The Journal of Clinical Investigation   123(1) 272-284   2013年1月   [査読有り]
Aizawa-Kohama Misaki, Endo Toshiki, Kitada Masaaki, Wakao Shohei, Sumiyoshi Akira, Matsuse Dai, Kuroda Yasumasa, Morita Takahiro, Riera Jorge J., Kawashima Ryuta, Tominaga Teiji, Dezawa Mari
Cell Transplantation   22(9) 1613-1625   2013年   [査読有り]
Wakao Shohei, Kitada Masaaki, Kuroda Yasumasa, Ogura Fumitaka, Murakami Toru, Niwa Akira, Dezawa Mari
PLoS One   7(12) e48677   2012年12月   [査読有り]
Kitada M, Wakao S, Dezawa M
Cellular and Molecular Life Sciences   69(22) 3739-3750   2012年4月   [査読有り]
Kitada M, Dezawa M
Parkinson's Disease   2012 873706   2012年   [査読有り]
Wakao S, Kitada M, Kuroda Y, Dezawa M
Methods in Molecular Biology (Clifton)   826 89-102   2012年   [査読有り]
Kuroda Y, Kitada M, Wakao S, Dezawa M
Archivum Immunologiae et Therapiae Experimentalis   59(5) 369-378   2011年10月   [査読有り]
Matsuse D, Kitada M, Ogura F, Wakao S, Kohama M, Kira J, Tabata Y, Dezawa M
Tissue Engineering. Part A   17(15-16) 1993-2004   2011年8月   [査読有り]
Wakao S, Kitada M, Kuroda Y, Shigemoto T, Matsuse D, Akashi H, Tanimura Y, Tsuchiyama K, Kikuchi T, Goda M, Nakahata T, Fujiyoshi Y, Dezawa M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   108(24) 9875-9880   2011年6月   [査読有り]
Kitada M, Kuroda Y, Dezawa M
Anatomical Record (Hoboken)   294(2) 305-321   2011年2月   [査読有り]
Kuroda, Yasumasa Kitada, Masaaki Wakao, Shohei Dezawa, Mari
The Open Tissue Engineering and Regenerative Medicine Journal   4 54-63   2011年   [査読有り]
Matsuse D, Kitada M, Kohama M, Nishikawa K, Makinoshima H, Wakao S, Fujiyoshi Y, Heike T, Nakahata T, Akutsu H, Umezawa A, Harigae H, Kira J, Dezawa M
Journal of Neuropathology and Experimental Neurology   69(9) 973-985   2010年9月   [査読有り]
Wakao S, Hayashi T, Kitada M, Kohama M, Matsue D, Teramoto N, Ose T, Itokazu Y, Koshino K, Watabe H, Iida H, Takamoto T, Tabata Y, Dezawa M
Experimental Neurology   223(2) 537-547   2010年6月   [査読有り]
Kuroda Y, Kitada M, Wakao S, Nishikawa K, Tanimura Y, Makinoshima H, Goda M, Akashi H, Inutsuka A, Niwa A, Shigemoto T, Nabeshima Y, Nakahata T, Nabeshima Y, Fujiyoshi Y, Dezawa M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   107(19) 8639-8643   2010年5月   [査読有り]
Hayase M, Kitada M, Wakao S, Itokazu Y, Nozaki K, Hashimoto N, Takagi Y, Dezawa M
Journal of Cerebral Blood Flow and Metabolism   29(8) 1409-1420   2009年8月   [査読有り]
Nagane K, Kitada M, Wakao S, Dezawa M, Tabata Y
Tissue Engineering. Part A   15(7) 1655-1665   2009年7月   [査読有り]
Kitada M, Dezawa M
Histology and Histopathology   24(5) 631-642   2009年5月   [査読有り]
Yamamoto M, Yoshimura K, Kitada M, Nakahara J, Seiwa C, Ueki T, Shimoda Y, Ishige A, Watanabe K, Asou H
Journal of Neuroscience Research   87(2) 503-513   2009年2月   [査読有り]
Shimizu S, Kitada M, Ishikawa H, Itokazu Y, Wakao S, Dezawa M
Biochemical and Biophysical Research Communications   359(4) 915-920   2007年8月   [査読有り]
Ligon KL, Kesari S, Kitada M, Sun T, Arnett HA, Alberta JA, Anderson DJ, Stiles CD, Rowitch DH
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   103(20) 7853-7858   2006年5月   [査読有り]
Xu Y, Kitada M, Yamaguchi M, Dezawa M, Ide C
Neuroscience Letters   397(3) 174-179   2006年4月   [査読有り]
Sun T, Hafler BP, Kaing S, Kitada M, Ligon KL, Widlund HR, Yuk DI, Stiles CD, Rowitch DH
Developmental Biology   292(1) 152-164   2006年4月   [査読有り]
Itokazu Y, Kitada M, Dezawa M, Mizoguchi A, Matsumoto N, Shimizu A, Ide C
Glia   53(1) 32-42   2006年1月   [査読有り]
Kimura K, Matsumoto N, Kitada M, Mizoguchi A, Ide C
Journal of Neurocytology   33(4) 465-476   2004年7月   [査読有り]
Ohta M, Suzuki Y, Noda T, Kataoka K, Chou H, Ishikawa N, Kitada M, Matsumoto N, Dezawa M, Suzuki S, Ide C
Neuroreport   15(8) 1249-1253   2004年6月   [査読有り]
Dezawa M, Kanno H, Hoshino M, Cho H, Matsumoto N, Itokazu Y, Tajima N, Yamada H, Sawada H, Ishikawa H, Mimura T, Kitada M, Suzuki Y, Ide C
The Journal of Clinical Investigation   113(12) 1701-1710   2004年6月   [査読有り]
Haruta M, Sasai Y, Kawasaki H, Amemiya K, Ooto S, Kitada M, Suemori H, Nakatsuji N, Ide C, Honda Y, Takahashi M
Investigative Ophthalmology & Visual Science   45(3) 1020-1025   2004年3月   [査読有り]
Kataoka K, Suzuki Y, Kitada M, Hashimoto T, Chou H, Bai H, Ohta M, Wu S, Suzuki K, Ide C
Tissue Engineering   10(3月4日) 493-504   2004年3月   [査読有り]
Mligiliche NL, Tabata Y, Kitada M, Endoh K, Okamato K, Fujimoto E, Ide C
Anatomical Science International   78(3) 156-161   2003年9月   [査読有り]
Wu S, Suzuki Y, Ejiri Y, Noda T, Bai H, Kitada M, Kataoka K, Ohta M, Chou H, Ide C
Journal of Neuroscience Research   72(3) 343-351   2003年5月   [査読有り]
Bai H, Suzuki Y, Noda T, Wu S, Kataoka K, Kitada M, Ohta M, Chou H, Ide C
Journal of Neuroscience Methods   124(2) 181-187   2003年4月   [査読有り]
Matsumoto N, Kitayama H, Kitada M, Kimura K, Noda M, Ide C
Neuroscience   117(2) 405-415   2003年   [査読有り]
Hashimoto T, Suzuki Y, Kitada M, Kataoka K, Wu S, Suzuki K, Endo K, Nishimura Y, Ide C
Experimental Brain Research   146(3) 356-368   2002年10月   [査読有り]
Taketomi M, Kinoshita N, Kimura K, Kitada M, Noda T, Asou H, Nakamura T, Ide C
Neuroscience Letters   332(1) 37-40   2002年10月   [査読有り]
Wu S, Suzuki Y, Noda T, Bai H, Kitada M, Kataoka K, Nishimura Y, Ide C
Journal of Neuroscience Research   69(6) 940-945   2002年9月   [査読有り]
Wu S, Suzuki Y, Kitada M, Kataoka K, Kitaura M, Chou H, Nishimura Y, Ide C
Neuroscience Letters   318(2) 81-84   2002年1月   [査読有り]
Kitada, M Chakrabortty, S Matsumoto, N Taketomi, M Ide, C
Glia   36(3) 364-374   2001年12月   [査読有り]
Wu S, Suzuki Y, Kitada M, Kitaura M, Kataoka K, Takahashi J, Ide C, Nishimura Y
Neuroscience Letters   312(3) 173-176   2001年10月   [査読有り]
Kataoka, K Suzuki, Y Kitada, M Ohnishi, K Suzuki, K Tanihara, M Ide, C Endo, K Nishimura, Y
Journal of Biomedical Materials Research   54(3) 373-384   2001年3月   [査読有り]
Mligiliche N, Kitada M, Ide C
Archives of Histology and Cytology   64(1) 29-36   2001年2月   [査読有り]
Ide C, Kitada M, Chakrabortty S, Taketomi M, Matsumoto N, Kikukawa S, Mizoguchi A, Kawaguchi S, Endoh K, Suzuki Y
Experimental Neurology   167(2) 242-251   2001年2月   [査読有り]
Chakrabortty S, Kitada M, Matsumoto N, Taketomi M, Kimura K, Ide C
Journal of Neurocytology   29(10) 707-717   2000年10月   [査読有り]
Morihara T, Mizoguchi A, Takahashi M, Kozaki S, Tsujihara T, Kawano S, Shirasu M, Ohmukai T, Kitada M, Kimura K, Okajima S, Tamai K, Hirasawa Y, Ide C
Neuroscience   91(2) 695-706   1999年   [査読有り]
Comparison of the axonal and glial reactions between the caudal and rostral border in the cryoinjured dorsal funiculus of the rat spinal cord.
Kitada M, Mizoguchi A, Tohyama K, Ohtsubo A, Fujimoto E, Chakrabortty S, Ide C
Restorative Neurology and Neuroscience   14(4) 251-263   1999年   [査読有り]
Ide C, Tohyama K, Tajima K, Endoh K, Sano K, Tamura M, Mizoguchi A, Kitada M, Morihara T, Shirasu M
Experimental Neurology   154(1) 99-112   1998年11月   [査読有り]
Fukushima, Osamu Arakawa, Hideki Kitada, Masaaki Miyamura, Masakazu Yatsu, Takafumi Kishimoto, Koji Yamashita, Hiroshi
Acta Histochem Cytochem   28(2) 143-148   1995年   [査読有り]

Misc

 
iPS細胞リソースとしてのMuse細胞
若尾昌平 北田容章 出澤真理
医学のあゆみ   239 1326-1331   2011年
神経の再生 (日本臨牀)
北田容章、出澤真理
日本臨牀   66(5) 921-925   2008年5月
神経・筋変性疾患における細胞移植治療;骨髄間葉系細胞を用いた自己細胞移植への可能性 (Clinical Neuroscience)
北田容章、出澤真理
Clinical Neuroscience   26(2) 210-213   2008年2月
培養脈絡叢上衣細胞の移植と分化
北田容章 井出千束
Clinical Neuroscience   20 31-33   2002年
脊髄切断部への上衣細胞の移植
北田容章 Shushovan Chakrabortty 松本直也 武富雅則 井出千束
脊椎脊髄ジャーナル   13 295-299   2000年

書籍等出版物

 
再生医療叢書 第7巻
北田容章 出澤真理 (担当:共著, 範囲:神経系・第11章 間葉系幹細胞・Muse細胞を用いた再生医療)
朝倉書店   2013年   
高齢者の視覚障害とそのケア Advances in Aging and Health Research 2011
北田容章 出澤真理 (担当:共著, 範囲:視覚障害者の再生医療 視神経の再生)
公益財団法人 長寿科学振興財団   2012年   
麻酔科診療プラクティス20 臨床麻酔の疑問に答える生理学
北田容章 出澤真理 (担当:共著, 範囲:離断した神経軸索はどのように再生するか)
文光堂   2006年   
The Blood-Cerebrospinal Fluid Barrier
Matsumoto, Naoya Itokazu, Yutaka Kitada, Masaaki Chakrabortty, Shushovan Kimura, Kazushi Ide, Chizuka (担当:共著, 範囲:Grafting of the choroid plexus: clinical implications)
CRC Press   2005年   
別冊医学のあゆみ 神経細胞死制御 神経細胞死の防御と機能修復
井出千束 北田容章 (担当:共著, 範囲:神経損傷とグリア細胞)
医歯薬出版株式会社   1998年   

講演・口頭発表等

 
Stem/progenitor cell property of the ependymal cells in the adult rodent spinal cord
Kitada M, Dezawa M
"from Regeneration Biology to Regenerative Medicine (I)", The 1st CDB-Regeneration Biology Study Group meeting   2012年11月7日   
シンポジウム「脊椎動物におけるin vivo再生-再生できる、できない、その違いを炙り出す」 哺乳類における脊髄再生への挑戦 -「発生生物学的に正しい」再生への道-
日本動物学会 第83回大会 2012大阪   2012年9月13日   
遺伝学的手法を用いない生体内細胞系譜追跡実験法
鈴木潤一、出澤真理
日本顕微鏡学会 第68回学術講演会   2012年5月14日   
成体ラット脊髄上衣細胞の正常時・損傷時における動態
北田 容章、鈴木 潤一、出澤 真理
第117回 日本解剖学会総会・全国学術集会   2012年3月26日   
新たな多能性幹細胞であるMuse細胞の可能性
日本顕微鏡学会バイオメディカルニューマイクロスコープ分科会 平成23年度シンポジウム講演会   2012年3月6日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
ゼノパスにおける部位特異的遺伝子組換えに資する遺伝子座の同定
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 2018年 - 2020年    代表者: 北田容章
再生可能動物の脊髄再生における神経細胞新生の重要性の証明
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 北田容章
オタマジャクシ・カエル・ラットの比較による脊髄再生促進因子の探索
文部科学省: 新学術領域(研究領域提案型)
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 北田容章
両生類・魚類の再生原理に基づいた、新規脊髄損傷治療法の開発
文部科学省: 新学術領域(研究領域提案型)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 北田容章
細胞分化調節による脊髄損傷治療法開発の試み-グリア新生を神経新生へ-
文部科学省: 若手研究(B)
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 北田容章
マウスMuse細胞特異的マーカーの探索
アステラス病態代謝研究会: 東日本大震災 緊急研究助成金
研究期間: 2011年       代表者: 北田容章
成体脊髄におけるグリア細胞新生の分子メカニズムの解明と、神経細胞新生誘導の試み
文部科学省: 若手研究(B)
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 北田容章
成体脊髄の正常時および損傷後のグリア細胞新生メカニズムの解析
文部科学省: 若手研究(B)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 北田容章
成体脊髄におけるグリア細胞新生を生じる細胞の同定と高齢動物脊髄での細胞新生能の検討
慢性疾患・リハビリテーション研究振興財団: 研究助成
研究期間: 2006年       代表者: 北田容章
神経・グリア分化制御因子探索による、新規脊髄損傷治療法「細胞分化制御療法」の開発
日本学術振興会: 海外特別研究員
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 北田容章
脊髄損傷治療法開発の為の、グリア細胞新生・グリア瘢痕形成メカニズムの解析
京都大学: 若手研究者スタートアップ研究費
研究期間: 2005年       代表者: 北田容章
次世代の脊髄損傷治療法開発を見据えた、グリア細胞発生の分化制御機構の解明
京都大学教育研究振興財団: 第1号事業
研究期間: 2003年       代表者: 北田容章
ラットOlg遺伝子を利用した、より幼若なグリア前駆細胞の探索
文部科学省: 若手研究(B)
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 北田容章
マウス脊髄への移植による脈絡叢上衣細胞のアストロサイトへの分化
金原一郎記念医学医療振興財団: 第14回研究交流助成金
研究期間: 2000年       代表者: 北田容章

特許

 
第5185443号 : 生体組織から単離できる多能性幹細胞
出澤真理 藤吉好則 鍋島陽一 若尾昌平

社会貢献活動

 
iPS細胞「特定の細胞からしか出来ず」
【情報提供】  NHK  2011年5月31日
ヒト皮膚線維芽細胞を用いた場合には、iPS細胞はMuse細胞のみからしか作成し得ないという研究結果についての報道。
「ミューズ」がiPS細胞の元
【情報提供】  読売新聞、毎日新聞、日経産業新聞、河北新報など  2011年5月31日
ヒト皮膚線維芽細胞を用いた場合には、iPS細胞はMuse細胞のみからしか作成し得ないという研究結果についての報道。
骨髄や皮膚から多能性幹細胞 再生医療に新たな可能性
【情報提供】  朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日経産業新聞、河北新報など  2010年4月20日
皮膚組織に未知の細胞を発見
【情報提供】  NHKなど  2010年4月20日

その他

 
2012年4月   マウスMuse細胞特異的マーカーの探索
Muse細胞はヒト成体間葉系細胞に含まれる多能性幹細胞であり、3胚葉性の分化能や損傷組織への移植により高い組織再生能を示す細胞である。Muse細胞はヒト多能性幹細胞マーカーであるSSEA-3を細胞膜上に発現するが、ヒト以外の動物にMuse細胞が存在するかどうかは不明である。本研究ではヒト以外の動物胃おけるMuse細胞の存在の確認と、SSEA-3に代わるマーカー分子の探索を行うものである。
2006年4月   成体脊髄におけるグリア細胞新生を生じる細胞の同定と高齢動物脊髄での細胞新生能の検討
成体中枢神経系における神経細胞新生については研究が進み分子メカニズムや細胞環境についての多くの知見が集まりつつあるが、これに対し成体中枢神経系におけるグリア細胞新生ついてはほとんど知られていない。本研究ではグリア前駆細胞を標識可能なトランスジェニックマウスを用い成体中枢神経におけるにグリア細胞新生を可視化し、その動態解析を行った。また、グリア細胞新生への加齢の影響についても検討を行った。
2005年9月   脊髄損傷治療法開発の為の、グリア細胞新生・グリア瘢痕形成メカニズムの解析
哺乳類では中枢神経系が傷害を受けると、その解剖学的・機能的再生は非常に限られる。損傷脊髄では損傷部を取り囲む形でグリア細胞が瘢痕形成をしてしまう為に、再生軸索が損傷部を超えた再生を行う事が困難であると考えられている。瘢痕形成するグリア細胞の由来細胞を突き止める事を目的とし、ウイルスを用いて特定細胞の動態を可視化した。