遠田 晋次

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/16 19:54
 
アバター
研究者氏名
遠田 晋次
 
トオダ シンジ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/fddef8fbfea9de7c11427b975b4e516d.html
所属
東北大学
部署
災害科学国際研究所 災害理学研究部門 国際巨大災害研究分野
職名
教授
学位
博士(理学)(東北大学)
その他の所属
東北大学

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 
  • 地球惑星科学 / 地質学 / 地震地質学

受賞

 
2013年9月
日本地質学会 日本地質学会仙台大会優秀ポスター賞 紀伊半島北西部における微小地震クラスターの分布に対する地質構造との関係
受賞者: 前田純伶・遠田晋次・片尾 浩
 
2012年11月
日本活断層学会 平成24年度日本活断層学会論文賞 論文賞
受賞者: 丸山 正・遠田晋次・吉見雅行・安藤亮輔・高田陽一郎・斎藤英二・林 舟・小俣雅志
 

論文

 
tein, R. S., and S. Toda
Science   341 850-852   2013年8月   [査読有り]
Toda, S., and R. S. Stein
Geophysical Research Letters      2013年6月   [査読有り]
Toda, S., and H. Tsutsumi
Bulletin of Seismological Society of America   103 1584-1602   2013年   [査読有り]
Lin, A., S. Toda, G. Rao, S. Tsuchihashi, and B. Yan
Bulletin of Seismological Society of America   103 1603-1613   2013年5月   [査読有り]
遠田晋次
地質学雑誌   119 105-123   2013年2月   [査読有り][招待有り]

Misc

 
予測に基づく地震防災・減災は可能かー阪神・淡路大震災から19年,東日本大震災から3年ー
遠田晋次
学士会会報   (905) 44-48   2014年3月
連鎖する大地震:東北地方太平洋沖地震後の地震活動を予測する
遠田晋次
U SEVEN   53 43-47   2014年1月
活断層による地震危険度
遠田晋次
青淵   (773) 22-24   2013年8月

書籍等出版物

 
連鎖する大地震
遠田晋次
岩波書店   2013年2月   

講演・口頭発表等

 
古地震調査におけるテフラの重要性
東京大学地震研究所・研究集会「火山噴火履歴解明のための露頭データベース構築法の検討」   2014年2月8日   
Background seismicity controlled by heterogeneity in subsurface geology: An example from the Wakayama region, southwest Japan
Maeda, S., S. Toda, and H. Katao
American Geophysical Union (AGU) 2013 fall meeting   2013年12月9日   
Subsurface fault geometry inferred from topographic relief and footwall geologic information: An example from the Ikoma fault zone, southwest Japan
Tani, E., and S. Toda
American Geophysical Union (AGU) 2013 fall meeting   2013年12月9日   
Stress shadows of the 2011 Mw=9.0 Tohoku-oki, Japan, earthquake: Suppressed aftershocks of the 2008 Mw=6.6 Iwate-Miyagi inland earthquake
Suzuki Y., and S. Toda
American Geophysical Union (AGU) 2013 fall meeting   2013年12月9日   
Evidence of cumulative offset along the inland Itozawa fault possibly triggered by the past M9 Tohoku, Japan, megathrust earthquakes revealed from a borehole survey
Niwa, Y., S. Toda, M. Omata, and Y. Mori
American Geophysical Union (AGU) 2013 fall meeting   2013年12月9日   

競争的資金等の研究課題

 
東北地方太平洋沿岸域の長期地殻変動と巨大地震との関係
研究期間: 2013年4月 - 現在
内陸地震ハザードとその評価法の研究
研究期間: 2012年10月 - 現在
静的応力変化を考慮した余震・誘発地震の研究
研究期間: 2012年10月 - 現在

社会貢献活動

 
東北大学サイエンスカフェ,リベラルアーツサロン
【その他】  2014年2月21日
「地震を予測する〜余震から探る次の大地震〜」と題して仙台市メディアテイクにて講演
第24回防衛問題セミナー 防衛省九州防衛局主催
【その他】  2013年11月9日
「地震と津波から故郷を守るために」と題して宮崎市,宮崎市民プラザ・オルブライトホールにて講演
サマーセミナーin学士会館
【その他】  2013年8月25日
「連鎖する大地震:東北地方太平洋沖地震後の地震活動を予測する」と題して東京都学士会館で講演
震災対策技術展 宮城 セミナー
【その他】  2013年8月9日
「連鎖する地震活動:3.11後の地震活動を考える」と題して仙台市アエルで講演.
高レベル放射性廃棄物処分地の候補 東北の太平洋側に複数?
【企画】  河北新報  2014年4月21日