花岡 和聖

J-GLOBALへ         更新日: 16/09/06 16:48
 
アバター
研究者氏名
花岡 和聖
 
ハナオカ カズマサ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/69c4f194aefe466f3d0e4173be80d33b.html
学位
博士(文学)(立命館大学), 修士(文学)(立命館大学), 修士(地理情報システム)(リーズ大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
東北大学 災害科学国際研究所 地域・都市再生研究部門 都市再生計画技術分野 助教
 

受賞

 
2013年
第9回GISコミュニティフォーラム・マップギャラリー 第1位
 
2012年
2012 Esri International User Conference SAG賞(Special Achievement in GIS Award)
 
2003年
EuroDirect DemoGraf* International Award
 

Misc

 
東日本大震災からの復興まちづくりと地理情報システム―ジオデザインの紹介―
花岡和聖・磯田弦・杉安和也
情報処理   印刷中   2016年
ソーシャルセンシングによる被災地の被害状況と支援ニーズの把握の可能性―東日本大震災の発生前後に発信されたTwitterの分析―
佐藤翔輔・花岡和聖・奥村誠・越村俊一
第17回日本災害情報学会予稿集      2015年
小地域地名の語尾と自然災害リスクの関連性
花岡和聖
歴史都市防災論文集   9 57-64   2015年

書籍等出版物

 
Advances in Happiness Research
Happiness, social cohesion and income inequalities in Britain and Japan   2016年   
International Migrants in Japan: Contributions in an Era of Population Decline
Kyoto University Press   2015年   
International Migrants in Japan: Contributions in an Era of Population Decline
Kyoto University Press   2015年   
ジオデザインのフレームワーク―デザインで環境を変革する―
古今書院   2014年   
災害と地理学
文理閣   2014年   ISBN:978-4-89259-737-4

講演・口頭発表等

 
気仙沼生活圏の復興まちづくりとジオデザイン・アプローチ
地理情報システム学会 東北支部 研究交流会   2015年   
小地域地名の語尾と自然災害リスクの関連性
第9回歴史都市防災シンポジウム   2015年   
Spatio-temporal Analysis of Snatch Theft in Osaka City, Japan: Use of Mobile Phone Population Data
Applied Geography IGU Conference 2015   2015年   
国勢調査・匿名データを利用した小地域人口マイクロデータの推定と災害分野での活用
公的統計のミクロデータ等を用いた研究の新展開   2014年   
A Spatial Microsimulation Approach for Natural Disaster Impact Assessment at a Neighborhood Level in Japan
61st Annual North American Meetings of the Regional Science Association International   2014年