Joichi Mariko

J-GLOBAL         Last updated: Jan 30, 2019 at 03:07
 
Avatar
Name
Joichi Mariko
Affiliation
Hiroshima City University
Section
Faculty of International Studies, Faculty of International Studies
Job title
Associate Professor
Degree
Ph.D(Osaka University)

Profile

山口県出身。2009年 大阪大学大学院修了 博士(文学)。
毛利博物館(山口県 防府市)など、学芸員経験がある。

Education

 
Apr 2005
 - 
Mar 2009
Art History, Graduate School, Division of Letters, Osaka University
 

Published Papers

 
小早川隆景の肖像画について
城市真理子
『小早川隆景展』(展覧会図録)      May 2017   [Invited]
毛利興元像・幸松丸像について
城市真理子
「毛利興元」(展覧会図録)      Nov 2016   [Invited]
小早川隆景と肖像画
城市真理子
小早川隆景ものがたり 講演会記録集      Mar 2016   [Invited]
周文派の研究―岳翁と五山文学を手がかりに―
城市真理子
鹿島美術研究 年報   (31)    Nov 2014   [Invited]
旧森山家本「山水図」を中心に、周文の弟子岳翁の山水図に見られる文学イメージを検討し、同時期の周文派の作品との関係を考察した。
伝周文筆「四季山水図屏風」(真宗大谷派名古屋別院蔵)の西湖イメージ
城市真理子
藝術研究   (27)    Jul 2014   [Refereed]
周文派の四季山水図屏風が、実は、五山文学における西湖のイメージを表す事を論証し、文学イメージと絵画の関係を論じた。

Misc

 
広島に息づく近世の名品
菅村亨・城市真理子・福田道宏
Grande ひろしま      2014   [Invited]
近世広島美術研究会」(広島県立美術館主催)のメンバー3名が交代で、広島の近世絵画について担当し、2,5,8,11回を執筆。
伝周文筆 四季山水図屏風
城市真理子
國華   (1402)    Aug 2012   [Refereed][Invited]
従来、松渓筆とされた周文派の四季山水図屏風が、実は、五山文学における西湖のイメージを表すこと、また、岳翁の画風が見られることを指摘した。
京都名画散策 東山物語
城市真理子・伊藤京子・実方葉子
小さな蕾      Oct 2010   [Invited]
鑑賞教育を意図した内容で美術館3館の共同企画。担当学芸員として企画した水墨画展(野村美術館)と同時期の他館(泉屋博古館・細見美術館)の絵画展と併せ、山水・花鳥・人物の主題別での3号連続の企画で、山水図の意味について解説。
伝周文筆 沙鷗図
城市真理子
國華   (1347)    Jan 2008   [Refereed][Invited]
詩画軸「沙鷗図」の作品解説。宝徳2年(1450)の序と画賛の解釈および、詩画軸制作システム、「鷗」の五山文学上の意味を考察。
反復される画像 ―肖像画という記憶装置―
城市真理子
西日本文化   (337)    Dec 2007   [Invited]
毛利元就の肖像画と元就の義母の肖像画(新出作品)を紹介し、室町-江戸初期の肖像画の特質について解説した。

Books etc

 
小早川隆景ものがたり 講演会記録集
三原市教育委員会   May 2017   
小早川隆景展
三原市教育委員会   May 2017   
広島県および周辺地域における文化財(古美術品)の基礎的調査および研究(二)浮世絵版画編
広島市立大学 国際学部   Mar 2017   
毛利興元
Nov 2016   
広島県および周辺地域における文化財(古美術品)の基礎的調査および研究(一)三原・佛通寺編
城市真理子 (Part:Joint Work)
広島市立大学 国際学部   Mar 2016   

Conference Activities & Talks

 
広島の中世・近世の絵画―周辺から中心を考える試み― [Invited]
城市真理子
広島の地域性と美術   16 Jul 2017   広島芸術学会
広島の古美術、とりわけ中世~近世にかけての美術について考察するのには大きな困難
がある。いわば文化的中心地の文化財が失われているからだが、浅野入城以前、中世の大
内文化の影響や広島城築城の頃まで、主に絵画史についてどんな様相であったか、広島の
周辺、主に三原の事例を参照して復元的に考察してみたい。
禅宗絵画・水墨画における「老い」―成熟した精神の表現― [Invited]
城市真理子
広島芸術学会   Jul 2016   広島芸術学会
禅僧の肖像画や羅漢、聖賢たちの説話画など、禅宗絵画・水墨画に描かれた老人像から、「老い」の表現が、美術として鑑賞された歴史と意味を考える。
室町時代の山水図屏風にみる文人イメージ
城市真理子
広島芸術学会   Dec 2012   広島芸術学会
室町時代の周文派の作例を概観し、五山文学の様々な文人イメージが描かれていることから文学と絵画の関係を論じた。
森村家本『山水図』(岳翁蔵丘筆・了庵桂悟賛、諸事不明)の画賛について
城市真理子
画賛研究会   Jul 2010   画賛研究会
岳翁の所在不明の山水図の画賛を読解し、その絵画表現との関係を論じた。
15世紀後期の詩画軸制作システム―「沙鷗図」を中心として― [Invited]
城市真理子
画賛研究会   Mar 2010   画賛研究会・花園大学国際禅学研究所
詩画軸「沙鷗図」の作品紹介と共に、画賛の解釈と詩画軸制作のシステムや鷗の画賛での意味を考察した。