共同研究・競争的資金等の研究課題

2019年4月 - 2022年3月

1950年代、中国共産党権力の社会への浸透とその矛盾に関する共同研究

日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

課題番号
19H01315
体系的課題番号
JP19H01315
配分額
(総額)
16,640,000円
(直接経費)
12,800,000円
(間接経費)
3,840,000円

2020年度から21年度、新型コロナの影響により海外調査や海外からの研究者招聘が不可能であった。国内の図書館・研究機関の利用も制限された。そのため既に収集していた手持ち資料の分析を進め、成果をオンライン研究会で発表した。
2020年7月19日高暁彦氏「中華人民共和国建国初期の民兵と復員軍人:1950-1957」、11月22日 隋藝氏「瀋陽市における基層社会統合(1948-1954)」、鄭成氏「中国建国初期における青年知識人の社会主義への思想転向」、2021年3月27日「人民共和国史の新史料とその研究への導入」。ここでは研究課題の史料公開状況を議論した。1.金野純氏「公安史研究からみた中共重要歴史研究資料-オーストラリア国立図書館所蔵資料を中心に」、2.泉谷陽子氏「建国初期の大行政区関係資料について―「中共重要歴史文献資料彙編」シリーズの中から」、3.河野正氏「アメリカ国立公文書館概況および中国関係史料について」。
2021年7月31日加島潤氏「1950年代中国における綿花流通統制」、10月30日隋藝氏「中華人民共和国初期の伝統、政治と法治―1950年『婚姻法』の実施を中心に―」、11月21日福士由紀氏「医療・公衆衛生史から見た1950年代前半」、2022年3月5日阿南友亮氏「1950年代初頭における中国人民解放軍の復員工作からみえてくること」、3月21日国際ワークショップ「1950年代、共産党権力の浸透と農村社会」内容は陳耀煌氏「1950年代中国農村の副業と市場」、李海燕氏「中国少数民族地区における経済的統合:朝鮮族社会における農業集団化を中心に」、河野正氏「河北省都市郊外農村の1950年代―食糧、野菜、綿花」、山本真氏「1950年代前半、共産党政権による山林改革と資源管理―華南福建省の事例から―」、丸田孝志氏「中華人民共和国成立初期の兵役・革命関係者と政治動員」であった。

リンク情報
KAKEN
https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-19H01315
ID情報
  • 課題番号 : 19H01315
  • 体系的課題番号 : JP19H01315

この研究課題の成果一覧

MISC

  1

講演・口頭発表等

  4