大橋 正良

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/30 03:36
 
アバター
研究者氏名
大橋 正良
 
オオハシ マサヨシ
URL
http://tls.tec.fukuoka-u.ac.jp
所属
福岡大学
部署
工学部電子情報工学科
職名
教授
学位
博士(工学)(京都大学)
科研費研究者番号
50500154

研究分野

 
 

経歴

 
1985年2月
 - 
2008年3月
KDDI株式会社(主としてKDDI研究所在籍)
 
2008年4月
 - 
2013年3月
株式会社国際電気通信基礎技術研究所(出向)
 
2013年4月
   
 
福岡大学
 

学歴

 
1977年4月
 - 
1981年3月
京都大学 工学部 電気第二工学
 
1981年4月
 - 
1983年3月
京都大学大学院 工学研究科 電子工学専攻
 

受賞

 
2015年9月
電子情報通信学会 電子情報通信学会フェロー ユビキタス・モバイル通信システム発展に向けた研究開発の推進
 
2014年9月
情報処理学会 IPSJシニア会員
 
2010年9月
電子情報通信学会通信ソサイエティ活動功労賞
 
2009年9月
電子情報通信学会通信ソサイエティ功労顕彰賞
 
2009年5月
IEICEシニア会員
 

論文

 
Masayoshi Ohashi and Nao Kawanishi
IEICE TRANSACTIONS on Communications   E98-B(09) 1733-1740   2015年9月   [査読有り][招待有り]
S. Tang, H. Yomo, A. Hasegawa, T. Shibata and M.Ohashi
Wireless Personal Communications (Springer)   74(2) 469-486   2014年1月   [査読有り]
無線LANの適応的出力制御について論じている
association control for wireless lans: Pursuing throughput maximization and energy efficiency
O. Shagdar, S. Thang, A. Hasegaway, T. Shibata, M. Ohashi, and S. Obana
International journal on advances in networks and services   5    2012年12月   [査読有り]
A. Yamaguchi, M. Ohashi, and H. Murakami
IEICE TRANSACTIONS on Communications(Invited)   vol.E88-B pp.4421-4426   2005年   [査読有り]
Expectations on Software Defined Radio (SDR) in Standardization Fora on Future Mobile Communication Systems
F. Watanabe, M. Ohashi, H. Nakamura, and H. Iwai
IEICE TRANSACTIONS on Communications   vol.E86-B pp.3366-3373   2003年   [査読有り]

Misc

 
豊かな将来の暮らしの実現に向けて
大橋 正良
電子情報通信学会会誌   100(8) 744-748   2017年8月
通信ソサイエティ和文マガジンB-plus創刊10周年記念歴代委員長に聞く――B-plusの10年史――
岩井誠人、酒井善則、山尾 泰、山崎克之、大橋正良、高橋応明
通信ソサイエティマガジン   (40) 240-247   2017年4月   [依頼有り]
Expectation on IoT with sensor network technology for our daily life
Masayoshi Ohashi
IEICE Transactions on Communications Global Newsletter   40(2) 5-6   2016年6月   [依頼有り]
4G技術調査報告書(SP編)(ver.1.1)
mITF (mobile IT Forum)      2006年3月
WGリーダとして取り纏め
Flying carpet ver.1.00,
mITF (mobile IT Forum)      2005年5月
WGリーダとして取り纏め

書籍等出版物

 
Japanese Ubiquitous Network Project: Ubila、AISE Handbook (Handbook on Ambient Intelligence and Smart Environments)
eds. by H. Nakashima, H. Aghajan, and J.C. Augusto (担当:共著, 範囲:pp.1223--1250)
Springer   2009年   
逐次復号法
植松友彦(編) (担当:共著, 範囲:1編 情報理論,1群 信号・システム)
知識ベース「知識の森」電子情報通信学会   2009年   
Mobile Internet Deployment in Japan Broadband Internet Deployment in Japan,
eds. by H. Esaki, H. Sunahara, and J. Murai (担当:共著, 範囲:chapter 2.2, 2.4, pp.24--38,43--61)
オーム社   2008年   
符号理論とその応用 1.2 誤り訂正符号化技術の基礎 情報理論とその応用シリーズ 3,
大橋正良、平田康夫 (担当:共著, 範囲:1.2 誤り訂正符号化技術の基礎,pp.26--32)
培風館   2003年   
符号理論とその応用 情報理論とその応用シリーズ 3,
大橋正良、安田豊 (担当:共著, 範囲:3.1たたみ込み符号の構造と構成,pp.81--100)
培風館   2003年   

講演・口頭発表等

 
移動ロボットを用いたサーバルーム温度監視システムの測定実験
貞末尚慶、野依祐太、高崎裕斗、 大橋正良、 蕨野貴之
2018年電子情報通信学会総合全国大会   2018年3月23日   電子情報通信学会
移動ロボットを用いたサーバルーム温度監視システムの設計と構築
野依祐太、貞末尚慶、 高崎裕斗、大橋正良、蕨野貴之
2018年電子情報通信学会総合全国大会   2018年3月23日   電子情報通信学会
複数携帯キャリア間のシステムスループット改善のための周波数リソース共用に関する一検討
黒岩俊希、 森慎太郎、 大橋正良
2018年電子情報通信学会総合全国大会   2018年3月23日   
Time Frequency Symmetry property of gaussian wave and its application to high performance radar system
大橋 正良
Japan-Singapore Workshop on Coding and Information Theory   2018年3月6日   
移動ロボットを用いたサーバルーム温度監視システムの設計と実装
貞末尚慶、野依祐太、高崎裕斗、 大橋正良、 蕨野貴之
電子情報通信学会ASN研究会   2018年1月30日   電子情報通信学会ASN研究会

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
先進的無線・有線ハーモナイズドSDNの研究開発
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
M2Mクラウド連携ミドルウェア技術の研究
研究期間: 2013年9月 - 2015年3月    代表者: 大橋 正良

特許

 
特願2017-069956 : 信号処理システム、受信方法及びプログラム
大橋 正良、香田 徹
7429973 : Content display system and method<BR>
5559803 : Communication system using a bidirectional tree structure network
6992981 : Communication system and method capable of avoiding congestion in moving …
3966473 : 携帯式の物品管理装置

社会貢献活動

 
【】  (Fukuoka, Japan)  2016年12月7日 - 2016年12月9日
IEICE 情報理論研究専門委員会 委員長
【】  IEICE  2016年6月 - 2018年5月
電波政策2020懇談会 ワイヤレスビジネスTF 構成員
【】  総務省  2016年1月 - 2016年5月