藤岡 芳郎

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/21 02:40
 
アバター
研究者氏名
藤岡 芳郎
 
フジオカ ヨシロウ
所属
大阪産業大学
部署
経営学部商学科
職名
教授
学位
博士(マネジメント)(広島大学)

研究分野

 
 
  • 経営学 / 商学 / 商学

学歴

 
 
   
 
慶應義塾大学  
 
 
   
 
広島大学  
 

論文

 
価値共創マーケティングによる小売業の場についての一考察
消費経済研究(日本消費経済学会)   (8(通巻40)) 45-55   2019年6月   [査読有り]
日系企業の小売国際化についての研究~タイ市場へ進出企業の現状調査から
藤岡芳郎
アジア市場経済学会年報   (第21号) 47-56   2019年1月   [査読有り]
味の素タイランド社における価値共創マーケティング戦略の一考察~サービス・ロジックの視点から
藤岡芳郎
アジア市場経済学会年報   (第20号) 1-10   2019年1月   [査読有り]
地域活性化活動における場の生成プロセスについて 価値共創アプローチでの理論的考察
大阪産業大学経営論集   第19(第2・3合併) 25-42   2018年6月   [査読有り]
社会システムとしてのマーケティング ソーシャル・ビジネスの考察から
藤岡 芳郎
消費経済研究(日本消費経済学会)   (7(通巻39)) 25-36   2018年6月   [査読有り]
本報告はマーケティングの北欧学派が提唱するサービス・ロジックからのアプローチを採用する。サービス・ロジックは顧客の生活領域からマーケティング活動を捉えることの重要性を提示した。地域の課題解決を目指すソーシャル・ビジネスの考察にはサービス・ロジックの価値共創の概念が向いていると考えて調査を実施した。本報告の課題はフレームワークをとおして生活者の視点から、NPOと大企業のパイロットスタディを実施して導出した知見を提示することである。

Misc

 
顧客起点の企業システム構築に向けた分析枠組みの検討
藤岡芳郎 村松潤一(広島大学)
広大マネジメント学会   1-18   2011年
顧客起点の企業システム構築に向けたサービス・ドミナント・ロジックの主要概念の検討
藤岡芳郎 村松潤一(広島大学)
広大マネジメント学会   1-17   2011年

書籍等出版物

 
サービス社会のマネジメント
同文舘出版   2018年12月   ISBN:978-4-495-64941-8
新興国市場と日本企業
同友館   2018年6月   
ケースブック 価値共創とマーケティング論
村松潤一(広島大学)他12名 (担当:共著)
同文舘出版   2016年3月   ISBN:978-4-495-64821-3
日本マーケティング学会の価値共創型マーケティング研究会での成果をまとめて刊行した。サービスのロジックの価値共創概念でのアプローチを通してケーススタディを行い理論化を進展させた。伝統的マーケティングの価値共創概念との違いや具体的な企業への適応方法の可能性などについて言及した。
ベーシック流通論
井上崇通(明治大学)村松潤一(広島大学)他12名 (担当:共著)
同文舘出版   2015年4月   ISBN:978-4-495-64751-3
流通システムについての学部生向けのテキストを共同執筆した。基礎的な理論の解説と同時に今日的な話題を取り入れ大学生の立場で理解しやすいような内容にしている。担当章では地域・街づくりにおける流通の役割、商業集積、立地について政策や具体的な話題を踏まえて解説した。
価値共創とマーケティング論
村松潤一(広島大学) (担当:共著)
同文舘出版   2015年3月   ISBN:978-4-495-64741-4
価値共創の概念でマーケティング論を考察するための基本的な議論を行った。

講演・口頭発表等

 
価値共創の視点から地域活性化に向けた取り組みの考察~東大阪市の魅力発見・発信・創造へ向けた基礎的調査から
藤岡芳郎
日本マーケティング学会   2019年6月16日   日本マーケティング学会
価値共創の視点から地域活性化に向けた取り組みの考察
藤岡芳郎
日本消費経済学会中国四国部会   2019年2月17日   日本消費経済学会 中国四国部会
文脈に迫る価値共創マーケティングに必要な考え方とは
日本マーケティング学会   2018年10月14日   日本マーケティング学会
価値共創マーケティングと小売業の場についての一考察
日本消費経済学会全国大会   2018年6月30日   日本消費経済学会
流通は価値共創をどう取り込むか
日本マーケティング学会   2018年3月18日   日本マーケティング学会

競争的資金等の研究課題

 
東大阪魅力発見・発信・創造へ向けた基礎的調査
東大阪市: 平成30年度東大阪市地域研究活動助成金
研究期間: 2018年6月 - 2019年3月    代表者: 藤岡 芳郎

その他

 
2019年3月   東大阪魅力発見・発信・創造へ向けた基礎的調査
平成30年度東大阪市研究助成金報告会