共同研究・競争的資金等の研究課題

2016年 - 2018年

1920-30年代における日韓文化交流に関する総合的研究

文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
  • 梶谷崇
  • ,
  • 共同研究

資金種別
競争的資金

1920年代から30年代にかけ、柳宗悦と朝鮮人知識人らの交流を通して、あらたな朝鮮文化言説が生み出され、それはやがて朝鮮民族美術館設立や民芸運動などの社会的実践へとつながり、今なお日韓両国の文化にとって大きな思想的影響力を持っている。本研究では、これまで日韓共同で行ってきた研究代表者の研究を継承・発展させながら、同時代のさまざまな文化人を参照項とすることで柳宗悦の文化的実践を整理・分析すること、1920−30年代にかけての日韓文化交流の有り様を総体的に明らかにする。そして、この研究をとおして日韓近代文化交流史の再構成し、日韓関係に資することが本研究の最終的な目的である。