FUJITA Sayaka

J-GLOBAL         Last updated: Sep 25, 2019 at 12:51
 
Avatar
Name
FUJITA Sayaka
Affiliation
The University of Shimane
Job title
Lecturer

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
2010
Graduate School, Division of Medical Science, Tottori University
 

Published Papers

 
Changes in objective sleep quality during the menstrual cycle
FUJITA Sayaka
57(1) 108-114   Apr 2016   [Refereed]
藤田 小矢香, 狩野 鈴子, 濱村 美和子, 嘉藤 恵
日本助産学会誌   29(2) 303-309   Dec 2015
目的 妊娠期の講義・演習で1年課程で学ぶ助産師学生が何を習得したと感じていたのか、具体的な学習内容を明らかにすること 対象と方法 対象者はA大学短期大学部専攻科助産学専攻学生18名。研究倫理審査委員会の承認を経て、2013年7月に実施した。データ収集方法は、学生が妊娠期講義終了後に提出した、妊娠期の学習で何を習得したと感じたかについての記述を逐語録にしてデータを抽出した。結果 助産師学生が妊娠期講義で習得したと感じていた内容は大きく2つ示された。【基礎的知識を基に、妊娠期の助産診断を行うこ...
藤田 小矢香, 狩野 鈴子, 濱村 美和子, 嘉藤 恵
助産雑誌   69(6) 516-523   Jun 2015
助産学生が妊娠期の講義終了後に感じた「妊娠期の学び・成長したところ」について検討した。短期大学部専攻科の助産学生18例を対象とした。母児の健全な分娩を導くために、基本を身につけ診断することとして、【分娩を見据えた観察による診断の重要性】、【基本的なフィジカルイグザミネーション技術の習得の必要性】を感じていた。自分の弱点に向き合い、グループダイナミクスを活用し積極的に学ぶ姿勢として、【グループでの学習を通した学びの共有による知識や態度の向上】、【自分の未熟さに気がつき、モチベーションを高くも...
講義形式別にみた助産学生の自己満足度と達成度の関連 助産診断技術学I(妊婦)での取り組み
藤田 小矢香
島根県立大学出雲キャンパス紀要   8 1-8   Dec 2013   [Refereed]
助産診断技術学I(妊婦)における学習方法や教授方法について検討を行った。学習に対する学生の自己満足度と達成度に関係があるかを明らかにした。対象は平成25年度島根県立短期大学部専攻科助産学専攻学生18名であった。講義方法は、個人自己学習、従来通りの教員による講義、学生と教員の共同講義、技術演習で構成されていた。学生は講義前に学生自身が自身の学習目標を設定した。講義終了後その日の学習内容、今後の課題を記載した。また、講義における自己満足度、達成度を主観的に評価してもらった。分析の結果、講義全体...
A県産業看護職の就労実態と業務及び研修に関する調査研究
落合 のり子, 長廻 久美子, 藤田 小矢香, 宇都宮 詩織, 米原 満子, 島田 美幸
島根県立大学出雲キャンパス紀要   8 79-84   Dec 2013   [Refereed]
A県産業看護部会員を対象に産業看護職の就労実態、業務および研修状況を明らかにし、それに基づいた部会活動のあり方について検討した。対象は、A県産業看護部会に加入している30事業所で勤務する看護職55名で、43名から回答が得られ、教育機関に所属する3名を除く40名を分析対象とした。職種は保健師33名、看護師7名であった。雇用形態は正社員28名、常勤嘱託6名、非常勤嘱託4名、契約社員・パート2名であった。職務内容に関しては、企業グループ24名と健診機関グループ16名に分けて検討した。企業グループ...

Misc

 
A survey of the status of the date DV(Domestic violence):Its underlying factors and adverse health effects
Fujita Sayaka
Japanese Journal of Medical and Nursing Education   (22) 2-6   2013
The Relationship Between Student Midwives' Degree of Self-Satisfaction and Achievement, Accorfing to Lecture form -The Trial in Lecture od Diagnose and Practice of Midwifery-
Fujita Sayaka
8 1-8   2013
A Research Study of Occupational Health Nurse's Working Reality and Workshop
Fujita Sayaka
8 79-84   2013

Conference Activities & Talks

 
Study of Female College Student’s Knowledge of Sexual Risk Consciousness and Fertility
Akiko KIMURA,Sayaka FUJITA
17 Sep 2018   
Difference in Menstrual Distress Questionaire by the change of the Profile of Mood States score before and after the menstruation
FUJITA Sayaka
28 May 2017   
Clarifying the relationship between saliva amylase activity upon waking and sleep quality in healthy women
FUJITA Sayaka
29 Mar 2017   
Clarifying the association between Profile of Mood States and sleep quality,Saliva amylase upon waking in healthy woman
FUJITA Sayaka
The 4th China Japan Korea Nursing Conference   Nov 2016   
Clarifying the relationship between saliva amylase upon waking and sleep quality during phases of the menstrual cycle in healthy women
FUJITA Sayaka
Mar 2016