藤田 小矢香

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/08 08:53
 
アバター
研究者氏名
藤田 小矢香
 
フジタ サヤカ
所属
島根県立大学
部署
看護栄養学部
職名
准教授
学位
博士(医学)
その他の所属
大学院看護学研究科別科助産学専攻

研究分野

 
 

学歴

 
 
   
 
鳥取大学大学院 医学系研究科 医学専攻
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
日本医学看護学教育学会  評議員
 
2015年7月
 - 
現在
全国助産師教育協議会  広報委員会
 
2013年6月
 - 
現在
鳥取県看護協会  研究学会委員
 
2015年4月
 - 
現在
日本助産学会  専任査読委員
 
2015年
 - 
現在
日本医学看護学教育学学会  学術雑誌編集委員
 
2013年4月
 - 
現在
島根県母性衛生学会  理事・幹事
 

論文

 
コーチングによる積極的認知対処・自然散策・温泉入浴によるメンタルヘルス対策への効果-自記式質問紙による主観的データの分析結果-
小田美紀子、藤田小矢香
27(2) 29-35   2018年10月   [査読有り]
ヨガの癒し効果を自律神経機能から検証した1例
藤田小矢香、山下一也
日本医学看護学教育学会   27(2) 17-20   2018年10月   [査読有り]
学生FDメンバーが考える「学生がキヅク実習とは」
藤田小矢香、吾郷美奈恵、長島玲子
インターナショナルNursing Care Research   17(2) 81-90   2018年5月   [査読有り]
就寝中の芳香療法における睡眠への効果 -月経前,月経中,月経後を比較して-
藤田 小矢香
母性衛生   59(1) 98-104   2018年4月   [査読有り]
宿泊滞在型癒しのヘルスツーリズムにおける就労男性の自律神経活動への効果
藤田小矢香、山下一也
日本医学看護学教育学会雑誌   26(3) 9-12   2018年3月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
日帰りヘルツツーリズムにおける妊娠後期女性の自律神経機能の変化の1例
藤田小矢香、小田美紀子、林健司
第3回自律神経機能Forum   2018年11月17日   
看護系女子学生の妊孕性に関する知識の実態
北村亜希子、藤田小矢香
第59回日本母性衛生学会総会・学術集会   2018年10月20日   
看護系女子学生の妊孕性に関する知識の研究
北村亜希子、藤田小矢香
第59回日本母性衛生学会・学術集会   2018年10月19日   
看護系学生の交際と結婚と性行動に関する調査
北村亜希子、藤田小矢香
第59回日本母性衛生学会総会・学術集会   2018年10月19日   
Study of Female College Student’s Knowledge of Sexual Risk Consciousness and Fertility
Akiko KIMURA,Sayaka FUJITA
第5回日中韓看護学会   2018年9月17日   

競争的資金等の研究課題

 
離島在住高齢者の認知機能と隠れ心不全の関連-軽度認知機能に隠れ心不全は原因となりうるか?-
公益財団法人損保ジャパン日本興亜福祉財団: 2018年度ジェロントロジー研究助成
研究期間: 2018年11月 - 2020年3月    代表者: 藤田 小矢香
月経期REM睡眠減少への芳香療法の効果に関する研究
H28年度科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 藤田 小矢香
性周期および卵巣摘出が運動時の神経性循環調節に与える影響と機序解明
財団法人赤枝医学研究財団: 研究助成金
研究期間: 2010年       代表者: 木場智史