榎戸 智也

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/21 03:18
 
アバター
研究者氏名
榎戸 智也
 
エノキド トモヤ
URL
http://ktr01.ris.ac.jp/~eno/index.html
所属
立正大学
部署
経営学部経営学科
職名
教授
学位
博士(工学)(東京電機大学大学院), 修士(工学)(東京電機大学), 学士(工学)(東京電機大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1999年4月
 - 
2002年9月
株式会社 NTTデータ その他(教員以外)
 
2002年11月
 - 
2005年3月
東京電機大学 助手
 
2005年4月
 - 
2006年3月
立正大学 経営学部 経営学科 特任講師(第Ⅲ種)
 
2006年4月
 - 
2008年3月
立正大学 経営学部 経営学科 講師
 
2008年4月
 - 
2013年3月
立正大学 経営学部 経営学科 准教授
 
2013年4月
 - 
現在
立正大学 経営学部 経営学科 教授
 

学歴

 
1997年4月
 - 
1999年3月
東京電機大学 理工学研究科 システム工学専攻
 
1993年4月
 - 
1997年3月
東京電機大学 理工学部 経営工学科
 

受賞

 
2014年7月
The 8th International Conference: CISIS-2014, Best Paper Award
 
2013年5月
The 7th FTRA Internationa Conference : MUE-2013, Best Paper Award
 
2010年2月
The 4th International Conference : CISIS-2010, Best Paper Awards
 
2008年9月
The 2nd International Conference : NBiS-2008, Best Paper Award
 
2008年3月
The 2nd International Conference : CISIS-2008, Best Paper Award
 

論文

 
A Flexible Read-Write Abortion Protocol with Role Safety Concept to Prevent Illegal Information Flow
Journal of Ambient Intelligence and Humanized Computing (JAIHC)   9(5) 1415-1425   2018年   [査読有り]
An Information Flow Control Model in a Topic-based Publish/Subscribe System
Shigenari Nakamura, Lidia Ogiela, Tomoya Enokido, Makoto Takizawa
Journal of High Speed Networks   24(3) 243-257   2018年   [査読有り]
Energy Consumption Laxity-Based Quorum Selection for Distributed Object-Based Systems
Tomoya Enokido, Dilawaer Duolikun, Makoto Takizawa
Journal of Evolutionary Intelligence   1-12   2018年   [査読有り]
Simple Algorithms for Selecting an Energy-Efficient Server in a Cluster of Servers
Dilawaer Duolikun, Hiroki Kataoka, Tomoya Enokido, Makoto Takizawa
International Journal of Communication Networks and Distributed Systems (IJCNDS)   21(1) 1-25   2018年   [査読有り]
A Simply Energy-efficient Migration Algorithm of Processes with Virtual Machines in Server Clusters
Ryo Watanabe, Dilawaer Duolikun, Tomoya Enokido, Makoto Takizawa
Journal of Wireless Mobile Networks, Ubiquitous Computing, and Dependable Applications (JoWUA)   8(2) 1-18   2017年   [査読有り]

Misc

 
A Tree-Based Model of Energy-Efficient Fog Computing Systems in IoT
Ryuji Oma, Shigenari Nakamura, Tomoya Enokido, Makoto Takizawa
International Conference: CISIS-2018   991-1001   2018年7月   [査読有り]
An Eco IDMMV Migration Algorithm of Dynamic Virtual Machines in a Server Cluster
Dilawaer Duolikun, Ryo Watanabe, Tomoya Enokido, Makoto Takizawa
International Conference: CISIS-2018   115-126   2018年7月   [査読有り]
Energy-Efficient Process Replication by Forcing Meaningless Replicas to Terminate in Virtual Machine Environment
Tomoya Enokido, Dilawaer Duolikun, Makoto Takizawa
International Conference: CISIS-2018   149-160   2018年7月   [査読有り]
Evaluation of a Protocol to Prevent Malicious Information Flow in P2PPS Systems
Shigenari Nakamura, Tomoya Enokido, Makoto Takizawa
International Conference: CISIS-2018   102-114   2018年7月   [査読有り]
One-to-One Routing Protocols for Wireless Ad-Hoc Networks Considering the Electric Energy Consumption
Emi Ogawa, Shigenari Nakamura, Tomoya Enokido, Makoto Takizawa
International Conference: IMIS-2018   105-115   2018年7月   [査読有り]

書籍等出版物

 
分散システム : P2Pモデル
滝沢誠, 榎戸智也著 (担当:共著)
コロナ社   2014年4月   
Macro Level Methods of Power Consumption for Servers in Distributed Systems, Chapter 3 in Evolutionary Based Solutions for Green Computing
Springer   2013年   ISBN:978-3-642-30658-7
Energy-Efficient Server Selection Algorithms for Distributed Applications, Chapter 4 in Sustainable ICTs and Management Systems for Green Computing
IGI Global   2012年   ISBN:978-1-4666-1893-8

競争的資金等の研究課題

 
省電力クラウド・コンピューティング・システムのための負荷分散アルゴリズムの研 究
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 現在
省電力化を考慮した高信頼・高可用P2Pシステムの研究
基盤研究(C): 基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月
P2P システムのための消費電力低減を考慮したピアの発見と選定プロトコルの研究
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月
ユビキタスシステムのための目的と役割の概念を用いた同時実行制御方式の研究
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月
複数エージェントグループでの自律的なグループ通信プロトコルの研究
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月