SATO Fumiko

J-GLOBAL         Last updated: Oct 25, 2019 at 12:08
 
Avatar
Name
SATO Fumiko
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/f68962ed3a7db526c5edae1829bee1fd.html
Affiliation
Tohoku University
Job title
Professor
Degree
博士(Kitasato University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Sep 2009
 - 
Today
教授, 東北大学大学院医学系研究科保健学専攻がん看護学分野
 
Jan 2003
 - 
Aug 2009
准教授, 山形大学医学部看護学科
 
Apr 1999
 - 
Dec 2002
講師, 福島県立医科大学看護学部
 
Apr 1997
 - 
Mar 1999
講師, 東京慈恵会医科大学医学部看護学科
 

Committee Memberships

 
Oct 2010
 - 
Dec 2013
日本クリティカルケア看護学会  査読委員
 
Oct 2010
 - 
Oct 2013
日本保健医療行動科学会  評議員
 
Oct 2010
 - 
Oct 2013
日本保健医療行動科学会  査読委員
 
Apr 2008
 - 
Apr 2013
日本がん看護学会  査読委員
 
Apr 2008
 - 
Mar 2013
日本がん看護学会  評議員
 
Sep 2009
 - 
Aug 2012
日本看護学教育学会  評議員
 
Dec 2005
 - 
Dec 2010
日本クリティカルケア看護学会  評議員
 

Published Papers

 
Association between chronological depressive changes and physical symptoms in postoperative pancreatic cancer patients.
•Sato N, Hasegawa Y, Saito A, Motoi F, Ariake K, Katayose Y, Nakagawa K, Kawaguchi K, Fukudo S, Unno M, Sato F.
BioPsychoSocial medicine.   12(13) 1-10   2018   [Refereed]
SATO Fumiko
A Prospective, Controlled Trial. Tohoku J. Exp. Med   238 229-236   2016   [Refereed]
A 10 MINUTE SELF-CARE PROGRAM MAY REDUCE BREAST CANCER-RELATED LYMPHEDEMA
SATO Fumiko
A SIX-MONTH PROSPECTIVE LONGITUDINAL COMPARATIVE STUDY.Lymphology   49 93-106   2016   [Refereed]
How can we know the true magnitude of any breast cancer related lymphema if we do not know which is the true dominant arm?
SATO Fumiko
Journal of lymphedema   11(1) 27-34   2016   [Refereed]
SATO Fumiko
A Controlled Trial, Tohoku J. Exp. Med   232 115-122   2014   [Refereed]
SATO Fumiko
CRHR1 as a potent prognostic factor. .Int. J. Gynecol. Cancer   24(9) 1549-1557   2014   [Refereed]
看護大学教員・看護師を対象としたフィジカルアセスメント教育の効果
佐藤冨美子
東北大学医学部保健学科紀要   21(1) 25-32   Jan 2012   [Refereed]
「慢性病者の生活を理解する教育方法」による学生の学び
長谷川直人佐藤冨美子
東北大学医学部保健学科紀要   20(1) 25-32   Jan 2011   [Refereed]
佐藤大介佐藤冨美子
日本がん看護学会誌   24(2) 15-23   Sep 2010   [Refereed]
齊藤智子佐藤冨美子
日本がん看護学会誌   24(1) 23-34   Jun 2010   [Refereed]
伊藤直子佐藤冨美子佐藤和佳子
日本老年看護学会誌   14(2) 68-74   May 2010   [Refereed]
居宅要支援高齢者の健康状態と健康管理の特徴 前期・後期高齢者別の検討
長谷川直人 佐藤和佳子 佐藤冨美子 舟山恵美 大島扶美 今野日出子 佐藤千鶴
厚生の指標   57(2) 35-42   Feb 2010   [Refereed]
佐藤冨美子
日本がん看護学会誌   23(2) 33-41   Sep 2009   [Refereed]
地域で生活する乳がん患者のクオリティ・オブ・ライフと関連要因
SATO Fumiko
がん看護   12(3) 381-386   2007   [Refereed]

Misc

 
がんサバイバーのQOLを高める看護介入 (東北医学雑誌)
佐藤冨美子
東北医学雑誌   122 151-153   Dec 2010

Books etc

 
公衆衛生と社会保障
監修清水英祐柳沢裕之佐藤冨美子福本正勝 ed. (Part:Editor, 医療機関と医療従事者の職務の機能と役割, 244-264)
医学評論社   Oct 2010   

Conference Activities & Talks

 
乳がん術後6か月までの上肢機能障害予防改善に向けた介入の効果
佐藤冨美子
第26回日本がん看護学会学術集会   11 Feb 2012   
がん患者の外来放射線ちり用による有害事象の苦痛度とクオリティ・オブ・ライフの関連
青木咲奈枝・佐藤冨美子・柏倉栄子・佐藤菜保子
第26回日本がん看護学会学術集会   Feb 2012   
乳がん体験者の上肢機能障害に対する予防改善に向けた介入プログラムの術後6か月までの上肢機能による有効性の検討
佐藤冨美子
第31回日本看護科学学会学術集会   2 Dec 2011   
乳がん体験者の手術後3か月までのQOLに関する縦断的研究
佐藤冨美子・石田孝宣・大内憲明
第19回日本乳癌学会学術総会   2 Sep 2011   
看護大学教員・看護師を対象としたフィジカル・アセスメント教育前後のアセスメント習得度自己評価の比較
佐藤冨美子・熊谷祐子・高橋公子・鈴木浩美
日本看護学教育学会第21回学術集会   30 Aug 2011   
成人看護学実習における周手術期看護を経験した学生の実習目標に対する自己評価
柏倉栄子・佐藤冨美子・佐藤菜保子・菊地史子
日本   30 Aug 2011   
乳がん体験者の手術後3か月までの上肢障害に関する縦断的研究
佐藤冨美子・柏倉栄子
第7回日本クリティカルケア看護学会学術集会   25 Jun 2011   
乳がん体験者の術後上肢機能障害予防改善に向けた介入プログラムのQOLによる有効性の検討
佐藤冨美子
第25回日本がん看護学会学術集会   12 Feb 2011   
初発乳がん術後化学療法を受ける患者の気がかりとソーシャル・サポートの関連
佐々木理衣,佐藤冨美子,柏倉栄子
第25回日本がん看護学会学術集会   12 Feb 2011   
「がん患者の語りデータベース」の看護学生に対する教育的活用の可能性
新幡智子,的場典子,和田恵美子,雄西智恵美,菊地美香,国府浩子,小原泉,酒井禎子,佐藤冨美子ほか
第25回日本がん看護学会学術集会   12 Feb 2011   
乳がん術後上肢機能障害予防改善に向けた介入プログラムの上肢機能とセルフケア達成度による有効性の検討
佐藤冨美子
第30回日本看護科学学会学術集会   3 Dec 2010   
成人看護学において「がん看護」を経験した学生の実習目標に対する自己評価
佐藤冨美子,柏倉栄子,菊地史子
31 Jul 2010   
成人看護学実習における看護技術の到達目標と学生自己評価の比較
柏倉栄子,佐藤冨美子,菊地史子
31 Jul 2010   
乳がん体験者の術後上肢機能障害に対する主観的認知および客観的評価と苦痛度との関連
佐藤冨美子
第24回日本がん看護学会学術集会   13 Feb 2010   
乳がん体験者の上肢機能障害予防改善に向けた介入プログラム試案の内容妥当性の検討
佐藤冨美子
第29回看護科学学会学術集会   Dec 2009   

Social Contribution

 
[日本国内] がんを考える「ひいらぎの会」活動
[Others]  Apr 2011 - Today
がん患者会の講演会や行事に参加し、参加者の相談等に応じた。
[日本国内] 震災後の医療ボランティア
[Others]  Apr 2011 - Today
震災後に東北大学病院で看護活動を実施
[日本国内] 「乳がん術後のセルフケア」講演会開催
[Others]  19 Mar 2012
医療職者・学生・一般の方々を対象とし、本大学教員演者2名による講演会を開催した。筆者は「乳がん術後上肢機能障害の予防改善に向けた介入プログラムと評価」をテーマに講演した。
[日本国内] 乳がん患者会
[Others]  Apr 2010 - Mar 2011
山形県内の乳がん患者会の運営や会員の療養・治療に関する相談を受けている
[日本国内] 日本海総合病院看護師研修会
[Others]  Sep 2010 - Nov 2010
看護研究方法に関する講義2回の計6時間と,受講者が取り組んでいる研究で特に分析方法のアドバイスを3時間行った。
[日本国内] 2010 in 福島リレー・フォー・ライフ・ジャパン
[Others]  4 Sep 2010 - 5 Sep 2010
がん患者支援24時間チャリティ-イベントであるリレー・フォ-・ライフ・ジャパンのイベントに参加した。

Others

 
Apr 2009   「がん患者の語りデータベース」の看護系学生に対する教育的活用の可能性
「がん患者の語りデータベース」の看護系学生に対する教育的活用の可能性