駒井 武

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/14 07:43
 
アバター
研究者氏名
駒井 武
 
コマイ タケシ
eメール
komaimail.kankyo.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/b480b8fd9f3b4e6e2cce0c966cb02334.html
所属
東北大学
部署
大学院環境科学研究科 先進社会環境学専攻 エネルギー資源学講座 エネルギー資源リスク評価学分野
職名
教授
学位
博士(工学)(九州大学)
その他の所属
東北大学

研究分野

 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
東北大学 教授
 
2003年4月
 - 
2013年3月
産業技術総合研究所
 
1980年4月
 - 
2003年3月
工業技術院
 

学歴

 
1979年4月
 - 
1980年3月
東北大学 工学研究科 資源工学専攻
 
1976年4月
 - 
1979年3月
東北大学 工学部 資源工学科
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
仙台市  環境審議会委員
 
2018年4月
 - 
現在
資源・素材学会  東北支部長
 
2013年4月
 - 
現在
環境省  中央環境審議会専門委員
 
2017年4月
 - 
現在
日本学術会議  土木工学・建築学環境工学委員
 
2015年4月
 - 
現在
経済産業省  産業構造審議会専門委員
 
2012年4月
 - 
2016年3月
総務省  公害等調整委員会委員
 
2008年4月
 - 
2016年3月
社会地質学会  会長
 
2006年4月
 - 
2016年3月
東京都  環境審議会委員
 
2011年4月
 - 
2013年3月
資源・素材学会  関東支部長
 
2004年4月
 - 
現在
国際極地海洋工学会(ISOPE)  編集委員
 

受賞

 
2014年5月
日立環境財団 環境賞(日立環境財団) 優良賞
受賞者: 駒井 武、川辺能成、坂本靖英
 
2013年6月
土木学会 土木学会論文賞
 
受賞論文「東日本大震災 における津波堆積物中の重金属類とそのリスク」
2012年3月
資源・素材学会 資源・素材学会論文賞
 
2010年4月
産業技術総合研究所 産業技術総合研究所理事長賞(本格研究)
 
2009年10月
エンジニアリング振興協会 エンジニアリング特別奨励賞(研究開発)
 

論文

 
Junko Nishiwaki, Yoshishige Kawabe, Takeshi Komai, Ming Zhang
Geosciences (Switzerland)   8(2)    2018年2月   [査読有り]
© 2018 by the authors. Licensee MDPI, Basel, Switzerland. Characterizing the mechanisms by which natural microorganisms in soil decompose gasoline hydrocarbons is of fundamental importance for a better understanding of natural attenuation and/or f...
Jiajie Wang, Kengo Nakamura, Noriaki Watanabe, Takeshi Komai
Proceedings of the International Offshore and Polar Engineering Conference   2018-June 244-250   2018年1月
Copyright © 2018 by the International Society of Offshore and Polar Engineers (ISOPE) To investigate the mineral change and energy output of the olivine hydration and carbonation processes in carbon rich hydrothermal system, we monitored a reactio...
Catherine Chagué-Goff, Kazuhisa Goto, Daisuke Sugawara, Yuichi Nishimura, Takeshi Komai
Advances in Natural and Technological Hazards Research   47 229-247   2018年1月
© 2018, Springer International Publishing AG. Following the 2011 Tohoku-oki tsunami, many studies were carried out to provide insights into processes involved with this event, as well as to assess its impact on the landscape and the environment, e...
Yusuke Nakano, Fuyuki Kaneko, Kengo Nakamura, Yasuhide Sakamoto, Takeshi Komai
Proceedings of the International Offshore and Polar Engineering Conference   2018-June 199-204   2018年1月
Copyright © 2018 by the International Society of Offshore and Polar Engineers (ISOPE) In-situ dissociation process of gas hydrate by Partial-oxidation and heating through acid or oxidant injection into the reservoir has been proposed. However, it ...
中村謙吾, 伊東玄樹, 川辺能成, 駒井武
土木学会論文集 G(環境)(Web)   74(2) 59‐66(J‐STAGE)   2018年
中村謙吾, 桑谷立, 駒井武, 山崎慎一
Journal of MMIJ (Web)   134(2) 13‐21(J‐STAGE)   2018年
Health Risk Assessment Model of 1,4-Dioxane Based on Physical and Chemical Properties of Soils
Takeshi Komai, Haruki Ito, Kengo Nakamura
Oroceedings of the 14th International Symposium on Persistent Toxic Substances   14 241-248   2017年9月   [査読有り]
Total and Leachable Concentration of Trace Elements in Soil towards Human Health Risk, Related with Coal Mine in Jorong, South Kalimantan, Indonesia
Arie Pujiwati, Kengo Nakamura, Noriaki Watanabe, Takeshi Komai
International Journal of Environmental, Chemical, Ecological, Geological and Geophysical Engineering   11(10) 820-828   2017年9月   [査読有り]
気化する物質による土壌・地下水汚染の考え方
駒井 武
環境管理   2017(3) 22-28   2017年3月   [査読有り]
Fuyuki Kaneko, Kengo Nakamura, Yasuhide Sakamoto, Noriaki Watanabe, Takeshi Komai
23rd Formation Evaluation Symposium of Japan 2017      2017年1月
© 23rd Formation Evaluation Symposium of Japan 2017. All rights reserved. Natural gas production from methane hydrate reservoir requires supplying heat. However, it is necessary to decrease energy consumption, and some new ways for enhanced gas pr...
Kengo Nakamura, Tetsuo Yasutaka, Tatsu Kuwatani, Tatsu Kuwatani, Takeshi Komai
Chemosphere   186 501-509   2017年1月
© 2017 Elsevier Ltd In this study, we applied sparse multiple linear regression (SMLR) analysis to clarify the relationships between soil properties and adsorption characteristics for a range of soils across Japan and identify easily-obtained phys...
発光バクテリアを用いた重金属等の土壌汚染簡易評価手法の開発ーメッキ金属に対する急性毒性評価ー
杉田 創、駒井 武、井本由香里、原 淳子
地下水学会誌   58(4) 417-430   2016年11月   [査読有り]
土壌汚染リスク評価システムの開発と社会実装
駒井 武
環境と測定技術   43(10) 3-8   2016年10月   [査読有り]
中村 謙吾, 青木 飛翔, 渡邉 則昭, 駒井 武
土木学会論文集C   72(2) 190-195   2016年6月   [査読有り]
Applications of ITRAX XRF core scanning and PCA in palaeotsunami research
Catherine Chague-Goff, Patricia Gadd, Daisuke Sugawara, James Goff, Kazuhisa Goto, Takeshi Komai
Japan Geoscience Union Meeting 2016      2016年5月   [査読有り]
スパースモデリングによる津波堆積物の判別-津波到達推定への応用-
駒井 武、桑谷 立、中村謙吾、土屋範芳
電子情報通信学会誌   99(5) 418-423   2016年5月   [査読有り]
Takeshi Komai, Kengo Nakamura, Noriyoshi Tsuchiya, Tatsu Kuwatani
Journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers   99 418-423   2016年5月
中村謙吾・佐藤海里・川辺能成・桑谷 立・駒井 武
J of MMIJ   132(1) 22-30   2016年1月   [査読有り]
ネパール・テライ低地における地下水汚染の地球化学的特徴と数理統計解析
駒井 武、中村謙吾、大岡健三、成澤 昇、中村圭三
環境地質学論文集   25 78-83   2015年11月   [査読有り]
Kengo Nakamura, Tatsu Kuwatani, Yoshishige Kawabe, Takeshi Komai
Chemosphere   144 1241-1248   2015年10月   [査読有り]
津波堆積物に含有する重金属の化学分析と地球科学的特徴
駒井 武
環境と測定技術   42(9) 14-21   2015年9月   [査読有り]
製鋼スラグと腐植物質の相互作用に基づく重金属類の長期溶出特性
中村 謙吾, 肴倉 宏史, 川辺 能成, 駒井 武
土木学会論文集G(環境)   71(1) 39-48   2015年2月   [査読有り]
Takeshi Komai, Yasuhide Sakamoto, Atsushi Kishita, Noriaki Watanabe
Proceedings of the International Offshore and Polar Engineering Conference   2015-January 69-72   2015年1月
Copyright © 2015 by the International Society of Offshore and Polar Engineers (ISOPE). An original method of enhanced recovery by using a partial oxidation method was proposed for gas hydrates reservoirs. This method was based on the heat generati...
T. Komai, Y. Sakamoto, A. Tanaka
Petroleum Abstracts   55 95-96   2015年1月
The framework of risk assessment system for Carbon Dioxide Capture and Storage (CCS) is proposed, especially for enhanced recovery of gas, oil, and gas hydrates. Based on the protocol proposed by the EU, the framework of enhanced CCS has been modi...
地圏環境リスク評価システムGERASの開発
駒井 武、坂本靖英、川辺能成
環境研究   176 23-32   2014年12月
主成分分析を用いた次元圧縮に基づく東北地方太平洋沖地震による津波堆積物の地球化学的特性評価
桑谷立, 中村謙吾, 渡邊隆広, 小川泰正, 駒井 武
地学雑誌   123(6) 923-935   2014年12月   [査読有り]
表層堆積物の化学組成を用いた津波堆積物の由来と海底堆積物の攪乱の推定—東北地方太平洋沖地震による大津波の影響を受けた仙台平野沿岸域を例として—
原 淳子、川辺能成、駒井 武、田村 亨、澤井祐紀
地学雑誌   123(6) 883-903   2014年12月   [査読有り]
Yamashita, Masaru Matsumoto, Sachiko Akai, Tomoko Sugita, Hajime Imoto, Yukari Komai, Takeshi Sakanakura, Hirofumi
JOURNAL OF THE CERAMIC SOCIETY OF JAPAN   122(1432) 1020-1027   2014年12月   [査読有り]
T. Kuwatani, K. Nagata, M. Okada, T. Watanabe, Y. Ogawa, T. Komai, N. Tsuchiya
Scientific Reports   4(7077) 1-6   2014年11月   [査読有り]
Proposal of Risk Based Soil Contamination Management
Emiko Hase, Masaru Kitano, Yoshishige Kawabe, Takeshi Komai
Bulletin of Meiji University   46(102) 31-39   2014年10月   [査読有り]
土壌汚染対策における調査・分析法の現状と課題
駒井 武
環境と測定技術   41(9) 4-8   2014年9月   [査読有り][招待有り]
Geochemical and Statistical Analysis of Metal Elements in Soils and Tsunami Deposits -An approach for medical geology for geo-environment -
T. Komai, T. Kuwatani, Y. Kawabe, J. Hara, N. Tsuchiya
Proceedings of 13th International Conference on Mineral Exploration   13 69-74   2014年9月   [査読有り]
Geochemical and Statistical Analysis of Heavy Metals and Elements in Tsunami Deposits
Takeshi Komai, Tatsu Kuwatani, Yoshishige Kawabe, Junko Hara, Noriyoshi Tsuchiya
Proceedings of 14th Intrenational Symposium of Offshore and Pollar Engineering   14    2014年4月   [査読有り]
Seo, Y and An, S.a and Park, J.-W.a and Kim, B.-S.a and Komai, T.b and Yoon, J.-H.a
Ind. Eng. Chem. Res.   53(14) 6179-6184   2014年4月   [査読有り]
Tsuji, H.a and Yasutaka, T.a and Kawabe, Y.a and Onishi, T.b and Komai, T
Water Res.   60 15-27   2014年4月   [査読有り]
ネパール・テライ低地における気候環境調査
中村圭三・松本 太・濱田浩美・駒井 武・大岡健三・谷地 隆・松尾 宏・谷口智雄・戸田真夏
法政地理   46 17-24   2014年3月   [査読有り]
津波堆積物の地球化学的特徴とリスク評価
駒井 武
大地   54(2) 3-8   2014年2月   [査読有り][招待有り]
Takeshi Komai, Tatsu Kuwatani, Yoshishige Kawabe, Junko Hara, Noriyoshi Tsuchiya
Proceedings of the International Offshore and Polar Engineering Conference   85-89   2014年1月
Huge amount of tsunami deposits remain after the large earthquake and tsunami occurred on March 11, 2011. This event may bring a possibility of environmental pollutions, particularly in the environment of soil and sediments around coastal areas of...
Hikaru Kusanagi, Noriaki Watanabe, Takashi Shimazu, Masahiko Yagi, Takeshi Komai, Noriyoshi Tsuchiya
20th Formation Evaluation Symposium of Japan 2014      2014年1月
© 2014 SPE. All rights reserved. Whole core analysis, which provides characteristics on a larger scale closer to that of the reservoir, is particularly important for heterogeneous formations such as vuggy carbonate or fractured rocks. Consequently...
ネパール・テライ低地における砒素汚染と地質環境の関係
駒井 武・大岡健三・中村圭三・濱田浩美
環境地質学論文集   23(1) 153-158   2013年11月   [査読有り]
発光バクテリアを用いた土壌汚染簡易評価手法の開発 -急性毒性評価による土壌汚染濃度のスクリーニング-
杉田 創、駒井 武、井本由香利、原 淳子、今泉博之
日本地下水学会誌   55(4)    2013年11月   [査読有り]
Selection of Land Disposal Sites for Solid Waste Using GIS and Risk Assessment Theories: A Case study for Kandy District, Sri Lanka
B.M.R.S.Balasooriya, M.Vithanage, M.I.M.Mowjood, K. Kawamoto, M. Zhang, T. Komai
Proceedings of International Symposium on Advances in Civil and Environmental Engineering Practices for Sustainable Development   13 160-167   2013年9月   [査読有り]
Tetsuo Yasutaka, Tohru Kawamoto, Yoshishige Kawabe, Toshio Sato, Mutsuto Sato, Yasukazu Suzuki, Kimihito Nakamura, Takeshi Komai
Journal of Nuclear Science and Technology   50 674-681   2013年7月
We developed a rapid method for concentrating and measuring radiocesium ( 134 Cs and 137 Cs) dissolved in fresh water using nonwoven fabric impregnated with Prussian blue (PB) as a radiocesium absorber in combination with gamma-ray spectrometry us...
技術開発におけるポートフォリオ構成と社会実装
駒井 武
構成学   6(3) 180-186   2013年7月   [査読有り]
Rapid measurement of radiocesium in water using a Prussian blue impregnated nonwoven fabric
Tetsuo Yasutaka, Tohru Kawamoto, Yoshishige Kawabe, Toshio Sato, Mutsuto Sato, Yasukazu Suzuki, Kimihito Nakamura and Takeshi Komai
Journal of Nuclear Science and Technology   50(7) 674-681   2013年6月   [査読有り]
放射性セシウム含有土壌への酸抽出方法の適用性に関する基礎的検討
保高徹生、川本 徹、駒井 武
RADIOISOTOPES   62(4) 211-218   2013年4月   [査読有り]
石油系炭化水素を対象とした発光バクテリアによる土壌汚染評価手法の開発
杉田 創、駒井 武、井本由香利
ケミカルエンジニアリング   58(1) 55-60   2013年1月   [査読有り]
Atsuko Tanaka, Yashuhide Sakamoto, Haruyuki Higashino, Masahiro Suzumura, Takeshi Komai
Energy Procedia   37 2828-2839   2013年1月
In this paper we introduce our researches on development of a risk assessment tool for geological CCS (Carbon Dioxide Capture and Storage) that covers geological strata, marine environments, ground surface, ambient air and injection site and its v...
Yasuhide Sakamoto, Atsuko Tanaka, Norio Tenma, Takeshi Komai
Energy Procedia   37 4785-4793   2013年1月
For reliable risk assessment of carbon dioxide capture and storage (CCS), it is very important to predict the behavior of migration of injected CO 2 in relation with time and space under the environment of underground. Especially, it is importan...

Misc

 
土壌・地下水の分析化学
駒井 武
ぶんせき   2018(10) 420-424   2018年10月   [査読有り]
土壌・地下水汚染リスク管理技術総論
駒井 武
環境管理   50(7) 11-16   2014年7月
土壌汚染対策の現状と課題-科学的な知見や情報に基づいた環境リスク管理-
駒井 武
ベース設計資料   160 24-27   2014年1月
Y. Sakamoto, Y. Suzuki, A. Tanaka, N. Tenma, T. Komai, T. Yamaguchi
Proceedings of the ISOPE Ocean Mining Symposium   58-64   2011年12月
We conducted experimental study on multi-phase flow behavior consisting of supercritical CO 2 and water in porous media. Grain size was changed as an experimental parameter in order to consider the effect on permeability characteristics. Using obt...
Hideki Minagawa, Kosuke Egawa, Yasuhide Sakamoto, Takeshi Komai, Norio Tenma, Hideo Narita
Proceedings of the ISOPE Ocean Mining Symposium   49-53   2011年12月
A proton nuclear magnetic resonance (NMR) system combined with a permeability measurement system has been used to clarify the relation between permeability and methane-hydrate saturation of methanehydrate- bearing sediment with regard to effective...
Takeshi Komai
Proceedings of the International Offshore and Polar Engineering Conference   1-4   2014年1月
Huge amount of methane hydrates worldwide exist at offshore and onshore areas, particularly in reservoirs of marine sediments. Because the development of methane hydrates is of great interest for future energy of natural gas, a lot of R & D projec...
Takeshi Komai, Yasuhide Sakamoto, Atsuko Tanaka
Proceedings of the ISOPE Ocean Mining Symposium   44-48   2011年12月
In this paper, we propose the framework of risk assessment system for CCS, carbon capture and storage, especially for enhanced recovery of gas, oil and gas hydrates. Based on the protocol proposed by US and European institutions, the framework of ...
N. Tsuchiya, Y. Ogawa, R. Yamada, S. Yamasaki, C. Inoue, T. Komai, J. Hara, Y. Kawabe, T. Shiratori, S. Kano
Water-Rock Interaction - Proceedings of the 13th International Conference on Water-Rock Interaction, WRI-13   673-676   2010年12月
GIS based Geosphere Environmental Informatic Universal System 'GENIUS' has been developed, which includes topographical, geological, geochemical and other geosphere environmental digital maps covering the entire area of Japan. This system also con...
Jin S. Chung, Takeshi Komai
Proceedings of the ISOPE Ocean Mining Symposium      2007年10月
T. Komai, Y. Sakamoto, T. Kawamura, M. Inui, H. Haneda
6th Gas Hydrates International Conference [ICGH] (Vancouver, British Columbia, 7/6-10/2008) Proceedings      2008年12月
The method of CO2 sequestration using gas hydrates has the advantages that (1) the CO2 is stored as a solid which reduces the risk for leakage; (2) a geological containment structure is not required; (3) it could be suitable for direct flue gas in...
Takeshi Komai
Proceedings of the International Offshore and Polar Engineering Conference   2005 324-328   2005年12月
The national project of methane hydrate development in Japan (MH21) started in 2001 and has made a great progress in these years. In the project operated by MH21 research consortium, we have carried out extensive experimental and computational R &...
地圏環境リスク評価システムの開発と適用
駒井 武、川辺 能成
産業と環境   36(4) 57-60   2007年4月
M. Inui, T. Komai, Y. Sakamoto, T. Kawamura, A. Ando, H. Kagemoto
Proceedings of the International Offshore and Polar Engineering Conference   2005 355-359   2005年12月
There are some proposals for carbon dioxide (CO 2 ) storage in underground structures, such as oil/gas reservoirs, aquifers and sediments. One of the attractive methods of CO 2 sequestration is that the exhaust gas containing CO 2 is directly isol...
土壌汚染現場のリスク評価システムの開発
駒井 武, 川辺能成
土木施行   47(8) 60-66   2006年
M. Inui, T. Komai, Y. Sakamoto, T. Kawamura, A. Ando, H. Kagemoto
Proceedings of the International Offshore and Polar Engineering Conference      2005年8月
There are some proposals for CO 2 storage in underground structures, such as oil/gas reservoirs, aquifers, and sediments. One of the attractive methods of CO 2 sequestration is that the exhaust gas containing CO 2 is directly isolated in marine ge...
土壌汚染とリスク管理のあり方
駒井 武
公共建築   48(3) 66-69   2006年
Takeshi Komai, Yoshishige Kawabe, Taro Kawamura, Ji Ho Yoon
Proceedings of the International Offshore and Polar Engineering Conference   321-326   2003年12月
In this paper we discuss on fundamental properties of formation and dissociation of gas hydrates to reveal the dynamic behavior in the process of replacement and reformation of CO 2 hydrate. Raman spectroscopy was used to observe directly the beh...
土壌汚染対策とリスク管理
駒井 武
新政策   19(6) 20-21   2004年6月
土壌汚染のリスクマネジメント
駒井 武
ケミカルエンジニアリング   19(5) 329-335   2004年
Takeshi Komai
Nihon Enerugi Gakkaishi/Journal of the Japan Institute of Energy   79 890-899   2000年9月
The system of risk management of chemical substances in Japan has been drastically changed in these years due to the introduction of the Pollutant Release and Transfer Register (PRTR) system. The system of PRTR will provide various kinds of pollut...

書籍等出版物

 
世界の汚染地域-未だ深刻な公害問題-
厨川 道雄、駒井 武、北野 大 (担当:共著)
産業技術総合研究所   2008年3月   
サイトアセスメント 実務と法規
駒井 武 (担当:共著)
丸善   2004年   
環境分析ガイドブック(土壌分析)
駒井 武 (担当:共著)
日本化学会   2010年   
化学便覧 応用化学編 第7版(土壌汚染)
駒井 武
丸善   2012年   
東日本大震災後の放射性物質汚染対策
駒井 武、保高徹生 (担当:共著, 範囲:土壌汚染と放射性物質)
2014年4月   
Reconstruction and Restoration after the Japan 2011 Earthquake and Tsunami
Catherine Chagué‐Goff, Kazuhisa Goto, Daisuke Sugawara, Yuichi Nishimura, Takeshi Komai (担当:共著, 範囲:Restoration measures 1 after the 2011 Tohoku‐oki Tsunami and their impact on tsunami research)
SPRINGER   2016年10月   
Reports of Research and Investigation on Multiple Geological Hazards Caused by Huge Earthquakes
Takeshi Komai, Yoshishige Kawabe, Junko Hara, Yasuhide Sakamoto, Ming Zhang (担当:共著, 範囲:Environmental risk caused by tsunami)
Research PlanningOffice for Geological Survey and Apllied Geoscience   2015年4月   
東北地方太平洋沖地震によって引き起こされた複合的災害の解明
駒井 武 (担当:共著, 範囲:土壌汚染リスク調査)
産業技術総合研究所   2014年4月   
巨大地震による複合的地質災害に関する調査・研究報告書
駒井 武、川辺能成、原 淳子、坂本靖英、張 銘
産業技術総合研究所   2013年9月   
原位置浄化技術の開発と実用化
駒井 武 (担当:共著)
シーエムシー出版   2009年9月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
高次元データ駆動解析による歴史津波堆積物の高精度判別
科学技術振興機構: 科研費(基盤研究A)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 駒井 武
大規模環境汚染に対する合理性・持続可能性を包括した環境修復フレームワークの構築
科学技術振興機構: 科研費(基盤研究A)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 駒井 武
水銀を利用する環境とその周辺における水銀ばく露測定システムの開発
環境省: 環境研究総合推進費
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
1,4-ジオキサンの環境動態の把握に基づいた土壌調査法の開発に関する研究
環境研究
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
スパースモデリングに基づくデータ駆動解析による地球プロセスモデルの構築
科学研究費補助金
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月

特許

 
張 銘, 井本 由香利, 原 淳子, 駒井 武
皆川 秀紀, 成田 英夫, 鈴木 清史, 坂本 靖英, 駒井 武
大野 孝雄, 駒井 武, 唐澤 廣和
羽田 博憲, 山口 勉, 青木 一男, 駒井 武, 坂本 靖英, 川村 太郎

社会貢献活動

 
NHK サイエンスZERO「魔法の数式 スパースモデリング」
【出演, 寄稿】  NHK  2015年8月23日
NHK教育テレビのサイエンスZEROに駒井武らが参加する研究プロジェクト「スパースモデリング」に関する特集が8/23に放映され、津波堆積物の調査・分析と判別解析について環境化学研究科の土屋範芳、細田憲弘(修士2年)、山崎慎一および桑谷立(現:海洋研究開発機構)が出演した。
元素含有量により津波堆積物を高精度に識別するデータ解析手法を開発―過去の巨大津波到達範囲推定への応用に期待―
【情報提供】  日本経済新聞  2014年11月27日
2011年東北沖津波堆積物を元素含有量データから客観的に識別する数理的手法の開発に成功した。
土壌汚染リスクコミュニケーションに関するセミナー
【その他】  2013年4月1日 - 2014年3月31日
環境省が主催する土壌汚染リスクコミュニケーションに関するセミナーにおいて、土壌汚染対策に関する基調講演を行った。2013年度内に秋田会場、名古屋会場および高知会場でセミナーを開催した。
宇宙や津波 数学で迫る
【企画】  日本経済新聞  2015年5月3日
新学術研究の疎性モデリングの研究について、宇宙や津波等の地球科学分野における新規の統計数理手法の提案と適用について解析する。
次期土壌環境政策のあるべき姿
【企画】  環境新聞  2014年8月27日
土壌汚染対策法などの法体系について、ステレオタイプの環境規制は限界戸の観点から評論