MATSUNO Yutaka

J-GLOBAL         Last updated: Jun 2, 2019 at 02:51
 
Avatar
Name
MATSUNO Yutaka
Nickname
yutaka_matsuno
URL
https://sites.google.com/site/yutakamatsuno77/
Affiliation
Nihon University
Section
College of Science and Technology, Department of Computer Engineering
Job title
Associate Professor
Degree
科学(東京大学)
Research funding number
70534220

Profile

Yutaka Matsuno is associate professor in College of Science and Technology, Nihon University, Japan. Before he joined to Nihon University, he was assistant professor in Graduate School of Information Systems, The University of Electro-Communications. His research interests include programming language, type system, dependability, safety, and system assurance. He obtained Ph.D. in Graduate School of Frontier Science, The University of Tokyo in 2006, and B.E. from Faculty of Technology, The University of Tokyo, Japan in 2001.

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2015
   
 
Associate Professor, Department of Computer Engineering, College of Science and Technology, Nihon University
 
Apr 2013
 - 
Mar 2015
Assistant Professor, Department of Social Intelligence and Informatics, Graduate School of Information Systems, The University of Electro-Communications
 
Apr 2012
 - 
Mar 2013
特任講師, 情報連携統括本部, 名古屋大学
 
Apr 2010
 - 
Mar 2012
特任講師, 情報基盤センター, 東京大学
 
Oct 2008
 - 
Mar 2010
産総研特別研究員, システム検証研究センター, 産業技術総合研究所
 

Education

 
Apr 1997
 - 
Mar 2001
Department of Electronics Engineering, Faculty of Engineering, The University of Tokyo
 
Apr 2001
 - 
Mar 2003
Department of Frontier Informatics, Graduate School of Frontier Science, The University of Tokyo
 
Apr 2003
 - 
Mar 2006
Frontier Informatics, Graduate School of Frontier Science, The University of Tokyo
 

Awards & Honors

 
Dec 2016
市民等と障害情報を共有する障害データベースの構築の試み, 最優秀論文発表賞, 日本ソフトウエア科学会ディペンダブルシステム研究会
Winner: 坂東幸一、松野裕、石垣陽、田中健次
 

Published Papers

 
Continuous Argument Engineering: Tackling Uncertainty in Machine Learning based Systems
Fuyuki Ishikawa, Yutaka Matsuno
Proceedings of 6th Workshop on Assurance Cases for Software-intensive Systems (ASSURE 2018)      Sep 2018   [Refereed]
D-Case Steps: New Steps for Writing Assurance Cases
Yuto Onuma, Toshinori Takai, Tsutomu Koshiyama, Yutaka Matsuno
Proceedings of 6th Workshop on Assurance Cases for Software-intensive Systems (ASSURE 2018)      Sep 2018   [Refereed]
鶴岡 重信、Anu BANEPALI、深沼 二葉、松野 裕
土木学会論文集F3(土木情報学)   73(2) l_251-l_258   Mar 2018   [Refereed]
D-Case Communicator: A Web Based GSN Editor for Multiple Stakeholders
Yutaka Matsuno
Computer Safety, Reliability, and Security - SAFECOMP 2017 Workshops      Sep 2017   [Refereed]
Trend Analyses of Failures in Information Systems-A Case Study on Communications Networks and Financial Information Systems (Fast Abstract)
Koichi Bando, Yutaka Matsuno, Yang Ishigaki, Kenji Tanaka
Proc. PRDC 2017      Jan 2017   [Refereed]

Misc

 
システム保証のためのソフトウエアテスト
松野裕
日本信頼性学会誌   38(2) 108-112   Mar 2016   [Refereed][Invited]
消費者機械安全性・信頼性保証の国際標準化
大畠明、松野裕、田口研治、中坊 嘉宏
SEC Journal   27 170-176   2012
ロボットの安全とSystem Assurance
中坊嘉宏,松野裕
日本ロボット学会誌   29(5) 345-347   2011
D-Case: ステークホルダとシステムをつなぐドキュメント
松野裕
Bulletin JASA   34    2011
対訳 ディペンダブル・セキュアコンピューティングの基本概念と用語
木下佳樹、松野裕、高村博紀、武山誠
産総研テクニカルレポート   AIST-PS-2009(008)    2009

Books etc

 
はじめてのD-Case
松野裕, 高井利憲, 大村一世, 岡田学, 越山勉, 斎藤功, 秋山浩一, 能條英紀, 山浦一郎 (Part:Joint Work)
一般社団法人 ディペンダビリティ技術推進協会   Jun 2018   
実践D-Case
松野裕、山本修一郎 (Part:Joint Work)
ダイテックオンデマンド出版   2013   
D-Case入門~ディペンダビリティ・ケースを書いてみよう!~
松野裕、高井利憲、山本修一郎 (Part:Joint Work)
ダイテックホールディング   2012   

Conference Activities & Talks

 
中村悠介, 中瀬武, 谷島聖司, 松野裕
電子情報通信学会KBSE研究会   2 Mar 2019   電子情報通信学会
森田祐宏、中瀬武、松野裕
電子情報通信学会知能ソフトウェア工学研究会(KBSE)   26 Jan 2019   電子情報通信学会
日常のコミュニケーションにおける前提情報の認識量に関する被験者実験
青山祐太、大沼祐人、松野裕
電子情報通信学会知能ソフトウェア工学研究会(KBSE)   26 Jan 2019   電子情報通信学会
https://www.ieice.org/ken/paper/20190126Q1j4/
石井大就、島崎敢、中島広子、石垣陽、松野裕
電子情報通信学会知能ソフトウェア工学研究会(KBSE)   26 Jan 2019   電子情報通信学会
外山祥平、松野裕、平山雅之
ソフトウエア信頼性研究会第14回ワークショップ(FORCE2018)   15 Dec 2018   ソフトウエア信頼性研究会

Teaching Experience

 
 

Research Grants & Projects

 
ステークホルダーネットワークによる合意形成支援手法とツールの開発
Project Year: Apr 2017 - Mar 2019    Investigator(s): 松野裕
市民・専門家双方のための放射線リスク コミュニケーションデータベース構築
新技術開発財団: 復興支援特定研究助成
Project Year: Mar 2016 - Mar 2017
原発事故直後の防護・避難や、長期的な復興に向けた除染・風評被害防止においては、放射線に関する市民社会全体の知識向上が重要となる。そのためには市民と専門家の「対話」の場をできるだけ多く提供し、リスクコミュニケーションを促進することが有効である。本研究の目的は、放射線について市民が日常生活において疑問・不安に感じている内容と、実際に専門家との対話を通じて合意形成に至った過程を放射線リスクコミュニケーションデータベース(以下DB)として網羅し、市民・専門家双方にとってわかりやすい形で可視化し、原...
概念モデルとアシュアランスケースによる国際規格認証ドキュメント生成に関する研究
Project Year: Apr 2015 - Mar 2017

Patents

 
WO 2012/073686 : ディペンダビリティ維持装置、ディペンダビリティ維持システム、障害対応システム、ディペンダビリティ維持装置の制御方法、制御プログラムおよびそれを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
松野裕, 横手靖彦
528058 : ディペンダビリティ維持システム、変化対応サイクル実行装置、障害対応サイクル実行装置、ディペンダビリティ維持システムのの制御方法、制御プログラムおよびそれを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
横手 靖彦、所眞理雄、山本 修一郎、松野裕