河野 禎之

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/14 03:18
 
アバター
研究者氏名
河野 禎之
 
カワノ ヨシユキ
eメール
kyoshiyukihuman.tsukuba.ac.jp
URL
https://yoshiyuki-kawano.wixsite.com/diversity-science
所属
筑波大学
部署
筑波大学
職名
助教
学位
修士(教育学)(東京学芸大学), 博士(障害科学)(筑波大学)
科研費研究者番号
70624667

研究分野

 
 

経歴

 
2018年12月
   
 
国立大学法人筑波大学 人間系障害科学域 助教
 
2018年6月
   
 
国立大学法人筑波大学 ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター 助教
 
2016年4月
   
 
国立大学法人徳島大学 大学院総合科学教育部 非常勤講師
 
2015年10月
 - 
2018年6月
国立大学法人筑波大学 ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター ダイバーシティ部門 助教
 
2015年4月
 - 
2015年9月
国立大学法人筑波大学 ダイバーシティ推進室 助教
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2003年3月
東京学芸大学 教育学部 N類心理臨床専攻カウンセリング選修
 
2003年4月
 - 
2005年3月
東京学芸大学大学院 教育学研究科 学校教育専攻心理学講座心理学分野
 
2005年4月
 - 
2010年3月
筑波大学大学院 人間総合科学研究科 心身障害学専攻
 
2010年4月
 - 
2012年10月
筑波大学大学院 人間総合科学研究科 障害科学専攻
 

委員歴

 
2018年4月
   
 
土浦市  男女共同参画推進委員
 
2015年4月
   
 
つくば市男女共同参画会議  実行委員
 
2016年7月
 - 
2016年7月
日本福祉心理学会  大会実施委員
 
2016年7月
   
 
日本認知症ケア学会  広報・社会貢献委員
 
2012年9月
 - 
2012年9月
一般社団法人日本特殊教育学会  第50回大会実施委員
 

受賞

 
2018年2月
筑波大学 筑波大学 BEST FACULTY MEMBER 2018
 
2011年6月
日本老年精神医学会 日本老年精神医学会奨励賞
 
2013年3月
障害科学学会 障害科学学会研究奨励賞
 
2016年6月
日本認知症ケア学会 日本認知症ケア学会石崎賞
 

論文

 
筑波大学におけるLGBT等に関する取組~基本理念と対応ガイドライン策定の経緯とねらい~
河野, 禎之
CAMPUS HEALTH   55(2) 100-106   2018年5月   [査読有り]
Assessment of Dementia-Friendly Communities: how to assess and promote dementia-friendliness in each community.
Kawano, Yoshiyuki
32nd International Conference of Alzheimer’s Disease International Abstarct Book   25-25   2017年4月
社会的課題としての認知症:認知症にやさしいまちづくり
河野, 禎之
作業療法ジャーナル   52(1) 62-66   2018年1月
DEMENTIA FRIENDLY COMMUNITY ASSESSMENT AND REACTION MANUALS: DEVELOPMENT AND UTILIZATION OF A COMMUNITY-BASED, BOTTOM-UP APPROACH
Kawano, Yoshiyuki;Okada, Makoto;Tokuda, Takehito;Shoji, Masahiko
32nd International Conference of Alzheimer's Disease International Abstract Book   342-342   2017年4月   [査読有り]
QOLアセスメントの意義と課題:認知症のアセスメントの視点から
河野,禎之
リハビリテーション連携科学   16(2) 108-115   2015年12月

書籍等出版物

 
茨城いのちの電話広報誌
河野,禎之
茨城いのちの電話   2018年12月   
Web医療と介護
河野, 禎之
2018年3月   
Web医療と介護
河野, 禎之
2018年1月   
α-Synodos
河野, 禎之
2017年6月   
チャレンジング行動から認知症の人の世界を理解する―BPSDからのパラダイム転換と認知行動療法に基づく新しいケア―
山中克夫;野口代;河野,禎之;丹治敬之;天野貴史
星和書店   2016年3月   ISBN:9784791109265

講演・口頭発表等

 
認知症にやさしいまちのデザイン:オープンデータとボトムアップ指標の融合と課題
河野, 禎之
日本NPO学会第20回年次大会   2018年6月9日   日本NPO学会
How to Assess and Promote Dementia-Friendly Communities in Japan [招待有り]
Kawano, Yoshiyuki
Plymouth International Dementia Conference 2018   2018年5月4日   
Multidisciplinary dementia care research at universities [招待有り]
河野, 禎之
UK-Japan seminar on dementia care research   2018年3月16日   British Embassy Tokyo
Case study of UK-Japan collaboration [招待有り]
河野, 禎之
UK-Japan seminar on dementia care research   2018年3月16日   British Embassy Tokyo
女子中高生の理系進路選択支援の取り組みと課題~筑波大学とつくば女性研究者支援協議会の事例から~
河野, 禎之;山口香
平成29年度男女共同参画推進フォーラム   2017年8月25日   国立女性教育会館

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
セクシュアル・マイノリティにおける高齢期の施設ケア及び老後の不安に関する調査研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2018年7月 - 2021年3月    代表者: 河野禎之
理工系女子応援シンポジウム開催事業
茨城県: 
研究期間: 2018年5月 - 2019年3月    代表者: 永田恭介
ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)
国立研究開発法人科学技術振興機構 (JST): 
研究期間: 2016年10月 - 2022年3月    代表者: 永田恭介
思い描こう、語り合おう、体験しよう、未来を! -悩めるリケジョと家族のために-
国立研究開発法人科学技術振興機構 (JST): 女子中高生の理系進路選択支援プログラム
研究期間: 2016年5月 - 2018年3月    代表者: 永田恭介
認知症にやさしいまちづくりに関する評価指標(モデル地域版)の開発と有用性の検証
日本学術振興会: 科学研究費 若手研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 河野禎之

その他

 
2014年11月
World Young Leaders in Dementia
2015年1月
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター 客員研究員